シャープシェードの施工例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シルバーウィークは今日で終わりです。

今年のシルバーウィークは、コロナで外出自粛が続いていた反動と

GoToキャンペーンの恩恵で観光地は人出で賑わっているようです。

当店は19日(土)20日(日)は営業しており、21日(月)、本日22日(火)は

休みをいただいています。

私も昨日、今日はボケ~としています。

休みなので軽めのブログで、シャープシェードの施工例です。

 

シャープシェードとはプレーンシェードに等間隔で横にバーが入って

いる商品です。

過去の施工例は私のブログのカテゴリー欄(パソコンならば右側、

スマホならば一番下までスクローリングする)の「シャープシェード」を

お読みください。

大きな窓やシンプルモダンによく似合いますし、きれいに畳みあがります。

私は好きですが、当店ではあまり売れていないです。

 

話飛びますが・・・・

 

他の現場で大阪市内のタワーマンションのフロントに吊ってあった

プレーンの施工例

これと比較してもらえれば、この雰囲気ならばシャープシェードの方が

いいと思うのです。

 

話を戻します・・・・

 

この現場のお客様も吊り替えでそれまではバルーンシェード1台が

取付てあり、プレーンシェードの2分割に取り替えたいという話

だったのです。

現場実測に行って、この現場ならば1台のシャープシェードの方が

和モダンに合いますよと提案をして変更になりました。

 

 

各社がシャープシェードを施工する時、よく使われているのがトーソーの

施工部材です。

シャープシェード用の横バーはトーソーの商品は最大幅10㎜の楕円形で、

結構太くて目立つのです。

これは、ドレープ(厚手の生地)の場合は、室内側から見えないので

問題はないのですが、レース生地で室内側から透けて見える時は、10ミリの

バーは目立つのです。

 

以前、当店ではドレープ生地の場合は10㎜のシャープバー、レースのの時は

3㎜のシャープバーと使い分けていたのですが、当店の加工所では

仕入れメーカーが3㎜のバーの製造をやめて手に入らなくなったのです。

 

あまり需要もなくそのままになっていたのですが、やっと3㎜の

シャープバーを手に入れることができました。

 

この現場はレースなので3㎜のシャープバーを使っています。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*