クリーニング

納品時の生地の汚れをドライクリーニングで落とす。

先日納品したプレーンシェードの裏地付きに汚れがありました。

生地は輸入のパサヤの商品で縫製はトーソーです。

当店ではメーカーに縫製を依頼することは少ないのですが、昨年から

トーソーのシェードのマイメード(生地をこちらから支給して縫製込みで

シェードをつくる)の裏地付きの仕様は針穴を表に出さない縫製に

なったので初めて試しに注文をしました。

 

これは川島織物セルコンがブックメーカーでは最初に始めたので、

私はシェードの裏地付きのカワセル方式と呼んでいます。

当店ではリングを手縫いするやり方ではハリ穴(ピンホール)を

表に出さないやり方をしています。

当店ではシェードの無双縫製と呼んでいます。

上はトーソーの縫製

トーソーの縫製も初めてしましたが、縫製のやり方や使っている資材を

みてたいへん勉強になりました。

 

商品は輸入品で納期がかかり、縫製もトーソーの特殊縫製で納期がかかるのです。

トーソーの出荷もノーチェックで、どこでついた汚れかもわからないので

お客様の了解を得て、落ちなければ作り直すことを条件に

当店のクリーニング工場で洗うことにさせていただきました。

この商品は綿が53%でポリエステル47%のため、水洗いをすると

縮むのです。

そのため、ドライクリーニングしかできないのです。

 

おそらく生地の製造工程か出荷時についたものだと思われます。

 

たぶん、油性系の汚れと思われたので、私がすぐにアルカリ性の花王のマジックリン

ハンディタイプで下処理をしてクリーニング工場でドライ用洗剤で

ブラッシングをして、ドライクリーニングしました。

そしたらきれいに落ちます。

お客様も喜んでいただけました。

 

 

インテリア業界は、メーカー・仕入れ先におんぶにだっこでなんでもかんでも

メーカー・仕入先に振る傾向がありますが、当店は自分たちの

向学のためいろんなことを試みることをよくやります。

そのおかげで商品知識も豊富です。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

 

1窓で2度おいしいオーダーカーテン

14年前に当店でご購入いただいたお客さんで毎年この時期に

クリーニングをさせていただいている方がおられます。

クリーニングリピーターさまなんですが、夏はレースを手前に

取り付けて、冬は厚手のドレープを手前に取り替えて1つのカーテンで

季節に応じて前後吊り替えて楽しんでいただいています。

 

今回は夏用にレースを部屋側につけています。

五洋インテックスのSL8124で14年前に取り付けたのですが、

毎年当店でクリーニングさせていただいているので結構きれいです。

裏にはmasa加工の遮熱レースをフラットで後付けしています。

 

お客様の話では、遮熱効果があり、ブルーがレースの後ろから見えて

涼しく感じていいと気に入っていただいています。

夏は暑苦しくないようにレースを手前につけるといっておられました。

 

ドレープは当店オリジナルのシャンタン風の生地です。

窓は西側に面していて、風水の関係で西側は黄色がいいとのことで

黄色のカーテンにしていますが。黄色だけだとつまらないので

同じ生地の色違いを両端にたてだけに巾継いでいます。

冬は部屋側に厚手のものがあった方が寒さ対策になるとのことです。

夏は逆にうっとしいと言っておられました。

 

季節によって、カーテンの前後を入れ替えるだけでインテリアを

楽しむことができます。

また、汚れ具合にも気づききれいにしようかと思うはずです。

 

カーテンのクリーニングはレースは半年に1回、ドレープ(厚手)は

2年に1回ぐらい洗濯することをお勧めします。

 

カーテンはマメに洗った方が長持ちします。

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

 

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)のクリーニング

先日のヤフーニュースに産経新聞の記事として、こんなのが載っていました。

 

「今どきファクスって…コロナ集計にアナログの限界、
大阪市1・2万人漏れ」

「今どきファックス」という言葉と「大阪市」が目にはいって一瞬当店の

ことをいわれているのかなと思いました。

当店に限らず、インテリア業界ではファックスが主流です。

メーカー、仕入れ先に発注するときはほとんどファックスで、

福井の仕入れ先が唯一サイボウズのkintoneを使っていて、福山市の

仕入れ先がエクセルの統一フォームの発注書をメールに添付で送るように

なっているだけです。

 

インテリア業界内でのやり取りはほとんどファックスですが、お客様との

やり取りではファックスを使うことがなく、すべてメールかLINEです。

だから、記事のタイトルが「今どきファックスって・・」と

なっているのです。

この記事の内容は、大阪市の感染者の集計を出すのにファックスで

やり取りをしていて、集計が遅れたという話です。

先日、3回目のワクチン接種をしました。

会場で、「3回目が接種アプリに反映されるのはいつですか」と

案内係の人に聞いたら、誰も答えられないのです。

周りの案内係の人は誰も知らず、少しお掛けになってお待ちください」と言われ

上の人が出てきて、今日中に入力して明日中には反映させますと

いわれました。

翌日、スマホのアプリを再登録をしたら三回目の接種証明が反映されていました。

これで問題はなかったのですが、まだまだデジタル化に関する意識は

低いのかなと思いました。

 

 

スマホのアプリでの大阪市が発行している証明書ですが、

ローマ字表記が「姓ー名」となっています。

これは令和になってから公用文では姓を先に書こうということが

政府で決められたからです。(令和元年10月25日関係府省庁申し合わせ

 

日本人として当然だと思います。

中国人や韓国人は自国の表記と同じように、海外でも「姓–名」と

表記されます。

日本人だけが「欧米化」するのが恰好いいと思っているんですね。

日本人として誇りが必要です。

国の政策に反して名前の英語表記や海外で名乗るときに名を先にして、

姓をあとにいうのはやめませんか?

 

 

さて、本題です。

 

 

2013年の4月に取り付けたクリエーション・バウマンのタテ型ブラインド

(バーチカルブランド)のクリーニングをしました。

当時のブログです。

タテ型ブラインドとレースを取り付ける

今日のブログは3468回目なのですが、ブログを書いていると過去の施工例を

振り返ることができますので、自分の備忘録になっていいのです。

 

9年前に取り付けたもので、今回引っ越しをされることになり、新しく住まわれる

方に譲るためにクリーニングの依頼がありました。

当店では、水洗い可のものは超音波洗浄をしています。

 

結構きれいになります。

クリエーションバウマンのスエズⅡの依頼が多いのですが、この商品は

メーカー表示では水洗い可になっていますが、組成がポリエステル81%で

ビスコースが19%で、色によっては縮みます。

白い色のものは問題はないのですが、濃い色のものは多少縮みます。

また。国内メーカーのもので、水洗い可のものは大丈夫なのですが、

ヘッドレールから外すときにランナーが割れやすいメーカーがあるので、

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)のクリーニングは当店で

販売したものに限らさせています。

 

こちらの現場は思い出があり、150ミリ巾のカーテンボックスにタテ型

ブラインドを取り付けて、さらにレールをつけてレースをつけたのです。

詳しくは2013年の取り付けた当時のブログをお読みください。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

カーテンは日頃の手入れが重要

衆院選が行われています。

野党に言わせれば「政権選択選挙」となっていますが、なにか盛り上がりに

欠けるように思います。

 

多くの国民は、今の自民党にはお灸をすえなければならないと思っていますが、

立憲民主党には任せられないという感じではないでしょうか。

 

この政党に入れれば政治が変わり日本がよくなるという党がないため、

政治への関心は薄く、投票率も低いのだと思います。

与党の自民党でもなく、野党第一党の立憲でもない、やゆよの

「や党」と「よ党」の間の「ゆ党」みたいなのが必要なのです。

 

大阪は日本維新の会が「ゆ党」的な位置で、けっこう支持されています。

私も温泉好きで「湯党」です。

 

なに いう() とんねん?

 

 

さて、本題です。

 

 

25年前に当店でカーテンをお買い上げいただいたお客様のレースの吊り替えです。

西日の強い寝室で、レースは何回か洗濯をされていて、今回浴槽でもみ洗いを

しようとしたら裂けたとのことで吊り替えになりました。

ドレープは25年間一度も洗っていないとのことでした。

 

25年振りにご来店いただいたのですが、当時の資料がパソコンでデータ管理して

いますので、お名前を伺っただけで瞬時に25年前の図面から指示書まで出したことに

驚いておられました。

 

そのため、実測なしでその場で注文をいただき、取付に行ってきました。

 

ドレープ(厚手カーテン)を25年間洗っていないとおっしゃていたので

どんなになっているのかちょっと興味があったのです。

レースはすでに破れていたので外されていました。

 

ドレープが四半世紀洗っていないわりにけっこうきれいなのです。

 

そういうと、「いつも掃除機をかけているんです」と

 

そうじき

ちゃう

正直におっしゃっていただきました。

 

そうなんです。

 

カーテンの汚れは埃の蓄積なんです。

日頃の手入れで、たまに掃除機をかけたり、はたき(静電気ダスター)で

埃をはらうだけで、長持ちさがかなり違います。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

カーテンのクリーニングはカーテン屋に

アップルウォッチを使っています。

5年前に発売されたものなので、なにも珍しくはないのですが、

私はiPhoneユーザーなので、これがあればスマホの代用ができるのです。

これから日本では5Gのスマホが浸透してくる中で、私にとっては

アップルウォッチは5G対策なんです。

5Gの電磁波が強力なのです。

5Gのアンテナ基地が設置されたところの近くの方から、最近よく

電磁波シールドカーテンの問い合わせがくるようになりました。

 

私は、スマホを胸ポケットにいれる習慣がりまして、5Gのスマホの

替えたら、その電磁波で肺の健康に影響するのではと考えています。

5Gのスマホをできるだけ身体から遠ざけるのが目的です。

 

さて、本題です。

 

21年前に当店でご購入いただいたカーテンのクリーニングをさせて

いただきました。

大きな窓を4枚に分けて納品していまして、ウイリアム・モリスの

スィート・ブリア(Sweet Briar PR7421-4)という商品で綿100%です。

21年前に販売をした商品ですが、今も継続してあります。

 

水洗いをすると5%、ドライクリーニングでも0.5~1%縮む商品です。

 

お客様の話によると、この21年の間に1回街のクリーニング屋に

出したところ2~3㎝縮んで戻ってきたということで、それに凝りて

今回は購入した当店に依頼がありました。

遠方のお客様で、「毎年DMをもらっていて、クリーニングをお願い

したいと思っていたんだけど、遠くなので悪いって思って近くの

クリーニング屋に頼んで失敗したんで、今回はカーテン夢工房さんに

お願いしました」と言っていただきました。

 

当店は買っていただいたお客様は、ずっとデータ管理をしていまして

大事にしていますので、クリーニング、修理の依頼は遠慮なく連絡

ください。

 

10年程前に街のクリーーニング屋でクリーニングした時は2~3㎝縮んだとの

ことですが、そのうち少しずつ伸びてきて、今はそんない気になっていません

でした。

 

街のクリーニング屋も洗濯絵表示がドライになっているので、ドライクリーニングを

されたと思います。

ドライは石油系の液剤で洗うので、水で洗うようには縮まないのですが、

ほとんどクリーニング店では、少し水を混ぜるのです。

そうしないときれいにならないのです。

 

当店では、ドライで縮まないように工夫し、きれいになるようにしています。

 

すごくきれいになったのですが、洗うことによって、日焼けしているところが

目立ちます。これは事前に説明をしています。

綿100%の商品は裏地をつけていないと良く日焼けします。

丈も問題ありません。

 

カーテンのクリーニングは購入されたお店に依頼するのが一番安全です。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

ドレープ(厚手カーテン)のクリーニングとレースの新調

この1年、コロナが感染拡大がして今までと大きな違いがあったのが、窓周り

商品の吊り替えとカーテンクリーニングでした。

 

今までずっとカーテン業界では、新築物件依存では今後ますます住宅

着工件数が減少する中ではカーテンの需要も減るため、吊替え需要を

狙いなさいと言われていました。

吊替え需要というのは、莫大な需要があるのですが、そこにどのように

アプローチしていいのかわからずにずっと過ごしてきました。

 

でも、この1年を振り返ると、ステイホーム等で家に居る機会が増えると、

吊替え需要が増えたのです。

 

今までエンドユーザーは、インテリアに関しては家を買ったり引っ越しをした

時が一番意識をするのですが、その後はほとんど意識をしないのです。

たぶん、普段の生活の中では家でくつろぐ機会も少ないのでしょう。

ホームパーティーをするような文化が流行れば、インテリアの需要が大きく伸びると

思います。

 

この1年、カーテンの吊り替え需要も多かった中で、一番多かったのは

ドレープ(厚手カーテン)のクリーニングとレースは新調というパターンです。

 

17年前に当店で納品したカーテンで、一度も洗っておられずで

ドレープ(厚手カーテン)はクリーニングをさせていただき、レースは

新しく作りました。

レースはアスワンのE8406という商品で300㎝幅で横使いします。

掃き出しの窓と腰窓で、上下を逆に縫製しました。

 

腰窓は、掃き出しの窓のレースの裾の柄が上にきています。

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

カーテンをクリーニングをしたら汚れが目立った~

河野行政改革担当相が、6月中にFAXを原則廃止するよう、各府省に指示した

ことがニュースになっていました。

河野大臣は、テレワークの推進や業務効率化の観点から、霞が関でのFAXの

利用を原則として6月末までに廃止するよう、7日付で各府省に指示を出しました。

 

私共におきましても、対お客様や対得意先様に対してはFAXを使うことは

ほとんどなくメールです。

しかし、仕入先であるインテリア業界のメーカーや問屋に対しては

メールを使うことはほとんどなくFAXです。

そのFAXに対して、ご丁寧に「受注しました。納期は〇〇です」という

ReFAXが送られてくるのです。

他業界からみたらびっくりするレベルなんですが、「インテリア業界は

まだFAXを使っています」なんて書けば業界内でめちゃくちゃたたかれるのです。

 

インテリア業界でも、FAX原則禁止の指示がでたらメールじゃなく、

電話する人が多くなると思います。

 

かくいう私は、パソコン入力にすごく時間がかかりまして、両手人差し指

打ちしかできなくて、スマホの入力もフリック入力ができなくて、指1本で

日本語ローマ字入力をしています。

 

先行きが読めないインテリア業界はまだまだ

神()頼りなんです。

 

 

さて、本題です。

 

11年前に当店で納品したデザイナーズギルトのF1692-01のフラットカーテンを

当店でクリーニングをさせていただいたら、白い部分が黄色っぽくなって

汚くなっているという指摘をうけました。

 

 

違うのです。

 

今まで塵が積もっていたのがクリーニングすることによってきれいに

なったのですが、そうしたら日焼けしているところが目立ったという

だけなんです。

 

5年に1回ぐらいはそういうことが起こります。

説明をしたら納得をしていただけます。

 

この1つ前のブログにも書いていますが、綿100%の商品は裏地を

つけることをおススメします。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ