サンゲツ

今年を振り返って インテリア業界の出来事

ただいま 冬季休暇期間中です。

新年は1月7日より営業します。

 

今年を振り返ってみると、当店はひじょうに忙しかったです。

高額商品がよく売れて、お客様の単価がすごく上がりました。

要因として考えられるのは、お金を持っている人がコロナで遊びや

他の物に投資できず、住宅やインテリアに投資されたその恩恵に

あずかったのかなと思っています。

 

インテリア業界の重大ニュースは業界紙やインテリア評論家がFacebookで

発表されていますが、私は個人の見解で別のことを感じています。

 

ベスト3でいうと

1)値上げ値上げ値上げでサンゲツは過去最高の利益で

音(ね)をあげているのは内装業者

昨年の9月から業界トップのサンゲツは業界のためということで3回

値上げしました。

その結果、来年3月の決算では過去最高利益が見込まれています。

すばらしい経営力で、法人税をたくさん払って、日本の防衛に役立たせる

のもいいけど、業界団体のトップになってリーダーシップを発揮して

業界のためにもっと尽力をしてもらいたいものです。

 

2)インテリア業界最大のイベントである「JAPANTEX」が3年ぶりに

リアル開催されるも入場者数は3年前に比べて17%減

JAPANTEXも第1回目からみてきていますが、近年はずっと入場者数が

減少傾向です。

内容も魅力的でないのもありますが、一番の原因は主催者側の日本インテリア協会

(NIF)の加盟企業が熱心でないことだと思います。

実行委員長は十数年ほどまえぐらいからずっと事務局がやっていて、加盟各社が

熱心に勧誘しないのです。

加盟企業にとっては、自社の展示会という意識はまったくないようで大阪に

いてると話題にもなりません。

今年は今までの在り方を見直すいい機会だったと思うのですが、成果は

ありませんでした。

 

3)スマートインテリア時代がやってきた。

 

この前のブログにも書きましたが

今年を振り返る 電動商品がよく売れました。

お客様からの声でインテリア商品のI o T(アイオーティ)が進んできています。

「Internet of Things」の略「モノのインターネット」という意味。

インテリア業界ではI o T(アイオーティ)を「インテリア 遅れて 止まっている」と

略してもおかしくないぐらい世の中からみれば日本のインテリア業界は遅れています。

私はインテリアのI o T(アイオーティ)やホームオートメーション化のことを

スマートインテリアと言っています。

 

日本のインテリア業界はNTTと言われるニチベイ、タチカワ、トーソーの3社で

90%以上のシェアがあり、トライアングルが崩れないのです。

お互いが牽制しあってはいますが、他を押しのけて抜きん出ようとも

しないので開発も世界からみれば遅れています。

 

海外のモーターを使っている調光スクリーンFUGAは充電タイプの

電動で、RF送信(FM波)でI oT対応しています。

詳しくは後日書きます。

来年の課題はインテリアとI oTになり、今年はその夜明けとなりました。

 

今年1年ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

 

カーテン生地でタペストリーを作る

先日、他社で購入されたシェードの修理でお伺いしたお客様から

玄関の窓を生地で隠したいという相談を受けました。

コンセントにささっているアダブターみたいなのがみえるのが嫌とのことで、

壁全体を生地で覆い隠すことにしました。

 

生地はサンゲツのSC8120で、ポールはトーソーの

ローレット24木目でパイプ通しをしています。

折ジワをとるために、現場でスチーマーをしたのですが、少し水が

生地にたれてしまいました。

すぐに乾くのですが、次に現場があったのです、乾く前に写真を撮りました。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

 

ウイリアムモリスはどこへ

昨日のブログにもでてきいますが、日本ではイギリスの作家、

ウイリアム・モリスの商品が人気です。

 

ウイリアム・モリス(1834-1896年)がなぜ日本で人気なのか?

1851年に第一回ロンドン万国博ありました。
そこには日本伝統の文物・文化が紹介され、ヨーロッパのデザインに
大きな影響を与えました。
ウイリアム・モリスは大変興味を持ち自分の作品に取り込みました。
つまりデザインが日本とつながりが深く、日本人に受け入れられやすいのだ
と思います。
知らんけどなぁ

 

カーテンはマナトレーディングが直接輸入し、川島織物セルコンが

版権を買って日本でジャガードで織って販売をしています。

壁紙はリリカラが販売しています。

 

カーテンに関しては、直輸入の綿にプリントのマナか、ポリエステルで

洗うことができ織物の川島セルコンか、みたいなところがあり、

どちらも人気なんです。

 

(上の写真)マナが輸入しているモリスのイチゴドロボウ

(下の写真)川島織物セルコンのモリスのカーテン

 

ウイリアムモリスのカーテン マナと川島織物セルコンの違い

 

 

ここに昨年(2021年)の6月にインテリア業界に激震が走るニュースが

入ってきました。

サンゲツのホームページより

英国の老舗インテリアブランド SANDERSON DESIGN GROUP( 以下、SDG 社)との、

パートナーシップ契約を締結しました。同契約により当社は、SDG 社の代表的なブランド

「Morris&Co.」の、日本を含む東アジア・東南アジア全域におけるライセンスを

取得しました。

 

すなわち、サンゲツもウイリアム・モリスの商品を販売することになったのです。

 

壁紙に関しては来年からはリリカラからサンゲツが販売することになると

思います。

カーテンに関しては、川島織物セルコンは契約形態が違うし、マナとレーディングは

PURE MORRIS や SIMPLY MORRISというブランドを販売しており、

そこらは継続販売されると思います。

 

サンゲツがどのような形でモリスのカーテンを扱うのかはわかりませんが、

日本では、サンゲツ、マナトレーディング、川島織物セルコンの三つ巴と

なるのではないかと思います。

 

サンゲツが扱うことによって日本ではウイリアム・モリスがより浸透

すると思います。

カーテンのことをよく知らない畳屋さんまでも、

 

カーテンはウイリアム・モリスだがや・・・

サンゲツだに・・・・・

おみゃ~ 使ってちょうーせんか

 

こうして浸透していくと思います。

ちょっともりすぎかな?

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

8月の休業日のご案内

8月11日 山の日

8月12日(金)13日(土)14日(日)は夏季休暇

8月15日より通常通り営業いたします。

 

上部がネットのカーテン

 

最近、なぜか上部がネットになっている間仕切りカーテンの取り付けが

続けさまでありました。

こども医院とエステサロンで、今もう1件発注しているのがあります。

 

ご来店いただいたお客様がイメージをつかむために施工写真があれば

見せてほしいといわれました。

 

ブログ的には「医療用カーテンをとりつけました」ぐらいの内容ですが

エンドユーザーにとってはたくさんの施工例があるとわかりやすいと

思いますので上部がネットになっている「あみあみカーテン」の

写真をアップしておきます。

(あみあみカーテンというのは私が言っているだけで業界では認知されていません。)

 

天井にカーブレールを直付けして、上部はネットで下は2段の上下

切り替えにしています。

ネットはいろんなサイズがあって、メーカーが違っても生地との

組み合わせができます。

 

壁紙と色を合わせるために生地優先して選んでいます。

下はエステサロンで、サンゲツの既製品で丈は3サイズから選べて

幅は自由です。

 

こういう医療現場の間仕切りに使う場合は、この施工例のように

天井に直にレールをつけて上部ネットのカーテンを使う場合と

レールを吊り棒で下げて通常のカーテンを吊る場合があります。

 

中間吊りレールの施工例

 

どちらがいいかというと好みなんですが、新築でやる場合は事前に

下地補強があれば吊り棒もまっすぐ下に足らせるのですが、下地が

なくて、下地を追いかけてV字に吊り棒をつける場合は、それが

目立つのです。

「V字中間吊りカーテンレール」の当店の施工例がみつからなかったので気になる方は

画像検索でこの言葉を入力してもらえればいっぱいでてきます。

レールを天井に直につけて上部ネットにする方がすっきりします。

 

いずれにしろ、こういうつけ方は照明の明るさをとるのとエアコンの

効きを悪くしないためです。

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

8月の休業日のご案内

8月11日 山の日

8月12日(金)13日(土)14日(日)は夏季休暇

8月15日より通常通り営業いたします。

 

見た目の高さを揃えるために上飾り(バランス)取り付け

同業者と話をしていると、みなさん「最近、カーテンが売れなくなった」といいます。

いわゆるオーダーカーテンの注文が減っていまして、タテ型ブラインドや

ロールスクリーン等のメカものと言われるのが増えています。

インテリア業界自体が悪いわけではないと思います。

そんな中、昨日カーテンをたくさん取りつけた現場の施工例を紹介

します。

 

 

先月から入居は始まった梅田の56階建てのマンションで40階以上は

全部賃貸物件です。

高級賃貸物件で、ほとんどが会社契約で重役の方がご入居されるような

お部屋です。

リビングだけでも80㎡ぐらいあり、カーテンレールもC型ですが、

部屋側のレールは交叉レールがついています。

 

窓の高さは同じなのですが、右側の窓は下がり天井があり、その下に

カーテンボックスがあって床からの高さが216cmです。(下の写真)

左側は天井掘り込みのカーテンボックスになっていて、床からの高さは

244cmです。

それを同じ高さにカーテンがついているようにみせるために

バランス(上飾り)をとりつけました。

右側は下がり天井の天際に正面付けにマジックテープを貼りました。

左側はカーテンボックスの裏側にマジックテープを貼りました。

右側

左側

 

生地は五洋インテックスSD241-01 裏地付き(形態安定加工付き)

レースは五洋インテックスSL319-01(形態安定加工付き)

バランスのトリムはサンゲツFN494

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

 

カーペットやってます。

以前のブログにも書いたことがあるのですが、私はここ3週間ほど

ウクライナ国旗のマスクをしています。

最初の頃は、お会いする人も無反応だったのですが、最近はウクライナの

国旗ですねとよく言われるようになりました。

そのあと、「寄付されてもらわれたのですか?」と言われます。

 

いえいえ

 

ネットで買ったんです。

手作り作品を個人が販売するサイトのcreema というところで1枚

500円で3枚買いました。

北海道から送られてきました。

私が買ったときは、出品されていなかったのですが、今日見たら

同じサイトで同じようなウクライナ国旗のマスクを500円で販売

されていて、こちらは鹿児島県の人で売上は国連UNHCRへ寄付

となっていました。

個人でマスクを作って寄付されるなんて立派だなと思いました。

しかも送料も無料で対応されています。

当店でも、ここ1年のハギレの売上金を「大阪市ウクライナ支援募金」に

寄付しました。

大阪市ウクライナ支援募金とは

大阪市では、大阪市民を頼って市内に避難されたウクライナの方々の当面の

生活資金等を支援するため、ふるさと寄附金(ふるさと納税)を活用した

「大阪市ウクライナ支援募金」の受付をしています。

 

インテリア業界では、株式会社サンゲツがウクライナおよびその周辺地域の被災者への

人道支援のため、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)へ1000万円の寄付しました。

 

当店は、お客様がお買い上げいただいたハギレの売上金のほぼ1年分なので

大した金額ではありません。

大阪市に避難されたウクライナ人を支援する後方支援です。

 

 

さて、本題です。

 

当店はカーテン屋ですが、カーペットもやっています。

以前は、自分が納品したものを踏まれるのが嫌で床材は積極的に

やっていなかったのですが、最近はカーテンと一緒にお願いされることが

多くなり、やるようになりました。

 

3月末から4月頭にかけて納品した例です。

 

1)ドイツのJAB社のINFINITYでラグマット300cm×200cmをつくりました。

ドイツからの空輸で1か月半かかりました。

 

2)東リのファブリックフロア  アタック270 AK2711

40cm角のものを敷き詰め

 

3)東リのファブリックフロア スクエア2400 ソワレFF2402

こちらは50cm角のタイルカーペット

 

住宅の室内に敷くカーペットは今やほとんどが40cm角や50cm角の

タイルカーペットです。

金額的にもそんなに高くないのです。

汚れれば1枚だけ取り換えることもできます。

私の感覚では商品によりますが窓周り品の方が高いと思っています。

 

カーペットは以前

「カーペットはダニの温床」「カーペットのダニが小児ぜんそくの原因」と

言われて嫌われたことがあったのですが、そんなことはないのです。

 

日本カーペット工業組合では、ぜんそくの原因はダニなんですが、

カーペットがダニの発生元ではないということを訴えています。

私はカーペットは暖かいし、足にも優しいので敷くことをお勧めしています。

 

 

 

インテリアを考える日

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

カーテン吊り替え リフォームして天幕に

NHKの朝の連続テレビ小説を観ていたら昨日はカーテンがいい役割を

果たしていました。(夜、録画したものを観ました)

 

最後のシーンで深津絵里(るい)とオダギリジョー(錠一郎)がキスを

するところで更衣室のカーテンを閉めるのです。

カーテン屋の立場でいうと、なんでもいいでカーテンが有効に使われるのが

うれしいのです。

でも、テレビを観ていて思うのですが、部屋のカーテンも3つ山ヒダで

きれいで形態安定加工がかかっているような感じでウエーブがでているのです。

今の話は昭和39年の新幹線が東京~大阪間が開通する前の話で、

時代考察としてちょっと違うように思いました。

 

18年前に当店で取り付けたカーテンの吊り替え。

本来ならば昨年末までに納品する予定だったのですが、サンゲツカーテンの

SC8114(トルコ製の綿100%の生地)が長期欠品で納品できなくて

年始になりました。

 

 

Before

 

After

 

ロールスクリーンも生地交換

ビフォーの写真を撮ろうとしたら、施工スタッフがすでに

ほとんど外していました。

ニチベイのN9556

 

 

外したドレープカーテンを天幕用にリフォームしました。

(事前に引き取っていました。)

リビングの上に大きな天窓があるのですが、朝食時に隣にある

ダイニングの食卓に光が差し込んでまぶしいやら暑いやらでたいへんとの

ことでした。

今までは壁に生地を貼ったりいろいろと工夫はされていましたが

あまり格好がよくない状態でした。

 

そのため、掃き出し窓のカーテンをリフォームして、東側の

1m分だけ天幕をつくりました。

 

カーテンの有効活用の話です。

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ