ダブルシェード

ツインシェード吊り替え 柄出しを考える

7年前に取り付けたツインシェードの生地交換をしました。

当時は、この手のメカではニチベイが先行しておりましたが、コード式しかありませんでした。
ニチベイでは、ダブルシェードと呼んでおり、ツインシェードはトーソーの固有名詞ですが、今は圧倒的シェアの高いトーソーの名称が一般的になってきました。

ちなみに、タチカワではこの手のメカをダブルタイプといいますが、そのように言うひとはほとんどいません。

当店では、当初ダブルシェードと呼んでいましたが、ツインシェードの方が通っていますので当店でもツインシェードと呼んでいます。

メカは7年前のものですが、ニチベイのものはしっかりしていてトーソーのようにストッパーが効かないという問題もないため、そのまま使って生地とコードのみ交換しました。

トーソーのメカのストッパーが効かないという問題は今の商品はまったく問題ありませんが、4~5年前に出されたパティナという名称のメカではストッパーが効かなくなるという問題が起こっています。

それを、インテリア業界のTPP(トーソーパティナぴったりとまらない)と呼んでおり、これが原因でシェードの需要が落ちてきているとも言われています。

TPPは後世に問題を起こさないかということを取り組む前によく検討しなければなりません。

TPPに対して、インテリア業界ではTTPというのもよく使われます。これは「徹底的にパクル」の略です。

レース生地はスミノエのD4512で大きな花柄です。

 上の写真は店内展示サンプルです。

これをスラット窓にどの柄をどのように出すかという事がポイントで女性スタッフが考えて、加工所に細かい指示を出してやってくれました。

こうしたことができるのが自社縫製のできるカーテン専門店です。

メーカー縫製をしている専門店やネットショップ、チェーン展開している大きな店や低価格均一ショップではできないことです。

詳しいことは「カーテン夢工房のスタッフブログ」に女性スタッフが後日アップします。

 

表地も3連窓のところは色を変えてアクセントにしています。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

 

ヨコリピート1巾の生地でプレーンシェード

 フィンランドのマリメッコ(marimekko)の生地のヨーナス(JOONAS)でツインシェードをつくりました。

 

この生地は145センチ幅で、1つの柄になっています。

ツインシェードの製作サイズは180センチで、145センチ幅の生地ならば2巾必要になってきますが、そうすると柄が合わず、きれいになりません。

この場合は、まん中に1幅そのままもってきて、両端は違う商品でボーダー仕様にするとタペストリーのように柄が活かされます。

ボーダーの生地はフジエのHA2000-25

マリメッコの生地は綿100%で、綿の生地は紫外線で劣化しやすいので裏地をつけるのが一般的です。こちらにもフジエの白の綿の裏地をとりつけてます。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

ツインシェード、ドレープ手前の場合とレース手前の場合

11月9日~11日まで開催されましたジャパンテックス2011は、3日間の総来場者数は14705名で前年対比17.5%の減でした。

実際に行ってみると展示のブースも充実していましたし、セミナー・トークショーもよくて、私はすごく勉強になりましたしよかったと思っています。

30回という節目の展示会にもかかわらず、事前のセールスプロモーションが弱くて、動員することが出来なかったのだと思います。初日一番盛り上がっていたのは美術系の大学生のブースが黒山の人だかりで各学校で動員をかけたと話されていました。

昨年の展示会は、棒(某)メーカーのやる気のなさに象徴されるように展示ブースがつまらなかったというのも要因だと思います。昨年行った人が「今年はいいや」と思われた方も多いと思います。棒メーカーは今年はいい展示をしていました。

昨年、実行委員長だったニチベイは今年は元気がなかったです。目新しい商品がなくて、部屋のコーディネートを提案するシーンをスタイリングプロに依頼をしていただけで鮮度がなかったです。

昨年はあれほど熱心に招待券を持って来て「ニチベイ」と印字した招待券で入ってくださいといっていましたが、今年は案内すら持ってきませんでした。

結局、ジャパンテックスは正会員の大手メーカーが、事前に情報発信をして動員に熱心でないから盛り上がらないのです。

 今回のジャパンテックスで、画期的なことは立川ブラインド工業の立川社長が、会場からもツイッターをされて積極的につぶやかれたことです。

我々のつぶやきにもきちんと返事をされていましたし、相互フォローすることによって今後ユーザーの声が直接企業のトップに届くようになります。

タチカワの営業はたいへんだろうけど、これによってインテリア業界は確実に変わると思います。

 関連話として、ふんばろう東日本支援プロジェクトの「ミシンでお仕事プロジェクト」のリーダー熊谷さんのジャパンテックス報告のブログもお読みください。

 

さて、本題です。

 住宅メーカーの仕事でツインシェード(ダブルシェード)を取り付けました。

指示はドレープ(厚手カーテン)手前、レースは窓側だったのですが、取り付けてみた所間違いだったらしくレースを手前にし、ドレープを窓側に変更しました。

その違いを写真でお見せします。

縫製サイズはW3830×H2440
生地は ドレープ 川島織物セルコンFT1777  レース フジエ FA1303GY

まずはドレープ手前

 

画像はクリックで拡大します。上の2枚はレースは降りています。

レースが手前

 

違いの雰囲気はどうですか?

レースは透明のリング付きテープを使っているのですが、透け感のあるレースのためテープが少し目立っています。

私どもの中ではあまり大きなサイズでのツインシェードは提案しないのですが、丈が大きい時はきれいに上がるようにリングのピッチを大きくして均等になるようにします。

今回の丈は243センチで、リングの間隔は約30センチの均等ピッチにしています。

 

ドレープの裏側で、リングはどこにでも差し込めるタイプで約30センチ間隔になっています。

当店では、シェードの丈によって、リングのつける間隔を変えて均等になるように計算してリングを手で差し込んでいます。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

 

 

ツインシェード(ダブルタイプ)ドラム式 トーソーとタチカワの比較

 最近、ブログネタがなくなってきました。

同業者に会うと、よくブログで勉強させていただいていますと言われます。ひじょうにうれしいですが、特に同業者よりよく儲けているわけでもないし指導する立場でもないので、すごくプレッシャーになってます。

こちらのブログは1639回書いてまして、書く内容もかなりダブってきています。

施工事例は、接客しているスタッフが「カーテン夢工房スタッフブログ」というのを書き始めましたので、ソフト面はそちらに書くようにしています。

            

こちらとともにぜひお読みください。

また、業界向けのブログは「勝手にしたらカーテン屋・粋に書いても日記」の方に書いています。

業界関係者はこちらをお読みください。 http://ameblo.jp/curtainkyaku/

今回は「川島織物セルコンのフィーロ」について応援メッセージです。

 

さて、本題です。

トーソーのツインシェードドラム式とタチカワのダブルタイプドラム式の違いについて書いてみます。

こんな話も、よく販売されている同業者にとっては、「今更なによ」と思っておられる方も多いと思いますが、あくまでエンドユーザーに分かりやすくということで説明したいと思います。

 まず、ユーザーの方でツインシェードを注文される時に生地はこだわってもメカまでこだわる人は少ないと思います。販売する側もあまり説明をしないかもしれません。

1年前までは、ドラム式ではタチカワがワンチェーンで、トーソーが2本チェーンの操作だったのです。

その頃は操作チェーンは1本がいいですか、2本がいいですかと言っていればよかったのです。1本ならばタチカワだったのですが、1年前にトーソーも1本の操作チェーンのものをだしてきたため、今やほとんどがワンチェーンのドラム式になっています。

そのため、どこのメーカーもかわらないように思われています。トーソー、タチカワ以外にもニチベイもワンチェーンのドラム式をだしています。

ニチベイは一番最後にだして、トーソーとタチカワのいいところを取り入れていい商品なのですが、あまりPRしてこないので接する機会がないので今回は割愛します。

名称もトーソーはツインシェード、タチカワはダブルタイプ、ニチベイはダブルシェードといいますが、ここではツインシェードといい、ドラム式についての話です。

大きく違うのは2本のシャフトの並び方です。

トーソーはタテに並んでいて、タチカワはヨコに並んでいます。それに対してニチベイは斜めになっています。

写真の   左側はトーソー、             右側がタチカワです。

 

  

 

これによってどういう問題が起こるのか。

トーソーは壁からの出幅が小さい。 タチカワは大きい。

一番の問題点は上げた時のたまりの大きさでトーソーはタテに長いうえにさらにレールのしたに部材がついていてたまりが大きくなります。これがトーソーの一番の問題点です。

 

 

左側がトーソー、右がタチカワ。

写真の施工例の製品高さがトーソーは70センチぐらいで、タチカワが220センチぐらいでまったく違うのですが、トーソーの方がたまりの丈が大きくなります。

 

ここまでは明らかにわかることです。これからはちょっと専門的なことを書きます。

トーソーの操作は重くて、タチカワの方が軽いのです。トーソーのメカは上げるのにちょっと力がいります。トーソーは7月にモデルチェンジをして少し軽くしたのですがほとんど変わりません。

 タチカワは操作性はよくて、ブレーキもよく効きます。しかし幅が小さくて軽い商品の場合は下まで下がりにくいのです。それを防止するために幅の小さいものはウエイトが2本はいっています。

タチカワのブレーキ機構はグリスが使われていて、冬場は油が固まり、下降が悪くなります。夏場は問題ありません。寒冷地には向かない。

ブラケットはトーソーはメカの色に合わせていますが、タチカワは鉄製のメタルシルバーだけです。

以前はタチカワは前幕と後幕の幅の差が20ミリあったのが、4月にモデルチェンジしましてトーソーと同じ左右5ミリずつになりましたので、この差はなくなりました。

製作サイズはトーソーは幅4000ミリまでOKなのに対してタチカワは2900ミリです。実際は4Mのツインシェードをつくることはなくて、2.9Mあれば十分なんです。でも、この数字からして、トーソーの方が丈夫そうです。

 

私の結論

窓枠内付する場合で、奥行きが70ミリ以上ある場合はタチカワ。あげた時のたまりが少ないから。 

奥行きはあまりない場合はトーソー。天付けブラケットを使うと奥行きが45ミリぐらいでもとりつけることができます。

正面付けならば、トーソー。出幅が少ない。たまりは大きいけど、取付高さで調整できます。ブラケットの色も揃っています。

トーソーに願わくは正面付けのブラケットがアジャストできるようにしてほしいのです。

 

操作性の軽さを求めるならばタチカワ。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

 

 

 

 

 

プレーンシェードは窓枠内付けか壁に正面付けか

毎日暑いですね。

この商売をしていると、暑い季節は思い切り暑くなった方が物が売れていいのですが、6月でこの暑さならば7月になればもっとつらい(July)ですね。

さて、本題です。

先日のブログで、ツインシェードをすべて窓枠内付けした写真を載せたところ、「ツインシェードは内付けがいいのですか、それとも壁に正面付けの方がいいのでは?」という問合せをいただいたので写真で検証してみたいと思います。

窓枠内付のケース

 

 

上の写真がタチカワの新型のツインシェード(ダブルタイプ)ドラム式ワンチェーンで窓枠内付けしています。

メリットは部屋側に出ないのですっきりします。

デメリットは①上げた時にたまりが20センチぐらいはできますので開口部を狭くします。
②両端や下部にわずかながら隙間があきます。③結露しやすいということが挙げられます。

壁に正面付けのケース

 

 

 メリットは①全体を覆いかぶせることができます。②窓上少し高めにつけることによって開口部を広く取ることができます。

デメリットは部屋側にでます。

私はシェードは正面付けする方がきれいと思っています。

当店でよくやるのは、ツインシェードを使わず、ドレープ用とレース用を別々のメカでつくってドレープ用は壁正面にとりつけて、レース用は窓枠内側につけるやり方です。

別々につけるのと、ツインタイプでつけるのとでは金額的には10%ぐらいツインの方が安いぐらいだと思います。

 

 

これは、ツインシェードを枠内付けすろのと壁付けするデメリットは解消できます。金額がほんのわずかだけ高くなります。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房  

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

ツイッターのつぶやき実例

昨日のブログで、ツイッターを活用していることをタチカワのウェブマガジンで紹介された話をかきましたが、実際どのようなことをつぶやいているのかをご紹介します。

konnyannというのは私です。他は同業者で、お互いフォローし合っていまして、その人がつぶやくとわかるようになっています。

4月5日にリニューアル発売したタチカワのシェードのダブルタイプのワンチェーン式についてです。

最初、4月6日にcbsowmさんがつぶやかれました。

cbsowm_interior
タチカワのダブルシェードワンチェーンの泣き所、3m以上が出来ないのと、後幕が2cmすいてしまうところ、一気に解消された。早速発注済み分も切り替えてもらったので来週には取付します。出来映えが楽しみ!

madogiwa3110
今回の変更はいいですね。ウチはマンションや店舗が殆んどないので4mはまずないのですが、後幕の変更は良いですね。気になったのはチェーンの輪が近くなった点が操作性に影響するかどうか。是非感想を聞かせて下さい。RT@cbsowm_interiorタチカワのダブルシェードワンチェーン

cbsowm_interior
@madogiwa3110 うん、4mは少ないのだけど、3mさえできなかったからね、これは大きい。チェーンについては触ってみないとわかんないので、必ずレポートします!

kumagai_nico
タチカワのクレアスダブルワンチェーン、今回から標準装備の赤いセーフティジョイントが気になります。ペルレと同じタイプ。妙に目立ちますもんね。

konnyann     Apr 7, 10:42am
先程、タチカワの営業にWシェードワンチェーンのモデルチェンジをしたのかを聞いたけど「知りません。調べます」と言ってましたけど・・RT @cbsowm_interior: タチカワのWシェードワンチェーンの泣き所、3m以上が出来ないのと、後幕が2cmすいてしまうところ、一気に解消。

konnyann      Apr 7, 12:16pm
今、タチカワの営業がパンフを持ってきました。4月5日から販売中。このセーフティジョイントで首吊り実験をしましたが死にそうになりました。あまり効果はない。RT @kumagai_nico: タチカワのクレアスダブルワンチェーン、今回から標準装備の赤いセーフティジョイントが気になる。

cbsowm_interior    Apr 7, 12:55pm
さすがタチカワ素早いですね!ジョイントのほうは僕も実験しました。ゆる過ぎるのも何ですので難しいとこですね。それと、ここでも話題になってた引っ張りすぎて切れるというのが解消されたようです。 RT @konnyann RT @kumagai_nico

ここから4月16日になります。

cbsowm_interior       Apr 16, 9:06pm
新しいクレアスきました!シングルもダブルも全然違った。3m超も納得。操作部は端4cmほど空けないとブラケットがはまらない大きさで、壁際にしか下地が無いときにちょっと厄介。その他は問題ないと思いました。 #jpinterior
http://yfrog.com/h4gbsojj

 

konnyann        Apr 16, 9:28pm
これは大問題。通常窓上10cmぐらいに取り付けている。 RT @cbsowm_interior: 新しいクレアス。3m超も納得。操作部は端4cmほど空けないとブラケットがはまらない大きさで、壁際にしか下地が無いときにちょっと厄介。 #jpinterior

 

cbsowm_interior    Apr 16, 9:59pm
10cm上だと壁際の柱を使うからですか?大きさはクリエティのワンチェーンと同じくらいだと思います。以前のクレアスは結構端っこギリでもブラケットはめられたのでよかったのですが。RT @konnyann これは大問題。通常窓上10cmぐらいに取り付けている #jpinterior

 

art_k510        Apr 16, 10:02pm
縫う方と現場の方で、目線が違うのでとっても勉強になりますー。(気にして居ませんでした、、、)取り付けの都合まで気にできる縫製屋になりたいデス。 @cbsowm_interior クレアス…下地が無いときにちょっと厄介。

 

madogiwa3110     Apr 16, 10:40pm
早速のインプレありがとうございます!わたしも10~13㎝上が多いので、ブラケットの位置は重要です。下地との位置関係、仕上がり巾の変更、入隅への対応が必要です。ニチベイの縦型みたいな4つ穴希望!もしくはトーソーさん操作軽くして~!RT@cbsowm_interior新
しいクレアス

 

yamagirijoe       Apr 16, 10:43pm
クレアス下地の件@cbsowm_interior 下地無いのは結構ツラいです。クリエティ付ける時もそうですが取付補助金具は手放せません。オプションで補助金具をカタログに大きく掲載して欲しいくらいです。お客様に金具代は請求しずらいので・・・

 

ichinomiya_oban     Apr 16, 10:59pm
操作はより軽くなったのでしょうか?トルクリミッターなどと気になるところが多い。早く見たいですが、こちらでは来週中になりそう。 @cbsowm_interior 新しいクレアスきました!3m超も納得。

 

ichinomiya_oban     Apr 16, 11:22pm
皆様のツイート拝見していていつも気になるのこと、窓上10cm。地域性があるのかな、こちらでは同縁2本の8cmが一般的です。シェードでは内法で09・11サッシがケーシング含め外枠で95・115cm。頭8cm・下がり7cmで20cmのリングピッチがバッチリと考えているのですが。

 

madogiwa3110       Apr 16, 11:30pm
@ichinomiya_oban 06・11、36・11が主流です。内寸200・CH240でカーテン10センチ上カン下が基準。Aフックなら高さ合わせで11㎝上上端が多いです。片側間柱と中央の縦桟でビス止め。下地無い側が操作ならブラケット1個足して振れ止めの為アンカー使用してます。

ichinomiya_oban      Apr 16, 11:52pm
@madogiwa3110 ありがとうございます。やはり縦桟ですよね。こちらは横下地も増えてきています。みなさま、FL2000として300ピッチの横下地を狙っているのかな?と思っていました。

 

hideaki_oohara         12:50am
何かと待ちぼうけの一日‥愚痴は出るけどお客様がすべてですから。いつまでも待ちます!同業者は新クレアスについて盛んな意見交換が!しかし消費者はピンと来ないですよね‥ご希望の商品を設置する‥我々は想像以上に頭を悩ませています。いや、我々が悩めばいいだけですね笑 でもほんとに悩ましい‥

 

cbsowm_interior        12:59am
@ichinomiya_oban なんとなく軽い気はしました。でもHが短いのばかりだったので。シングルで逆を引くと空回りするのは負担がなくてよい感じですよ。ただ、間違って引いたときガックリするけど(笑)

cbsowm_interior         1:01am
うちはプレーンシェード+枠内にレースが多いので、レールやテンションポールを隠すため、枠上は70mmくらいまでにしてます。これなら50mm上にビスくらいでちょうどいい感じ。

curtainsaitama          2:41am
操作部4cmにブラケットがつかないのは困りますね・・うちはプレーンシェードの取付枠上10cm、左右各3cm。でも、状況によっていろいろです。

 

konnyann              7:54am
シェードの取付高さは、以前は開口部をいっぱいとるために窓上15㎝につけていました。ダブルシェードが出てからは窓上10㎝に下げました。高いと上げた時にウエイトバーが窓上にきて後幕が前幕に押されてスムーズに下ろせないからです。窓際の柱を下地として使います。

konnyann             7:59am
同業者間のタチカワのシェードのドラム式のダブルタイプの新しいメカと取付高さの情報発信は参考になります。このやり取りをアカウント名も載せて私のブログにアップしてよろしいですか?メーカーに対してツイッターの声を聞けといいたいのです。

 

cbsowm_interior        8:28am
@konnyann おはようございます。私は全く問題ございません。というよりむしろ大変ありがたいです。tweetした時点で匿名性は無いと思ってますので今後とも引用、ご指摘、お叱りなど、いつでもどうぞよろしくお願いします。

cbsowm_interior        8:31am
@konnyann ちなみにダブルだけでなくシングルも全く変わっています。3m出来るようになりましたので。写真もシングルです。ブラケットそのものはいずれも現状どおりでした。

 

madogiwa3110          8:44am
@konnyann タチカワメカをメインにしていたので、何かしらの対応策が出ると良いですね。施工性も商品価値の一つという認識を持ってもらう良い機会かもしれません。宜しくお願い致します。

room1mm             9:30am
@konnyann>タチカワさんのシェードメカはブレーキが秀逸!って少しは良い意見も届けつつw 施工者側としては取り付け方に制約があるのは確かに困りますねぇ~でもきっとすぐ解消してくれる事でしょう  ・・・って少しプレッシャーもかけてみようw 

curtainsaitama          9:51am
情報の紹介は全然かまいません・・

 

yamagirijoe          10:30am
@konnyann 了解しました、よろしくお願いします。ただ、タチカワさんのシェードはあまり使ってないので何だか申し訳ないです。

ichinomiya_oban      9:44pm
そのご感想は新鮮!説明ありませんでした。シングルもエンドレスチェーンになったことで高窓など現場での長さ調節が問題になるかなと考えていました。@cbsowm_interior シングルで逆を引くと空回りするのは負担がなくてよい感じ

 

ichinomiya_oban       9:48pm
@cbsowm_interior 今日の施工後の説明でも、お客様「どっち引いたらいいのか分からない、壊れないかな?」とご心配されてました。

 

ichinomiya_oban    9:51pm
@konnyann 私も皆様のいろいろなご意見が聞きたいです。本当に参考になります。宜しくお願いします。

 

 このつぶやきに10人の同業者が登場します。

タチカワのリニューアルしたシェードのメカに関しての意見とシェードの取り付ける高さについてです。
あたらしいメカは操作側4センチはブラケットがとりつけられないのは問題だという意見です。

同業者のみなさま、

まだ、見たことのないタチカワの新しいシェードのメカについてこんな情報交換をしています。ぜひ、ツイッターに登録をしてお互いフォローし合って情報交換しませんか?

エンドユーザーのみなさま、

なんのことかよくわからないと思いますが、窓装飾にこだわる場合は設計段階から窓上20センチのところまで下地補強をしていただくようにしてください。
下地が入っていないときれいな位置に取り付けられないのです。同業者でそんな会話をしていました。

設計士、コーディネーターのみなさま

窓上20センチまで下地補強をお願いします。窓上すぐじゃなくて、もう少し上につけるときれいと言う位置がありまして商品によって違うのです。

インテリアメーカーのみなさま

ツイッターをうまく活用すれば、タダでできるマーケティング調査です。他業界はうまく活用しています。このつぶやきを読むだけでも商品開発に活かせると思います。情報を得ようとするならば自ら情報を発信すべきです。

 

 ツイッターの登録はこちらです。  http://twitter.com/

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→カーテン

オーダーカーテンのことならば大阪・カーテン夢工房 織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

天然素材を使ったシェード

ブログのバックグランドのイメージを変えてみました。

ホームページもトップページだけ変えまして、今社内スタッフで中味も充実させる作業をしております。まだまだ完成しておらず、中途半端な状態になっていて見苦しいと思います。徐々によくしていきますので今しばらくお待ちください。

ブログのURLも3月15日より変更しました。URLの変更というのは、アルファベットの順番を変えるというだけの問題ではなく、中味をすべて移行しなければならず結構たいへんな作業なんです。これから先を長い目で見た場合、外部のサーバーでやるよりも、自社のホームページの中にブログを入れた方がメリットがあると判断したからです。

私のブログは、業界内でもよく読んでいるよといわれていて、固定の読者がたくさんいるように思われているのですが、毎日6割の方が新規で検索からこのブログにアクセスしていただいていました。

そのため、URLを変えたところ、検索エンジンに引っかからなくなって、アクセス数が今までの3分の1に減りました。当初3カ月ぐらいはそのようになることは予想していましたが、それが2日前から急に一気に検索に引っかかるようになり、アクセス数も8割方回復しました。

やはり、ブログは小手先で軽く書いていてもダメで、時間をかけて検索に引っかかる内容のものを書かなければならないことがよくわかりました。

さて、本題です。

麻や綿素材のもので、ダブルシェードを取り付けました。天然素材でシワになったり縮んだり伸びたりしますが、それが良さで今までポリエステル100%の化学繊維をよく使ってきましたが、天然素材の良さがあってホッとするものがありました。

手前がレースでマナのジルです。麻100%の商品です。

奥がリトアニア産のLINAS(リナス)というメーカーで亜麻(フラックス)55%綿45%の商品です。

 

 

やっぱり、天然素材にはぬくもりがあります。

そのかわり、シワ、伸び縮み、におい、色の濃淡、ちょっとしたキズなんかはあるのが当たり前だと思って下さい。水洗いの洗濯では大きく縮んだりもします。

 

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

アップダウンシェード(ダブルタイプ)

先日、京都の実家に墓参りに行ってきました。

裏庭には、散りかけの梅が咲いていました。この梅は私が生まれた時からありまして、いまだ元気に毎年咲いてくれることになにやら感慨深いものを感じました。

オヤジが焼いたかき餅とおいしい宇治茶をいただいたらなつかしい味がしました。

 

さて、本題です。

アップダウンシェードダブルタイプ(手前シャープシェード+後プレーンシェード)を取り付けました。

 

このシェードはダブルタイプで、ドレープ(厚手)とレースの二重のシェードになっています。
手前はシャープシェードです。

手前は「ダウン」する事も出来まして下にためることができます。

 

 

上と下をオープンにすることもできます。

 

ダブルタイプなのでレースだけを降ろすというような使い方もできます。

 

 道路側に面した掃き出しの窓で、外からは見られたくないが空はみたい方におすすめシェードです。

  公開(後悔)しないシェードです。

                     そ~ら見たことか~

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

トーソーのツインシェードドラム式ワンチェーンの取扱い開始

昨日、得意先の住宅メーカーの安全大会に参加してきました。

営業本部長が最初にご挨拶をされまして、業績などをはなされますのでそれが一番の関心事です。
22年度の上期(9月まで)は前年に対してはマイナスだったとのことですが、下期(来年3月まで)は、受注が8%増になっているとのことです。

それでも、関西が一番悪くて会社全体では18%増の見込みとのことです。
前年が悪すぎたのでしょうが、元気で明るかったです。

マンションの引き渡しリストをみても、関西は年内はほとんどないですが、3月に集中しており、来年2月3月は忙しくなりそうです。

そうあってほしいものです。

さて、本題です。

すでに、トーソーのツインシェード(ダブルシェード)のドラム式のワンチェーンは10月1日に発売されていますが、当店の加工所の部品調達が遅れていまして、今まではできなかったのですがようやく当店でも扱うようになりました。

本日、加工所の人が、現物サンプルをもって説明に来てくれました。

トーソーのツインシェードトラム式ワンチェーンに関しての説明は2010年9月6日のブログをお読みください。
https://curtainkyaku.com/blog/52367070.html

当店では、ツインシェードのドラム式ワンチェーンはずっとタチカワを使っていました。

タチカワで一番気になっていたのが、前幕と後幕の差が20ミリあり(操作側15ミリ、反対側5ミリ)、けっこう隙間があくことです。

それに対してトーソーは両端5ミリずつの10ミリしか開かないのです。
この10ミリの差が大きいのです。

CIMG7266CIMG7265

上の写真はトーソーメカで裏側からみたところ。後幕と前幕の差はそんなに感じません。

下の写真は店内展示のタチカワのメカを使ったダブルタイプのシェードです。

CIMG7275

CIMG7274CIMG7273

タチカワのメカは操作側が前幕と後幕との差が15ミリあります。

操作の軽さや使い具合は、まだトーソーのメカを実際に使っていないのでわからないですが、この隙間のことを考えたらトーソーメカに軍配があがりそうです。

ただ、トーソーメカの問題点は、現場で右操作左操作の交換ができないことで、部品を交換しなければなりません。これはワンチェーン以外はすべてできるのでちょっとやっかいです。

ニチベイのダブルシェードドラム式ワンチェーンはまだ使う機会がなくて評価できません。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

      織物研究会

 

 

 ブログのトップ

トーソーのツインシェードドラム式ワンチェーンタイプが発売

9月になってインテリア業界は暗いニュースが続いています。

大阪証券取引所は、ジャスダック上場のカーテンメーカー「五洋インテックス」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社の8月平均上場時価総額が上場廃止基準の3億円未満となったための措置で、 猶予期間の2011年5月31日までに時価総額が所要額に達しない場合は上場廃止となります。

なお、8月の月間平均時価総額は2億7754万円、月末時価総額は3億370万円。

詳しくは五洋インテックスのホームページをご覧ください。 こちら

今日の終値が47円で発行株数が6074150株でひじょうに厳しい状況です。

五洋インテックスにはインテリア業界のためにもここは踏ん張っていただきたいのです。当店は五洋インテックスを微力ながらも応援しています。

インテリア業界の企業の株価はこちらです。

さて、本題です。

トーソーがツインシェード(ダブルシェード)ドラム式のワンチェーンタイプを10月から発売致します。

今回のカタログをみて笑っちゃいました。

トーソーとしては、このタイプでタチカワに先行され、シェードでは圧倒的なシェアを持つトーソーが忸怩(じくじ)たる思いをしていたことがわかるカタログで徹底的にタチカワのワンチェーンを意識して、これでもかこれでもかとタチカワの弱点を突いてきています。

それだけにすばらしい商品ができました。stamp05-001

私が心配をしていたチェーンの呼称もタチカワ、ニチベイと同じようにワンチェーンとなっていました。 10月発売のファブリックメーカーのカーテンの見本帳の展示会では、トーソーのこの商品を先行して紹介をしていたのですが、そこには「ワンコントロールタイプ」と表示されていたため懸念していました。

s-トーソー01

(画像はクリックで拡大)

1)タチカワに比べてメカは小振りで出幅が小さくなっています。
今のクリエティドラム式の操作部だけを取り替えればワンチェーンにできるようになっています。
既に取り付けた2本チェーンのクリエティドラム式も現場でワンチェーンに交換することもできます。(ただしシャフトを少しカットしなければなりません。)

2)タチカワの製作サイズが巾450ミリから2900ミリまでに対してトーソーは300ミリから4000ミリまでです。

3)タチカワが前幕と後幕とのすき間が20ミリに対してトーソーは10ミリです。

s-トーソー_001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4) この着脱テープは画期的です。すばらしいアイデアです。まだ見てないけど・・・・・・

s-トーソー002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5) コーナー出窓の納まりもばっちりです。

すばらしい。よくブログを読んでいただいていますね。

東京の業者が、ツインタイプをコーナーに使って、レースに隙間を開けて失敗をしてやり直したとブログにかいてあったのを読んでこのアイデアが生まれているようです。

しかし、それよりも私がもっと工夫して一発でとりつけたのをブログにアップしています。

ここを読んでください。  ココ

https://curtainkyaku.com/blog/51907263.html

私のアイデアを活かしていただいてうれしいです。

これに対してタチカワも黙ってはいません。

来月、トーソーのヒット商品「ビジック」と同じような商品で「デュオレ」を出してきます。これも、トーソーに対抗して前幕と後幕の生地の隙間をなくしていてすばらしいのです。

明日に続く

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

      織物研究会

 

 

 ブログのトップ