ニチベイ

エンドユーザーからのお問い合わせ(バーチカルブラインド)

エンドユーザーから問い合わせフォームで下記の問い合わせがありました。

直接にも回答しましたが、最近はバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を

考えておられる方が多いので参考のためにブログにもアップしておきます。

 

【お問い合わせ内容】

いつも社長のブログを拝読し参考にさせていただいております。

日本一の情報量でとても勉強になります。

 

バーチカルブラインドに関しまして自宅近隣では御社ほど詳しいお店は無いので

ぜひご相談させていただければと思い、ご連絡させていただきました。

 

今度引っ越すマンションの掃き出し窓(W3060×H2200)にニチベイのバーチカル

ブラインドの新規取り付けを考えております。

ニチベイのバトン式開閉タイプはバトン部分の耐久性が不安と聞きループコード式に

することを考えております。この場合、

 

1)ツーループコード式はレースを使わないミニマルスタイルでも対応可能でしょうか?

(カタログを見ているとツーループコード式はセンターレースのみの仕組みの

ように書いてありましたが、御社のようにバーチカルに精通しておられる業者さん

でしたらツーループコード式をミニマルスタイルで採用することも物理的に

可能なのでしょうか?)

回答

> アルペジオの見本帳に載っているツーループ式というのは、ソーラーVのメカを

> そのまま使っています。

> そのため、ソーラーVのメカを使ってモアラップ仕様でミニマルスタイルは

> できます。

> ソーラーⅴの75㎜用に100㎜ルーバーを取り付けます。

> レールの色は白とシルバーになります。

説明

ツーループ式というのは、操作コードが2本ある操作方法です。

ニチベイのカタログより。(画像をクリックすると拡大します。)

一番右のタイプ

これはコントラクト用のソーラーVと同じで、片開きで最大6mまで

製作できるメリットがあります。

 

参考ブログはこちら

タテ型ブラインドのおススメは

 

 

2)業務用のソーラーvですとワンループで操作可能な仕組みもあるようですが、

ソーラーvでもミニマルスタイルは可能なのでしょうか?

また同じ窓の大きさですとソーラーvとアルペジオで価格差はどれくらいございます

でしょうか?

 

回答

> 上記のようにソーラーVでもモアラップでミニマルスタイルは可能です。

> 価格に関しては、ソーラーⅴは㎡計算で、アルペジオをマトリックス計算になってい

> ます。

> 商品やサイズによって大きく違うのですが、私の感覚ではそんなに差がなく、サイズ

によってはソーラーVの方が安い時もありました。

 

説明

例えば同じ商品で価格の比較をしてみます。

「リーチェ」という商品

幅320㎝×高さ250㎝の場合

ソーラーVは定価で107200円

アルペジオは定価85500円

アルペジオの方が安いです。

幅160㎝×高さ200㎝の場合

ソーラーVは定価42880円

アルペジオは定価45100円

このサイズならばソーラーVの方が安いのです。

ソーラーVは大型の業務用に使うケースが多く、開閉の時の音が

アルペジオに比べて大きいです。

気になる人は気になるかもしれません。

 

 

 

3)社長のブログを拝見し、小さい子供がいるためループコード式、ツーループコード式、

もしくはソーラーvのワンループコード式にした場合はコードを床から110cm以上に

したいと考えております。

この場合コードの長さカットは大抵の業者さんでしていただけるものなのでしょうか?

それとも御社のようにバーチカルの精通しておられる業者さんでないと対応出来ない

のでしょうか?

>アルペジオのループ式は、知識のあるカーテン屋ならば現場で簡単にできます。

>ソーラーVのワンループやツーループはカットしてはんだごてでコードを

>溶かして接着しなければならないので簡単ではないです。

 

>発注時に指定すれば、メーカーでは20㎝単位で製作してくれます。

 

 

4)そもそもバトン式の耐久性がそれほど心配無いでしょうか?

小さい子供がいる家ではバトン式対応可能サイズであれば、安全性を考えバトン式を

採用した方が良いでしょうか?

> バトン式の耐久性に関して、私どもの経験では今まで問題になったことは

> ないです。

> 小さいお子さまがおられるのならなバトン式にされるのがいいと思いますが、

> 最大製作サイズは3mまでになっています。

> W3060㎜ならば製作不可になります。

> 小さいお子さんがおられるならば、裾のボトムコード(スペーサーコード)の

> ないモアラップがおすすめです。

 

 

5)遮熱生地はウォッシャブル非対応が多いですが自己責任で優しく洗う程度で

あれば出来そうでしょうか?

>遮熱生地は標準生地とは異なる特殊な加工された糸を使用しており、

>これを洗濯しますと、遮熱性能には支障はないのですが、

>シワが残りやすく意匠的にも問題が出ますので、非ウオッシャブルとなっています。

>シワくちゃになる可能性がありますので洗濯はおススメしません。。

 


 

今日の話は役にたちましたか? 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

商品の紹介(1)ロールスクリーンカバーセパレートタイプ

ニチベイのロールスクリーンのカバーセパレートタイプの施工例を紹介

します。

 

この商品は昨年の初めごろに新しく販売された商品なのですが、検索を

しても、実際の施工例を載せているところはほとんどなく、数社が

メーカーのニュースリリースに基づいて見本帳から紹介をしている程度です。

店内に展示しているお店はありました。

コロナ禍で展示会もなかったし、メーカーも地に足を着いた営業をしてな

かったのだと思います。

 

実は当店も売ったことがなくて詳しくは知らなかったのですが、お客様が

ネットで調べてこんな商品があったのですがどうなんですかと言われました。

 

どんな商品かといえば

本体とカバーを一体化した構造で巻き取り部をすっきり隠すように

なっています。

 

正面付け向けにはいいです。

 

2枚の幕体に分けることができ、その隙間が16㎜で光漏れが抑えられます。

2台別々に取り付けると30㎜ぐらいあきます。

これがロールスクリーンの問題点です。

 

2枚に分割して、最大ワイドは3200㎜まで製作できます。

価格も個別に2台取り付けるより安くなります。

これはチェーン式で両サイドに個別に操作チェーンがつきます。

 

ここまでがメーカーのアピールポイントですので、どこの販売店で

買っても同じです。

 

ただ、販売店が実測して発注しますので、両サイドをどのぐらい木枠から

出すかとかどの高さに取り付けるかは違ってきます。

 

当店の場合はお客様から要望があり、正面付けをすると風に揺られて

ボトムバーが木枠にコツコツとあたり音がうるさいのでなんとかしてほしいと

いわれ工夫しています。

 

この商品はニチベイのグラミネートN9293でボトムバーは露出タイプ

なんですが、オプションでウエイトバー袋縫い仕様にしています。

そしてそこのボトムバーに緩衝材を入れて背中に回しています。

 

この緩衝材も硬さや厚み・出幅などは今までの経験によって少しずつ

進化してきています。

メーカーではやっていなくて当店のオリジナルです。(有償)

緩衝材はボトムバーの底ではなく、背中にもってくるのが重要なのです。

 

メーカーの商品は、施工を伴うものはどこで買っても同じというわけでは

ないんです。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

栄光は君だ ~ エコキメラ加工

階段吹き抜けにエコキメラ加工をしてニチベイのハニカムスクリーンを

取り付けました。

エコキメラ加工は、メーカーのホームページのこちらをお読みください。

太陽光(紫外線)照射によって効果を発揮する光触媒二酸化チタンを出発原料とし、

それをリン酸と反応させたことで、光を全く必要としない、暗所においても

消臭・抗菌・抗ウイルス・防汚・防カビなど様々な効果効能を発揮する機能性

コーティング剤です。

 

私のブログは

エコキメラ加工は抗菌・ウイルス不活性化に効果あり

 

当店の店内もエコキメラ加工をしています。

3月1日より営業を再開します。

大阪から別府航路の「さんふらわ」にもエコキメラ加工がされていました。

 

この無光触媒がウイルスに効果があるので、この1~2年流行っています。

公共機関でもよく使われており、エコキメラ加工は阪急電車と

近鉄電車にされています。

抗ウイルス加工について

大阪の地下鉄は同じような商品のセルフィールが使われています。

 

抗菌、抗ウイルス、防汚等に塗布するだけで効果が発揮する良い商品で

当店でも取り扱っているのですが宣伝不足です。

 

今回施工させていただいたお客様は、私のブログを読んでご来店いただき、

最初からエコキメラ加工をしてほしいという依頼でした。

 

ひじょうにうれしいです。

 

たくさんある時は、コンプレッサーを現場に持っていって、現場で

加工をするのですが、今回は2台だったので当店で加工してから取付しました。

 

閉店後、私が加工をしています。

今回は意気に感じて、防汚にいい商品とサービスで抗ウイルス・抗菌に

いい商品を2回塗布しています。

 

施工写真は

 

これ、絶対にいい商品なんです。

これをすると栄光は君だ

エコキメラ加工

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

バーチカルブラインドの角度による見えぐあい

電動のバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を3台取り付けました。

同じようなブログばかりになり、私のブログをよく読んで頂いている方に

とっては「またか~」となるのですが、ブログを書くことはSEO対策には

最も効果があるのです。

 

広告宣伝費を一切かけずに集客している当社にとりまして、とにかく

情報を発信するということが重要なのです。

 

電動商品は施工をすればするほど、ノウハウが蓄積されてきます。

電線をまったく見せないで納める事もできるようになりました。

こちらはニチベイの電動バーチカルブラインドですが、赤外線送信で

受光部がつきます。

 

今日のブログでは、バーチカルブラインドのルーバー(スラット)の

角度を変えることによって見えぐあいを写真でご覧いただきたいと思います。

 

閉めます

外は見えません。外からもみられません。

少し開けました。

暗くはなく、外からもみられません。

もう少し開けました。

正面から写真を撮っています。

明るさは十分あります。

右に移動して撮る外は見えません(上の写真)

左側からみるとこんな感じです。(下の写真)

全開すると

電動商品はリモコンで少しずつルーバーの向きを変えることが

できます。

手動式も手で操作することによって向きを変えられます。

 

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)は角度を変えることによって

調光できますし、外からの視線も遮ることができます。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

タテ型ブラインドの標準タイプとセンターレースのたたみ代について

先日、車の中でラジオを聴いていたら、工具メーカーのベッセルの田口社長の

インタビューがあり、会社の紹介をしていました。

ベッセルの副社長は高校の同級生で以前にビットをたくさんもらった間柄なんです。

 

ラジオの話の中で、「電ドラボール」という商品が生産が間に合わないぐらい

売れているという話があり、それに興味を持って購入しました。

これはいろんなタイプのビットが5本付いていて、USBで充電できる

ドライバーなんです。

プロの人はガンタイプの電ドリを使うので、これは邪道かもしれませんが、

意外と便利がよくて、私がちょっとしたことに使うのにも十分に

役に立つレベルです。

ビットがベッセルなので、普通に手回しドライバーとしても使えます。

最初は手回しして、そのあと電ドラで締めて最後はまた手回しをする

使い方をすると楽にドライバーを使いこなせます。

 

今回は、この商品の宣伝をしたいわけではなくて、購入したやり方なんです。

この商品は、メーカー希望小売価格が6130円(税込み)

市場価格で5698円(税込み)

ネットで購入すれば送料込み・税込みで最安値で4000円ちょいぐらいだと

思います。

私は、新品をPayPayフリマで3199円(税込み・送料込み)で買いました。

 

関東の人は高く買ったことを自慢したがるのですが、大阪人は安く買ったことを

自慢したがるのです。

PayPayフリマはメルカリと同じ仕組みでネット上のフリーマーケットです。

メルカリと同じようにほとんどが送料込み・税込み価格の表示になっているので

わかりやすいのです。

 

ヤフオクは送料が別途の場合が多いので、意外と高くなります。

PayPayフリマやメルカリはしょっちゅうクーポン券がついてきて、値引きされます。

中古品市場ですが、新品もけっこうありまして、今やなんでもあるという感じです。

うまく活用するとたいへんお得です。

 

私は、オーダーカーテンと窓周り品以外はほとんどネットで買っています。

 

楽天市場はずっとダイヤモンド会員だし、貯まったポイントを楽天証券で

運用しているぐらいです。

YahooショッピングやAmazonもよく使います。

ネットで購入する場合は少額の時の送料が結構負担になります。

大阪人は「送料負担が嫌い」なんです。

 

送料がかかるものを購入するときのおススメはヨドバシドットコムです。

ここはどんな安いものでも全国送料無料で、商品豊富ですぐに届きます。

 

先日、ボタン電池1個226円を購入しました。

コンビニで買えば330円する商品です。

226円のものも送料無料で、夕方注文したら日本郵便のゆうパックで、

翌々日に届きました。

 

いったいどういう仕組みになってんねんと思うのですが、エンドユーザーに

とってはたいへんお得です。

 

 

さて、本題です。

 

カーテン屋ですが、最近はオーダーカーテンが売れなくて、タテ型ブラインドと

調光スクリーン「FUGA」と電動商品がよく売れてます。

以前よく売れたプレーンシェードも売れなくなりました。

 

いわゆる、ブラインドやロールスクリーンなどカーテン以外の窓周り品を

インテリア業界では「メカ物」といっているのですが、「メカ物」が

よく売れるのです。

 

今日もマンションの内覧会に同行で実測にお伺いしたら、タテ型ブラインド

(バーチカルブラインド)で標準タイプのシングルスタイルにするか

センターレーススタイルにするか悩んでいるという事でした。

 

センターレーススタイルというのはニチベイの固有名詞で真ん中にレースの

ルーバーが入っているものをいいます。

タチカワのは、少し仕組みが違うのですがよく似た物は「ペア アンサンブル」と

いいます。

両方とも固有名詞で一般名詞がないので、NHKのニュースではとりあげられない

のです。

トーソーには同じような商品はないです。

一般的には「センターレース」で通じるかもしれません。

 

シングルタイプとの違いは、真ん中にレースが入っているかどうかということ

以外に価格的にはセンターレースはシングルのものに対して1.9倍ぐらい

します。

もう一つ、開けた時のたまり(たたみ代)が2倍以上違います。

 

施工写真で説明します。

 

以前のもので、家具等なにもないのでブログに載せてもつまらないかなと

思ってアップしていなかったのですが、エンドユーザーにとっては

たまり(たたみ代)の違いを目で確かめるのも重要なことと思いました。

リビングに2つ大きな窓があって、左側がセンターレースで

右側がシングルタイプです。

これは、左側の窓は近くに建物があって外からみられるという懸念で

こちらだけセンターレースにしています。

色が変わって見えるのは遮熱ガラスのせいで、生地はニチベイの

フェアフレクト遮熱A9794を両方とも使っています。

左側はセンターレースにミラーレースを使っています。

上の画像はセンターレースです。

開けた時のたまり(たたみ代)です。

左側がセンターレースで幅3710㎜でたまりの部分(たたみ代)は

825㎜です。

右側はシングルタイプで幅3270㎜でたまりの部分は

354㎜です。

もし、左側と同じサイズなら395㎜になります、

センターレースはシングルタイプに比べて2倍以上のたたみ代が

きます。

上はセンターレースのたたみ代

下はシングルタイプのたたみ代

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

ロールスクリーンに緩衝材を取り付ける

大阪では、2週間程前は冷房も暖房もしなくて窓を開けて風を入れていると

気持ちがいい天気でした。

 

その少し前ぐらいに依頼があったのが、

「窓を開けているとロールスクリーンが風に揺られて音がうるさいのですが

なんかいい方法がないですか」というのがありました。

 

今までも何度かそういう依頼がありまして、当店で販売したお客様には

いろいろと提案をしてきました。

 

今回はロールスクリーンで2件ありました。

1つはニチベイのロールスクリーンで窓枠内に取り付けて、

手前の正面付けのレースを吊りました。

 

こういうケースでは、窓ガラスのサッシの帆立にこつこつ当たって

音がします。

 

ロールスクリーンのボトムバーを外して、バーの溝に5mm厚で13mmの

緩衝材を差し込みます。

ニチベイの場合は、ボトムバーが丸でバー袋に余裕があり、回転させて

緩衝材を背面にもってくることができまして簡単です。

 

もう1件はトーソーのロールスクリーンで、カーテンボックスに取り付けた

のですが、これが風に揺られて窓の木のサッシ枠にあたって音がうるさい

のです。

 

窓を開けると風に揺れるロールスクリーン

トーソーのボトムバーは丸ではなく、水滴型なのです。

バー袋にも余裕がなくて、溝に緩衝材を入れると袋にバーを入れることが

できないんです。

そこで、トーソーの小窓タイプのバーを取寄せて、そちらに緩衝材を

入れてバーを入れ替えました。

こうするとピッタリいきました。

手前のボトムバーが通常のもので、奥の白いものが小窓タイプのもので

緩衝材をつけています。

 

ちなみにタチカワのロールスクリーンのボトムバーには最初から

緩衝材が付いています。

ボトムの底には両端についていますし、背面一面にも緩衝材が

ついています。

しかし、薄すぎてあまり効果がないのです。

 

こういう需要はけっこうあると思うのです。

メーカーも標準仕様にしなくていいので、オプションで緩衝材付きボトムバーを

作ってほしいのです。プラス定価2000円でもいいです。

 

以前、プリーツスクリーンに緩衝材を貼ったブログはこちらです。

プリーツスクリーンの風揺れに緩衝材を貼って対応

このブログに書いていますが、私は緩衝材はサンペルカL-2500というのを

ネットで買って使いました。

(ブログを読んで当店に問い合わせメールをしてこないでくださいね)

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

メーカーはもっとユーチューブを活用しよう。

昨日は、眞子さまのご結婚の報道一色でした。

私は、昨日テレビを見る機会を逸しましたが、ネットでいろんな記事を

読みました。

言葉遊びが一句浮かびました。

 

こう室からこ室に行かれた眞子さま

 

※ こ室を「個室」でなくて「小室」と読んでいただければうれしいです。

 

さて、本題です。

 

先日、トーソーのロールスクリーンの取り替えをしました。

事前にお客様から、生地を取り外して洗濯のやり方を教えてほしいという話が

ありました。

 

現場で施工スタッフが実際に外して説明をするのですが、その場では

理解してもやるときには忘れていることが多いのです。

そこでトーソーが作っている動画にこちらでQRコードをつくって

ロールスクリーンのウエイトバーに貼り付けて、生地交換するときは

こちらをご覧くださいとお伝えしました。

 

QRコードをつくりました。

 

 

動画はこちらのトーソーのYouTubeチャンネルをご覧ください。

これをロールスクリーンのボトムバーに貼りました。

同じ動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

生地を取り外して洗濯するのにこの動画はすごくわかりやすいです。

 

こういう具合にしておけば、お客様にとってもわかりやすいと思います。

 

これを販売店がやるのではなく、メーカーとしてやってほしいものです。

 

若い人は動画が中心になってきていますし、これからは5Gの時代で

ますます動画が活用されてきます。

 

インテリア業界では、メーカーも最近は積極的にYouTubeで動画をつくって

いますが、それの広報・宣伝ができていなくてあまり活用されていないのです。

メーカーの動画の割にアクセス数が少ないのです。

 

最近、ニチベイが名刺サイズの両面のQRコードを載せたものをくれました。

取り扱い説明書や動画もあり、現場で打ち合わせをするときに名刺入れに

入れておくと便利なんです。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ