バトンタッセル

「ワクチンショック」「ウッドショック」がインテリア業界を襲う

最近よく聞かれるようになった言葉として「ワクチン接種が終わったら」という

のがあります。

これは、ワクチン接種が打ち終わったら「飲みに行こうぜ」「遊びに行こうぜ」

「旅行しようよ」ということです。

 

先週、大阪や東京では緊急事態宣言が解除されました。

その後は人出が大幅に増加というのがニュースになっていました。

今朝のNHKの日曜討論で西村大臣が

「感染者が減れば、安心して人が増える。あとワクチン接種で安心感が出て

人が増える」と言っておられました。

 

ワクチン接種が終われば、今まで我慢をしてストレスのたまっている

日本人は旅行や遊びや外食にお金を投資するようになり、家やインテリアへの

投資は遠のくのです。

アメリカでは、すでにそういう現象が起こってきており、住宅への投資が

減りつつあります。

 

日本でも、インテリア業界では巣ごもり需要で、カーテンの吊り替えなどで

昨年5月から夏場にかけてはひじょうに良かったのですが、10月頃に

「Go to トラベル」や「Go toイート」が浸透してきたころには、旅行と外食への

投資が増え、カーテンの吊替えがかなり少なくなりました。

その後はコロナの感染拡大で、吊替え需要がまた増えました。

 

これと同じ現象として、ワクチン接種が行き渡ると、カーテンの吊り替えは

大きく落ち込みます。

これを私は「ワクチンショック」と呼んでいます。

たぶん、私しか言っていないので、検索しても出てこないと思います。

 

また、先月のブログに書きました「ウッドショック」もじわじわと

影響が出始めてきました。

「ウッドショック」でインテリア業界に激震

 

建築材料の木材が不足しており、住宅の引き渡し物件が延びていて、

新築のカーテンの需要が減ってきています。

 

インテリア業界は、ウッド(Woodワクチン(Wakuchin← これは日本語

英語ではvaccine と言います)の

 

Wショックで、これから相当厳しくなります。

 

 

レースの吊り替え例です。

 

この1年はおかげさまで吊り替えのお客さんがひじょうに多かったです。

 

Before

他社の施工で生地メーカーはわかりませんが10年で少し裂けてきていました。

普段ならば、あまり気にならなかったかもしれないのですが、

家に居る機会が多くなると、新しくしようという気になると思います。

 

After

 

レースのみの吊り替えで、カラーレースでこげ茶の色の

五洋インテックスのIH546-03に吊り替えていただきました。

真中の開閉用にカーテンバトンタッセルを取り付けています。

これは長さ調整ができまして、現場でもう少し短くしようと思ったら

お客様はこの長さでいいとおっしゃいました。

カーテンバトンタッセルはカーテンを開閉するときにこれを持って

すればカーテンを傷めることなく、スムーズに開閉ができます。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

タワーマンション取付いろいろ

先日、取り付けたタワーマンションのお宅の話です。

ブログネタになるようなことはいくつかあるのですが、1つに絞ることが

できませんでした。

SEO対策的にはよくないのですが、いくつか書いてみます。

1)タワーマンションのコーナーの窓はガラス側に2倍使いの片開きレース

手前(部屋側)はプレーンシェード

 

当初はレースもプレーンシェードにしてドレープとのツインシェード

だったのですが、この場所にレースのプレーンシェードだと

ペロッと1枚の生地が垂れ下がっているだけで、外にもでられないので

ほとんど開閉することがないのです。

いつも目にするところなのでヒダのあるレースの方がいいのではと

いうことでレースは横に開くタイプになりました。

厚手カーテン(ドレープ)は横に開くタイプにすると開けたときの

たまりの部分が気になるし、上下に開閉する方が使い勝手はいいのです。

直射日光が差込み時は、半分ぐらい降ろすという使い方ができます。

ドレープ フィスバ JE  54203 6

レース フェデ RC577 01

 

 

2)ソファの後ろにくるカーテンにはカーテンバトンタッセルが重宝

カーテンの開閉をするのにソファが邪魔になるときはカーテンバトンを

取り付けましょう。

カーテンの開閉の遠隔操作ができるのです。

スタッフブログにも書いています。 こちらです。

 

3)コーナーのところのレールは一方を長く

 

こちらのマンションは新築時にはレールがついていませんので

カーテン屋で取り付けます。

カーテンレール専用カッターというのもあります。

これはトーソーのネクスティ専用カッターです。

 

4)置き敷きカーペットも取り扱っています。

サイズの合わせてカットしてぴったり置き敷きします。

カーテン注文時に一緒に注文すると、当店の場合は搬入費等はかかりません。

 

5)ブラインドの取付下地がないときは

 

キッチンの窓にブラインドを取り付けたのですが、窓枠の天井面には

下地が入っていなかったのです。

そんなときは壁面にL型金具を取り付けています。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

 

 

海外ではよく使われているカーテンバトン

クロネコメンバーズに登録しておくとLINEで「明日配達があります。」という連絡が

きます。

日中は夫婦ともほとんどいないので、徒歩3分のところのスーパーマーケットの前に

ある【PUDOステーション】にいれておいてという指示をします。


 
これは宅配業者も2回配達に行く手間が省けますし、私どもも自宅近くで24時間

ピックアップできましてお互いにとって便利なシステムです。
 
PUDO宅配ボックスに取りに行くと、リリカラから株主優待品が届いていました。 

 
中をあけると巾着袋にはいた文鎮(ペーパーウエイト)だったんです。
 
ペーパーレス時代でエアコンも完備している中で、文鎮とは・・・・

むしろ、この時代だから価値があるのかもしれないと思いながら使い道が

思い浮かびません。


 
 
株も先月に瞬間的に大きく値上げした時に売ってしまって株主でなくなったので、

おとなしく有難くいただいておきます。

 

 

さて、本題です。

 

カーテンバトンはご存知ですか。

日本ではあまり使われていないように思いますが、海外ではよく使われています。

ハワイのコンドミニアムに宿泊した時もカーテンにカーテンバトンがついていました。

先頭ランナーのところについている開閉するための棒です。

それを持って開閉するとカーテンが傷まないのと、高い所からカーテンが吊って

あるときに操作がしやすいのです。

ほとんどが棒なのですが、当店ではタッセルから作ってカーテンバトンタッセル

として販売しています。

このタッセルを分解します。

作り方はこちらです。「カーテンバトンタッセルをつくろう

 

出来上がったものを、レールの先頭のマグネットランナーに取り付けます。

 

 

カーテンを開閉するときに、このバトンタッセルをもって動かします。

 

 

今回、このカーテンバトンを提案させて頂いたのは、窓の前に60インチの

大型テレビがくるとのことで、そのためカーテンの開閉を楽にするためです。

カーテンの前に、テレビやソファなどのカーテンが開閉するのに邪魔になるものが

くる場合や、高いところがカーテンが吊ってある時はこれがあると便利なのです。

カーテンを傷めることもありません。

当店のおススメですが、ネット販売はしていません。

カーテンバトンに関する今までのブログはこちらです。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

ふつうのカーテンもやってます。

私のブログでは、シェード、ロールスクリーン、ブラインド、

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)、調光型ロールスクリーン、

ハニカムスクリーン等のメカものについて書いていることが多いのですが、

ごく普通のカーテンもよくやっています。

というか、この比率の方が多いのです。

ふつうのカーテンの場合は、ブログに書くネタがあまりないのと、私自身が

取り付けに現場に行っていないことが多いのであまりアップできていません。

普通のカーテンというのは、ドレープ(厚手カーテン)とレースの組み合わせ

です。

DSC00923

新築マンションのリビングで巾は440㎝高さ265㎝の窓で

ドレープは五洋インテックスSD02002 裏地  五洋インッテクスSM07001

レースは川島織物セルコンFT0590 でいずれも2倍使いの

オーダーカーテン仕様です。

これだとブログネタにならないので、当店で工夫したところを書いて

おきます。

1)ヒダ山柄合わせをしています。

DSC00927

ヨコリピート25㎝なので、山のところにピンクのストライプが

来るように縫製をしていて、開けるとピンクのカーテンになります。

DSC00898 DSC00887

2)ドレープ、レースともに簡易型形態安定加工をしています。

   プリーツがきれいです。

3)ドレープに裏地をつけています。

4)交叉ランナーを使って、真ん中の部分で重なるようにして、光漏れを

少なくしています。

DSC00882

DSC00916 DSC00918

 

5)高さが265㎝あるので、開閉しやすいようにバトンタッセルを

つけています。

DSC00928

DSC00921

6)両サイドはリターン仕様にしています。

DSC00899

 

普通の2倍使いのカーテンですけど、少し工夫することでいい感じに

することもできます。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

磁力の強いマグネットランナー対策にバトンタッセル

 断捨離

これは、だんしゃりと読んで、不要なモノなどの数を減らし、

生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のことです。

文章で書いてあるのを間違って読んで「だんじゅうり」と

発音されると、まちがっておられるのがわかるのですが、

会話の中で、「だんじゅうりしなければならないんです。」といわれると

なかなかピンとこないのです。

それが、この2週間の間にお客様との会話で2回あって、1回目は、

会話の内容から「断捨離」のことだなとわかったのですが、あとで

思わず自分が間違っていないかスマホ検索してしまいました。

2回目は、すぐにまちがっておられることがわかったのですが、

人生のかなり先輩だったのでなにも言わずでした。

実は、私も正しい日本語をよく知らなくて58年間間違っていた知識という

のがたくさんあるのです。

知らずにブログに書いていることもたくさんあると思いますので、

お気づきのことがあれば遠慮なくご指摘ください。

 

さて、本題です。

 

年末になると修理依頼が多いのです。

1年前に買っていただいたお客様からメールがきまして、新築マンションで

 最初から付いていたカーテンレールのマグネットランナーが強すぎて

生地を傷めているんですが対策はないですか」とのことでした。

すでにお客さまの方で、私のブログを読んで、マグネットランナーに

セロテープを貼って磁力を弱めていただいていました。

2015-12-28 11.10.35

2015-12-28 11.10.39

芯地の下の部分が裂けそうになっていました。

私が伺って、これ以上裂けないように、さらに1枚セロテープを貼って

磁力を弱め、バトンタッセルをプレゼントして、開閉するときは生地を

持たないでバトンタッセルで開閉してもらうようにお願いしました。

2015-12-28 11.13.16

マグネットランナーの2つの穴の1つに取り付けています。

2015-12-28 11.13.43

マンションについているC型のリーズナブルのレールはランナー(駒)の

すべりはあまりよくないですが、マグネットは意外と強力なことが

わかりました。

まずは、マグネットランナーのウケの部分にセロテープを貼ると磁力が

弱くなります。1枚ずつ重ねあわせながら、磁力を確かめてください。

4枚ぐらい重ねても大丈夫でした。

さらにバトンタッセルをつけると生地を傷めません。

バトンタッセルに関するブログは左欄のカテゴリーの「バトンタッセル」の

ところをお読みください。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

高いカーテンを取り付けました(1)

しばらくブログを更新していなかったら、ご来店いただいたお客様から

「最近ブログを書いておられませんよね」といわれました。

ジャパンテックスに行った話を書こうと思っているのですが、

言葉を選びながら書かなければならないため、気が進まず放置していました。

2週間ほどブログを書かないと心配していただけるお客様がおられるのは

幸せなことなので、とりあえず書ける話から書いていきます。

 

さて、本題です。

私の記憶のある中では、普通に開閉できるカーテンとしては今までで

一番高いカーテンを取り付けました。

 

高さ4m25㎝のカーテンです。

 

2015-12-11 16.14.31

今まではタテ型(バーチカル)ブラインドがついていました。

DSC09853

これだと夏は暑いし、冬は寒いということで、バーチカルブラインドを

残して、さらに遮光のドレープで遮熱レースを取り付けました。

幸いレールが残っていました。

冬の夕方から夜は遮光カーテンを閉め、

夏は遮熱レースにして

春秋はバーチカルブラインドを使うという感じです。

すべて開閉できます。

開閉はできますが、高さ4m25㎝の遮光カーテンを下で引っ張ると

重いし、常に一定のところを持つため、そこがすごく汚れるのです。

そこで3mのバトンタッセルをつくりました。

こんなサイズのものはめったにないので、自分でつくりました。

DSC09861

6本作る必要があって、18mのコードとタッセル6本買ってつくりました。

DSC09862

タッセルを分解しました。

DSC09866

ランナーに引っ掛けるところを東急ハンズで買って、結束バンドでくくりました。

DSC09867

上部は出来上がり。

DSC09872

下部は長さ調整ができるように結んでいます。

DSC09873

かんせいです。

 

星いくついただけますでしょうか?

 

2015-12-11 16.14.46

2015-12-11 16.14.38

 バトンタッセルはネットを通じての販売はしておりません。

当店取り付け物件のみの対応です。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

高いレースは手で触ってはいけない

ブログをよく書いていると施工写真のメーカー・品番を教えて下さいと

いうのがしょっちゅうありました。

そうすると、無視すると「あの店は親切でない」と掲示板に書かれたり

しますので、一応調べて返事しなければならないかなと思ったのですが、

これがけっこうたいへんなんです。

それである時から、使用した商品のメーカーと番号もブログに書くように

しました。

そうすると問い合わせがなくなりました。

一度、「書いてある番号を業者に伝えたのですが商品が違うみたいで

番号を間違っておられませんか」という問い合わせがエンドユーザーから

ありました。

それは確かに間違っていたのですが、そこまで真剣にブログを

読んでいただいている方がおられるのにびっくりしました。

たまに同業者からもお客様から言われて商品番号を教えてほしいというのが

あります。

その場合は、商品番号を書いていなくて、メーカー品でなくて独自で

仕入れている商品の時です。

 

昨日も茨城県の日立市から問い合わせメールがありました。

「スタッフブログさんの、2015-04-05 18:10:06投稿の記事で、

グリーンの遮光1級ドレープにフロントレースの施工の写真がとても綺麗で、

同じ物を欲しく思いました。

メーカーさんと品番を教えて下さい。

よろしくお願い致します。」

 

たまたま商品名をかきわすれていたようなのです。

そうすると、調べて これか とみて返事をするのです。

「その生地はレースは川島織物セルコンのPL1512 A

手前の厚手生地は川島織物セルコンの遮光1級のPD1378 G

です。

 レースは150巾のタテ使いの生地ですが、裾の部分の柄が重ならない様に

「本縫いウエイト巻きロック」をしています。

 発注の際は、そのように指示をしないと折り返しになります。」

 

さて、本題です.

 

リビングにクリエーションバウマンのレース「SOPRANOⅡ 205(ソプラノ)を

取り付けました。

このレースはひじょうに柔らかくて、なにもしなくてもきれいなウエーブが

でます。

DSC06527

こちらはレースのみでほとんど開閉されないとのことです。

DSC06420 DSC06423

裾はウエイト無しの8ミリの折返しです。

 

この生地はひじょうに薄くて柔らかくて傷みやすいので、生地に触って

開閉すると、その部分が黒くなり傷みます。

そこで、プレゼントとして当店オリジナルのバトンタッセルを用意

させていただきました。

本来は両開きで真ん中から開閉するのですが、両端から出入りされる

ため、バトンタッセルを両端に取り付けました。

DSC06533 DSC06531

DSC06534

生地をもたないで、このバトンをもって開閉します。

そうすると生地が傷まず長持ちします。

高額なカーテンや、高いところに付けるカーテンには最適の商品です。

今までの紹介したバトンタッセルの施工ブログは左カテゴリーの

バトンタッセル」の項目でご覧ください。

 

このブログは、スマホでご覧になるときは自動的にスマホ対応して

最適化されています。

その場合は、カテゴリー欄はみられませんが、一番下までスクロール

すると、「Mobile」と「Desktop」の切り替えができるように

なっていまして、「デスクトップにするとパソコン画面でみるのと

同じように見られます。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ