バランス(上飾り)

カーテンボックスに共布でペルメット(上飾り)を取り付ける

今年もあと2日となりました。

今日は三重県名張市まで実測に行き、年末恒例の新築マンションのポスティングをしました。

来年の準備と種まきで、年始早々は物件が多く忙しいのです。
新築マンションのポスティングは毎年、11月12月に引き渡された物件に対して「カーテン夢工房通信 新春特別号」を作ってポスティングをしています。

ここ15年やっていますが、年々物件が減り、今年は昨年の半分で1日で終わってしまいます。昨年だった少なかったんです。
3月はもっと厳しくて、物件数は昨年の5分の2になっています。

今年を振り返って、手を打っていかねばそうとう厳しそう。

今年のインテリア業界の重大ニュースは、こちらに書きましたので業界関係者は読んでおいてください。

勝手にしたらカーテン屋・粋に書いても没記

http://ameblo.jp/curtainkyaku/

さて、本題です。

さきに取り付けたカーテンは木のカーテンボックスのままだったのですが、あとから共布でペルメット(上飾り)をとりつけました。

BEFORE
CIMG3763

AFTER
CIMG3766

ちょっと雰囲気がかわるでしょ。
CIMG3762CIMG3767

マジックテープ接着タイプのオスをカーテンボックスの上に貼りつけて、タッカーでとめます。ペルメットに縫い付けてあるマジックテープのメスを貼り合わせますが、カーテンボックスと天井との隙間が1センチあるため、耳たてをしているのがポイントです。

ドレープは1.5倍使いのヒダ山柄あわせの形状記憶加工です。とてもリーズナブルにできます。

CIMG3764南側の大きい窓はこんな感じです。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

ペルメットをとりつけました

最近、土曜、日曜の実測・取り付けが忙しいのです。
土日しかおられない方が増えているのでしょうか?

今日もマンションの実測が5件ありました。
新築マンションの時は、内覧会や再内覧会の時に同行させていただいて実測しますが、ここ2~3年、耐震偽造事件があって以来お施主さまも真剣そのもので設計士を検査員として雇って同行されていることもよくあります。

よく、そうした現場に立ちあうことがあるのですが、私がみて「どこが問題なの」と思うようなところまで付箋を貼っておられます。

事業主側も神経ピリピリさせておられます。

積水ハウスのグランドメゾンシリーズや野村不動産のプラウドシリーズでは、内覧会の時に手袋をはめさせたり、新しい使い捨てのスリッパを用意されたりしてます。

お施主さまに商品を引き渡す前なので、それを汚さず大切にしていますという企業姿勢はよくわかります。

内覧会の時に、我々業者はよそ者なので手袋をはめさせるのはごもっともです。事業主側も手袋をはめているのはわかります。

でも、その物件を購入されたお施主さまに内覧会で手袋をはめさせるのはなんかちょっと抵抗があるように思うのです。みていると手袋している人は少なかったですが・・・・・

さて、本題です。

ペルメットを取り付けた施工写真です。
ペルメットとは、ちょうど5年前のブログ、2004年9月27日「残布でつくったペルメット」で書きましたが、日本でいう上飾りのことです。

アメリカではバランス(valance)と言い、イギリスではペルメット(pel・met)と言います。ちょうど頭に乗せるから「ヘルメット」じゃないですよ。

私は、ずっと以前のインテリアセミナーで塩谷博子先生からこのように教わったのですが、「ペルメット」で検索すると同業者のホームページには

「日本では、「バランス」という語をもって、上飾りの総称として呼んでいますが、英国では布製のソフトでヒダのあるものを「バランス」ストレートバランスのように、ハードな板や芯の入ったタイプのものを「ペルメット」と呼び使い分けています。」

と、書かれています。

私は、これ以上の知識はありませんが、今日の施工写真はペルメットです。

37a5f37a[1]

354e7719[1]06655824[1]

生地は五洋インテックスのSD8183、トリムはサンゲツFU591です。

写真は逆光でうまく撮れませんでした。パソコンで補正しています。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

こぉ~りゃん凄いや 韓国のカーテン

韓国製のカーテンをとりつけました。

娘さんが韓国人とご結婚され、今は韓国にお住まいでその旦那さまはインテリア関係のお仕事をされているとのことで、カーテン・レールをすべて韓国でつくられてそれを日本の新築の家に取り付けてほしいという依頼がありました。

韓国のカーテンに興味がありましたので取付だけですが仕事をさせていただきました。
取り付ける前に実測に行って、カーテン・レールをみせてもらって打ち合わせをしましたが、私どもの思っていたこととちょっと違っていまして、施工例写真を送ってもらうことにしました。

その写真

カーテン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

03_05_lsj7053

 

 

 

 

 

03_04_lsj7053

 

 

 

 

 

 

日本では、上飾り(バランスもしくはペルメットともいう)は一番部屋側に取り付けるのですが、韓国ではレースを隠すためで、ドレープ(厚手カーテン)はその手前につけるようなのです。

また、装飾レールのU型のブラケットは天井につけることは時間がたって落ちる可能性があるためやることはないのですが、韓国では平気みたいなのです。

相手の婿殿はプロで、事前にサイズを確認の上で作られているので指示に従って取り付ける事にしました。

PA0_0017PA0_0010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PA0_0009PA0_0016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別の部屋

PA0_0008PA0_0007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別の部屋

PA0_0004PA0_0005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別の部屋

PA0_0003PA0_0002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レールの付け方

PA0_0006

 

レース用のレールは国産でトーソーのエリートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本より韓国の方がインテリアに対する意識が高いのかもしれません。

 

今日のブログは役にたちましたか。        はいクリック 
ほんとうに役にたった時だけクリックしてください。

 

 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です

ブログのトップ

 

 

 

 

 

 

スワッグバランスはバイアス取りで

昨日のブログで川島織物セルコンのおかしな自社名表示について書いたところ、4時前に川島織物セルコンの大阪のえらいさんから電話があり、「今、商品部から電話があり、ブログでの指摘ありがとうございます。これから早速作りなおします」とのことでした。昨日の5時からのセミナーには間に合わせるそうで、川島織物セルコンにも希望がありました。


スワッグバランスの施工例です。


CIMG0956


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


最近はこうしたクラッシックな雰囲気のバランスを付ける機会が少なくなりました。住宅メーカーの依頼で生地は川島織物セルコンSA8230です。


このようなバランスを業界ではスワッグバランスといいまして、ウエーブの部分はバイアスにとるときれいな仕上がりになるのです。
バイアスとりとは生地を斜めにとることをいいまして、代表的なものはネクタイで、そうすることによってきれいに曲がるのです。縁取りする場合はバイアステープというものを使います。


私はこの業界に入った時から、このスワッグバランスの生地はバイアスにとると教えられていたので、それが普通だと思っていたら、昨年、川島織物セルコンの営業員にフィーロの説明を受けた時に「フィーロ縫製では、スワッグバランスはバイアスに生地をとるようになったんです」と言われてびっくりしたんです。


ということは、川島織物セルコンのメーカー縫製では、今までスワッグバランスでは生地のバイアス取りをしていなかったことになるんです。


今回は住宅メーカーの仕事で、住宅メーカーは川島織物セルコンが大好きなので、川島織物セルコンに、生地はバイアス取りにしてということで見積もりをとりました。


CIMG0957そうしたところ、バイアス取りは不可と書いて、この生地の横取りでこのサイズで7万いくらの見積もりのファックスが流れてきました。


この生地ならば、バイアスにとらなければきれいなウエーブが出ないと私が判断しまして、当店の縫製工場で生地をバイアス取りしてつくりました。写真をクリックして拡大していただければ生地を斜めにとっているのがわかると思います。
バイアスにとると生地もたくさんいるのですが、当店の縫製の方が、川島織物セルコンのバイアス取り不可の縫製よりもはるかに安くできました。


あとで、川島織物セルコンの営業員に聞いた話によると、15~6年前までは川島織物もバイアスに生地を取っていたそうです。そうしたところ、あまりにも金額が高くなるので、ニーズにこたえるべく、生地代を少なくし、縫製代を安くし、バイアスにとらないやり方を標準仕様にしたそうです。
一昨年発売した今のフィーロだけは、縫製にもこだわるのがコンセプトなので美しく仕上がるバイアス取りにしたそうです。


川島織物セルコンには、日本のインテリア発展のために、少々金額が高くなっても妥協せず、一流の、本物の、美しい商品を世に出していただきたいものです。   ふぅ~


 


今日のブログは役にたちましたか。        はいクリック 
ほんとうに役にたった時だけクリックしてください。


 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ



 


 

バランス崩れる

バランススカーフバランス写真のようにカーテンレールを隠すように装飾することを「上飾り」とか「バランス」といいます。イギリスではペルメットといいます。上に乗せるからヘルメットからきているというわけではありません。

本日納品してきた方は左の写真で、縫製加工所で形を作って、現場ではマジックテープでつけるだけです。
これをやる前に失敗をしており、右の写真です。トーソーのカタログに載っているスカーフホルダーをつかって上飾りをつくるやり方です。カタログには生地を四角に縫ってたたんでかければかんたんにきれいにできるように書いてあるのですがそうはいかないのです。私は何回か経験しているのでよくわかっているのですが、接客した社員が予算的にかなりオーバーしていたので簡単に安くできるやりかたとして勧めてしまったのです。

そこで、うけた以上はやらねばと思い、今までの経験からうすいベニヤ板を載せて形がくずれないようにしようとしました。写真は施工途中でこの真ん中にもう一つスカーフホルダーがきまして左の写真のイメージにする予定だったんです。

こうすることによって起こり得ることはいろいろわかっていたのですが、お客様に事前に中央部のレールが見えるとかを説明をしていなかったため、イメージが違うということになり、作りなおしました。

施工写真

今朝メールで届きました【小泉内閣メールマガジン 第167号】(2004/12/09)では、小泉首相が青森のリンゴが1こ2000円で中国で売れているという話を書いていました。(全文は一番下にある続きを読むをクリックしてください)
ピンチをチャンスにかえるという話なんですが、これはちょっと違うんじゃない。あまりにも特例すぎるんじゃないのと思いました。

今日も洗濯屋テンちゃんして、カーテンの引き取りに行ってきました。昨年の4月に施工しました現場です。
ブログをじっくり書く時間がないので施工写真でごまかしておきます。
レース手前レースとシルエットスワッグバランス

①レースはクリエーションバウマンのエモーション454を1.5倍使いにして室内側につけています。ドレープはフジエFA2017-36
②レースとハンターダグラスシルエットシェードとの組み合わせ
③スワッグバランス ドレープはナショナル物産1-6167-272裏地サンゲツCK1197 レースはマナのナミビア

お施主さまがインターネットで調べてメーカーのショールームを回って、ご自身ですべて考えられました。すばらしいセンスにいい仕事をさせていただきました。私共もインターネットでひっかけていただきました。

続きを読む

残布でつくったペルメット

136d60c9.jpgc72e855d.jpg私は社長ですが、小さなカーテン屋のため何でもします。現場に行くのも好きです。
昨日は上飾りを取り付けました。ある人からのご紹介で、椅子の生地と同じもので上飾りだけ作ってほしいとのことでした。
日本でも、雑誌などをみて、上飾りをつけてほしいというお客様がたくさんおられますが、本来の目的はヨーロッパの家では天井近くからある窓から、直射日光をさえぎるためにつけるものなんです。
アメリカではバランス(valance)と言い、イギリスではペルメット(pel・met)と言います。
頭に乗せるからヘルメットとちゃうで。

昨日、取り付けたお客様は、メインの1間の窓(左の写真)に取り付けた残布で、勝手口用のペルメットを作ってほしいとの依頼があり、お客さまのアイディアでつくりました。(右の方の写真)
これが本来の上飾りの意味合いで、西側の勝手口にさしこむ直射日光をさえぎるためのもので、上部をパイプ通しにして突っ張り棒でとめてます。
下部をアールにしてバイヤステープでアクセントを持たせたのがポイントです。