バーチカル(タテ型)ブラインド

バーチカルブラインドのカラーコンビネーション

今年は「値上げの春」になりそうです。

インテリア業界最大手のサンゲツが4月1日からカーテンも含むインテリア

製品を18~24%値上げすると発表しました。

ニュースリリースはここ

昨年の9月にも15%程度値上げしています。

この半年で40%近くの値上げになります。

他メーカーも間違いなく追随すると思います。

インテリア業界の値上げは定価が上がるのではなく、仕入れ掛け率が

上がるのでお客様に説明しにくいので困るのです。

 

メーカーはファックス1枚で我々に値上げの通知をしてくるだけですが、

我々は小売部門のプライスカードを作り直したりしなければならないので

たいへんなのです。

4月から大幅値上げになりますので、カーテン買うならば3月中ですよ。

 

 

さて、本題です。

 

 

タワーマンションのコーナーにあるリビングにバーチカルブラインドを

取り付けました。

幅の狭い掃き出し窓が4つと腰窓が1つあり、全て枠内に納まるように

レールがついていました。

ここにカーテンを取り付けると開けた時のたまりが気になるので

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を要望されていました。

 

窓の一面は西側に面しており、昼間にテレビを観るのに遮光の生地も

求めておられました。

一つの生地で遮光をするとつまらないので、メインの色を決めて

一色差し色をすることを提案しました。

今回使用したトーソーでは、カラーコンビネーション(アクセント)という

呼称で注文をすることができるのですが、そうすると10%高くなるのです。

 

意味わからん。

 

ーカーとしては、指示された枚数をカットするだけで、どうして

本体レールも含めた定価の1割も高くなるんですか?

使用する枚数は同じで、色違いだけです。

 

4窓は幅は違いますが、丈は同じなので1窓分だけ別の色で注文して

現場で取り付ける時に差し色をしました。

そうすると10%安くなるのです。

 

 

トーソーのルノファブ遮光を使って、4窓分はTF-6099(ピンクベージュ)で

1番小さい窓の分はTF-6104(ダークブランン:10枚)で注文しました。

そして、現場でお客様と相談しながら並び変えました。

 

 

このように、バーチカルブラインドにカラーコンビネーションするのは

かなり前から流行っています。

色を変えることによって、オリジナルのバーチカルブラインドになり

インテリアとして楽しむことができます。

でも、大きなサイズで数枚色を変えるだけで、10%も高くなるというのは

納得できないですね。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

エンドユーザーからのお問い合わせ(バーチカルブラインド)

エンドユーザーから問い合わせフォームで下記の問い合わせがありました。

直接にも回答しましたが、最近はバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を

考えておられる方が多いので参考のためにブログにもアップしておきます。

 

【お問い合わせ内容】

いつも社長のブログを拝読し参考にさせていただいております。

日本一の情報量でとても勉強になります。

 

バーチカルブラインドに関しまして自宅近隣では御社ほど詳しいお店は無いので

ぜひご相談させていただければと思い、ご連絡させていただきました。

 

今度引っ越すマンションの掃き出し窓(W3060×H2200)にニチベイのバーチカル

ブラインドの新規取り付けを考えております。

ニチベイのバトン式開閉タイプはバトン部分の耐久性が不安と聞きループコード式に

することを考えております。この場合、

 

1)ツーループコード式はレースを使わないミニマルスタイルでも対応可能でしょうか?

(カタログを見ているとツーループコード式はセンターレースのみの仕組みの

ように書いてありましたが、御社のようにバーチカルに精通しておられる業者さん

でしたらツーループコード式をミニマルスタイルで採用することも物理的に

可能なのでしょうか?)

回答

> アルペジオの見本帳に載っているツーループ式というのは、ソーラーVのメカを

> そのまま使っています。

> そのため、ソーラーVのメカを使ってモアラップ仕様でミニマルスタイルは

> できます。

> ソーラーⅴの75㎜用に100㎜ルーバーを取り付けます。

> レールの色は白とシルバーになります。

説明

ツーループ式というのは、操作コードが2本ある操作方法です。

ニチベイのカタログより。(画像をクリックすると拡大します。)

一番右のタイプ

これはコントラクト用のソーラーVと同じで、片開きで最大6mまで

製作できるメリットがあります。

 

参考ブログはこちら

タテ型ブラインドのおススメは

 

 

2)業務用のソーラーvですとワンループで操作可能な仕組みもあるようですが、

ソーラーvでもミニマルスタイルは可能なのでしょうか?

また同じ窓の大きさですとソーラーvとアルペジオで価格差はどれくらいございます

でしょうか?

 

回答

> 上記のようにソーラーVでもモアラップでミニマルスタイルは可能です。

> 価格に関しては、ソーラーⅴは㎡計算で、アルペジオをマトリックス計算になってい

> ます。

> 商品やサイズによって大きく違うのですが、私の感覚ではそんなに差がなく、サイズ

によってはソーラーVの方が安い時もありました。

 

説明

例えば同じ商品で価格の比較をしてみます。

「リーチェ」という商品

幅320㎝×高さ250㎝の場合

ソーラーVは定価で107200円

アルペジオは定価85500円

アルペジオの方が安いです。

幅160㎝×高さ200㎝の場合

ソーラーVは定価42880円

アルペジオは定価45100円

このサイズならばソーラーVの方が安いのです。

ソーラーVは大型の業務用に使うケースが多く、開閉の時の音が

アルペジオに比べて大きいです。

気になる人は気になるかもしれません。

 

 

 

3)社長のブログを拝見し、小さい子供がいるためループコード式、ツーループコード式、

もしくはソーラーvのワンループコード式にした場合はコードを床から110cm以上に

したいと考えております。

この場合コードの長さカットは大抵の業者さんでしていただけるものなのでしょうか?

それとも御社のようにバーチカルの精通しておられる業者さんでないと対応出来ない

のでしょうか?

>アルペジオのループ式は、知識のあるカーテン屋ならば現場で簡単にできます。

>ソーラーVのワンループやツーループはカットしてはんだごてでコードを

>溶かして接着しなければならないので簡単ではないです。

 

>発注時に指定すれば、メーカーでは20㎝単位で製作してくれます。

 

 

4)そもそもバトン式の耐久性がそれほど心配無いでしょうか?

小さい子供がいる家ではバトン式対応可能サイズであれば、安全性を考えバトン式を

採用した方が良いでしょうか?

> バトン式の耐久性に関して、私どもの経験では今まで問題になったことは

> ないです。

> 小さいお子さまがおられるのならなバトン式にされるのがいいと思いますが、

> 最大製作サイズは3mまでになっています。

> W3060㎜ならば製作不可になります。

> 小さいお子さんがおられるならば、裾のボトムコード(スペーサーコード)の

> ないモアラップがおすすめです。

 

 

5)遮熱生地はウォッシャブル非対応が多いですが自己責任で優しく洗う程度で

あれば出来そうでしょうか?

>遮熱生地は標準生地とは異なる特殊な加工された糸を使用しており、

>これを洗濯しますと、遮熱性能には支障はないのですが、

>シワが残りやすく意匠的にも問題が出ますので、非ウオッシャブルとなっています。

>シワくちゃになる可能性がありますので洗濯はおススメしません。。

 


 

今日の話は役にたちましたか? 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

バーチカルブラインドの角度による見えぐあい

電動のバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を3台取り付けました。

同じようなブログばかりになり、私のブログをよく読んで頂いている方に

とっては「またか~」となるのですが、ブログを書くことはSEO対策には

最も効果があるのです。

 

広告宣伝費を一切かけずに集客している当社にとりまして、とにかく

情報を発信するということが重要なのです。

 

電動商品は施工をすればするほど、ノウハウが蓄積されてきます。

電線をまったく見せないで納める事もできるようになりました。

こちらはニチベイの電動バーチカルブラインドですが、赤外線送信で

受光部がつきます。

 

今日のブログでは、バーチカルブラインドのルーバー(スラット)の

角度を変えることによって見えぐあいを写真でご覧いただきたいと思います。

 

閉めます

外は見えません。外からもみられません。

少し開けました。

暗くはなく、外からもみられません。

もう少し開けました。

正面から写真を撮っています。

明るさは十分あります。

右に移動して撮る外は見えません(上の写真)

左側からみるとこんな感じです。(下の写真)

全開すると

電動商品はリモコンで少しずつルーバーの向きを変えることが

できます。

手動式も手で操作することによって向きを変えられます。

 

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)は角度を変えることによって

調光できますし、外からの視線も遮ることができます。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

タテ型ブラインドの標準タイプとセンターレースのたたみ代について

先日、車の中でラジオを聴いていたら、工具メーカーのベッセルの田口社長の

インタビューがあり、会社の紹介をしていました。

ベッセルの副社長は高校の同級生で以前にビットをたくさんもらった間柄なんです。

 

ラジオの話の中で、「電ドラボール」という商品が生産が間に合わないぐらい

売れているという話があり、それに興味を持って購入しました。

これはいろんなタイプのビットが5本付いていて、USBで充電できる

ドライバーなんです。

プロの人はガンタイプの電ドリを使うので、これは邪道かもしれませんが、

意外と便利がよくて、私がちょっとしたことに使うのにも十分に

役に立つレベルです。

ビットがベッセルなので、普通に手回しドライバーとしても使えます。

最初は手回しして、そのあと電ドラで締めて最後はまた手回しをする

使い方をすると楽にドライバーを使いこなせます。

 

今回は、この商品の宣伝をしたいわけではなくて、購入したやり方なんです。

この商品は、メーカー希望小売価格が6130円(税込み)

市場価格で5698円(税込み)

ネットで購入すれば送料込み・税込みで最安値で4000円ちょいぐらいだと

思います。

私は、新品をPayPayフリマで3199円(税込み・送料込み)で買いました。

 

関東の人は高く買ったことを自慢したがるのですが、大阪人は安く買ったことを

自慢したがるのです。

PayPayフリマはメルカリと同じ仕組みでネット上のフリーマーケットです。

メルカリと同じようにほとんどが送料込み・税込み価格の表示になっているので

わかりやすいのです。

 

ヤフオクは送料が別途の場合が多いので、意外と高くなります。

PayPayフリマやメルカリはしょっちゅうクーポン券がついてきて、値引きされます。

中古品市場ですが、新品もけっこうありまして、今やなんでもあるという感じです。

うまく活用するとたいへんお得です。

 

私は、オーダーカーテンと窓周り品以外はほとんどネットで買っています。

 

楽天市場はずっとダイヤモンド会員だし、貯まったポイントを楽天証券で

運用しているぐらいです。

YahooショッピングやAmazonもよく使います。

ネットで購入する場合は少額の時の送料が結構負担になります。

大阪人は「送料負担が嫌い」なんです。

 

送料がかかるものを購入するときのおススメはヨドバシドットコムです。

ここはどんな安いものでも全国送料無料で、商品豊富ですぐに届きます。

 

先日、ボタン電池1個226円を購入しました。

コンビニで買えば330円する商品です。

226円のものも送料無料で、夕方注文したら日本郵便のゆうパックで、

翌々日に届きました。

 

いったいどういう仕組みになってんねんと思うのですが、エンドユーザーに

とってはたいへんお得です。

 

 

さて、本題です。

 

カーテン屋ですが、最近はオーダーカーテンが売れなくて、タテ型ブラインドと

調光スクリーン「FUGA」と電動商品がよく売れてます。

以前よく売れたプレーンシェードも売れなくなりました。

 

いわゆる、ブラインドやロールスクリーンなどカーテン以外の窓周り品を

インテリア業界では「メカ物」といっているのですが、「メカ物」が

よく売れるのです。

 

今日もマンションの内覧会に同行で実測にお伺いしたら、タテ型ブラインド

(バーチカルブラインド)で標準タイプのシングルスタイルにするか

センターレーススタイルにするか悩んでいるという事でした。

 

センターレーススタイルというのはニチベイの固有名詞で真ん中にレースの

ルーバーが入っているものをいいます。

タチカワのは、少し仕組みが違うのですがよく似た物は「ペア アンサンブル」と

いいます。

両方とも固有名詞で一般名詞がないので、NHKのニュースではとりあげられない

のです。

トーソーには同じような商品はないです。

一般的には「センターレース」で通じるかもしれません。

 

シングルタイプとの違いは、真ん中にレースが入っているかどうかということ

以外に価格的にはセンターレースはシングルのものに対して1.9倍ぐらい

します。

もう一つ、開けた時のたまり(たたみ代)が2倍以上違います。

 

施工写真で説明します。

 

以前のもので、家具等なにもないのでブログに載せてもつまらないかなと

思ってアップしていなかったのですが、エンドユーザーにとっては

たまり(たたみ代)の違いを目で確かめるのも重要なことと思いました。

リビングに2つ大きな窓があって、左側がセンターレースで

右側がシングルタイプです。

これは、左側の窓は近くに建物があって外からみられるという懸念で

こちらだけセンターレースにしています。

色が変わって見えるのは遮熱ガラスのせいで、生地はニチベイの

フェアフレクト遮熱A9794を両方とも使っています。

左側はセンターレースにミラーレースを使っています。

上の画像はセンターレースです。

開けた時のたまり(たたみ代)です。

左側がセンターレースで幅3710㎜でたまりの部分(たたみ代)は

825㎜です。

右側はシングルタイプで幅3270㎜でたまりの部分は

354㎜です。

もし、左側と同じサイズなら395㎜になります、

センターレースはシングルタイプに比べて2倍以上のたたみ代が

きます。

上はセンターレースのたたみ代

下はシングルタイプのたたみ代

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

電動タテ型ブラインド3連発

今年の冬は寒いらしい。

ラニーニャ現象が発生して、11月後半から日本列島は寒気が流れやすくなり、

12月上旬には全国的に冬本番になる予報がでています。

商売的には、夏は暑く、冬は寒いほどいいのですが、、、、

 

この週末は電動のバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を3件

取り付けました。

 

インテリア商品の中で、全体に電動商品が増えてきていますが、この1年は

電動ロールスクリーンから電動バーチカルブラインドにシフトしてきており、

吹抜けから普通のリビングでの使用が増えてきています。

 

1)マンションのリビングにニチベイの電動バーチカルブラインド取付

幅174㎝高さ208㎝の窓です。

ニチベイの電動バーチカルブラインドはモーターが右しか出来なくて、

基本的には受光部も右になります。

でも、こちらの現場では、コンセントが左下にあり、受光部も左に

もってきた方が納まりがいいのです。

そのためには、ケーブルと中継コネクターをオプションで用意しなければ

なりません。

その時の配線が露出するために、今まではモールを使って隠していました。

 

でも、今回初めてヘッドレールのアルミのカバーを外すと、そこに隠す

ことができるのがわかり綺麗に納めることができました。

 

通常はヘッドレールに埃除けと思われるカバーがついています。

これを外すと

線を隠すことができるのです。

今まで、ブログでニチベイの配線処理がよくないというような

ことを書いているのですが、ブログを読んでいるニチベイ関係者は

こうすればいいとアドバイスをしてよという感じです。

天付けならばここに隠してなんら問題はないはずです。

線を隠して左側に受光部を取り付け、コンセントに差し込む電線も

左にもってきました。

 

2)タワーマンションのリビングのコーナー窓にナスノスの電動バーチカル

ブラインドを取り付ける

 

片面の幅が540㎝の電動バーチカルブラインドを取り付けるのですが、

電動バーチカルブラインドはジョイントができないのです。

(電動のシェードはできます。)

そのため2分割しなければなりません。

1台で4mまで製作できますので、8mまではホームユース用でできます。

しかし、2台並べて両開きのように取り付けるのですが、真ん中のところで

重ならないと1台で取り付けたようにならないのです。

 

ここがポイント。

ニチベイの電動は1台の幅が201㎝以上の場合は重なりが0mmになります。

見本帳に小さく書いています。

すなわち、1台が201㎝を超えると、ルーバーが重ならないのです。

 

タチカワは、総幅が538㎝までならば1センチの重なりで製作ができます。

これは大きく3ページに渡って書いています。

「ワイドサッシにおススメオプション」という事で大きくアピールしています。

 

生地としては遮熱効果の最も高いニチベイのフェアフレクト遮熱がおススメ

です。

遮熱性が高いのですが、遮光ではないので暗くならないのです。

 

 

この現場ではニチベイの電動は論外で、タチカワは2㎝オーバーなんです。

 

そこで、ナスノスの電動バーチカルブラインドを取り付けました。

 

お客様から景色から居場所がわかる写真はアップしないで

ほしいということで、部分的な写真になります。

2台に分けて付けています。

2台の分かれ目のところです。

回転させると、ナスノスの電動は1㎝重なるようにできています。

音も静かです。

 

 

当初はニチベイのメカで打ち合わせをしていたのですが、私の商品知識

不足でした。

ここが重ならなかったら不細工なので、こちらの判断でお値段据え置きで

ナスノスのメカにしました。

 

すべてはお客様のためです。

 

3)戸建て住宅のリビングの3階吹き抜けにニチベイの電動バーチカル

ブラインドを取り付け

まだ美装が終わっていない段階で住宅メーカーが組み立てた足場を

利用して吹抜けのところだけ先に取り付けています。

2階リビングの吹抜け部分で3階部になります。

片開きで360㎝です。

カーテンボックスの幅が12㎝しかなく、ギリギリの戦いでした。

電気はまだ通っていませんが、仮設電源から引っ張って走行テストは

しています。

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

タテ型ブラインドの操作コードの長さを調整

ここ数年「チャイルドセーフティ」といって、インテリア業界でも

お子さまの安全のための対策がいろいろとされています。

電動商品がひじょうに増えてきていますし、コードレスタイプの商品も

たくさん出てきました。

 

シェードにおいては、トーソーは今夏からループレス操作の商品を

だしました。

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)にはバトン式という操作があるのですが、

まだ浸透度が低くて、コード式操作が多いと思います。

 

このコード式操作は、お子様にとってコードに首を引っ掛ける危険性の高い商品です。

コードをウエイトの部分に引っかけて高い位置でとめるようになっているものや

クリップでとめるようになっているのもあるのですが、一番簡単な方法は

コードの長さを短くすることです。

 

JIS規格では、床上がり103㎝より上に操作コードの下部が来たら、安全のための

補助部材を取り付けなくてもいいとなっています。

 

下の私のブログをお読みください。

JIS規格によりブラインド等の操作コードの長さは床上がり1030㎜

 

 

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)の操作の長さは現場で簡単に短く

することができます。

 

下の事例は逆に操作コードを長くした場合です。

 

3年前に当店で取り付けたお客様で、お客様のライフスタイルが変わったために

長くしてほしいという依頼がありました。

 

短くするのは簡単なのですが長くする場合はコードを交換しなければならないので

簡単ではないですが、現場で30分もあればできます。

 

片開きの場合は簡単なのですが、両開きの場合はど真ん中でピタッととまるように

調整をしなければならないので少し面倒です。

 

3台あります。

 

先頭ランナーに絡んでいる操作コードを千枚通しとラジオペンチで引っ掛けて

引っ張りだします。

短くする場合はこれを切って結べばいいだけです。

 

長くする場合は、コードの交換をしなければならず、両方引っ張り出して

長いコードを現状のコードにライターで溶接して引っ張ります。

簡単にできます。

長さをきめて切ります。

お客様の指示で極めて長くしています。

 

この現場は3年前に、トーソーのメカにニチベイのルーバーを取り付けました。

操作性と言い、遮熱効果といい、お客様はたいへん気に入っていただき、

その後もいろいろとお仕事をいただいています。

 

3年前のブログは下です。

 

こんなことをしているので、メーカーからは嫌われているのですが、すべては

お客様のためで、ここに当店の真髄があるのです。

オリジナルのバーチカルブラインドをつくりました。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

SIAAマークについて

先日、急にトイレに行きたくなり近くのマクドナルドに飛び込みました。

トイレだけ借りるのは悪いと思ってコーヒーを注文しました。

「コーヒーお願いします。」
「トイレはどこですか」

と続けさまに言ったらスタッフが

「サイズはSですか?Mですか?」と言うので

 

「大です。」

 

と言ってトイレに駆け込みました。

用意されたコーヒーの蓋には

」と書かれていた。

 

 

さて、本題です。

 

最近、インテリア業界でもコロナの感染拡大防止のために

商品に抗菌・抗ウイルス加工をしている証明としてSIAAマークを取得して

商品に貼り付けているのを目にする機会が増えました。

 

 

SIAA(抗菌製品技術協議会)とは

適正で安心できる抗菌加工製品の普及を目的とし、抗菌剤・抗菌加工製品の

メーカー、試験機関が集まってできた団体です。

業界だけでなく、消費者代表、専門家および行政などの幅広い意見を聞きながら、

抗菌加工製品に求められる品質や安全性に関するルールを整備し、

かつそのルールに適合した製品の安心のシンボルSIAAマーク表示を認められて

います。

 

 

 

こちらは製品に対しての認定です。

 

カーテン等の繊維に関しては、

一般社団法人繊維評価技術協議会(JTETC)の黄色のSEKマークというのがあります。

詳しくはこちらのブログをお読みください。

 

東リ(株)は、10月26日(火)より、長尺ビニル床シートにおいて抗ウイルス

対応製品を拡充します。

全11製品464アイテムにて抗ウイルス対応を行い、全点でSIAA(抗菌製品技術協議会)の

安全性基準に適合、「抗ウイルス加工SIAAマーク」を取得しています。

 

タチカワも9月1日から出荷のバーチカルブラインドとロールスクリーンに

SIAAマークを貼っています。

ニュースリリースはこちらです。

この時期なので、抗ウイルスのマークかなと勝手に思ったのですが、

よく読むと抗菌のマークの取得です。

 

さらによく読むとロールスクリーンのプルコード式ならば、

プルとボトムバーのキャップだけが抗菌加工されているという説明が

あります。

バーチカルブラインドならば、バトンのクリップ部だけが抗菌

加工をされていると書かれています。

 

商品にはその説明を書いたものが入っていますので何ら問題はないのですが、

それをよく読んでいないと全部抗菌加工がされているように思って

しまうのです。

先日、取り付けたタテ型ブラインドには抗菌加工のSIAAマークが

貼ってありました。

SIA Aの抗菌マークがついていますが、これは生地が抗菌や抗ウイルス加工

されているのではないのです。

説明書には、バトンのみと書いてあります。

タチカワのホームページにはバトンのグリップのみと書いてあります。

どちらが正しいのかはわかりません。

いわゆるこの部分です。

 

ぼ~とみていたらチコちゃんに叱られるよ。

 

 

メーカーとして、きちんと説明書に書いているので問題はないのですが、

販売店としては説明責任があります。

最近の流行りの言葉でいうと「見える化」をしなければならないのです。

 

SIAAの抗菌マークがついていますが、スラット(生地の部分)は

抗菌加工はされていませんよということを説明をしなければなりません。

 

今年になって、インテリアの各メーカーは抗ウイルス商品をいろいろと

開発して商品化してきていますが、私はカーテンやロールスクリーン・

タテ型ブラインドの生地に抗ウイルス加工しても、一般住宅においては

あまり意味がないと思っています。

 

部屋の中ではほんの一部ですし、ウイルスがそれらに触れない限り

効果はないのです。

 

まだ、壁紙や床材の方が空気がまわっている中で、少しはマシなのかなぁと

思います。

 

壁には「コ」「ロ」「ナ」がいるのです。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ