ホテルのカーテン

志摩観光ホテルのインテリア(6)その他諸々

志摩観光ホテルに1月に宿泊した話をずっと書いてきました。

前回はこちらです。

これが最後で、今回もインテリアに関係のない話です。

志摩観光ホテルは5年前の2016年5月にG7サミットが行われた会場です。

毎日朝の9時からホテル内見学ツアーというのがありまして、そのツアー

でサミットの裏話や天皇陛下がご宿泊される時の準備の話や「華麗なる

一族」の撮影話などを教えてくれます。

 

けっこう勉強になりますし、楽しかったです。

宿泊される機会がある時は、このツアーに申し込まれることをおススメ

します。(無料)

G7サミットで記念撮影が行われたところ

安倍首相やオバマ大統領の立った位置に足跡が残されています。

メルケル首相はオバマ大統領の足に比べたらちっちゃいなぁ~

でも、女性としては大きいのかな~

アメリカ大統領は車は専用車でアメリカからもってきます。

防弾ガラスは厚いところで13㎝ぐらいあるらしいのです。

それよりも驚いたのは、会議の時も外から銃撃されないように窓側に

アメリカから持ってきた分厚い防弾ガラスの衝立を立てて、外からの

攻撃から守るとのことです。

 

そういえば、会議や食事の写真をみるとオバマ大統領はいつも窓から

一番遠い席に座っていました。

 

食器はすべて大倉陶園でした。

 

志摩観光ホテルのいたるところに真珠をちりばめています。

エレベーターの手すりにも真珠が詰まっています。

これも真珠です。

 

専用ラウンジというのがあって、そこではアルコール類やおつまみ

程度の飲食はすべて無料なんです。

昼間も夜も自由にはいれてセルフで好きなものを食べたり飲んだりする

ことができます。

夕食前にここでけっこうアルコールを飲んでいていい気分になっていました。

 

無料のワインやお酒やビールもたくさんありました。

 

以上で志摩観光ホテルのインテリアというより自分の備忘録ブログは

終わります。

志摩観光ホテルはおススメです。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

志摩観光ホテルのインテリア(5) 食事編

5月6日から通常営業をしています。

ご来店をお待ちしています。

 

1月に行った志摩観光ホテルの話をずっと書いてきました。

今回はカーテンと窓装飾に関する話ではなく食事の話です。

前回の続きです。

自分の備忘録のために書いていますので興味のない方はスルーしてください。

 

結婚30周年のパール婚の思い出に、志摩観光ホテルに決めたのは客室の

豪華さもさることながら、美味しい食事が決め手です。

樋口宏江総料理長のドキュメンタリー番組にも刺激を受けましたが、

アワビステーキと伊勢海老クリームスープが食べたかったのです。

 

アミューズ ブーシュ

 

 

うにボンファム キャビア添え

 

 

 

鮑ステーキ ブールノワゼットソース

このアワビステーキは絶品です。

結婚したての頃、奥さんのご両親と一緒に有馬温泉で食べた鮑ステーキが

美味しくて、その味が忘れられなくていつかまた鮑ステーキを食べたいと

思って30年経ちました。

 

 

伊勢海老クリームスープ “アンシエンヌ”

この伊勢海老クリームスープは、安倍元首相が幼少の頃に食べて、

その味が忘れられずに、世界の首脳に食べてもらいたいという想いで

G7サミットをここでしたという逸話があるぐらいです。

サミットでは、これを食べた世界の首脳の会話が一時とまったという

ぐらいおいしいのです。

お土産に買って帰りました。

(画像をクリックすると拡大します。)

 

 

 

伊勢海老のジュレ 車海老・鮑・キャビア

 

伊勢海老アメリカンソース

 

 

 

松阪牛フィレ肉ステーキ

この日はおまけにトリュフをつけてくれました。

 

デザートには「パール婚」と書かれていました。

 

樋口宏江総料理長がわざわざ席までご挨拶に来ていただきました。

直筆のメッセージもテーブルに置いてありました。

スタッフの方はこんなことは今までになかったという話です。

 

朝食は和食を選びました。

 

続く

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

志摩観光ホテルのインテリア(4)~公共スペース~

5月5日までお休みをいただいています。

6日から通常営業いたします。

 

 

志摩観光ホテルのインテリアをカーテン屋の立場で書いています。

前回からの続きです。

公共スペースの窓周り商品です。

ロビーは電動シャープシェードです。

大きな窓は上に上がるタイプが多くてプレーンシェードではなく

バーの入っているシャープシェードが多いですね。

廊下はニチベイのレースタイプの手動のプリーツスクリーンです。

一般住宅ではレースのプリーツスクリーンだけを使うことは少ない

ですが、廊下とかに使うのにはいいかもしれません。

それにしても、ニチベイががんばっていますね。

今年宿泊した、南紀白浜マリオット、Wホテル大阪、志摩観光ホテルは

メカ物はすべてニチベイでした。

データがきちんとしているし、設計士には安心という部分があるの

でしょうか?

 

専用ラウンジはスワッグバランスにプレーンシェードでした。

ここは昼間からやっているセルフのラウンジで食べ物、飲み物がすべて

無料です。(後日食事編でブログにアップします。)

 

喫茶コーナーの外側に可動式天幕がありました。

これ、うまく考えたなぁと思ったのはバーを平行に入れていくと

バーとバーの間が結構垂れるのですが、交互に斜めにすることによって

垂れを少なくなるようにしています。

これは参考になりました。

 

続く

食事編です。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

志摩観光ホテルのインテリア(3)~客室~

当店は5月4日、5日は休業しております。

5月6日(木)より通常営業をいたします。

 

志摩観光ホテルのインテリアにカーテン屋の立場で書いています。

前回の続きで、今回が3回目で客室のインテリアについてです。

 

志摩観光ホテルには宿泊施設として、クラッシックとザ・ベイスイートが

あります。

クラシックの方は古い建物なんですが、天皇陛下がご宿泊されるお部屋や

G7サミットの時にアメリカのオバマ大統領が宿泊されたお部屋があります。

 

今回、私共が宿泊したのは15年前に新しくできたザ・ベイスイートの方で

こちらは全室90㎡のスイートルームになっています。

 

客室内を歩きながら撮った動画です。

先ずはこちらをご覧ください。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

静止画はこちら

カーテンはシンプルで完全遮光の裏地がついています。

手動のカーテンレールです。

どこのメーカーかはわかりませんでした。

お風呂はニチベイの電動の木製ブラインドです。

反りまくっています。

電動の音がうるさいのが気になります。

 

 

続く

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

志摩観光ホテルのインテリア(1)

4月30日(金)は営業をしております。

世間は大型連休中で休みの方も多いと思います。

休みになるとブログのアクセスが大きく落ち込みますので、息抜きに

1月に三重県の志摩観光ホテルに宿泊した話を数回にわけて書いていきます。

 

志摩観光ホテルは皇室御用達のホテルで、伊勢神宮に参拝されたときなどに

宿泊されますし、2016年5月に日本で開催されたサミットの会場にもなった

ホテルです。

また、今WOWWOWで放送されている「華麗なる一族」の撮影場所でも

あります。

 

私は、今年結婚30周年を迎えました。

30年といえばパール婚。

パールと言えば伊勢志摩。

伊勢志摩といえば志摩観光ホテル。

 

1年半ほど前にNHKのドキュメンタリ-番組「プロフェッショナル/仕事の流儀」で

伊勢志摩観光ホテルの女性の総料理長樋口宏江氏を取り上げており、

それを観て、1年半前から結婚30周年の記念はここに宿泊することを

計画していました。

世の中がコロナでたいへんな時に、少しはしゃいでしまいました。

 

 

行きは大阪(難波)から賢島までは近鉄特急の「しまかぜ」で行きました。

食堂車があり、三重名物の松坂牛のカレーと伊勢海老のピラフを

食べました。(詳しくは後日のブログ)

部屋は90㎡で、これも後日ブログで書きます。

お風呂はニチベイの電動の木製ブラインドがついていました。

(これも後日ブログに書きます)

食事はめちゃくちゃ美味しかったです。

樋口総料理長がご挨拶にきてくれました。

↑ facebookより

クリックすると拡大します。このアワビステーキが食べたかったのです。

絶品の伊勢海老クリームスープ

安倍元首相が幼少の頃、これを食べて、世界の首脳にこれを食べて

ほしくて志摩観光ホテルでG7サミットをしたという逸話があるぐらいです。

松坂牛のステーキ

食事の話は後日詳しくブログに書きます。

お楽しみに~

続く

4月~5月にかけての大型連休期間の休業についてのご案内です。

5月3日(月曜)~5日(水曜)は祝日のため定休日です。

 

4月30日、5月1日、2日は営業します。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

Wホテル大阪のインテリア(5)おまけ編

大阪府にも3回目の緊急事態宣言が4月25日から発令されるようになりました。

ここのところ、感染者数がずっと1000人を超えており、他府県の人からは

挨拶代わりに「大阪はたいへんですね」といわれます。

私は大阪市民ですが、あまりたいへんという実感がないのです。

周りには感染した人は誰もいないですし、私自身はしっかりマスクをして

できるだけ人との接触は避けるようにしています。

小売店をしているので、感染したらたいへんという意識はもっています。

 

 

SNSのキャラクターアイコンもマスクをしているものに変えました。

感染防止をしましょう

感染防止をしています

というメッセージです。

 

 

さて、本題です。

 

Wホテル大阪に宿泊して、カーテン屋の立場でカーテンの話を書いてきました。

前回のはこちらです。

Wホテル大阪のインテリア(4)

今回は最後で、カーテンとは全く関係のない食事の話です。

カーテンと窓装飾の話を求めておられる方はスルーしてください。

 

この時期なので、会食の話もいかかがなと思ったのですが、夫婦2人でこそっと

避密」で食べましたし、レストラン側の感染防止対策も十分でした。

レストラン側はテーブルには食事用のマスクとマスク入れを用意しており、

予約も半分しかとらず、テーブルは1つ飛ばしになっていました。

最終の予約時間は6時で、8時になると誰もお客様がいなくなるように

準備されていました。

 

その日からまん延防止等重点処置が発令されたので、フェイスフィールドを

自分で用意して、食べる時以外は飛散防止のためにガードしていました。

 

これ、慣れると意外と便利です。

 

レストランは3階にありましてフランス料理です。

レストランというより、ブラッスリーで「Oh.la la…」(オーララ)という名前です。

 

ここは、「アジアのベストレストラン50」の10位に選出され、

ミシュラン2つ星にも輝く大阪フレンチの名店「ラ・シーム」の高田シェフが

メニュー監修しているというのがポイントです。

今まで食べたフランス料理とちょっと味付けが違うのですが、私の口には

すごく合いまして美味しかったです。

ブラッスリーだけにビールがめちゃくちゃ美味しかったです。

 

このホテルのテーマが丸なのか、やたら丸がいっぱいでてきます。

 

 

朝食も同じオーララでしました。

 

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

Wホテル大阪のインテリア(4)

先日、Wホテル大阪に宿泊しまして、その話を書いています。

前回の続きで、今回は公共スペースのインテリア というより

カーテンの話です。

前回の話はこちらです。

Wホテル大阪のインテリア(3)

 

今回は公共スペースにあったカーテンの話です。

 

天井からぱたぱたと折りたためるようになった固定のレースが

吊ってあります。

スタッフの方は折り紙カーテンなんですといっておられました。

これは川島織物セルコンのマークが付いていまして、川島織物セルコンの

作品です。

鮮やかで癒される空間です。

壁も凹凸になっているところがあり、それに合わせてカーテン(レース)の

形状が作られてあります。

レストランに行く通路も同じでレストラン内も同じです。

裾と上部に3㎜のシャープバーを短く切って挿入して形状記憶加工を

しているようです。

レストランの窓の御堂筋側は朝日の直射を避けるために電動の

ロールスクリーンがついていました。

ニチベイの大型電動ロールスクリーンでした。

 

ここのフランス料理が美味しかったです。

その話は次回に続きます。

Wホテル大阪のインテリア(5)おまけ編

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ