吹抜け

天幕カーテンのクリーニング依頼

GoToトラベル事務局からスターターキットが届きまして、当店も正式に

Go To トラベルの地域共通クーポン券の取り扱い店になりました。

 

街を歩いているとかなり多くの店が、この青いポスターを貼っていて、

あまりにも浸透していることにびっくりしています。

 

たぶん、地域共通クーポン券を当店で使う人はいないと思っているの

ですが、世の中のお店がこんなに申請していたことに、世の動きに疎かった

ことを感じます。

 

当店は電子クーポンも紙クーポンも両方とも取り扱っています。

 

 

GoTo  カーテン屋 キャンペーン中

 

 

 

さて、本題です。

 

5年前に取り付けた吹抜けの天幕カーテンのクリーニングをうけました。

 

取り付けた当時の2015/12/12のブログ

寒さ対策にリビング吹き抜けに可動式天幕を取り付けました。

 

お客様が寒さ対策に、ほんとに取り付けてよかったと喜んでいただいています。

レース1枚の生地があるだけでこんなに違うとは思わなかったと言っていただきました。

 

これはメーカーの既製品ではなく、当店の手作り商品です。

 

 

当店は売りっぱなしではなく、アフターメンテナンスにも力を入れて

おり、クリーニング等も承っています。

 

カーテン以外のメカ物は、当店で販売した商品のみのクリーニングです。

クリーニングや修理等のメンテナンスは注文したお店に依頼するのが

一番です。

クリーニングや修理のやっているお店で注文することをおススメします。

 

吹抜けのある家は、冬はかなり寒いようです。

天幕をつけることによってそうと違うというお客様の声をいただいています。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

 

9月29日はブログ記念日

2004年の9月29日からブログを書き初めまして今日が16年目で

3371回目の投稿です。

 

当時はまだブログというものは世間では認知されておらず、日記みたいな

もんですというと、よく日記なんか公開するねぇと言われた時代です。

 

ホームページは充実したものがけっこう多かったので、それに対抗するには

なにか違ったものをやらなければと思って苦肉の策でブログを始めたのです。

苦肉の策だったので29日にスタートしたというシャレで最初から

始めました。

タイトルも「カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記」という語呂合わせです。

 

 

そのため、私にとっては9月29日はブログ記念日なんで、一般社団法人

日本記念日協会に申請をしましたが不合格になりました。

 

 

今はブログは時代遅れのものになっており、SNSのfacebookやInstagram、

YouTubeでの情報発信が盛んになっています。

 

 

ブログの時代は終わったと思っていて、次なる手も考えています。

 

16年間書いていたおかげでいいこともありました。

広告宣伝費を一切使わなくてもお客さんがブログを読んでご来店していただけます。

遠くからもご来店いただきました。

中国や台湾からもご来店いただきました。

国内では神奈川県からと福岡県からもご来店いただきました。

メカ物や電動商品や吹抜けの高所取付のブログが多かったので

それを求めているお客様が多くご来店いただきました。

 

電動商品や高所取付が得意というアピールはブログがなければできなかった

ことだと思っています。

 

吹抜けにロールスクリーンを取り付けた今月の施工例

アメリカ製の伸縮、段違い可の脚立がありますので、大概の吹抜けは

これで対応しています。

 

 

電動商品を取り付けた今月の施工例

 

吹抜けの窓近くにコンセントがなくて、配線をモールで隠して天井を

回して既存のコンセントに繋ぎました。

  

(画像はクリックすると拡大します。)

 

 

ブログは17年目もゆっくりながら書き続けていきますので

今後ともよろしくお願いします。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

 

この「いいね!」のクリック数がブログの内容の良し悪しの

判断基準としていまして、多いとうれしいのです。

役に立ったときやおもしろかったときはぜひクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

充電式コードレス電動FUGA を吹抜けに取付

「半沢直樹」 盛り上がっていますね。

  倍返しだ!!

「半沢直樹」が終わって妻婦木聡の「危険なビーナス」が始まったころには

アメリカで、トランプに対して民主党のバイデン返しが起こるのでしょうか?

そっちの方が目が離せません!

 

さて、本題です。

 

リビングの吹抜けに充電式の電動の調光スクリーン「FUGA  」を

取り付けました。

リビング吹抜けに横長の窓が上下に2つあるのですが、近くに

電源コンセントがありません。

そこで今回は電源コンセントがなくてもできる電動の調光スクリーン

FUGAを取り付けました。

電動にしたのは、取付高さが4Mぐらいの上の窓だけで、下は

手動です。

 

電源の要らない『コードレスタイプ』でその名は

【Eco Rimo エコリモ】

1)電気工事不要(普通に取り付けるだけ)

2)スマホと同じリチュームバッテリー内蔵

3)1回の充電(およそ10時間)で1日2回の使用で1年間使用可能

4)停電時でも動く

5)充電は、androidのスマホの充電ケーブルと同じmicro USB Type-Bで簡単

6)吹抜けなどの高所は充電ケーブルを脚立に乗って手が届くところまで

配線は必要

7)操作コードがないため、小さなお子さんがおられても安心安全

8)寝たきりになっても、ベッドから操作ができる

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

今回のポイントは逆巻き仕様にしていることです。

本来、FUGAは開いた時は前が下にきます。

正しい分

 

 

吹抜けに取り付ける場合は、太陽は上から下に差し込んできますので

下にいると少しの隙間でも光が入ってきます。

 

そこで、吹抜けの上も下も逆巻き仕様にします。

 

手前が上にくるように作ります。

こんなこともできます。

 

充電式の電動商品は他にもシェードやロールスクリーンも制作できます。

 

当店店内展示のコードレス・充電式の電動プレーンシェードのブログは

こちら

コードレスタイプの電動ローマンシェード新発売

 

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

吹抜け天井から5m30㎝のタテ型ブラインド

毎日暑いです。

今年はラニーニャ現象が起こり、当分暑さは続き、9月も残暑は厳しいと

いわれています。

冬は寒いらしくて、暑かったと思ったら寒くなり秋がないような感じに

なりそうです。

秋がない」というのは「商い」も厳しいのです。

 

 

さて、本題です。

 

昨日のブログでバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)は天井近くから

取り付けるのがInstagramで流行っていると書きました。

これはタテのラインが強調されて、部屋がより広く見えるためだと思います。

 

4年程前にもそんなブログを書いています。

 

タテ型ブラインドを天井近くから取り付けました。

 

今回は吹抜けのあるリビングで、天井から床までの5m30㎝のタテ型ブラインドの

施工写真です。

 

天井から取り付けるとタテのラインが強調されて迫力があります。

手動式でニチベイのソーラーV-Nを使っています。

 

なにかあった時のメンテンナンスがたいへんで、その時は費用が

かかる覚悟が必要です。

 

上下で分割して2台取り付けるケースもよくあります。

その場合は上の窓はあまり開閉することがなく角度を変えるだけの為

リスクヘッジすることができます。

 

吹抜けで上下別々にバーチカルブランドを取り付けた施工例

これらのケースは上が電動で下は手動でやっています。

 

※ 吹抜け天井から床まで電動のものですることもできるのですが、

大きい窓だど、ホームユース用では難しくてコントラクト用(大きい

現場向け)の商品になります。

その場合、本体のメカ部分も大きくなるために、それを隠すための

カーテンボックスがないと醜い姿になります。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

GW(がまんウイーク)はステイホームウイーク

いつからゴールデンウイークというのかはよく知りません。

人によっては4月25日(土)からのようですし、4月29日からの人も

おられるのだと思います。

ゴールデンウィークなんかは一切ないという人もおられると思います。

 

ゴールデンウィークというのは映画業界が宣伝のために使った言葉で

NHKも放送では一切使わず大型連休という言い方をしているため、私も

使いません。

 

大型連休期間の休業のご案内

しかし、世間一般でよく使われている言葉なので、否定はしませんが

今年はGWと書いて「がまんウィーク」としたいものです。

 

今回の新型コロナウイルスは恐ろしいです。

いまのところ治療薬もないので、防ぐ方法は人との接触をなるべく少なくするしか

方法がないようです。

 

もっと声高々に「この大型連休はステイホームウィーク」にしましょうと

言ってもらいたいものです。

 

安倍首相も先日、コロナウイルスの10の対策というのを発表していて、

1番最初が「オンライン帰省をしましょう」でした。

「オンライン帰省」ってなんやねん?と思って関係者に聞いたところ、

Zoom等のビデオ会議ミーティングのアプリを使って繋がった時の

最初の挨拶を「ただいま」といい「お帰り」というのが「オンライン帰省」

のようです。

 

「じゃ、乾杯でもしましょうか」と最初に言うのが「オンライン飲み会」の

ようです。

 

 

我が家は子供が海外に赴任しており、今は4か所にわかれて住んでいるため

Zoomを使ったおしゃべりもしています。

 

パソコンみながらしゃべるのですが、ふつうに茶の間でしゃべっているような

感じでまったく問題はないです。

息子の話を聞いていると、外国ではコロナに対する規制がかなり厳しくて

日本は緩やか

 

「オンライン飲み会」も高校の同級生や同業者ともやっています。

多人数でも居酒屋の飲み会と違って、バラバラでしゃべるのではなく、一人の

スピーカーに注目して会話が流れていくので意外といいかもしれません。

 

コロナ感染の拡大は簡単に収まりそうではないです。

 

 

With coronaと向き合っていく中で、ビジネスの有り方も大きく変わっていくと

思います。

 

インテリア業界でも5月に新商品を出すメーカーはZoomを使った見本帳説明会を

すると言っていました。

セールスの営業も「訪問」じゃなくて電話とビデオ会話ツールの「ベルフェイス

(bell Face)」を使ってきます。

 

これはハードルが低くて、相手側にスマホさえあればできます。

カメラ付きのノートパソコンがあれば尚良し。

どちらかというB to B(企業対企業向け)に優れていて、多くの一流企業も

使っています。

費用が少し高めですが、4月末までの登録で5月末までは無料で利用できます。

 

インテリア業界の営業もこうしたものをもっと活用して営業の有り方を見直して

いかないとやっているところとそうでないところの差が大きくなってなってきます。

 

当店は4月は土曜日曜は店を閉めています。

社内にはスタッフが1人いまして、不要不急でない「生活品として急に必要な場合」

にも対応はできるようにしています。

 

先週の土曜日にご来店いただき、25日土曜日が引っ越しなので、マンションの

吹抜けにバーチカルブラインドを取り付けて欲しいとのことでした。

 

今は、メーカーも人数を減らしてやっているため、通常の納期より1~2日余分に

かかります。

そこをメーカーに無理をお願いをして通常の納期で出荷していただきました。

通常ならば土曜日の午前中には会社に入るのですが、運送会社の佐川急便も忙しく

2個口が口割れして1個しか入荷しなかったのです。

 

追跡すると大正区の西大阪支店に物がとまっていることがわかり、そこまで

引取に行ってきました。

 

物流会社の支店には荷物がいっぱいとまっているのですが、人が少ないのです。

 

特に佐川は楽天市場やAmazonの配送を請け負っているため、今は個人向けが

多くてかなり忙しいようです。

佐川とヤマトは忙しいのですが、企業向け中心の福山通運と西濃運輸はかなり

荷物量が落ちていると言っていました。

 

物流が崩壊するとたいへんなことになるので、こちらも無理が言えず走り回って

お客様のところに取付に行きました。

 

高さ460㎝に吹き抜けにバーチカルブラインドを取り付けるのがメインと

あとはカーテンの吊り込みです。

 

 

縮めると170㎝で伸ばすと460㎝まで届く脚立がありますので

作業は簡単ですぐにできます。

 

商品はニチベイのワンコードタイプのバーチカルブラインド

ソーラーV NU  で生地はリーチェです。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

 

吹抜けにブラインドを取り付ける場合の取付費は?

戸建て住宅の吹抜け部分にタテ型ブラインド(バーチカルブラインド)を

取り付けました。

入居されて2年程経っていて、今回当店は吹抜けだけです。

 

当店はネットで見つけていただき見積り依頼があったのですが、

それまでに他社で見積をされていました。

それによると、吹抜けで足場を組んでやらなければならないからという

ことで足場代だけで100000円かかり、更に取付代がかかると

言われたということです。

たぶん、足場を組むのを外注に出して、その業者が上乗せをすれば

そのぐらいはかかるのだと思います。

当店はアメリカ製の伸縮脚立を持っているのでそんなに高くはないのです。

こちらの現場は2人で行って取付時間40分で高所取付代も含めて

35000円頂きました。

 

これが高いか安いかはお客様の判断ですが、当店としては誠実価格を

出してるつもりです。

この脚立です。

 

当社の脚立は小さな巨人です。

 

今回使ったタテ型ブラインドはニチベイのコントラクト用(一般家庭

ではない現場向きにの商品)

操作コードがワンコードになっている分です。

 

吹抜け部分に取り付ける場合は、一般家庭用の操作棒のあるタイプではなく

操作コードタイプがおススメです。

 

通常は2本のコードになっていて、ルーバーの開閉用と回転用に分かれて

いますが1本で操作するのもあります。

 4月10日は「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

吹抜けに取り付ける商品には防汚加工をしましょう。

新型コロナウイルスの影響がインテリア業界にもでてきています。

ファブリックの商品で直接入荷しないという問題はまだでてきていませんが

住宅設備関係の製品で中国からの流通がストップしており、受注停止が

広まってきています。

キッチンが入らないというような問題で、これによって3月引き渡し物件等の

納期遅れが生じて、我々の仕事も遅れてくるのです。

本来ならば、3月は一番のかき入れ時なのですが、今年は例年になく

ひま~

というようなことになるかもしれません。

 

また、大阪府は2月20日~3月20日までの大阪府主催の全てのイベントを中止

もしくは延期すると発表しました。

企業や団体にも呼び掛けるようで、この1か月間はほとんどのイベントが

大阪では開催されなくなります。

インテリア産業協会関西支部主催のインテリアフェスティバル2020

(2月26日)も本日中止が決定しました。

 

お客様の動きも、人の集まるところに行かなくなり、来店者も少なく

なってきていて、この先たいへんなことになっていく感じです。

 

 

さて、本題です。

 

吹抜けにハニカムスクリーン、ルーセントホームのシェルシェードを

取付けました。

お客様の方から汚れ防止加工を事前にしてほしいという依頼がありまして、

当店で「エコキメラ加工」をして納品しました。

エコキメラ加工に関しては こちらです。

メーカーのホームページはこちらです。

当店にはコンプレッサーもありまして、お客様の要望であらゆるものに

加工をすることができます。

 

吹抜けの取り付ける商品は、めったに掃除をすることができないので

防汚加工をしておくと汚れにくくなります。

吹抜けはアメリカ製の脚立「リトルジャイアント」を持っていますので

簡単です。

ハニカムスクリーンは断熱効果がひじょうに高いのでこうした

吹抜けの窓には最適です。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

吹抜けの寒さ対策に天幕カーテン

吹抜けに天幕カーテンを取り付けました。

何度も同じ内容になってしまいますが、SEO対策上ブログをアップしますと

検索に引っ掛かってきますので、私としては致し方ないことなので

ご容赦願いたいのです。

 

260㎝×260㎝の大きな吹抜けです。

今まで施工した中では最大の大きさです。

私共はメーカーじゃなくて、小さな業者なので最大製作サイズをデータで

だすことが出来ず、今まではこのサイズは敢えて避けていました。

ずっと経験を積んでいく中で、このサイズならばできると判断して

今回施工しました。

照明や障害物があったのですが、なんとかクリアできました。

 

ガイドレールはトーソーのネクスティを使っていますが、メーカーの

ブラケットを使わず、L金具を逆さに取付てレールが飛び出さない様に

工夫しています。

生地は川島織物セルコンFT6638

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

 

測ったようにピッタリですねと褒めていただく

私は現場主義のカーテン屋で必ず実測にはいきます。

 

サイズがピタッと納まると、たまに測ったようにピッタリですねと

褒めていただくことがあります。

 

実は、こそっと測って会社でいろいろと考えて指示書をつくっているんです。

たまに思ったようにうまくいかない現場もあるのですが、大概は

ばっちりで、自分一人で悦にいる現場もあります。

 

そんな現場の紹介です。

リビングが吹抜けになっていて、リビング階段があり、大きな空間になっていて

寒くてたまらないので何とかならないですかという相談を受けました。

 

得意の天幕シェードで天井を覆い、リビングのぐるりは間仕切りでカーテンをつけました。

 

天幕シェードを取り付けるために側面にレールをとりつけるのですが

側面の高さが違うのです。

そのため持ち出し金具で高さを調整します。

 

真ん中の梁のところはレールの取り付ける位置を上げています。

側面はL型アングルを逆につけてレールがはみ出さないようにしています。

 

これで高さが揃うのです。

上からみると

 

 

 

間仕切りにするカーテンも側面にレールをとりつけたのですが、

これもメーカーのブラケットを使わずにL型アングルでレールが飛び出さない

ようにしています。

高さも梁の下ギリギリできれいにみえるようにしています。

レールは梁の裏側に取り付けています。

部屋内からみるとこんな感じです。

お客様は「フラットで」といわれたのですが、フラットにすると開けた時の

納まりが悪いので、1.3倍の一つ山にして簡易型形態安定加工をしています。

おまけ

夏場の不要な時に吊っておいておくところを階段の下に作っています。

1340mmのレールに巾5600㎜のカーテンが吊れるようにランナーは

38個入れてあります。

生地はすべてフジエテキスタイルFA1227CHです。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

休業日 2019年12月29日(日)~2020年1月6日(月)

吹抜けの寒さ対策に可動式天幕

先月、インテリア業界最大のイベントであるJAPANTEX2019が東京で

あり行ってきました。

今年が38回目で、私は38回皆勤です。

サンゲツに入社した翌年の1月に第一回目が開催され、その後インテリア業界

一筋なのでずっと行ってます。

今年の来場者数は単独で前年比4%増の9003名(3日間)で、この手の

展示会としてはひじょうに少ないです。

JAPANTEXのホームページには、

JAPANTEX2019は盛況のうちに閉幕いたしました。

40,028名(プレス別)より登録来場いただきました(合同開催展全体)。

JAPANTEX2020は11月11日~13日に東京ビッグサイトで開催します。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

となっていて、合同開催した他の来場者も含めた数字しか載っていません。

 

昨年までの展示会の案内は

JAPANTEX2018 としか書かれていなくて、会場内にある展示会に

来た人にとって、なんの展示会かさっぱりわからないのです。

アジア・ファニシングフェアと書いてあれば、アジアの家具等の展示という

ことがわかるのですが、JAPANTEXと聞いてインテリア関係の展示会と

わかる人は一般の人ではいないのです。

そしたらこの展示会を覗こうと思わないです。

そのことをブログに書いたら

今年は

JAPANTEX2019の文字の下に

INTERIOR TREND SHOW という言葉が

入りました。

これでインテリアの展示会だとわかるのです。

これによって、他の展示会場に来た人からの流入が増えて4%増に

なったのだと思います。

 

さて、本題です。

 

JAPANTEXでは多くの同業者と交流しました。

オフ会というのもありまして、今年が10回目で100名の参加です。

この第1回目の呼びかけ人は私です。

 

同業者からは、「ブログで勉強させていただいています」とよく

言われます。

同業者に役に立っているというのひじょうにうれしいですが・・・・

私はエンドユーザーにわかりやすくと思って書いているのですが、

同業者にとってなにか役に立っているのかを聞いてみました。

 

その答えが「天幕の施工例とか・・」とのことでした。

 

この需要は多くはないのですが困っている人にとってはなんとかしたいという

想いがあり、全国からブログを見て問い合わせがあります。

当店は「現場主義」なので行ける範囲でしか受注していません。

 

メーカーの規格品はないので、現場をみていろんな部材を組み合わせて作って

います。

私がよくやっているのは、伸縮棒で可動させるタイプで、シャープシェードが

平行移動するタイプです。

先ず、シャープシェードのようにバー袋をつくってパイプを入れます。

このパイプはトーソーのプルーレという商品です。

プルーレの端に穴をあけてSカンを取り付けて、これをレールの

ランナーに引っ掛けます。

レールはトーソーのネクスティというレールを使っています。

ブラケットは壁から室内側にあまり出ない様にネットで25ミリのL金具を

買って取り付けています。

 

ネクスティを使うのはカーテンストッパーが使えて、開けた時に

ピタリととまるからです。

レールは前と後ろを逆にとりつけています。

 

先頭部分は、ニチベイのロールスクリーンの部材でボトムバーと

メタルグリップを使っています。

 

操作する伸縮棒はホームセンターでペンキ屋さんが使う部材を買ってきて

使っています。

固定する側がトーソーのバランスレールというものを使い、

生地のマジックテープのメスを貼り付けています。

 

これで簡単に天窓シェードができます。

 

お近くのカーテンショップに、このブログのようなものをつくって

欲しいといえば、商品知識豊富な窓装飾プランナーのいる店ならば

対応してくれると思います。

planner_02/

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ