川島織物セルコン

レールの幅が狭いときはレースは箱ひだで

カーテンのひだ山の取り方には3つ山、2つ山、1つ山、そして箱ひだが

あります。

箱ひだというのはあまりみかける機会が少ないかもしれませんが、ひだが

立体的にならないので前のレールと後ろのレールが狭いときに使います。

手前のレールに吊っているカーテンを開閉するときに干渉をできるだけ

避けるためです。

そのため、レールに対してカーテンの幅はあまり大きく作らないことが

コツです。

問題点は開けたときにきれいにたたまれないのです。

 

20年前に買っていただいたお客様の吊り替えです。

20年前に建設された大阪市内のタワーマンションで高級物件ですが、

カーテンボックスについているレールの間隔が狭いのです。

 

20年前も当店の施工です。

20年に一度ぐらいしか買わない商品でも、以前買った店に買いに

来ていただけるというのはほんとにありがたいです。

当店でも、20年前のデータがスキャンしてあります。

 

Before

レースは箱ひだです。

レース用の遮熱フラットうらだ「シャネットうらだ」を取り付けています。

 

After

 

こちらのレースにもレース用遮熱フラット裏地「シャネットうらだ」を

取り付けています。

レース フジエテキスタイルFA1202NW

フラット裏地 フジエテキスタイル FA1622BR

「シャネットうらだ」は昨日のブログをお読みください。

暑さ対策 レースに遮熱裏地をとりつけ

 

ドレープは川島織物セルコンのメインブランドのSHシリーズのチェルカーレです。

本田純子デザイナーの作品です。

SH9846    生地巾140cm で1mあたり20000円(税抜)の生地です。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

攻めた① 手動式天幕カーテン

攻めたシリーズの1つ目です。

大阪・柏原市にあるゴルフ練習場のSKゴルフガーデンさんのカフェの

天窓に天幕カーテンを取り付けました。

オーナーよりブログアップするときに大いに宣伝しておいてと言われています。

 

カフェのテーブルの上に巾295cm×長さ279㎝の大きな天窓があります。

夏場の晴れの日のランチタイムは暑すぎるのです。

 

直接メールで問い合わせがあり、メールでやり取りをして、大きい天窓

などでできるかどうかわからいとしながら金額的に大丈夫とのことで

現場実測に行きました。

 

このサイズはやったことがなく、メーカーの規格商品でもないため

すべて自己責任でしなければならないのです。

今までの経験からして、サイズ的にはできると思ったのですが、

望まれている生地は遮光で重量的にはやってみないとわからないという

感じです。

 

攻めました。

 

サイドレールも目立たないように隙間を開けないように取り付けました。

このサイズならば紐引きにすべきところなんですが、天窓が壁際でないため

操作コードが目立つため、伸縮棒で操作するタイプです。

 

開閉はスムーズですが、幅が大きすぎて生地の真ん中が垂れるのです。

そのため、ちょっとシワになりました。

いろいろと経験を積んで少しずつ進化していくと思います。

生地は川島織物セルコンの白の遮光2級でFT6576です。

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

閉めると暑さが全く違いました。

遮光の生地ですが周りが大きな窓がいっぱいあるため、そんなに

暗くなりませんでした。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

大きい吹き抜けに天幕カーテン紐引きタイプを取り付ける

大型連休真っ只中です。

当店は本日5月2日月曜日は営業していますが、明日からの3日間は休みを

いただいています。

休業日

5月3日(火)憲法記念日

5月4日(水)みどりの日

5月5日(木)こどもの日

 

5月 6日(金曜)7日(土曜)8日(日曜)は通常営業しております。

ご来店をお待ちしています。

 

天幕カーテンの施工例です。

今まで施工した天幕カーテンの中では最大の寸法です。

幅が259cm長さがが639cmで紐引きタイプです。

トーソーの中型天窓紐引き部品セットを利用して、独自のやり方で

オリジナルなものを作りました。

生地は川島織物セルコンのFT6638です。

 

上に梁があるため取り付け高さは260cmです。

 

レールは中型レールを使っていますが、ブラケットは既存の正面付けの

ものを使わず、L型アングルを使ててレールが壁から飛び出さないように

工夫しています。

たまりの方に45cmの出っ張り天井があったので、そこに穴を開けてもらって

操作コードを出しています。

 

この大型連休期間中にも天幕カーテンの相談に2件ご来店いただいています。

 

メーカーの規格商品というのがないので、現場を見てそれぞれに何が

いいかを考えてやっています。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

モリスのケルムスコットツリーの柄出しについて

プレーンシェードのウイリアムモリスのケルムスコトツリーの柄だしについて

書きます。

 

ウイリアムモリスはイギリスの作家で、日本ではマナトレーディングが直輸入して

おり、川島織物セルコンがライセンス契約を結ぶ織物として販売しています。

同じデザインですが、マナはプリント、川島織物セルコンは織物ですが、

川島織物セルコンは柄を縮小して日本の窓向きにしています。

 

プリントがいいのか織物がいいのかというなかで、関東の人はプリント、

関西人は織物が好きなような気がします。

 

ウイリアムモリスの代表的な作品のケルムスコットツリーでプレーンシェードを

つくりました。

 

これはマナトレーディングの輸入生地で1巾サイズで当店店内にある商品です。

上の画像は川島織物セルコンの見本帳です。FF1001

11000円/m 生地幅140㎝ ポリエステル100% タテリピート69.3cm

 

下の画像はマナトレーディングのカタログです。

15800円/m  生地幅137cm リネン49%綿38%ナイロン13%

タテリピート79.5cm

 

この商品は横のリピートがなくて1巾で1つの柄になっています。

そのため、1巾で巾継ぎなしてプレーンシェードをつくると

こんな感じです。【川島織物セルコンの生地FF1001】

 

幅900cm×高さ590センチ

木が1巾に2つあって真ん中中心に木を持ってくることができません

 

これを無理やり木の柄を真ん中にもってくることもできます。

巾継ぎ位置が中心にきません。【川島織物セルコンの生地FF1001】

専門店ではお客様の要望でこのようなこともします。

サイズによってはワンリピート余分に必要になり金額がアップする

こともあります。

専門店では、お客様の要望をお聞きしながら窓に合わせて柄出しの

提案をさせていただきます。

カーテンのお求めは全国の窓装飾プランナーのいるお店でカーテンを

買いましょう。

planner_02/

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

 

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

今月末から来月にかけての大型連休期間中の当店の休業日のご案内です。

 

4月29日(金)昭和の日

5月3日(火)憲法記念日

5月4日(水)みどりの日

5月5日(木)こどもの日

 

当店は日曜日は営業しており、祝日のみお休みをいただいています。

4月30日(土)、5月1日(日)、5月2日(月)は通常営業しております。

ご来店をお待ちしています。

 

ループレスツインシェード施工例

プレーンシェードのループレスツインの施工例の紹介です。

この商品は昨年の6月にトーソーが発売したのですが、まだあまり

浸透していません。

かつてトーソーが新しい商品にモデルチェンジしたときに2回問題が

あったため、トーソーの営業が積極的にPRしていない感じがします。

 

私は結構おススメで、店内にも展示して販売促進しています。

1)お子様に安全に配慮した商品で操作部がループになっておらず

首をひっかける心配がないのです。

2)操作が簡単で楽で,片手でできます。

ツインタイプは操作を同時にもって引っ張れば同時にあげることが

できます。

 

詳しい説明は以前のブログをお読みください。

 

商品の紹介(2)ループレスシェード

デニムでループレスのプレーンシェードを作りました

 

生地は手前の厚手カーテンがスミノエのD3056

奥のレースが川島織物セルコンのFT6685

 

コーナーのところは奥側のレースをリターン金具を使って長くしています。

カーペットの施工もしております。

50cm角の東リのファブリックフロアFT2402

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

電動シリーズ⑥ナスノスの電動プレーンシェードWで取り付ける

電動シリーズ⑤からの続きです。

 

最近取り付けた電動商品の施工例の紹介です。

 

タワーマンションのコーナー窓に電動のプレーンシェードをツインで

取り付けました。

大きい窓を2分割して合計8台取り付けています。

こちらの現場はナスノスのメカを使っています。

この場合は、上げたときに本体が完全にカーテンボックス内に隠れるために

FM送信の方がいいのです。

トーソーの場合は、基本赤外線送信でFM送信にするとオプションで

かなり高くなります。

ナスノスはFM送信でかなり安いのです。

 

また、本体のレール部分がコンパクトでバックス幅が15センチあれば

ダブルで前後に2台取り付けられるのですが、トーソーメカだと15センチ幅

では2台取りつけられないのです。

こちらの現場はボックスが大きいのですが、以前のブログに15センチ幅を

ダブルで取り付けた施工例を載せています。

 

ごく普通に使われるようになってきたインテリアの電動商品(3)

 

電動で1台のメカでツインタイプのものはNAVIO(ナビオ)が出しています。

幅が11センチですっきりですが、価格はそれなりです。

 

まずは、どうでもいいが動画をご覧ください。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

 

片方が534センチ、もう一方が390センチの大きな窓で

2分割ずつしています。

長さが3m超えるものはジョイントしています。

ドレープは遮光2級の川島織物セルコンのFT6525を使っており、

コーナーのところは突き付けではなく、T型に納めています。

 

リング付きテープを縫い付けるため針孔(ピンホール)があくのは

事前によく説明しています。

遮光の生地だと目立つのです。

もともに西日があたる4時ごろの時間です。

レースはスミノエのミラーレースD3540です。

 

次回の電動シリーズ⑦に続く

 

お知らせ

3月21日月曜(春分の日)は定休日です。

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

レースの二重吊り(タワーマンションコーナー窓)

タワーマンションのコーナー窓にレースの二重吊りをしました。

窓側にシンコールのウエーブロン (遮像ボイル)のML3619を

部屋側に川島織物セルコンの裾エバ柄レースME8450を取り付けました。

上の写真はシンコールのウエーブロンレースを取り付けたところです。

ウエーブロンは、帝人フロンティアの繊維名でカーテンにすると

外から室内がみえにくいという商品です。

外から見えにくいということは室内側からも見えにくいのです。

 

 

手前(室内側)は川島織物セルコンの裾エバー柄レースです。

写真は窓側のレースを開けて、このレースだけにしているところです。

室内から外はよく見えますが昼間は外からは室内は見えません。

このレースだけならば、夜は丸見えになります。

 

手前の裾エバ柄のレースも窓側のウエーブロンのレースも閉めた写真です。

昼間でも室内側から外はほぼ見えません。

夜は室内の照明はよく見えます。

人の動きは、カーテンから離れているとわかりにくいと思います。

全開すると

 

片開きの短い方で4m、長い方で5.5mあります。

当店では、このような場合でもきれいなウエーブをだす簡易型の

形態安定加工をしています。

(メーカーに縫製を依頼すると片開きで3mまでしかできないというのが

多いのです。)

 

 

こちらの現場はカーテンボックスが窓から離れてかなり室内側にあるのですが

お客様とそうだんの上、窓側につけています。

 

上の写真でいうと、今カーテン(レース)がついている手前がカーテンを

取り付けるところになっています。

窓際に取り付けた方がきれいと思うんです。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ