日本フィスバ

縮んだカーテンを伸ばす

2月5日に総務省消防庁が発表された「防炎カーテンの不適正品の回収」に関しまして

ニュースや新聞にも取り上げられていましてインテリア業界で話題になっています。

私は5日の夜にインテリア関係者のLINEのグループで知りました。

最近は、インテリア業界でニュースになるのはあまり明るい話題はありません。

昨年は、ブラインド等の操作コードによる死亡事故がありました。

防炎カーテンの不適正品の回収に関しての内容は総務省のニュースリリース

ご覧ください。

http://www.jfra.or.jp/whatnew/pdf/20140205.pdf

要するに防炎カーテンとうたっていながら、防炎性能の基準を満たしていなかった

商品が約800枚ぐらい市場に出回っており、それを製造メーカーである4社に

自主回収の指導をしたという話です。

上のURLをクリックしていただければ詳しく書いてあります。

今のところ、我々が取り扱っているブランドメーカーの商品にはそのような

ものはないようです。(日本インテリアファブリックス協会談

今回は日本防炎協会の抜き打ち検査でみつかったようですが、製造メーカーの

データを信じるしか方法がなく、カタログを発行しているブランドメーカーでも

ほとんど社内検査をしていないと思います。

防炎カーテンの納品後の消防検査においても、防炎ラベルがついているかどうか

だけのチェックで我々のレベルでは書類の提出を求められることも

ありませんし、消防署が検査することもありません。

この問題は根が深いと思っています。

 

さて、本題です。

お客様からメールが来まして、カーテンを自宅で洗うと10㎝以上縮んだんだけど

伸ばせないということでした。

当店の場合は、再度カーテンクリーニングをすることによって

ある程度までは戻すことができますが、完全には元に戻らないし、

少しだけ丈直しをしなければなりません。

その場合、費用として1万円ぐらいかかりますと返信をしました。

そうしたところ、住宅メーカーで購入されて、そちらに問い合わせを

されたところ、「裾の折返しを出して丈直しをするしか方法がない」と

言われたとのことで当店に依頼がありました。

 

そこで、現場に引取りに行きました。

DSC00406

DSC00404 1390229135_DSC03655a

フィスバの生地で綿65%、レイヨン35%のもので水洗い不可の商品です。

実際は上のアジャスター部分を思い切り出しておられたので本来の

寸法より12センチ縮んでいました。

当店でクリーニングをして伸ばしたのですが、最終的に3センチほど元に

戻らなくてその部分だけ丈伸ばしをさせていただいて納品に行きました。

DSC00443

DSC00442 DSC00445

カーテンを洗うときは、洗濯絵表示ラベルの指示に従って洗ってください。

この生地の場合は水洗い不可です。

御代金は10500円いただきました。

阪神高速片道900円を2往復しまして、九州の加工所に送る往復の

送料もかかっていまして、クリーニングもさせてもらいました。

エンドユーザーの方はどのように判断されるかはわかりませんが、

当店側に言わせると決して高くないと思っています。

最初からのクリーニングだけならば5250円です。

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングのカーテンの吊り替え(2)

私のおシャレがいつもは当店スタッフには受けなくて

「社長、またくだらないオヤジギャグを言っているわ」と思われて

いるのですが、昨日の

いつカーテンを吊り替えるか

 

        今でしょ !

 

どこのカーテンを吊り替えるか?

 

        居間でしょ!

 

 

これは受けました。

 そんなわけで・・・

どんなわけやねん!

居間のカーテンの吊り替えの別の現場の紹介です。

BEFORE

(クリックすると拡大します。)

何年前のかはわかりませんが、川島織物のすごく高いいい生地のカーテンが

ついていました。

今、よく他社が取り付けたカーテンの吊り替えやクリーニングでお宅に

お伺いしますが、立派なカーテンはほとんどが川島織物です。

ほんとに昔の川島織物のカーテンはよかったです。

すごくいいものが適切な価格でした。

今もいいものがありますが、価格が・・・・・・・・?

AFTER

 

ドレープはVilla Nova(ヴィラノバ)VN207003 2倍使い裏地付き

レースは フィスバです。

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

12年前のカーテンの吊り替え

最近、カーテンの吊り替えのお客様がひじょうに多くなってきています。

12年前に取り付けたお客様の吊り替えです。

Before

フジエテキスタイルのドレープFA6481BRに

レースはナショナル物産の2926-099でした。

 

カーテンには当社のネームタグがついています。

当時は会社名のタグをつけていました。

十数年前から、ネームタグには会社のフリーダイヤルを入れてます。

これは、何年後にもしも引っ越しをして電話番号が変わっても大丈夫のようにです。

もし、当時の店の番号を入れていたら、3年前に移転していて、古い番号は

通じなかったところでした。

レースの裾は当時から本縫いウエイト巻きロックでした。

 

After

 

生地はドレープがウイリアムモリス220303

レースは フィスバ ウィスパー13949-900

  

今はネームタグが店名のカーテン夢工房になっています。

取り付けた年がわかるように2013と書いています。

もちろん、フリーダイヤルも入れています。

吊り替えが多くなってきているのは、エンドユーザーが消費税増税を

意識され始めたのかもしれません。

来年4月の直近になると、たいへん忙しくなることが予想されます。

忙しくなると、メーカーの商品の欠品が増えます。

縫製加工所も忙しくなると手が乱れます。

忙しくなると、いろんな歪がでてくるのも事実です。

そしたら、カーテンを吊り替えるのはいつか?

 

       今でしょ!

 

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

ウイリアムモリスの生地のプレーンシェードをタペストリー風に

ウイリアムモリスの代表的な生地であるSTRAWBERRY THIEF

(ストロベリーチィーフ:いちご泥棒)の生地でプレーンシェードを作って

タペストリー風にしました。

カーテンボックスのある小窓にプレーンシェードとして取り付けています。

プレーンシェードですので上下昇降します。

 

巾4Mある掃出しの大きな窓はリネン100%のリナスのL2001

    レースはフィスバのニューマドリッド14250-110

 

 

カーテンって意外と奥が深くて、このブログをみて同じように近くの

カーテン屋に頼んだら同じようにいくかというとそうでもないこともあるのです。

そこには専門店としてのノウハウがあります。

私は全部公開しています。

まず、このプレーンシェードには遮光裏地をつけています。(東リKTB2334

これからがポイントなのですが、窓サイズより片方10㎝ずつ大きくつくることなんです。

リング付きテープが両端から7〜8センチのところにきます。

この位置が窓の開口部の中側ににきたら、ミシンの針穴(ピンホール)から

光が入ってきてラインができるのです。

この位置を壁にあたるところにくれば昼間でもきれいにみえます。

あと、柄だしをどのようにするかという問題もあります。

横幅は製作サイズとも絡んできて、それも考えなければならないし、

タテの柄だしはどの部分を中心に持ってくるかを考えなければならず1リピート

余分に注文をしなければなりません。

こうした気遣いが専門店の経験と知識です。

オーダーカーテンは、メーカー縫製ならば、どこに注文しても同じだと

考えておられる方が多いと思いますが、発注する寸法によって出来具合が

大きく違うのです。

 

 

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

レースの吊り替えビフォーアフター

3年前に当店でお買い上げいただいたお客様が寝室のレースの吊り替えをされました。

取り付けた時のデータがありますので、今回は当店のスタッフとのメールの

やり取りだけで決定し、打ち合わせに行くこともなく、納品に行くこともなく、

納品後の写真も送っていただいて、このブログを書いています。

3年前に取り付けたときは、川島織物セルコンのFT1864(FT5330)2倍使いの

形状記憶加工でした。

今回はフィスバ(クリスチャンフィッシュバッハ)のブルーム(BLOOM)906で

1.1倍のフラットカーテンです。

お客様からいただいたメール

 

カーテン夢工房 大西様

 

いつも大変お世話になっております。

遅くなりましたが、カーテンの写真をお送り致します。

確認下さいませ。

カーテン写真は、光の入り方で別物になったりと、難しいです。

お客様宅納入時がベストなんて事は0に近いでしょうし、

夢工房さんの苦労が目に浮かぶようです

お役に立てれば幸いです。

 

さて、新しくしようと思ったきっかけは、

両開きのレースの真中が開いているのがとても気になる

という見た目でした。(私の洗濯方法がよくなかったのかもしれません)

打開策があれば、是非とも教えていただきたいです。

 

レースを一枚で作るなら柄物、色は黒系。

バウマンのSHANI、見た時から私の心はこちらに100%決定。

(AIMEEも選択肢の一つでしたが、場所と雰囲気が合わない為却下)

ただ見積もりをお願いするのに、一つじゃつまらない

(ご面倒をお掛けしてすみません)と思い、

おまけで選んだのがフィスバのBLOOMでした。

 

正直、未だバウマンに未練たらたらなのですが、

美しさ、扱いやすさ、さすがフィスバと言う以外ありません。

カーテンを変えるだけで、高級感漂う部屋(自画自賛ですみません)に、悩みも解消。満足度120%です。

前回も思ったのですが、フィスバの満足度は総合的にとても高いです。

次回もここでと思わせる老舗の貫録があります。

これは、カーテン夢工房さんにも感じるものです。

カーテンについて検索すると、行きつくところは社長のブログ。

(フラットカーテンの倍率、勉強になりました)

大西さんが、私のしょうもない質問やお願いにも親切に対応して下さる。

おまかせして間違いないという信頼があります。

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

この度はどうもありがとうございました。

 

身に余るお言葉をいただき、感激しております。

こちらの現場に関しましては、スタッフおおにしが対応させていただいており、

私は一切タッチしていません。

レースを吊り替えになったきっかけである、形状記憶加工をしたレースを

何回か洗うと真ん中が開いてくるという問題に関しましては、

私の方で、レースに形状記憶加工をするのが問題なのか、それとも

川島織物セルコンのレースに特異性があったのかを検証してみます。

 

 

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

シャープシェードの裏地付きをツインタイプでつくる

 昨年、高層マンションのリビングにハンターダグラスのシルエットシェードを

取り付けた現場で、「夏は暑くて冬場は寒い」ということで新たに追加で

シャープシェードをとりつけることになりました。

 

シルエットシェードは窓際に取り付けていたので、今回のシェードはカーテンボックスに

レールをそのまま残して取り付けました。

(画像はクリックすると拡大します。)

生地はクリスチャン・フィッシュ・バッハ(フィスバ)のORNAMENT13907(オーナメント)
     280幅のタテ使い 21800円/M ポリエステル100%

                  裏地は東リKTB2335

裏地をつけることになっていましたが、この商品はアイロンが×(ダメ)なんです。

エンボス加工がしてあり、アイロン掛けすると風合いを損なう商品なのです。

裏地をつける場合、縫製をするときに表地と裏地がずれないように、薄い両面

テープをアイロン掛けで固定するのですが、それができないのです。

受注をしてから、それに気づき、いろいろと実験をしてみたのですがうまくいきませんでした。

当店の勉強不足のため、お客様のご了解を得て、裏地付きのシャープシェードではなく、

裏地と表地を別々にする、ツインシェードシャープタイプにして後幕を裏地としました。

 

上の写真は連窓で、右側は表地を途中まで上げています。茶色が後幕の裏地で

こちらもきれいにあがるようにシャープシェードでつくっています。

左側は後幕の裏地もさげています。

上の写真の左側は前幕は完全に降ろしていて、後幕の裏地を途中まで上げています。

昼間、後ろから光がはいる時、裏地がないと柄が飛んだようにみえます。

下の写真は後幕の裏地を上げた状態。前幕の生地は下げていますが柄がはっきり

わかりません。

 女性スタッフが、4台連窓で取り付けるのにストライプの柄が繋がったように

生地の裁ち切りを考えてくれました。

これは、後日、「カーテン夢工房のスタッフブログ」に書きます。

 

 「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

今日のブログは役にたちましたか?        はい、クリック

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

レースを両開きにする時はサッシの位置で分けましょう。

 カーテンを取付ける場合、幅が1m以上の窓では両開きにすることが多いです。

普通は窓が真ん中から左右対称になっていることが多いので、カーテンも均等分割の

両開きにします。

しかし、片方の壁が長く、レールが長かったり、マンションで窓がL字にっていたりすると

均等に分割すると、サッシの真ん中の位置からずれます。

その場合、当店ではレースを均等ではなく、サッシの位置で分割するようにしています。

そうした方が、カギ(クレセント)の開閉がしやすいのです。

マンションでカーテンボックスのレールがついていました。

奥の右側の窓は右側の壁の部分が長くなっていて、レールも長いのです。

カーテンボックスは全長2540mで、窓部分は2050㎜、右の壁部分410㎜、左壁部分は

80㎜です。

そのため、レースは右側は巾1500㎜、左側は巾1180㎜でつくっています。

 

生地はドレープ(手前)はサンゲツCK5334 レースは川島織物セルコンFT5279

別の現場です。

マンションでL字になった窓。

正面の窓は、サッシはど真ん中でわかれていますが、右側に小さな窓があり、これがL字に

繋がっていて、レールも1本のカーブレールがついています。

この場合も左右のレースの巾を変えてサッシの真ん中でわかれるようにしています。

 

ドレープはフジエテキスタイルFA6735NL

レースはフィスバ アラメナ14270-107

このフィスバのレースがガーゼみたいに柔らかくてひじょうに美しいのです。

簡易型の形態安定加工はしていませんが、きれいなウエーブが

でます。

裾は、本縫いウエイト巻きのミシンで縫って、あとでウエイトを

抜いています。7~8ミリぐらいの折返しになっています。

レースはサッシのところで分けることを提案していますが、

ドレープ(厚手)は均等分割でもいいと思っています。

ドレープは閉めるとサッシの位置がわからないからです。

 

 

今日のブログは役にたちましたか?        はい、クリック

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ