木製ブラインド

電動木製ブラインド(ウッドブラインド)

住宅においては、インテリア関係以外の商品はかなり電動化が進んでいますが、

インテリア商品はかなり遅れていると思います。

世の中ではI o T(Internet of Things アイオティ)が盛んになってきていますが、

インテリアの商品だけが組み込まれていないことが多いのです。

 

その要因にインテリアのメーカーの販売店に対する情報発信力の弱さがあります。

メーカーは販売店はメーカーに頼らなければできないだろうと思っているのか

カタログがあっても見積もりをしようとしても「近くの営業所にお問い合わせ

ください」と書かれているのです。

メーカーに問い合わせても、社内では「専門部署に問い合わせしなさい」となっているのか

知らんけど

即答はないのです。

 

住宅メーカーの指定でニチベイの電動の木製(ウッド)ブラインドを取り付けました。

 

 

ニチベイの木製ブラインドには説明書はありません。

前提として、インテリア専門店は施工できないと思われていて、ニチベイの

職人さんがつけることになっています。

(当店はほとんど自社のスタッフでします。)

電源の差し込むプラグはついていなくて直結することが前提です。

ブラケットも昔ながらのもので、大きいサイズだと1人ではつけるのが

困難です。

 

 

当店では、木製ブラインドの電動はナニックが押しです。

価格も安く、色数豊富で施工も簡単で見積もりも簡単にできます。

 

10月3日に立川ブラインド工業が、住宅用の電動の木製ブラインドを

新しくだしました。

10月26日に行ったJAPANTEXのタチカワのブースに展示してありました。

ブースのスタッフは熱心にこれが「フォレティア電動」なんですと

説明をしてくれるのですが、突っ込んだ質問をすると、他のスタッフに

聞きに行ったり、電話をかけにいったりしてきちんと説明をしてくれない

のです。

 

この商品はちょっと音はしますが、他社との違いを説明できればホームユース用

電動木製ブラインドとしては期待できるかもしれません。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

ノーマンの木製ブラインド

4月から多くのものが値上がりしています。

インテリア商品も値上がりしています。

カーテンに関しては、メーカーと販売店との力関係にもよりますが、

サンゲツ、リリカラ、シンコール、スミノエ、フィスバあたりが10~20%

ぐらい値上がりしました。

元々、定価設定が高かった川島織物セルコン、アスワン、東リあたりは

まだ値上げは言ってきていません。

五洋インテックス、マナもまだ値上げしてきていません。

でも、輸入関係は円安の関係で今後大幅な値上げが予想されます。

先日、日本で発売になったマナトレーディングのウイリアムモリスの

新作は、今までのモリスの商品に比べて定価が2倍近くになっています。

 

メカモノメーカーのNTTのニチベイ、タチカワ、トーソーは今のところ

値上げは言ってきていません。

たぶん、2018年10月頃に3社ほぼ同時期に物流経費として1台につき2000円

定価にプラスするようになり、この時点で実質値上げして利益確保に大きく

寄与していますのでなにも言ってきません。

しかし、今年発売になる商品は材料費の大幅値上げに伴い、商品も

大きく値上がりしてくると思います。

 

 

メーカーはいいんです。

新しい商品を出すごとに定価をあげていけばいいし、途中で値上げする場合は

販売店への卸掛け率を値上げすればいいだけなんです。

 

今回の値上げでも、フィスバは定価を上げました。

新しい定価表を持ってきました。

mあたり1000円ぐらい値上がりしています。

定価が上がれば、エンドユーザーにも説明しやすいのですが、

インテリア業界で、途中値上げの場合は我々にとっての仕入れ掛け率が

上がるのです。

大幅に10ポイントぐらい値上げすれば、エンドユーザーにも転換しやすいのですが、

2~3ポイントぐらいだと、そのままエンドユーザーにも値上げしにくいのです。

値上げするには、プライスカードを書き替えたりしなければならず、ついつい

後回しになりがちなんです。

 

天下泰平の世の中で転換大変の少額値上げ

 

メーカーは利益を確保できても、販売店は利益を減らすことになります。

 

メーカーは値上げでも販売店は音を上げてます。

 

 

さて、本題です。

 

ノーマンの木製ブラインドの施工例です。

ノーマンは台湾本社で世界20か国に販売をして、1200億ぐらいの売り上げのある

会社です。

製造はすべて中国で日本の法人は10年前に設立されました。

 

最近、インテリア専門店のブログを読んでいて、多く紹介されるように

なってきました。 当店でも取り扱っています。

 

2017年にグッドデザイン賞をとっている桐のブラインド50ミリ巾の商品です。

大きな特徴として、桐なのですごく軽いんです。

それと日本のメーカーの木製ブラインドと違って隙間なく閉まることです。

価格も高くないです。

63ミリ巾もあります。

 

色はマッドブラックです。

 

私ブラックのウッドブラインド ♬ 私ブラックのウッドブラインド ♪♪

きりきり舞いよ きりきり舞いよ ♪♪

こんな歌がありましたっけ?

スラットに昇降コードを通す穴がないのが特徴です。(全商品)

スラットを閉めるとピタッとくっつきます。

日本のメーカーの商品はこのようになりません。

正面からみても光漏れがわかりにくいのです。

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

 

志摩観光ホテルのインテリア(3)~客室~

当店は5月4日、5日は休業しております。

5月6日(木)より通常営業をいたします。

 

志摩観光ホテルのインテリアにカーテン屋の立場で書いています。

前回の続きで、今回が3回目で客室のインテリアについてです。

 

志摩観光ホテルには宿泊施設として、クラッシックとザ・ベイスイートが

あります。

クラシックの方は古い建物なんですが、天皇陛下がご宿泊されるお部屋や

G7サミットの時にアメリカのオバマ大統領が宿泊されたお部屋があります。

 

今回、私共が宿泊したのは15年前に新しくできたザ・ベイスイートの方で

こちらは全室90㎡のスイートルームになっています。

 

客室内を歩きながら撮った動画です。

先ずはこちらをご覧ください。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

静止画はこちら

カーテンはシンプルで完全遮光の裏地がついています。

手動のカーテンレールです。

どこのメーカーかはわかりませんでした。

お風呂はニチベイの電動の木製ブラインドです。

反りまくっています。

電動の音がうるさいのが気になります。

 

 

続く

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

Wホテル大阪のインテリア(3)

先日、宿泊しましたW Hotel 大阪のインテリアについて書いています。

前回は部屋の窓装飾について書きました。

Wホテル大阪のインテリア(2)

今回は浴室の窓装飾についてです。

今年宿泊したホテルはすべて浴室には木製ブラインド風がついていましたが、

それもだんだん進歩してきています。

 

正月に宿泊した南紀白浜マリオットは こちらです。

これはほんとうの天然木でした。ニチベイの商品です。

かなり反っていました。

 

1月に宿泊した志摩観光ホテルは

こちらはまだブログに書いていません。4月~5月初めの大型連休の時に

書く予定です。

こちらもニチベイで、お風呂ですが電動で木製風の樹脂のブラインドでした。

 

W大阪もニチベイで3年前に発売されたエルフォームFR という樹脂で防炎・

耐水性に優れていて、スラットがL型になっていて遮蔽性があります。

ニチベイのデジタルカタログより

画像をクリックすると拡大します。

 

これが発売された時は、こんなのは住宅では絶対に売れないわと

思ったら、こういうホテル需要にはぴったりの商品だったのです。

 

手動で2台ついていました。

スラットがL型になっています。

昇降コードを通す穴もあいていません。

逆向きにぴたっと閉めるとけっこう遮蔽性はあります。

開くと外も見えますし、防炎で耐水性もあります。

但し、天然木ではなく樹脂です。

木製ブラインドではなく、木製風ブラインドです。

お風呂にはおススメします。

 

 

 

室内のインテリアは

↓ クローゼット

大阪の街を表した壁紙が貼られていてデジタルプリントです。

業界紙を読んでいると、毎年デジタルプリント壁紙が流行ると書かれて

いるのですが、あまり見る機会がありませんでした。

こんなところに使われていたことにちょっと感激しました。

 

次回は公共スペースのインテリアについて書きます。

Wホテル大阪のインテリア(4)

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

 

「総額表示」に関する当店の取り組みについて

今回のリニューアルした店のテーマは「体験型ショップ」で、メカ物も

窓際に移動して違いがわかるようになっています。

お客様に好評だったのは、木製ブラインドで穴ありと穴なしとラダーテープ付きの

違いを見比べて説明できたことです。

 

メカものは110点あり可動展示しています。

これを窓際に持って行くことができます。

 

 

さて、本題です。

 

消費税法63条で、商品は消費税込の総額表示が義務付けられています。

平成25年からは特例措置として免除されていましたが、その特例期間が

令和3年3月31日で終了します。

 

そのため、令和3年4月1日から消費税10%をプラスした価格の表示が

義務付けられます。

 

当店では、今回のリニューアルをきっかけに税込み価格と税抜き価格を

併記しています。

 

しかし、これは代表的なサイズの価格の一例のみで、

マトリックス価格表(タテ【丈】とヨコ【巾】のサイズによる価格表)は

税抜き価格になっています。

これは仕入先のメーカーはB toBの販売ですべて税抜き価格になっていて、

我々もお客様の見積を出す時は、メーカーの価格に基づいてだしていますので

税抜き価格で計算して、最後に消費税10%をプラスするやり方をしているためです。

 

同業の友人が税務署に聞いてくれたところによると、

税務署としては、あくまでもお客様が購入の際に混乱しなければ問題ないという

見解です。

 

「当店のカーテンはオーダー品の為、表記は税抜き表示となっております。
お客様に販売価格を提示する際は最終的に税込み表示を致します」(税務署確認済)

 

4月1日からは、この案内を店内のいたるところに表示します。

4月1日だからといってうそじゃないですよ。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

ホテルのカーテン(1)【お風呂の木製ブラインド】

今年の正月はソウルと北朝鮮に行ってきました。

そんな感じがするぐらい韓流ドラマの「愛の不時着」を部屋にこもって

全16話20時間以上観ていました。

正月は毎年近くの海外に2泊3日ぐらいで旅行していたのですが、今年は

行くことができず、和歌山の白浜の南紀白浜マリオットホテルの部屋に

巣ごもりをして、ずっと「愛の不時着」のビデオを観ていたのです。

 

この「愛の不時着」は10月に天満天神繁昌亭に桂かい枝さんの落語を

聴きに行った時に、かい枝さんが枕で「愛の不時着」にハマっていますと

言っておられたのです。

落語家がいいというので、今回すべてのビデオを借りて行きました。

 

韓流ドラマは、20年程前の「冬のソナタ」以来観ていないのですが、

めちゃくちゃハマりました。

あり得ないことが次々と起こるのです。

まだ観ていない人のために、ストーリーは書きませんが

有料サイトのネットフリックスで観られますのでおススメです。

 

タイムリーなニュースとして

ドラマ『愛の不時着』で主演を務めたヒョンビン(38才)と

ソン・イェジン(38才)の熱愛が韓国で報道されています。。

コロナと付き合っていくかも大事だと思うのです。

コロッとなって考えたら自粛ばかりしていたら経済も回っていかないの

です。

こそっとひみつ(避密)で消費活動も必要だと思っています。

昨年は海外旅行は正月の1回しかできなかったので、余っている

ポイントがいっぱいあって、それを活用していきました。

大阪からは白浜温泉までは車で2時間強で、ホテルもガラガラで

展望大浴場もジムも貸し切り状態でした。

食事はホテルでしましたが、感染防止対策は万全で、お客様も少なく

他の観光客と接する事はほとんどなかったのです。

 

私どもは、部屋でビデオを観て、食事して部屋にある温泉に入って

ジムに行ってランニングマシンで45分歩くというぐうたらな生活を

していましたがとても充実していました。

 

部屋に温泉がついています。
(部屋からの景色)

昨年末、同業者から来たメールには「ブログで勉強させてもらっています。

インテリアの話も役に立ちますが、LCCで旅行に行った話が

おもしろいです。」書かれていました。

 

旅行に絡んでホテルの窓周りの商品の話をちらっと書いておきます。

今回は部屋に温泉がついていて、そこについていた木製風の

ブラインドの話で、次は部屋のカーテンの話について書きます。

 

お風呂の木製風ブラインド

部屋に温泉風呂がありまして、そこにニチベイの木製風ブラインドが

ついていました。

木製ブラインド風といっているのは、「木製ブラインド」のカタログに

載っているのですが、実際は天然木ではなく樹脂素材のためです。

取付て3年ぐらいだと思いますが、けっこう反っています。

こういう環境の中では、絶対反りますのでそういう物だと思ってください。

 

この木製ブラインド風は「防炎製品」で耐水商品です。

ホテル等は消防法の規定で「防炎物品」を使わなければならないのですが、

この消防法が出来たのが、昭和23年で、当時は日本には木製ブラインドが

なく、「ブラインド」は防炎物品の対象外だったのです。

今も対象外で、木製ブラインドはブラインドとして扱われています。

 

防炎物品には、カーテン、布製ブラインド、暗幕、じゅうたん等があります。

 

防炎製品とは、消防法に基づく防炎物品以外の防炎品で、使用する人を

火災から守るため火災予防上防炎性能を有することが望ましいとの考えから、

消防庁等の指導により普及が図られているものです。

 

消防法の法律的には、ホテル等では防炎物品でない木製ブラインドを

使っても問題はないのですが、消防庁の指導のもとでほとんど

「防炎製品」を使われています。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

ナニックの木製ブラインド ピンからキリまで

コロナの感染者が増える傾向になってきました。

大阪でも本日は60人超えというニュースが届いています。

暑くなってくるとマスクがけっこう苦しいのです。

熱中症対策もしなければならないのです。

 

私のウイズコロナの中での熱中症対策

 

マスクはユニクロのエアリズム

首には顔向けの扇風機

服はベストタイプの空調服

ユニクロのマスク「エアリズム」は清涼感はあまりないですが、暑苦しく

なくていいです。布マスクですが、他のものと違って飛沫防止に

優れており、価格が安くていいです。

 

首からかける充電式の扇風機は昨年から流行っていますが、マスクに

向けて風が当たるのでちょうどいいのです。

 

ベストタイプの空調服。

これも充電式で2つのファンから服の中に風を送り込みますので

涼しいです。

ベストタイプが動きやすくていいです。

風で服が膨らみますのでお腹の出っ張りもわからなくていいです。

 

私はアベノマスクも愛用しています。

街でこれをつけている人をみたことがないです。

今まで安倍さん以外にみたことがないです。

だから私は愛用しています。

これを洗うとさらに小さくなります。

折り返していない下部がほつれてきます。

私、鼻が高いのですき間だらけで苦しくはないです。

しゃべると、だんだん上に上がっていき、マスクしながらコップで

水を飲むことができます。

(ユニクロのマスクは大きくて顎に引っ掛かるのでしゃべると

だんだん下がってきます。)

 

先日、アベノマスクをして人間ドッグに行ったら、受付で

マスクを変えてくださいといわれました。

「アベノマスクではダメなんですか?」というと医療用マスクを

くれました。

ヤフーニュースで安倍昭恵夫人がアベノマスクをしていないといって

叩かれていました。

 

でもね、一世帯に2枚しか支給されないのです。

安倍首相が毎日着けているので、奥さんの分はないはずなのです。

同居のこわいお姑さんもおられるのです。

夫婦で毎日着けていたら、税金で一世帯2枚しかもらえないのに

どうなっているんだと叩かれるのです。

このアベノマスクは片方の耳に引っ掛けてぶらぶらさせていても

なかなか落ちないのです。

アベさん、人気はないですがしぶといです。

 

 

 

さて、本題です。

 

木製ブラインドといえば、国内の3大メーカーしかご存じのない方が多いと

思いますが専業のメーカーとしてナニックがあります。

木製の商品に特化したメーカーです。

 

ナニックは、もとはアメリカの会社ですが今はナニックジャパンとして

すべて国内で製造しています。

 

木製ブラインドの中でも最高品質のナニックシリーズ

これは73色あり、ルーバーの幅も25㎜、35㎜、50㎜、60㎜、76㎜、82㎜

とあり、50㎜ルーバーは最大2730㎜まで1台でつくることができます。

 

国産の良質なヒノキを使ったヒノキシリーズ

 

国内メーカーと同等のGシリーズ

 

耐水性のあるウッドパーフェクト

 

防炎性能のあるFRシリーズ

そして今回7月1日発売されたのが、低価格のライトシリーズです。

これは素材はでできています。

ピンからキリまで揃っているのがナニックの木製ブラインドです。

 

この桐のライトシリーズは、シナ材(バスウッド)より30%程軽いのです。

色は15色ですが、ルーバー巾は50㎜と63㎜があって価格が同じなのです。

 

このライトシリーズに関しては、後日メーカーからオンラインの説明会が

あり、その時に詳しく説明します。

 

今回、私がおススメするのが63㎜幅ルーバーの木製ブラインドです。

この商品は、ナニックのナニックシリーズとライトシリーズにしか

ありません。

しかも、価格はナニックシリーズも昨年秋から50㎜幅と同じになりました。

 

ナニックシリーズの60㎜幅ルーバーの施工例です。

商品名が60㎜幅となっているのですが、実際は63㎜あります。

 

羽根の幅が実質63㎜あります。

そうすると平行にしたときに50㎜ぐらいの隙間ができます。

風通しがいいのです。

 

上の施工例写真はナニックシリーズの63㎜ですが、今回発売に

なったライトシリーズの63㎜幅は

W1800mm×H1800mmで定価60000円(税別)で

たいへんお安くなっています。

 

63㎜幅の木製ブラインド おススメです。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ