縫製

1.5倍使いで1つ山と2つ山の違い

昨日のブログの続きです。

北側の窓は腰窓だったのでレース1.5倍使いで部屋側、ドレープはシェードに

しました。

南側の窓はカーテンボックスの高さが256㎝で幅も364㎝ある大きな窓と176㎝の

掃き出しの窓があります。

両方とも両開きのカーテンでレースが手前(室内側)です。【フロントレース】

レース、ドレープとも1.5倍使いですが、お客様の希望により、

手前のレースは1.5倍使いの1つ山、窓側のドレープは1.5倍使いの2つ山にしています。

 

手前のレースは1つ山で、ヒダ間隔は12~3㎝ぐらいです。

ウエーブは小さく細かいのです。

 

 

ドレープは同じボリューム感ですが、1.5倍使いの2つ山です。

ヒダ間隔は15センチ前後です。

どっちがいいとか悪いとかの問題ではなく好みだと思います。

 

両方とも簡易型の形態安定加工をしていますので、ウエーブはきれいに

でます。

レースはフェデポリマーブルのバカラ03

ドレープはインハウスIH489 05

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

タテ使いレースの裾ウエイトロック

明日が総選挙です。

私はすでに期日前投票を済ませています。

日曜日は仕事で、いつも朝は6時過ぎに出勤しているため、期日前投票を

よくやります。

今回は投票日前の6日間は夜の9時までやっていましたので、10月26日の

夜の8時半ごろに行きました。

けっこう人が多かったことにびっくりしました。

 

さて、本題です。

 

今まで何回もブログに書いていることなんですが、レースの裾ウエイトロックに

関してです。

 

レースの裾の仕上げ方法は、一般的には10㎝の折り返しでその部分は

3重になります。

ヨコ使いの生地に関しては、裾を折り返さないでウエイトロックに

する事が多いです。

 

ウエイトロックも一般的にウーリー糸でウエイトを巻くやり方です。

糸の色は端から端まで同じ色になります。

 

当店では本縫いウエイト巻きロックというやり方で、生地でウエイトを

巻き込んで縫うやり方でやっています。

 

生地を巻き込んでいますので、色の付いているところは、裾までその色に

なります。

生地を巻き込んでいますので丈夫でウエイトが落ちるということは

ありません。

 

タテ使いの生地にもできるんです。

タテ使いの生地には、裾のウエイトロックはあまりしません。

フジエテキスタイルは3㎝の折り返しの「ショートヘム」というやり方を

しています。

例えば、フジエの生地ではないですがショートヘムは

マリメッコの生地です。

裾を3㎝で折り返すと柄が重なります。

アクセントにはなりますので、こういうのも好みです。

 

 

当店のタテ使いの生地の裾の本縫いウエイト巻きロックの施工例です。

フジエテキスタイルのFA1646WHです。150㎝幅 リピート18㎝

本縫いウエイト巻きロックをしています。

幅継ぎのところもきれいにいきます。

裏からみたところです。

タテ使いの生地でこれを裾で折り返しをすると、柄が三重に重なって

ごちゃごちゃすると思うのです。

 

 

 

もう一例

 

フジエテキスタイルのFA1641MVです。150㎝幅 リピート86㎝

↑ 幅継ぎ部分の本縫いウエイト巻きロック(表側)

↓ 裏からみたところ

こういう生地は裾は折り返さない方がきれいと私は思っています。

そう思って当店では20年以上前からタテ使いの生地でも裾は

本縫いウエイト巻きロックをしています。

 

柄の有るレースは裾を折り返さない方がきれいと思っていたのは

私だけではなく、住宅メーカーのインテリアアドバイザーもそのように

思っていたらしく、その要望に応えるべく、この度川島織物セルコンが

住宅メーカー用に出した見本帳には「タテ使いウエイトテープ」という

縫製仕様ができました。

 

見本帳には但し書きがしてあります。

※ タテ使いウエイトでは、生地によって幅継ぎ部分でウエイト巻きの

割れ、太さムラ、スソの波打ちが生じることがあります。

 

従来と同じウーリー糸でウエイトを巻き込むやり方とのことです。

 

当店のおススメは本縫いウエイト巻きロックです。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

1.5倍使いの1つ山カーテン

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。

2週間程ブログを書かなかったら「コロナに感染されているんですか」と

心配していただける人もいるのです。

私は、今のところ感染はしていませんが、コロナがだんだん近づいてきたと

いう感じがします。

今までは周りに感染した人がいなかったのですが、最近は知っている人で

感染した人が出てきました。

早く元通りの生活が戻ってくることをお祈りします。

 

 

 

さて、本題です。

 

すごくインテリアにこだわっておられるお客様で、部屋のインテリアを

自分でされていて、厚手のカーテンもリネンの生地で自分で縫製されて

つけておられました。

壁紙もご自身で施工されました。

 

当店はリビングのレースと寝室の遮熱レース(クールシフォン)の納品

だけだったのですが、あまりにもすばらしいインテリアだったので

お客様の了解を得て写真をアップさせていただきます。

 

当店の納品はレースだけです。

 

生地はフジエテキスタイルのPF1452COで、お客様がショールームに行って

選らんでこられました。

私のブログをよく読んで頂いているようで、お客様の方から

「1.5倍使いの1つ山でお願いしたいのです。」とおっしゃるのです。

 

最近、別のお客様も「1.5倍で1つ山」とおっしゃった方がおられたので、

当店の店内展示サンプルで説明しておきます。

 

2倍使いというのはカーテンの上部の幅に対して、ヒダをとって

裾の幅を約2倍の長さにすることをいいます。

この場合は、ヒダ山を3つ山にする事が多いです。

 

1.5倍使いというのは、カーテンの上部の幅に対して、裾の幅を

約1.5倍の長さにすることをいいます。

この場合、2つ山にすることが多いです。

(店内の縫製の違いがわかるサンプル:糸はわかるように赤い糸を使っています。)

2つ山にするとヒダ山とヒダ山の間隔があきまして、だいたい15㎝前後に

なります。

同じ1.5倍使いでも1つ山にすると、ヒダ山とヒダ山との間隔が2倍使いと

同じぐらいの12~13cmぐらいになります。

 

こちらの方が納まりとしてきれいになるのではと私は思っています。

 

お客様の要望で1.5倍使いの1つ山にした施工例は

 

 

お客様には満足をいただけたようで、あとからお礼のメールがいただきました。

こういうのはほんとにうれしいです。

ありがとうございます。

 

カーテン夢工房の皆さま

 

 

先日はレースカーテンを届けて取り付けまでしていただきありがとうございます。

納得の行くまで探したレースカーテンは我が家のフラットカーテンや壁の色とも

よく合っていて、とてもいいも買い物をすることができました。

遠目ではマットのように見えて、照明や日光に当たると光るなどとても

表情豊かです。

 

クールシフォンをつけた寝室も昼間の暑さが少しマシになったような気が

してます。

それ以上に生地が清々しいので窓を磨かねば、という気持ちになります。

 

リビングのレースカーテンに当初はそんなこだわりはありませんでした。

ドレープカーテンを自作したことでわたしの中でリビングは完成して

いましたので家族に言われて仕方なくレースをつける、というような

気持ちでした。

 

ですが初めてお店にアポ無しで伺った時、○○さんにスミノエの

ブラウンのネットのような生地を見せて頂いたことがきっかけで、

レースカーテンの世界の奥深さを知り、レース選びが楽しくなりました。

 

社長さんのブログのおかげでカーテンに対する造詣が深くなった気さえしますし、

〇〇さんはわたしの決めた生地の作り手の話をしてくださいました。

ショールームの方よりも知識をお持ちなのではないかと思うくらい!

 

ひとまず我が家のカーテンはこれで一旦終了ですが、

いずれまたお願いすることがあると思いますのでその時はどうぞよろしく

お願いします。

次は無双縫製でドレープカーテンかなーと妄想しております。

 

クリーニングをお願いするときはまた連絡します。

どうもありがとうございました。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

カーテンには幅継ぎが入ります。

今朝、得意先から「お客様からの指摘で生地が途中で継いでいる形になって

います。販売店としては通常の納まりですか。」というメールが入っていました。

また、ポータブルサイトから営業電話があって、会話の中で「オーダーカーテンって

サイズがオーダーできるということですか」というのがありました。

 

私は、この業界にどっぷりつかっていますので、上記の問い合わせなんかは

「そんなの普通じゃん」と思ってしまうのですが、カーテンをオーダーする

人がまだまだ少ないのかエンドユーザーがそうした疑問を持っておられることに

きちんと説明をしていかなければならないと思いました。

 

オーダーカーテンは一般的に幅継ぎが入ります。

 

カーテン用の生地の幅は150㎝か100㎝が多くて、2倍使いで

幅200㎝の両開きのカーテンを作るとします。

これだと片開き100㎝幅のカーテンが2枚になります。

片開き100㎝の2倍使いだと、計算上はヨコに200㎝の生地が必要で

100㎝幅の生地ならば2枚幅継ぎをしなければなりません。

150㎝幅の生地ならば1枚と半分幅継ぎをしなければならないのです。

 

上の絵でいうとタテ使いの生地のことです。

ホームページはこちら

 

当店店内の展示サンプルでも幅継ぎしたものを用意しています。

150㎝幅のレース生地ですが、敢えて説明するために幅継ぎサンプルを

つくっています。

左のサンプルは巾継ぎが入りません。

これは、300㎝幅で横に使う商品なんです。

 

特にレースに関しては、ヨコ使いの商品も多くて、商品ごとに

幅継ぎが入るか否かの説明をしています。

そうすると、多くの人が幅継ぎの入らない商品がいいといわれます。

 

幅継ぎが入ると安物みたいに思われて、既製カーテンみたいだと

いわれるのですが、既製カーテンこそ幅継ぎが入らないものが

たくさん販売されているのです。

 

既製カーテンの袋物は片開き100㎝幅の2枚セットで1間(いっけん)の窓用と

いうのが多いのです。

これは150㎝幅の生地を1,5倍使いにして100㎝幅のカーテンを作っています。

そのため、この2セットは巾継ぎが入っていません。

オーダーは一般的に幅継ぎが入ります。

 

 

ご存じですか?

超高級のオーダースーツでも幅継ぎがはいるんですよ。

背中のど真ん中で継いでいます。

中には、背中分を1枚でとるという方法もありますが、、、、

 

 

レースは巾継ぎが入ると室内側からみえるので嫌がる人も多いのですが、

ドレープ(厚手)のカーテンはほとんど幅継ぎが入ります。

これは室内からはみえにくいのであまり気にされません。

それでもドレープ(厚手)も幅継ぎが入るのが嫌という人も

おられます。

幅の大きな窓ならば、幅継ぎの無いカーテンはウエーブもきれいにでますので

なかなかいいのですが、国内メーカーの商品ではほとんどないのです。

織機はあっても、保管しておくのがたいへんだからです。

 

当店ではタイのパサヤの生地で幅継ぎのないドレープ(厚手)カーテンも

たくさん展示しています。

 

展示サンプルはほとんどが幅50㎝ぐらいでつくっていますので幅継ぎは

ないのですが、190㎝幅のプレーンシェードには幅継ぎ無しの商品を使って

います。

充電式の電動プレーンシェードです。

(コンセントがなくてもリモコン操作で動きます。)

150㎝幅の生地ならば、真ん中で幅継ぎをするのが一般的ですが、

この商品は巾継ぎがありません。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

 

このブログのトップ

 

超音波ミシンでつくった3段切り替えカーテン

2020年11月23日にお亡くなりなられた元上司の株式会社サンゲツの

日比祐市特別顧問の遥拝所が11月30日に関西支社に設けられたのでお別れに

行ってきました。

私は株式会社サンゲツには5年間しか在籍していなかったのですが、2年間は

東京店で所属長をしていましたので直接指導を受けました。

独立した時にはお手紙をいただきました。

(画像はクリックすると拡大します。)

「事業は儲けようという気持ちが強くては駄目だ。それは自然に儲かるように

ならなければならない。いな、自然に儲かる正業こそ本当の企業なのである。」と

いう言葉がありますが、これはつまり、世間・顧客の支持によって、無理を

しないでも面白いように利益が増えていくような状況になれということです。

事業は時流にのり、人の心をつかんだ時に面白いように儲かるものです。

 

儲けることが下手ですが、手紙を読み返していろいろとご指導いただいた

ことを思い出しています。

そのひとつに、「年始の挨拶は一番大きいところ、今年力を入れたいところには

初日の午前中に行きなさい。行く順番を間違わないように。年始の挨拶は松の内に

行くように」というのがありました。

それを思い出して初日の午前中に行ってきました。

 

昭和の時代の話で、今はメール送って、実際に年始の挨拶に行くことは

少ないのですが、逆の立場になると、いの一番に来られたらうれしいものです。

 

行く順番を間違わないようにというのは今でもよく覚えています。

当時、東京都立川市に大手の代理店の本社があり、八王子に都内の大手代理店の

支店があって、効率を考えれば八王子に先に行ってから都内に戻るような順番に

した方がたくさん回れるのです。

でも、それはダメで、本店の方に先に行きなさいということでした。

 

松の内とは1月7日までで、「松飾り」も7日までで、年賀状の新年の

挨拶も7日までです。そのあとは「寒中お見舞い」になります。

そのため、1月7日までに出来るだけ多くの得意先に挨拶回りを

しなければなりません。

 

独立して業者の立場になって、仕入先やメーカーは7日までに年始挨拶に

くるものだと思っていたのですが、こちらの仕入れが少ないからかあまり

こないのです。

なぜかなとおもったら関西の松の内は1月15日までだったのです。

 

あなたを待つのも松の内

 

 

さて、本題です。

 

吊替えの現場施工例です。

コロナ禍で、家に居ることが多くなり、5月以降カーテンの吊り替えやクリーニングが

増えましたが、GoTo キャンペーンが浸透してくると遊びや食に投資するように

なり、「住」にお金が回って来なくなりカーテンの吊り替えもガクッと落ちました。

最近は、株高により、当店のお客様は中小企業のオーナーが多いせいか、吊替えが

多くなってきました。

 

今年はコロナに追われた1年でしたが、いやな1年を忘れて新たな1年を迎えるために

カーテンの吊り替えをしましょう。

 

ドレープの3段切り替えをしました。

 

マナトレーディングのソワの24番色、12番色、30番色をタテに

つないでいます。

切り替えの位置は壁面によって変えています。

 

切り替え部分は超音波ミシンで縫っています。

超音波ミシンがないとインターロックミシンになるのですが、そうすると

生地の縫い合わせが1㎝ほど重なり、それが影となって色が濃くなり、

5段切り替えのようになります。

裾は3㎝の折り返しにして、ラインのようにしています。

(同じ生地ですが色が濃くなっています。)

 

スタイルは1.3倍使いのフラットですが、ナチュラルなウエーブをだす

ために、ピッチキープコードを使っています。

1つ飛ばしでピッチキープコードを取り付けることによって山の方に

くる方は一定間隔になりウエーブができます。

谷に来る方はフリーにすることによって、ピッチコードの計算をする必要が

なく簡単なんです。

 

均等のきれいなウエーブにはなりませんが、自然な感じの1.3倍フラットに

なります。

ピッチキープコードをつけなければ、開閉するたびに先頭がフラットに

なり、ウエーブが偏るのです。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

プレーンシェードの下からの柄合わせ

10月になりました。

10月1日から新しくなったものや新たに加わったものがたくさんあります。

GoToトラベルキャンペーンに東京も適応になり、地域共通クーポン券も

利用できるようなりました。

私が一番びっくりしたことは10月1日から日本航空が機内などで英語で

アナウンスをする際に使ってきたおなじみの「ladies and gentlemen」と

いう呼びかけが、1日から性別を前提にしない表現に変わったことです。

新たに使う性別を前提にしない英語のアナウンスの表現は

「Attention,all passengers」や「Good morning,everyone」などです。

 

どういうことかよく理解できなかったのですが、世の中は男性と女性を

前提としたものではなく、LGBTQの人たちに配慮すべきとのことらしい

のです。

 

小難しい世の中になってきましたが、カーテン屋のこむずかしい話を

ひとつ。

ほとんどの人がなんとも思っていないことですが、私のこだわりです。

 

リビングの同じ面に大きさの違う窓が2つあります。

この窓は幅は違うのですが、高さも少し違うのです。

窓の形状が違うためです。

この窓に、柄の有る(リピートのある)生地でプレーンシェードを

窓枠内側に取り付けることになりました。

 

2台別々のプレーンシェードの柄のラインを揃えるには、シェードを

下から柄合わせをして縫うことなんです。

 

一般的には窓の上の位置の高さが同じで掃き出し窓や腰窓がある

場合が多いのです。

その場合はプレーンシェードの取付高さが同じなので、シェードは

上から柄合わせをした方が見た目がきれいのです。

上にあげた時の柄が同じになるからです。

 

以前にブログに書きましたが、メーカー縫製でプレーンシェードは

上から柄合わせで縫うのか、下から柄合わせで縫うのかを調べました。

2019年の8月23日のブログ

カーテンは上から縫うの?下から縫うの?

上から縫製をしていると答えたのは、川島織物セルコン、マナ、リリカラの

3社だけです。

五洋インテックス、スミノエ、アスワン、サンゲツ、フジエテキスタイルの

5社はカーテンと同じように下から柄合わせをして縫っているというのです。

 

当店はプレーンシェードは通常は上から縫っています。

上の取付高さが違う場合は、指示をして下から縫っています。

 

 

私が現場に行って写真を撮ったのではなく、施工担当者が撮ったもので

意図することがうまく撮れていません。

裾の柄があっています。

上の柄は合っていません。

 

 

縫製のやり方で、これが正解というのはないですが、プレーンシェードの

メーカー縫製で下から縫うのが5社で上から縫うのが3社というのは

当店は上から縫っているだけにちょっとびっくりしまいた。

住宅メーカーの縫製をたくさんしている川島織物セルコンは

上から縫っていて、ほとんどのケースで問題はないのですが、

このようなケースでは指示をしなければ見た目の柄が揃いません。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

1つ山かフラットカーテンか

日本経済新聞、9月の私の履歴書はアート引越センター、寺田千代乃

アートコーポレーション名誉会長が書かれています。

(画像をクリックすると拡大して読めます)

寺田千代乃さんはインテリア業界出身なんです。

その話が9月4日に掲載されていました。

中学卒業後、大阪府和泉市にあるインテリアショップで働いて

おられました。

 

その話は知り合いのセルコン(現在の川島織物セルコン)OBから

聞いていまして、当時(50年程前)そのインテリアショップに

「販売力がある若い女性がいる」というのは有名な話だったようです。

それが寺田千代乃さんだったのです。

インテリアショップでの経験を「自分の工夫で商品が売れ、喜んでもらえる。

その充実感やうれしさが次のエネルギーになる。

今思えばやりたい仕事の原点はこんな経験にあったような気がする。」と

書かれています。

 

まだ新聞には載っていませんが、寺田千代乃さんの話で覚えていることは

引っ越し業を始められた時に、独身寮のお風呂に「アート引越センター」と

印字された鏡を無償でたくさん提供されたという逸話です。

 

独身寮に住んでいる人は近い将来必ず引っ越しをするので、その時に

「アート引越センター」の名前を思い出してもらうためとのことです。

 

先を考えたすごい発想だなと思います。

 

そうやって名前を売っていくのですね。

 

この話にヒントを得て、私は会社の近所で買い物をする時は必ず店名の

「カーテン夢工房」で領収書をもらうようにしています。

会社名の「株式会社グローバルテン」ではご近所ではどなたもご存じないのです。

領収書をもらうことによって、店名を覚えていただきアピールするのです。

 

さて、本題です。

 

先日、リリカラが主催するオンラインセミナーがあり、カーテン業界では

たいへん有名な西垣ヒデキさんと越川洋平さんがウイリアムモリスに関して

施工例の説明をされていたのを拝聴しました。

 

最近、リリカラはオンラインセミナーに力を入れており、何度か

トラブルに巻き込まれながらノウハウを蓄積してきました。

 

その中で、越川さんのカーテンの吊り方で「1つ山」の施工例があり、

これに対して西垣さんが「越川さんは1つ山が好きだよね」と言っておられました。

西垣さんは「フラット派」とのことです。

 

 

カーテンの吊り元の話です。

ヒダを取らないのを「フラット」といいます。

そのフラットにも、生地を少し多めにする1.1倍フラット、1,2倍フラット

1,3倍フラット、1,5倍フラットなどがあります。

 

ヒダを取る場合は1.2倍~1.5倍までで 1つ山

1.5倍~2.0倍で   2つ山

2倍~3倍 で   3つ山

 

今回、オンラインセミナーで話題になっていたのは1.2倍~3倍にするときの

話です。

私も、越川さんのこの施工例のケースでしたらヒダを取って1つ山にする

事をおすすめます。

 

1つ山の施工例(ポリエステル100%の遮光1級の生地)

 

 

 

上の写真の施工例は150㎝幅の生地を2幅継いで片開きで幅235㎝のカーテンを

つくっています。 計算上は1.27倍になっています。

実際は両サイドの折り返し分の生地をマイナスすると1.2倍使いぐらいです。

形態安定加工をしています。

 

私が1つ山をすすめるのはカーテンを開ける時に、ヒダを取っている方が

納まりがきれいだからです。

 

ヒダを取らないと開けた時にきれいにたたまれないので広がるのです。

西垣さんはピシッとしたものよりざっくり感が好きと言っておられました。

 

私の考えは、

1)開閉をよくするのであればヒダ山を取った方がいい。

2)ポリエステルのような化学繊維ならばヒダ山を取る。

3)綿や麻などの天然素材はフラットの方がいい。

 

結論としては、カーテンのヒダの取り方に正解はありません。

お好み次第ということです。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ