縫製

プレーンシェードリング付きテープの縫い方の違い(動画)

日本郵政の方が営業にお見えになります。民間企業なので当たり前といえば当たり前ですが、ここ1ヶ月で何回も見えています。

年賀状の購入の依頼です。私どもは毎年同じ営業から数千枚買っていて、今年も買いますからといっているのですが、不安げのようで早く枚数を確定してほしがっておられます。

1人10万枚販売しなければならずノルマが厳しいようなのです。

それよりもちょっと驚いたのは、顧客へのDMの送付を今、くろねこヤマトのメール便を使っているならば、郵便料を安くするから使ってほしいといわれたことです。私どもは、佐川急便のゆうメールを使っていて、郵政公社からの郵送になっているのでとりあってくれなかったですが、今までの守りの姿勢から攻めに転じていました。

さて、本題です。

11月1日より、トーソーはプレーンシェードのリング付きテープの縫い方を変更して、従来は下から縫っていたのを上から縫うようになりました。(トーソーのメカを使っているところがすべてそのようになったのではなく、トーソーがマイメードという形で縫製を請けている分に関してですので誤解のないようにお願いします。)

これは、どういうことかといいますととまずは過去のブログをお読みください。

2009年6月7日のブログ「プレーンシェード リングの縫いつけ上から下から
https://curtainkyaku.com/blog/51953990.html

2009年6月8日のブログ「プレーンシェード各メーカーの仕様]
https://curtainkyaku.com/blog/51954741.html

そこで、リング付きテープの縫い方でみえ具合が違うという実験をしてみました。
サイズは59×160センチで生地はフジエFA2024GYで、トーソーのドラム式のメカをつかっています。

1)20センチピッチのリング付きテープを上から縫っています。
2)均等ピッチ仕様(当店の標準仕様)
3)20センチピッチのリング付きテープを下から縫っています。

この商品は、川島織物セルコンが住宅メーカーの縫製を請けており、住宅メーカーの指示は厚手の生地に裏地付きで1台でつくるのだったのですが、川島織物セルコンは厚手の生地と、裏地とバラバラに2台つくった分が3窓あります。

間違ったその商品を川島織物セルコンが引き取りに来ないでずっと置き放しになっているので、こちらの方でユーザーに川島織物セルコンの縫製のPRのために活用させていただいています。

そのため、3)の20センチピッチのリング付きテープを下から縫っている商品は純正の川島織物セルコンの縫製になっています。

1)と2)は当店の方で生地を購入して、同じ仕様(トーソーメカ仕様)でつくりました。

下の写真の左より1)2)3)です。
CIMG3256

1)の20センチピッチのリング付きテープを上から縫う仕様というのは、従来はメーカーとしてはタチカワがやっていまして、今月よりトーソーがするようになった仕様です。
これを当店では今後タチカワ・トーソー仕様と呼ぶようにしました。下の写真

CIMG3257

CIMG3250CIMG3251

CIMG3253CIMG3263

上から20センチ間隔のリングがついたテープを縫っていきます。そのため一番下だけがピッチが違います。

これは一番上に上げた時のウエーブがきれいに揃います。問題点は
腰窓や掃き出しの窓があり、丈が違うものを同じ部屋に取り付けた時に、少し上げた時の見え方が違います。上にあがると隠れます。

2番目が当店の標準縫製仕様です。

CIMG3258

CIMG3247CIMG3252

CIMG3254CIMG3262

これはテープを先に縫い付けてリングを後から均等割りにして差し込みます。
この場合は丈が160センチで、上下8センチを除いて均等の21.7センチピッチになっています。

手間暇がかかっているだけに見た目はきれいと思っています。

絵を描いてホームページで説明するのがうまくないので、同業者ですがインテリアクレールさんのホームページ(←ここをクリック)をご覧ください。同じ加工所で縫製していますので同じ仕様です。
わかりやすいと思います。

インテリアクレールの篠田さんは同じ釜の飯を食った先輩で、サンゲツの日比社長から「いいものは世に知らしめる義務がある」と教わった同志です。
私どもは営業テリトリーでしか販売をしていませんので、ネットでご購入希望の方はインテリアクレールさんにご相談ください。

3番目は下からリング付きテープを縫う仕様です。

CIMG3259

CIMG3246CIMG3252

CIMG3255CIMG3261

ほとんどのファブリックのメーカーが今はこの仕様です。
この縫製は川島織物セルコンの純正縫製で、カワシマは住宅メーカーでのシェアが圧倒的なので、当店ではこれをカワシマ仕様と呼んでいます。

リング付きテープを下から縫っていくやり方で20センチ間隔でリングが付き、一番上の最後のピッチが他と違ってきます。

丈が違う窓が同じ部屋にあっても、最初のあがり方は同じで揃っています。
問題点は一番上に上げた時にひとつだけウエーブが違うということです。

下での美しさをとるか、上の最後の美しさをとるかは各社考え方の違いがあると思います。
川島織物セルコンは「大きな波が来ていても最後はピンと立っていたい」という思いのこもった縫製になっているんだと思います。

【注釈】川島織物セルコンの縫製では、最後のピッチが10センチ以下になった場合は、リングに通さない仕様になっています。そのため、逆に最後のピッチだけが大きくなるケースもあります。

私は、最後にピンとはねて残るやり方は好きではないのです。
なんか残尿感があるようなんです。当店は上でも下でも美しいウエーブになるように均等ピッチにしています。

余談ですが、最近年をとりましてなんかおしっこの切れがよくないのです。残尿感がありまして、会社にざんにょう手当を出してというと、何言ってのん、あんた社長やろ、残業手当なんかでるわけないやんといわれました。 余談余談。。

どうでもいいが動画で確認ください。
左がタチカワ・トーソー仕様、真ん中が当店の標準仕様、右がカワシマ仕様です。
まん中の三角を押すと動画がスタートします。私の音声付です。

当店ではエンドユーザーのお好みに合わせて、上からリング付きテープを縫うタチカワ・トーソー方式も、下から縫うカワシマ方式も対応しております。メーカー縫製が好まれる方はメーカーにも縫製を出します。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

裾のウエイトロックを直しました。

毎週週末に仕入れ先から、欠品情報とともに役に立つ話が書かれているエッセイがファックスで送られてきます。

そこに書いてあった話です。

いま居酒屋でランキングトップの人気ビールは何か

「スーパードライ」?「プレミアムモルツ」?それとも「ラガー」?全部ハズレ。圧倒的人気を誇るのはかの有名な「とりあえずビール」。だってみなさんもオーダーしませんか?

「お飲み物は何にしますか?」と店員に聞かれて、「うーん。とりあえずビール」と

これは、仕事関係の人達で飲む会での「とりあえずビール」は組織的一体感を醸成するための協調的作業であると同時に、仲間意識や連帯感を確認し合うための儀礼であり、また、横並び文化の象徴でもあるらしいのです。

これが日本人のいいところでもあり、悪いところでもあります。今回の政権交代でも、国民の「とりあえず民主党に任せてみようか」という意識が働いたと思います。

とりあえず」は結局は「決断の先送り」であって、仕事においてはツケが回ってこないうちにこういう意識から脱却しまければならない時期がきているように思います。

さて本題です。

当店で縫製したものでないレースのウエイトロックがほつれをなおしてほしいという依頼がありました。

PAP_0012

PAP_0010PAP_0011

これは、レースのウエイトロックといいまして、よくやる仕様です。
ウエイトの上の部分がウエイトの重さでほつれてきています。

当店の縫製ではない場合は、補修だけはあまりやらないのですが、他の仕事をいただいていたのと、このレースが少し長めにつくられていて、上の部分でフックを上げることによって2.5センチ調整が可能だったので引き受けました。

当店では、このやり方ではなく「本縫いウエイト巻きロック」というやり方でやっています。

詳しくは、先に2009年1月26日のブログ「オーダーカーテンの縫製へのこだわり③」をお読みください。

091009_0856~02

これが当店の「本縫いウエイト巻きロック」というやり方です。

ウエイトテープを生地で巻きこんでウエイトの上を本縫いで縫っています。

091009_0857~01
091009_0856~01

SH380107

レース手前吊りです。

CIMG2973CIMG2974

上の写真は机の上に置いて写真を撮ったもので、左側は表で、右側は裏側です。

このやり方だと、洗濯してもほつれることはありません。
今回は、最初に出来上がっていたレースが2.5センチ長くて上の方で調整されていたからこのようにできました。

今までのウエイトロックがほつれたからといって直すとなると、現状より3センチ以上短くなります。

そのため、ウエイトロックをする場合は、初めから「本縫いウエイト巻きロック」でお願いするといいです。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 


10月14日(水)13時よりカーテン夢工房大阪店で、消費者向けのインテリアセミナーを開催します。詳しくは 
こちら(←クリック)をご覧ください。


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

こだわりの無双縫い仕立てをリーズナブルに

中秋の名月

月々に月観る月は多けれど月観る月はこの月の月

今日は中秋の名月ですが、先程空を眺めていましたが残念ながら大阪ではお月さんがみることができませんでした。

事務所に戻って机をみると月末締めの仕入先からの請求書をいっぱい置いてありました。

月々にツケ見る月は多けれど、払える月はこの次の次

ほんまにもう~  

さて、本題です。

無双仕立てのカーテンを上海で縫製することによってリーズナブルにしました。

無双仕立て(無双縫い)に関しては2009年7月30日のブログ「無双縫製」をお読みください。

その時は、カーテンでの無双縫製は裏地を付ける時に両端は表側を3センチ裏側に廻して袋縫いをするのをいい、当店では両端を完全に袋縫いして裏表同じようにするのを当店ではリバーシブル仕様といっていると書きました。

その後、いろいろ調べたりアスワンから指摘をいただいたりしたところによりますと、当店でいうリバーシブル仕様のことを無双縫製という方が正しいということがわかりました。

7月30日のブログに書きましたフィスバの生地での裏地付き縫製は、今後は「最高級裏地付き仕様」ということにします。

そのため、今後はリバーシブル仕様のことを無双縫製と呼ぶようにしました。

CIMG2948

耳の部分を完全袋縫いした裏地仕様です。

CIMG2947CIMG2946

CIMG2941CIMG2944

上の写真の左側は机においた裏側の状態です。

右の写真は耳の部分を下から覗いた状態です。

CIMG2943CIMG2942

上の左側の写真はカーテンの表側で右側の写真は裏側です。同じよう見えるようにするのが本来の意味の「無双」なのです。

間仕切りにする場合はこのような無双縫製にするときれいです。
上部を除いて表からみても裏からみても同じようにみえます。

CIMG2939この生地が8色ありまして組み合わせ自由で、表地として裏地として無双縫いして形状記憶加工をします。

裏表同じ生地でも出来ます。

濃いめの生地を組み合わせると遮光2級になります。

薄めの柔らかい生地でかさばりません。

価格は2倍使い形状記憶加工付き無双縫製で
巾200×丈260で27300円(税込)

1.5倍使い形状記憶加工付き無双縫製で
巾200×丈260で20475円(税込)

生地は300巾の横づかいのため巾継ぎは入りません。1.5倍でもきれなウエーブになります。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

10月14日(水)13時よりカーテン夢工房大阪店で、消費者向けのインテリアセミナーを開催します。詳しくは こちらをご覧ください。

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 

フィスバ縫製の梱包

今日は二十四節気でいう処暑

旺盛な太陽も次第に衰え、暑熱も退く」と言う意味で処暑といい、天地が清く爽やかとなるということのようです。今日の大阪はまさにそんな日でした。

さて、本題です。

オーダーカーテンのメーカー縫製で「きれい」と言われているのがフィスバです。
皆様はあまりフィスバ縫製をみることは少ないと思いますのでご紹介します。私どもは基本的には自社縫製をしておりますが、お客様の要望があるときはメーカー縫製もします。

フィスバ縫製に関しては以前にも書いていますのでこちらもご覧ください。

フィスバ縫製は何がすごいかというと、まず梱包がすごいのです。
以前、「メーカー縫製の美しさは、その梱包のゴミの量と比例する」と書いたことがありますが、まさにそれなのです。

CIMG2614

丁寧な梱包で2箱送られてきました。縫製はタイでしています。

小さい箱を先に開けてみました。

CIMG2615
ていねいにビニールで包まれています。

CIMG2616あれれ

CIMG2617実はタッセル4本入っていたのです。

CIMG2618「なんじゃ」というなかれ!

実は1本15800円(税抜き}するタッセルが4本です。

もう1つの箱です。

CIMG2619CIMG2620

こちらはカーテンです。

CIMG2621フィスバの2年間の保証書もついています。

商品はバラード13875-501です。

組成はレーヨン60%ポリエステル35%ナイロン5%で320巾の横使い商品でmあたり45000円します。

お客様のところに持って行く前に社内で検品してみました。

CIMG2622

CIMG2623

以前は、折り曲げているところにも筒状の紙管が入っていたのですが、この分には入っていませんでした。

そのため、折り曲がっていたところにしっかりと折りじわがついてしまってます。

この商品はレーヨンが入っていて、プリーツたたみをするとはっきりくっきり線がでて、ウエーブが鋭角になります。

30年ぐらい前にフィスバをオーダーされた消費者の中には、今でも「カーテンはやっぱりフィスバじゃなきゃ」と思っている方がたくさんおられるし、「フィスバ縫製こそ1バン」だと思っている業者もおられるし、フィスバ縫製を批判的に書くと今後取引をしていただけないかもしれないという不安の中であえて書きます。

30年ぐらい前、フィスバの縫製はとび抜けてました。
当時はこんなにきれいに梱包して、カーテンを大切に扱っているメーカー縫製がなかったのです。

でも、今は各メーカーの縫製レベルは数段良くなりました。

今でも、、ハギ合わせ(巾継ぎ)を必ずヒダ山のふもとに持ってくるというフィスバ縫製でしかできない技術はあります。このブログを参考にしてください。

梱包に関しては、タイから送られてくるので仕方がないのかもしれませんが、組成にあわせて考えるべきではないかと思っています。ひじょうに高い商品なのですから、商品にあわせてそれぞれの包み方をしなければなりません。レーヨンの入った商品をスネーク(へび)のようにしてぎゅうぎゅう詰めしたらシワがいっぱいついて、吊った時にきれいでないのです。

オーダーカーテンは吊ってはじめて商品です。

吊ったとき、お客さんが「わ~きれい」と感動されるものでないと高額の商品の価値がないのです。

090702_1136~0001
これはシンコール(大阪はシンコー株式会社)のオーダーカーテンの梱包です。

展示会の時に許可を得て撮らせてもらいました。実用新案か特許をとっているらしいのです。

業界ではシンコールの縫製のレベルはけっして高いとは言われていませんが、この梱包の気遣いはすごいと思っています。

フィスバのタイ案です。

今日のブログは役にたちましたか はい、クリックにほんブログ村 インテリアブログへ


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


ブログのトップ

 

 

 

 

 

織物研究会

無双縫製(むそうほうせい)

無双縫製ってカーテン業界ではよく使う言葉だと思っていたら、インターネットで検索するとアスワンの縫製を説明しているものと、私のブログしか出てこなかったのです。

たぶん、固有名詞ではなく、一般名詞として通じると思いますので説明します。
「無双」の意味は?並ぶものが二つとないこと?衣服の裏と表を同じ布で仕立てること と載っていました。

カーテンの縫製では、リバーシブル仕様という裏側の3方を縫ってひっくり返して、表から見ても裏から見ても同じように見えるようにする(上部は別)のがありますが、当店の場合は、裏地をつける場合に「無双縫製」という言い方をしています。
リバーシブル仕様も無双縫製ですが、当店では分けています。)

無双縫製では裏地をつけるときに、両端は表側を3センチ裏側に回して袋縫いをして、下部は別縫製で開くようにしてます。

CIMG2476CIMG2479

縫うときの写真があれば分かりやすいのですが、上の左側の写真は裏からみたところで、白っぽい裏地がついています。赤い点線は模様です。右の写真は端の耳の部分を膨らませてます。耳の部分はミシンで上からたたかないで袋になっています。
これが無双縫製です。
CIMG2487CIMG2484

CIMG0061フィスバのFamoso801という生地で、綿100%なので、裏地は五洋インテックスの白の綿100%のものをつけています。

表の生地が綿100%の場合は裏地をつけることをオススメします。綿は日焼けに弱くて、吊っているだけで縮む場合もあります。
生地が着いたらすぐに裁ち切って3日間ほど、何もしないでつるしておいてそれから縫製をします。

綿の生地は両端は無双縫製がオススメです。本縫いでミシンでたたくと、生地が縮んだりすると糸の縫い目のところがカーテン屋のオヤジみたいになるんです

ちゃうちゃう、ヒゲがはえたようになるんです。

高級仕様の縫製では裏地付きは無双縫製でされていると思います。ローラアシュレイの縫製もそうでした。参考ブログ

私のブログで、綿100%の生地は吊っているだけで縮む場合があると書いたのを読んでいただいていたお客さまなので、カウンターの上ギリギリぐらいにつくっています。

CIMG2486CIMG2483

ここで、フィスバ縫製でもできない技を1つ。
タッセルには右用、左用があるのです。こちらのブログを先に読んでください。

CIMG2472CIMG2471

上の写真は下のタッセルが左用で上のタッセルが右用です。

CIMG2474CIMG2475

左用のタッセルを左につけると、どのようにつけても赤のラインが前にくるようになっています。
これは弓型タッセル(サンゲツではブーメランタッセルといってますが誰も知らないと思います)で、裏と表の生地を別々に縫い合わせているからできるのです。

一般的には舟型タッセルで、上部が袋になっていて、柄の位置が真裏にきます。この場合は赤のラインがその裏にきますが、弓型タッセルでは裏側に対称の位置に持ってきています。


日のブログは役にたちましたか
はい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 ブログのトップ

  

 

 織物研究会 

初めてオーダーカーテンを注文される方への講座⑤ 本縫いすくい縫い

初めてオーダーカーテンを注文される方への講座の第5回目です。

過去の講座は欄外のカテゴリー「商品知識」をご覧ください。

6月5日のブログ 「初めてオーダーカーテンを注文される方への講座①AフックBフック

6月6日のブログ 「初めてオーダーカーテンを注文される方への講座②裾の仕様

6月9日のブログ 「初めてオーダーカーテンを注文される方への講座③1.5倍、2倍使い

6月10日のブログ 「初めてオーダーカーテンを注文される方への講座④ 巾継ぎの問題

今日は本縫いすくい縫いについてお話します。

本縫いというのは普通にミシンで縫うやり方です。(下の写真)

CIMG2377

遮光の生地に裾の折り返し部分を縫っています。糸は説明するのに分かりやすくするためわざと赤い糸を使っています。

右半分は表側です。糸がはっきりみえます。遮光の生地で針穴から中の黒い糸も垣間見えます。

下の写真は1本糸のすくい縫いです。
CIMG2378

糸はわかりやすいように赤をつかっています。右半分が表側です。どこを縫っているかあまりわからないと思いますが、写真をクリックすると拡大しますのでなんとなくわかると思います。
裏側は左半分は裏側です。糸が表に出ないように掬うように縫います。(まつり縫い)

一般的にカーテンの縫製は本縫いが多いですが、高級仕様ではすくい縫いをします。それは糸が表にでないので綺麗からです。写真のような遮光の生地もすくい縫いをおすすめします。

先日、住江織物の展示会に行って展示サンプルをみながら担当者から説明をうけていたところ、スミノエはすくい縫いを標準仕様にしているらしく、すくい縫いにしたことによって縫製クレームがいっさいでなくなったということを話されていました。

ということは、本縫いをしていた時は、縫製クレームがよくあったということでしょうか。

すくい縫いをした方がキレイになるのは間違いありません。

すくい縫いの欠点は糸を引っかけたりして切れると一気に全部ほどけるのです。

それを防ぐのは2本糸のすくい縫いです。詳しくはこちらのブログをお読みください。

CIMG2379

これが、2本糸のすくい縫いミシンで縫ったものです。右が表側で、写真をクリックして拡大すれば縫い目がなんとなくわかると思います。左側が裏側です。裏側には直線縫いの糸が見えますが表側には糸がみえません。これを専門用語でおくまつり縫といいます

おくまつり縫いに関しては、手縫いしているところがYouTubeの動画でありましたのでご覧ください。

おくまつり縫いとまつり縫いを同時に2本の針のミシンで縫うのをカーテン縫製業界では、2本糸のすくい縫いといいます。
このやり方では、1本糸がきれても全部糸が抜けることはありません。

スミノエのショールームで展示サンプルをみていたら、スミノエは2本糸ではなく1本糸のすくい縫いでした。

メーカー縫製で、2本糸のすくい縫いをしているのはフィスバ、リリカラ、フジエテキスタイルだけだと思います。

日本の最高峰の川島織物セルコンのフィーロ縫製でも、2本糸ではなく1本糸のすくい縫いです。

フィスバがタイで縫製していてニホン糸のすくい縫いなのに、川島織物セルコンは日本で縫製していて1本糸とはこれいかに?

しょうぶな~

川島織物セルコンは、シェードのリング付きテープを縫うのは2本糸(針)でした。ちょっとこだわるところがちがうのですね。

当店のすくい縫いはすべて2本糸のすくい縫いミシンを使っています。

今日のブログは役にたちましたかはい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 

ブログのトップ

 

 

 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です

プレーンシェード リングの縫いつけ上から下から

私は取り付け時にはあまり現場には行かないのですが、吊り替えやカーテンクリーニングの時は好んで行きます。他店のやり方やメーカー縫製をどのようになっているのか勉強するためです。


先日、住宅メーカーのモデルルームでダブルシェードの前幕だけを交換するというのがありました。そのカーテンは当店ではなく他社が取り付けたものです。


他社の自社縫製で、プレーンシェードにリング付きテープを縫い付けるのですが、それを上からピッチを揃えて縫い付けてありましたので、当店のやり方や、下からリングテープを縫い付ける川島織物セルコン、トーソーとの違いを説明したいと思います。


CIMG2004CIMG2060CIMG2024


 


 


 


 


上の写真の左は上からリング付きテープを縫い付けています。


真ん中の写真は川島織物セルコンのメーカー縫製で、下からリング付きテープを縫い付けています。


右の写真は当店の自社縫製で、リングは均等ピッチです。


シェードの丈はすべて140㎝で同じです。違いがわかるでしょうか。
今まで、ブログで川島織物セルコンと当店の縫製の違いについては書いてきました。(参考ブログ


今回は、上からリング付きテープを縫い付けているいい事例がありましたので説明します。
タチカワはシェードの縫製はこのやり方です。(参考ブログ


リング付きテープを上から縫い付ける方法(タチカワ方式)
 すべての写真はクリックすると拡大します。小さい写真は拡大してみて下さい。


CIMG2004


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG2007CIMG2010


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG2008CIMG2011


 


 


 


 


 


こちらの縫製はタチカワのメーカー縫製ではありません。リングピッチは25㎝のものを使われており、シェードの丈の上からリング付きテープを縫い付けてあります。そのため、リングは上から25㎝で等間隔になっており、下は15㎝あまります。


本来ならば、一番下にリングを縫い付けなければならないと思うのですが、こちらは縫ってありませんでした。(タチカワは一番下にリングが縫いつけてある。)


シェードを上げると、上から等間隔のため見た目きれいな仕上がりになります。


最近、自社縫製でシェードを作っておられるところは、このようなやり方が増えてきています。


リング付きテープを下から縫い付ける方法(川島織物セルコン・トーソー方式)


CIMG2060


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG2054CIMG2056


 


 


 


 


 


CIMG2057CIMG2061


 


 


 


 


 


 


 


 


 


川島織物セルコンは20㎝ピッチのリング付きテープを下から縫い付けていますので、上の部分が15㎝(下はバー袋の上の所からぬいいているため5㎝上の位置からスタートしています。)


日本一縫製にこだわっている川島織物セルコンのことですから、何か意図することがあるんだと思います。最後は元気でピンとありたいという川島織物セルコンの思いが伝わってくる縫製です。


トーソーも下から20㎝のリング付きテープを縫っていくやり方ですが、トーソーは一番上のリングにコードを通さなくて、最後のウエーブが一番大きくてダラッとなります。


確認はできていませんが、川島織物セルコンも最近はトーソーと同じように一番上のリングを外してダラッとなるやり方に変えたのかもしれません。いずれにしてもリング付きテープは下から縫っています。


当店は均等ピッチ


CIMG2024


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG2012CIMG2013


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG2015CIMG2023


 


 


 


 


 


当店は手間暇かけて、リングを1つ1つとりつけていますので、この場合は26.5㎝の均等ピッチにして開けた時に同じ大きさのウエーブになるようにしています。(参考ブログ


プレーンシェード1つとっても縫製のやり方はいろいろありましてみた感じも違ってきます。

各社ともコストを考えながら一番いいと思う縫製をしています。オーダーはどこでやってもみな同じではありません。


皆さまはプレーンシェードのリング付きテープを上から縫うタチカワ方式と、下から縫う川島織物セルコン・トーソー方式のどちらが好きですか


 


今日のブログは参考になりましたかはい、クリック 


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→





 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ