縫製

こだわりの縫製【4】共布タッセル

私は昭和32年生まれで、今年数え年の61歳で男の厄年です。

今までも厄年はありましたが、厄除けになんか行ったことはないのですが、

この年になると日本の伝統的なものも受け継いでいかなければならないのかなぁと

思って2月12日の初午に難波神社に厄除け祈祷に行ってきました。

IMG_6587 IMG_6590

私は、京都の南部出身で、伏見稲荷神社とも関係があるのだと思うのですが、

厄除けは2月の初午に行くのが一般的で、調べると京都南部と奈良の人は

初午に厄除けをするようです。(今年は2月12日が初午)

大阪では節分の2月3日にするのが一般的のようです。

地方によって違うようで、正月に行くところもあり、正月から節分までに行く

ところもあるようです。

いずれにしても厄除け祈祷をしましたので、今年はいい年になってほしいものです。

 

さて、本題です。

当店のオーダーカーテンのこだわりの縫製について書いている第4回目で

共布タッセルについてです。

DSC04995

共布タッセルとは、カーテンを束ねて房かけ金具に引っ掛けるためのもので

同じ生地でつくるのをいいます。

ここでこだわっているのが、ふさかけに引っ掛ける部分です。

 

DSC04553

一般的にこの部分には既製の江戸打ち紐を使われていることがよくあります。

DSC04554

こだわっているはずのメーカーの縫製でも、よく江戸打ち紐が使われています。

DSC04997

↑ 住宅メーカー用にメーカーが縫製している共布タッセル(引っ掛ける部分は

江戸打ち紐)

 

当店はその部分も共布で作っています。

DSC04552

DSC04550

ちょっとしたことで、大したことではないのですが、逆に大したことがないので

ひと手間加えて、こんなとこにもこだわっているのです。

私の判断では、この部分の共布タッセルの引っ掛けるところに共布を使っているか

江戸打ち紐を使っているかによって、縫製にこだわっているかどうかをみています。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

こだわりの縫製【3】レースの裾の本縫いウエイト巻きロック

大分県臼杵市といえば、「ふぐ」です。

当社の決算は1月末のため、預かっていただいている在庫のチェックのために

毎年、1月にフェリーで行っています。

フェリーは「さんふらわぁ」で大阪南港→別府が往復で弾丸ツアーですが10000円です。

夜でて、船内で寝ているうちに朝の7時前に別府に着きますので結構楽で

好きなんです。

1月といえば、フグの季節で毎年ふぐを食べに行くのも楽しみの一つです。

いろんなところに行きましたが、「ふぐ料理 鮨 光」のふぐの唐揚げが

絶品なんです。

白子酒もうまいし、ひれ酒もうまいです。

IMG_6426 IMG_6433

IMG_6419 IMG_6418

伺ったとき、ちょうどヒレを天日干しされていたので、お土産に頂いて帰りました。

家でも、ヒレ酒を作って飲んでいますが、これが格別にうまいのです。

大阪の黒門市場でもフグを買い、ヒレをもらってくるのですが、

本場のフグ屋のヒレとはまた違うのです。

 

さて、本題です。

 

レースの裾は本縫いウエイト巻きロック

これは、レースの裾の始末のやり方で、一般的には裾を折り返しします。

ヨコ使いの生地では、ウエイトロックというやり方があり、折り返さないで

ウエイトを付けていくやり方があります。

当店では、このようにするときは、生地でウエイトを巻き込む

「本縫いウエイト巻きロック」というやり方をしています。

これをするには特殊なミシンのアタッチメントが必要で、これをもっている

加工所は少ないのです。

メーカー縫製で標準仕様でやっているとことはないと思います。

当店では、ウエイトロックの場合は、本縫いウエイト巻きロックが

標準仕様です。

これによって、洗濯してもウエイトが落ちることはないのです。

柄のあるレースで、いろんな色がある場合、糸の色に悩まなくてもいいのです。

 

どうでもいいが動画です。

 裾を本縫いウエイト巻きロックをした場合と、10㎝の折り返しの違い

c6dedcb4-s 3472e64f-s

上右側の写真が裾の折り返し。3重になり、柄が映りますしモアレになります。

DSC01630-490x368

色がある生地でもきれいになります。

CIMG6136-490x368 CIMG6133-490x368

CIMG6135-490x368

↓ 縦使いのレースでも裾の本縫いウエイト巻きロックができます。

DSC04975 DSC04976

DSC04967

 縦使いの生地ですが、こういう柄は裾は折り返さない方がきれいと思って

います。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

こだわりの縫製【2】裾は2本糸の掬い縫い

大分県臼杵市はかぼすが名産なんです。

私ども関西人は柑橘類といえば、徳島のすだちで、23年前までは私はカボスを

食べたことがなかったのです。

それが今やカボスは大好きで、これを絞ったものがあるのとないのとでは味が違って

いい隠し味になっています。

そのカボスの皮を餌にしてぶりの養殖が臼杵市で行われています。

昨年、それを知って取り寄せたところ、めちゃくちゃおいしかったのです。

そこで、今年は朝から養殖場の工場に行って一尾買って帰りました。

それを大阪の黒門市場の贔屓の魚屋さんで3枚におろしてもらって、ぶりしゃぶ等に

して食べました。

IMG_6386_R IMG_6398_R

養殖場からとってきたぶりを締めて1時間ほど氷水の中で泳がしておきます。

IMG_6402_R

大阪に帰ってきて、黒門市場でクエを買って、高校の同級生とぶりしゃぶと

クエ鍋をしました。

IMG_6447_R IMG_6448_R

 

さて、本題です。

当店のオーダーカーテンの縫製でこだわっているところを説明するシリーズです。

今回はカーテンの裾のすくい縫いについてです。

 

ふつうのミシンで縫うのを本縫いといいまして、掬い(すくい)縫いミシンで

縫うのをすくい縫いといっています。

すくい縫いをすると糸が表側に見えにくくなりきれいのです。

一般的なすくい縫いは1本糸ですが、当店の縫製は2本糸のすくい縫いです。

すくい縫いは糸が表に出ないのできれいに見えますが、欠点として、切れると

全部抜けるという問題があります。

それを防ぐのが2本糸のすくい縫いです。

今は、メーカー縫製で2本糸のすくい縫いをしているのは、昔から縫製に

こだわっている日本フィスバぐらいではないでしょうか?

というのは、この2本糸のすくい縫いミシンを作っていることろが辞めてしまった

ため、新しくミシンを手に入れることができないのです。

DSC04515

 どうでもいいが動画です。

 当店の場合は、裾の折り返しの部分をドレープは標準仕様で2本糸のすくい縫いを

しています。

その違いです。

画像の左側は裏側で、右側が表側です。

よくわかるように、わざと赤色の糸を使っています。

『本縫い』

cba0d830-s

『1本糸のすくい縫い』

941d3e98-s

『2本糸のすくい縫い』

b8399089-s

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

こだわりの縫製【1】 縫込みアジャスターフック

先月、当店の大分県・臼杵市にある縫製加工所に行ってきました。

株式会社なる良さんで、当社とは23年のお付き合いです。

優れた技術をもっておられ、昨年は経済産業大臣から「はばたく中小企業・

小規模事業者300社」に選ばれて表彰されています。

IMG_6415 IMG_6416

なる良さんと出会ったきっかけはこちらに書いています。

 

そんなわけで、8回に渡って、当店の縫製のこだわりについて書いていきます。

私はメカ物が好きで、メカに関するブログが多いのですが、実は普通の

オーダーカーテンの取付の方がはるかに多いのです。

普通のオーダーカーテンの取付の場合は、施工担当者に任せていることが多く、

写真を撮ってきてもらったりもしていますが、なかなかいい写真が取れなくて

ブログにアップできずにいます。

 

オーダーカーテンの縫製にこだわっているところを説明します。

【1】縫込みアジャスターフック

カーテンをレールに引っ掛けるところにはいろんな種類があります。

DSC04537

左が縫込みアジャスターフック、右3つは差し込みアジャスターフックですが、

それも3種類ぐらいあり、一番右は一番単純な差し込みフック、

右から2番目は十手フック、3番目は上下挟み込むタイプです。

 

当店では、標準仕様として縫い込むアジャスターフックを使っています。

縫込みアジャスターフックは、メーカーでいうと、日本フィスバ、五洋インテックス、

マナトレーディング、クリエーションバウマンが標準仕様で、フジエテキスタイルが

高級仕様でメーカー縫製でやっています。

高い生地を扱っているメーカーの標準縫製は、縫込みアジャスターフックを

使っていることが多いのです。

 

縫込みアジャスターにするとヒダ山がきれいになります。

店内の縫製サンプルの縫込みアジャスターフック

DSC04991

DSC04992

当店では、標準仕様は縫込みアジャスターですが、リーズナブル商品は

差し込みアジャスターフックにしています。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

レースの裾の始末について(1)本縫いウエイト巻きロック

寒いですね。

大阪市内は雪はまったく積もっていませんが、フェイスブックのお友達の投稿を

みていると各地でかなり積もっていたみたいです。

最近は投稿する人も慣れてきて、リアル感を出すために動画で投稿している方も

多くなってきました。

さて、何度かブログに書いていますがレースの裾の仕様について書きます。

通常は裾は10㎝か12㎝の折返しです。

レース裾10㎝の折返し

当店ではよくやるのが、裾の本縫いウエイト巻きロックです。

これはタテ使いの生地でもやります。

裾本縫いウエイト巻きロック

これはミシンに特殊な部品を取り付けてやると簡単にできます。

生地を巻き込んで本縫いをしていますので、洗濯をして落ちることはないです。

 

過去の施工例

ブログ1  ブログ2

 

 どうでもいいが動画です。

 

上の2つの写真は、簡易型の形態安定加工をしています。

そのため、ウエーブがきれいにでます。

もし、形態安定加工をレースにしなかったら

DSC04050

最初吊った時は、裾がきれいにウエーブがでません。

化学繊維のポリエステル100%の生地は形態安定加工をした方がきれいと思います。

メーカー縫製では、ドレープは形態安定加工をするのを標準仕様にしていても、

レースはオプションで有償対応のところが多いです。

当店では、無料のオプションで、形態安定加工できる生地はやっています。

安いところで買うと、レースの形態安定化加工がついてなくて、買ったあとで

きれいでなかったということがあり、あとから「他店購入分で形態安定加工ができますか」

という問い合わせがよくあります。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 お知らせ

2月17日(金)は30周年の創立記念日のため休業いたします。

2月11日(土)は建国記念日で祝日ですが営業いたします。

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

沖縄のホテルのカーテン(3)

少し間が開きました。

ここ最近はひじょうに忙しくしています。

吹抜けや電動工事や大型物件が多くて、私も現場を走り回っています。

昼間現場仕事をして、帰社すると、年の瀬か

ちゃう

年のせいで疲れて集中力がなくてブログが書けていない状態です。

その分、メモ書きするために、現場で5分で書ける「LINE BLOG」は

ほぼ毎日アップしています。

これはスマホユーザー向きですが、「LINE BLOG」というアプリをダウンロードして、

検索で 「小嶋@カーテン屋の奮闘記」 を見つけてください。

LINE BLOGは、メインの写真2〜3枚と要点だけ5分ぐらいで書いています。

簡単なので重宝しており、ここ半月で20件ぐらいアップしました。

書くネタはいっぱいありまして、こちらにもこれからイッキに書いていきます。

 

さて、本題です。

 

先日書いた「沖縄のホテルのカーテン(2)」の続きです。

宿泊したホテルは、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートで、

海の見える窓のカーテンは遮光のシェードと両開きのレースです。

dsc03684

dsc03700

dsc03699

プレーンシェードは、防炎番号からして当店の取引先である縫製加工所がやっています。

針の穴が一つも見えない超音波カットによるプリエフ加工がされていました。

生地からの光漏れが一切ない完全遮光のプレーンシェードです。

この分、両サイドや下からの隙間からの光漏れが気になります。

dsc03713 dsc03714

メカはトーソーのギアタイプが使われていて、これは不特定多数の人が操作されるのには

ひじょうにいいのです。

しかし、経年劣化で縫製の部分でリングが割れたり、裾のリングが欠けたりしてきれいに

上がらない状態になっていました。

dsc03693 dsc03692

dsc03694

レースはフジエテキスタイルで、シェードの奥についていて、シェードと干渉しない

ようにハコヒダになっていました。

dsc03711

でも、完全に閉まらなくて、目いっぱい閉めても3㎝ぐらい隙間があくのです。

dsc03712 dsc03717

両端のフックの付け方からして、ホテル側もわかっていると思います。

一流ホテルと言えども、あまりカーテンまでは気にしていないのだと思いました。

1泊2日の沖縄旅行でしたが、観光もできたし、食べ物もおいしかったし、

ホテルも良かったし、激安だったのがひじょうに良かったです。

 

最後にお土産に国際通りにあった琉球漆器のお店でお重とお盆を買って帰りました。

dsc03730

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

小さいカーテンはそれなりの縫製で

今日、車内でラジオを聴いていたら、ボブ・ディランがノーベル賞の授賞式に

先約があって出席できないといったことが話題になっていました。

そんなのは私は2016/10/18のブログ

ボブ・ディランは12月10日の受賞式に ボク 出らん というと書いてます。

なんで今頃ニュースになるんだろう?

今、4年前に書いたブログの予想が的中して、インテリア業界でインターネットを中心に

「あいつハンパねぇ」と話題になっていることがあります。

千葉の彩雅の中嶋さんが2012年11月12日に書かれたブログです。

住江織物が、大麻所持で逮捕された高樹紗耶容疑者と吉川社長との対談ビデオを作って

いて、それを危険人物ではないかと今の逮捕を予言する内容のブログを書かれているの

です。ブログに書いておられたことがすごいのです。

 

実は、私はアメリカの大統領選挙では、絶対にトランプが勝つと言っていたのですが、

どこにも書いていないので、「それはずるいわ」と言われています。

私のスマホのメモ帳には

どうなるど?アメリカ」

「最後にカードを切るのはトランプ

トランプ狸の皮算用」

のようなトランプが勝つことを前提にしたメモ書きをしていたのです。

 

今日、今年最も話題になった言葉を選ぶ「2016年ユーキャン新語・流行語大賞」の

ノミネート30語が発表されました。

トップテンと年間大賞の発表が12月1日なので、その予想をここに書いておきます。

トップテンに入りそうなのは「ゲス不倫」「センテンススプリング」

「神ってる」「ポケモンGO」「都民ファースト」「文春砲」「PPAP」

「民泊」「アモーレ」「歩きスマホ」ぐらいかなと思っています。

年間大賞は流行語ではなく、新語ということで「ポケモンGO」。それと

流行語では「神ってる」と思います。

昨年は「爆買い」と「トリプルスリー」だったのですが、予想外はトリプルスリーでした。

プロ野球での用語で、多分選考委員の人は野球が好きなんだと思って、今年も広島カープ

の緒方監督が鈴木誠也選手のことを言った「神ってる」を上げました。

 

平和な日本で、どうでもいいことなんで、仕事の話を書きます。

 

以前に取り付けたリネンのカーテンの追加を頂きました。

今回取り付けたのは開口部が巾140㎝高さ80㎝の窓で、上に棚が来ていて

下はカウンターです。

両端も棚です。

dsc03636

通常ならば上部の芯地は9㎝のものを使い、裾の折返しは10㎝にするのですが

そうすると、その部分が2重や3重になり、丈が80㎝弱だとバランス的にその比重が

多くなるため、敢えて上の芯地を7.5㎝のものを使い、裾の折返しを5㎝にしました。

リネンの生地で収縮が激しいため、裾は本縫いウエイトロックにはしてません。

dsc03635 dsc03634

オーダーカーテンならば、芯地は9㎝、裾の折り返しは10㎝と杓子定規に考えるのでは

なく、現場に応じて臨機応変に対応するのが専門店の仕事です。

また、開けた時にとめるタッセルは使わず、カーテンストッパー

使っています。

dsc03637

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ