茶箱

冬の節電対策に後から取り付けることの出来る裏地

 関西電力管内では12月19日より3月23日まで一般家庭でも10%の節電が求められています。

窓対策としては、裏地付きのカーテンや三重カーテンにして空気層をつくることが、外の冷たさを断熱して、中の温かさを保つのには一番いいのですが、今お住まいで、すでにカーテンがついていると新しく作り替えるのにはけっこうな金額がかかります。

 そこで、簡単にできる方法としては、後から取り付ける裏地というのがあります。

当店では「うらだ」という商品名で早くから販売しております。

 

これは今付いているカーテンに後からつけるフラットな裏地です。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://curtainkyaku.com/blog/51940548.html

これをつけることによって新たに空気層ができまして保温効果が高まります。
金額もそんなに高くはありません。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ    JAPANTEX2011

 

 

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

茶箱ラッピング教室

今、インターネットで話題になっているのが「美人時計」というサイトで、1分ごとに美人が時刻を知らせる写真をもって画面が変わっていくというのがあります。
ご存じですか?

ご覧になっていない方はここをクリックしてください。→ 

その会社が11月1日より「美男時計」というサービスを始めました。
こちらは同じやり方でイケメンが1分毎に登場します。1440枚のパネルをもった360人です。

こちらをご覧ください。→ 

それよりもはるかにすごいのがユニクロがつくったウェブ広告の「ユニクロック」です。まずは画像をご覧ください。

時報のリズムに合わせ、ユニクロの服を着た女の子たちが無表情で踊り続けます。

このサイトは、「MUSIC×DANCE×CLOCK」という「言語の壁を越えたコミュニケーション」をコンセプトとしており、このように同じ映像をブログに貼り付けることができるようになっています。

思わず、見入ってしまうでしょ。  仕事しぃや。

この開発物語はここをお読みください。ユニクロのすごさに感動します。
「広告の未来」と言われてます。

この画像がよかった人は  はい、クリック 

さて、本題です。

茶箱ラッピング教室のお問い合わせをよくいただきます。

今も月に2回開催しておりますが、たくさんの方から申し込みをいただいており、今は受付を中止しております。

教室は店内で営業しながらやっているため、1回につき2~3名を対象にしており、多くの方にお待ちいただいておりましてご迷惑をおかけしています。

これからも細く長く続けていきます。今は来年の9月まで予約が詰まっていますので、新規申し込みの受け付けは来春を予定しています。
申し訳ございません。

CIMG3167CIMG3168

今日の茶箱ラッピング教室

 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

茶箱ラッピング教室

8年前に夙川店で始めて、2006年5月より大阪店で毎月開催しています茶箱ラッピング教室は、大変好評でたくさんの方にお待ちいただいております。ご迷惑をおかけしています。


CIMG0998


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


本日も開催をしましたが、昨年の3月からお申込みをいただいてお待ちになっている方を優先してご案内をしております。今、お申込みをいただいても受講は7月あたりになります。申し訳ございません。受付はウエイティングリストに登録という形でメールのみで承っています。


私どもはカーテン屋が本業なので、茶箱ラッピング教室で儲けようとは思っていません。
実は私の本家は、創業慶応元年の144年続いている心斎橋にも店舗があるお茶屋なんです。私の親父も茶業に携わっていまして、私も小さい時は茶箱でかくれんぼをして遊んだものです。私はカーテン屋ですが、先祖代々続くお茶と関係のある茶箱とのコラボレーションで茶箱ラッピング教室をさせていただいてることはとても嬉しいことなのです。


そんな思いがありまして、これからも細く長く続けていこうと思っています。
でも、店内でカーテンの販売をしながらやってますので、スタッフ的にきついものがあるんです。しかし、やるからには片手間ではなく、きちっとやりたいし、来ていただいたお客様にも満足を提供したいと思っています。


そこで今年よりやり方を変えました。


1回の教室で2名の定員で1人専従のスタッフで指導させていただきます。
月に2回、第1と第3水曜日の10時から開催させていただきます。


受講料を5000円から6000円(税込)に値上げさせていただきました。この費用には5キロの茶箱と諸々の材料費が含まれています。生地はお客様で用意していただきます。(当店でお求めの場合は事前にご購入していただきます。)
作品は当日、持って帰っていただきます。


こんな調子でやっていますので、今、申し込んでいただいてもずっと待っていただかなければなりません。何卒ご理解ください。


上の写真は本日の教室に参加された方の作品です。


光沢のある上品な生地で、高級感あふれる茶箱ができあがりました。


 


 


今日のブログは役にたちましたか。        はいクリック 
ほんとうに役にたった時だけクリックしてください。


 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ


茶箱ラッピング教室2008年の予定

カーテン生地を使った茶箱ラッピング教室の日程が決定しました。


 2008年
      【第1回】1月22日(火)  10時より   満席になりました
      【第2回】2月19日(火) 10時より          11月11日付けで満席になりました。
      【第3回】4月22日(火) 10時より
      【第4回】5月20日(火) 10時より
      【第5回】6月17日(火) 10時より
      【第6回】7月22日(火) 10時より
      【第7回】8月19日(火) 10時より


お申し込みはホームページのトップページからメールでお申し込みください。


 


6年前に夙川店でカーテン生地を使って茶箱にラッピングする教室を始めました。
たいへん好評だったのですが、こちらも忙しくなり数回で終えましたところ、3年ほど前から東京で流行りだし、新聞でも取り上げられて、ぜひ関西でもやってほしいという要望がありました。そこで2年半前の5月より大阪店で月に1回のペースで4~5名の方を相手に教室を再開することにしました。


おかげさまでたいへん好評で、今年の3月の時点で年内の予約がいっぱいになりキャンセル待ちも出たため、しばらく受付を中止し、回数も月に2回に増やしてこなしてきました。


ここに新たに2008年の教室の受付を再開いたします。


参加費は5000円で、5キロ缶の茶箱付きです。お飲み物お菓子も用意しております。1回やると自宅でもできるようにマニュアルも用意しています。生地は参加者の方で用意していただかなければなりません。約1.2Mぐらい。ない場合は事前に購入していだだきます。


できるだけ多くの方にカーテン生地を使っていろんな楽しみ方を知っていただきたいと思っていますので、ずっと初心者向けで同じ内容でやっています。一度参加していただいた方からは次回はもう少し高いレベルの内容にしてほしいという要望もありますがずっと同じです。ご理解ください。


初めての方にとっては結構ハードワークで3時間ぐらいかかります。その日に完成品をお持ち帰りしていただきます。生地と裁ちきりハサミを用意していただくだけです。


実は私はお茶屋の息子で小さい時から茶箱には慣れ親しんできました。
サラリーマンを辞めて窓際でバーボンを飲んでいたら沢田研二(ジュリー)が「カーテン屋しやがれ(勝手にしやがれ)」といったのを聴いて始めたのがこの仕事で、
お茶とカーテンのコラボレーションができてひじょうにうれしく思っています。


多くの方の参加をお待ちしております。


 


 


今日のブログは役にたちましたか。        はいクリック 
ほんとうに役にたった時だけクリックしてください。


 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ



 

第20回茶箱ラッピング教室 受付再開

茶箱教室10本日は20回目の茶箱ラッピング教室を開催しました。たいへん人気がありまして今年3月の時点で年内の予約が埋まってしまい、キャンセル待ちの方も多くなり、受付を停止しておりました。
ご迷惑をおかけしました。


今日も石川県金沢市から2名お見えになり、喜んで帰っていただきましたがわざわざ遠方よりきていただいたことに責任を感じる次第です。


たいへんお待たせしました。


1月からの申し込み受付を再開することにしました。


まだ、日程は確定しておりませんが、予約はメールからのみ受付いたします。
日程はホームページに近日中に発表いたします。


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です

第2回茶箱ラッピング教室

茶箱教室昨日はこのブログへのアクセス件数が過去最高となりました。川島織物セルコンの未加工生地出荷のニュースのことを書いて、それをアップしたのが夜の9時頃だったのですが、その時点で、すでに記録を更新していました。ですからそのブログの内容が影響を与えたようでもないのです。


アクセス分析をしますと、朝から「川島織物」とか「未加工」とかのワード検索で検索エンジンのページからのアクセスが多いのです。ちょっとびっくりしました。期待に応えなければと思って、その内容で夜アップしました。


今日は2回目のカーテン生地を使った茶箱ラッピング教室を行ないました。先月開催しましたところ、たいへん好評で参加していただいた方がおふたり御自身のブログに書いていただいたりで反響がよく、来年の1月まで予約でいっぱいになりました。ほんとにうれしいです。来年も月1回のペースでずっと続けていきますので、ご興味のある方は声掛けてください。


今日のブログは役にたちましたか。  はいクリック  


 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です

こういう時代なんですね。

昨日、「カーテン生地を使った茶箱ラッピング教室」を開催しまして参加していただいた方でお二人がご自身のブログにご紹介してくださいました。


茶箱をラッピングする教室だけに記事(生地)になるのが早い。お二人ともすばらしいホームページとブログをお持ちで事前にまったく知りませんでしたのでちょっとびっくりしました。


下のオレンジに変色している文字をクリックするとリンクしていますのでぜひご覧下さい。


  ① M’style さま   ブログ 茶箱


  ②Aterier Fraisier さま ブログ 茶箱ラッピング


お二人ともたいへん喜んでいただき、高く評価していただいています。


参加費が5000円で、東京に比べると3分の1ぐらいの価格なので、多少不安に感じていただいていたようですが、それ以上の価値を見出していただいたようです。実際、材料費程度なんですが、こうして口コミで宣伝していただければ、私共にとりましてもまさに価値ある価格です。


ほんとにご声援(5000円)ありがとうございます。



今日のブログは役にたちましたか。  はいクリック  


 


 織物研究会

 

 

「カーテン生地を使った茶箱ラッピング教室」 開催

茶箱教室7先日来よりご案内しておりました「カーテン生地を使った茶箱ラッピング教室の第1回目を開催しました。1回の定員が5名なんですが、今回インターネットやミニコミ紙で募集の案内をしたところ、多数のご応募をいただきまして、すでに7月の3回目までは定員に達しており、お待ちしていただいている方が十数名おられます。


今日は遠く広島からも参加していただいた方がおられまして、参加していただいた方には大変喜んでいただけたと思います。皆様はすごく熱心で楽しく思い通りの作品をつくっていただきました。また、参加したいと言う声もいただき、うれしく思っています。


今後も月1回のペースで当店の1つの事業として開催していきたいと思っています。今のところ3~4ヶ月お待ちいただかなければならないのですが、興味のある方は声をかけてください。


教室の様子です。


茶箱教室1


茶箱教室2


茶箱教室3


 


 


 


 


 


 


茶箱教室4


茶箱教室5


茶箱教室6


 


 


 


 


 


 


日のブログは役にたちましたか。  はいクリック  


 


 織物研究会

茶箱ラッピング教室応募者多数

4月19日のブログに書きました「カーテン生地を使った茶箱ラッピング教室」はおかげさまで5月分6月分7月分も応募者多数で定員に達しました。ありがとうございます。今後も8月以降月に1回のペースで順次開催していきますのでお申し込みください。


たくさんお問い合わせをいただきまして、中には人数と場所を段取りするから出張講座をやってほしいとか、夙川店でもやってほしいというお話もいただいています。お客様の声はまずは1回目をしてからいろいろと検討したいと思っています。


私共が勉強会をしているグループでも各地で「カーテン生地を使った茶箱ラッピング教室」を開催する予定で、講師養成のための教室も先日行ないました。その時の写真です。


茶箱茶箱2茶箱3


 


 


 


 


茶箱4茶箱5茶箱6


 


 


 


 


今日のブログは役にたちましたか。  はいクリック  


 


 織物研究会

 

カーテン生地を使った茶箱ラッピング教室開催

以前から問合せの多かった茶箱ラッピング教室を開催することになりました。参加者を募集しています。


             カーテン生地を使った茶箱ラッピング教室参加者募集


   日時 第1回 5月23日(火) 10:00~12:30
       第2回 6月20日(火) 10:00~12:30
       第3回 7月18日(火) 10:00~12:30


       今後は月に1回のペースで順次開催していきます。


   場所  カーテン夢工房 大阪店


   参加費  5000円(税込み)
         5キロ用の茶箱(サイズ巾350×横250×高さ280㎜)と必要部材は
        用意させて頂きます。
        お客様の方で1m(120センチ巾以上のもので)の生地と
        ハサミ(生地裁ち切り用)を用意していただきます。


        生地は事前にご来店いただき、当店の方でご購入いただくか、当日
        お持ちの生地をご持参願います。



  5月下旬より 織物研究会織物研究会  参加店でも随時開催していく予定です。(横浜市・ソフトウエーブ・モリス、北名古屋市・カーテンランド、岐阜県関市・モリツネ、岐阜県高山市・アイカーテン専門店、姫路市・カーテンスクエア、福岡県大川市・トリミングソース) お問い合わせは各店へ 


茶箱今回は初心者コースで、基本的なやり方を説明しまして2時間半の間に実際につくっていただきまして、当日お持ち帰りしていただきます。
定員は1回で5~6名で当店社員2名で指導させていただきます。


カーテン生地を使った茶箱ラッピング教室は、当店では4年前に夙川店で開催してましてたいへん好評でした。数回開催したのですが、こちらの方が忙しくなってきてできなくなりました。

今、暇になりましたので・・・・・  ちゃうちゃう。
最近は東京の方で茶箱教室が流行っていて、昨年8月には日本経済新聞にも取り上げていました。そうした中で関西でやっているところがないのでぜひやってほしいというメールをいただいたりしています。


私の実家はお茶屋で小さい時から茶箱には慣れ親しんでおり、おもちゃ箱にしたり、かくれんぼの隠れ場所でもありました。茶箱は表面は杉で内側はトタン(鉄を亜鉛でメッキしたもの:ポルトガル語)で密封してあり、防湿性や防虫性があります。しかし、今やひじょうに高価なものになっており、お茶屋でもあまり使われていません。


その茶箱の利便性に目をつけたのは在日のヨーロッパ人で、ヨーロッパで19世紀に流行したカルトナージュの発想で、茶箱を着物や帯を包むことで美しい日本的な箱となり、インテリアとして楽しむようになってきました。


カルトナージュも今、密かなブームです。でも、ちょっと難しいのです。それに比べると茶箱ラッピングは簡単です。まずは、美しいカーテン生地を使って茶箱ラッピングをしてインテリアとして室内に置いてみませんか。大事な物を入れる箱として、おもちゃ箱として、また椅子代りに、オットマンとして使ってみてはいかがでしょうか。


余談


このブログを書くにあたって茶箱の内側の素材は何だったかということを調べていました。
私はずっとブリキだと思っていたのですが、実はトタンだったんです。トタンは亜鉛メッキですが、ブリキはすずでメッキしていて、オランダ語なんです。


いろいろと検索していたら、「あたりきしゃりき、ケツの穴ブリキ」と言う言葉がでてきまして、関西地区ではよく言った言葉なんです。「あたりきしゃりきせんめんき」というところもあるようです。
このケツの穴ブリキと言う言葉は小さい時はよくいったのですが、なぜ、ケツの穴ブリキなんかわからなかったんですが、今日48年間の謎が解けました。


「あたりきしゃりき、ケツの穴、ブリキ」は「き」で韻をふんでいるのですが、ケツの穴だけ韻をふんでいないのです。ブリキをもってくるためにケツの穴をもってきたのは、ケツの穴が「ぶりっ」だからそうです。


なんか、す~としました。


おどろき桃の木山椒の木


今日のブログは役にたちましたか。  はいクリック  


 


 織物研究会