裏地付

レース用後付けフラット裏地は寒さ対策に効果的

ガソリンが安くなってきました。

attachment00私がいつも入れているところは107円ですが、ニュースによれば90円台に

なっているところもあるようです。

ニューヨークの商業取引所では1バーレルが30ドル割れ(1リットルで22〜23円

ぐらい)まで下がってきていますので、本来はもう少し安くなっても

いいかと思います。

 

さて、本題です。

 

5月に暑さ対策で、レースに後から取り付けられる遮熱用フラット裏地

「シャネットうらだ」を取り付けたお客様の紹介で、この冬に

同じものを取り付けました。

以前のブログはこちらをお読みください。

紹介していただいたお客様は、夏の遮熱対策にも効果的だけど、冬の

寒さ対策にもすごくいいとおしゃっていただき、同じマンションの

お友達の家にもつけることになりました。

同じマンションなので、比較しやすく、この季節に部屋の暖かさが

ぜんぜん違うと言っていただきました。

 

「レースに裏地って?」

 

あまりされていないことなんですが、夏場の遮熱裏地は

効果があるのはよくわかっていて、当店ではよくやっています。

これは、裏地をつけることによって、生地と生地の間に空気層ができて

断熱効果が高くなるため、冬も暖かくなるのは理論的には間違いは

ありません。

但し、レースの透け感が減りますので、冬の直射日光を取り入れられなく

なることが問題なので、私はレース用の遮熱フラット裏地を冬場は

ドレープに裏地として使うようにしましょうと提案しています。

 

こちらのお客様は2件とも手前にドレープ(厚手カーテン)はなく、

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)だったので、

レース用の裏地は、冬の寒さ対策に効果的だったようです。

最初についているレースは、マンションのオプション販売会で

購入された川島織物セルコンの1,5倍使いのミラーレース。

それに後付けのフラット遮熱裏地をつけました。

DSC00273 DSC00275

DSC00276 DSC00277

DSC00279

寝室はクリエーションバウマンの遮熱レースがついていました。

それにアルミ蒸着のフラット遮熱裏地「シャネットうらだⅡ」

取り付けました。

DSC00283

DSC00284 DSC00282

 

今回のケースはドレープ(厚手カーテン)がなかったので、レースに

裏地をつけることによって、冬の寒さ対策にすごい効果がありました。

これは、空気層が出来たから断熱効果が高くなったのです。

このように、裏地をつけると金額は高くなりますが、いろんなメリットが

あります。

ドレープ(厚手カーテン)には裏地をつけましょう。

当店では、オリジナル裏地は、通常価格の半額ですごくリーズナブルに

提供しています。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

寒さ対策 裏地をつける

11月19日20日は東京ビッグサイトで行われたジャパンテックスに

行ってきました。この話はまた後日書きます。

まずは「寒さ対策」の話の続きです。

11月11日の日本経済新聞の夕刊の記事です。

attachment02

attachment01

attachment00

「住まいナビ」という特集で「冷気を防いで、家ぽかぽか」という

事が書かれています。

電子版はこちら

記事の内容は窓から入り込み冷気はカーテンを工夫して抑えることが

できるということで、インテリア大手のサンゲツの山岸亜希さんが

アドバイスしてくれています。

「ひだの部分が多いものや窓をしっかり覆えるサイズのものを選ぶと冷気を

防ぎやすい」とのこと。

その通りです。

生地も厚い方が効果が高まるものの、それだと夏場に向かない。

季節ごとにカーテンを替えるというひとはなかなかいない。夏にも

使うことを考えると裏地を取り外せるタイプも選択肢になるとのこと。

 

この文章を読むと、着脱可能裏地をして、夏は裏地を外した方が

いいというように捉えられるのです。

 

そうじゃないです。

夏にも裏地をつけているカーテンは断熱効果があり、夜はエアコンが

効いた部屋は、外に冷たさを逃がさないし、昼間留守の場合、閉めておくと、

部屋の温度は上昇しにくいのです。

夏場も着脱裏地はつけていていて問題はありません

また、写真のキャプションで

「裏地を自由に着脱できるカーテン販売されている」と

書かれていますが、これだと裏地を自由に着脱できないカーテンも

あるように思えますが、すべてのフックのついているカーテンには

あとから着脱裏地がつけられます。

縫込みアジャスターフックでも、フラットカーテンでも

大丈夫です。

当店のホームページはこちら

簡易フラット裏地「うらだ」と当店では命名しています。

参考ブログは こちら です。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

よくブログを読んでいただいているお客様の仕事

6月23日は私の58回目の誕生日です。

今やSNSの発達でフェイスブック等に祝福のメッセージがいっぱい

入ります。

そのコメントに対してコメント返しをしなければならないのでけっこう

たいへんなんですが、それを読んでいると世間は私をどのように見て

いるのかがよくわかります。

やはり、「ダジャレ好き」というイメージです。

多くの人から、このブログを楽しんで読ませていただいているという

コメントをいただいています。

プロフィールチョコ2毎年、フェイスブックのプロフィール写真は誕生日に奇抜なものに

変えています。

今年はネタがなかったので「ちょっことだけ変えました」ということで

チロルチョコにしました。

 

さて、本題です。

 

最近は私のブログをひじょうによく読み込んでいただいているお客さんが

多いのです。

ひじょうにうれしいんですけど、シャイな人間なので照れるんです。

よく読んでいただいているお客様の厚手カーテン(ドレープ)の

つり替えです。

 

DSC05998

カーテンボックスに光漏れを少なくするためにバランスをつけて

トリムをつけました。

DSC06000

バトンタッセルもつけました。

タッセルからつくったオリジナル手製です。

カーテンに触れずに開閉できて汚しません。

DSC06003 DSC06011

小さいお子様がおられるので、タッセルにセーフティリングを

つけています。タッセルを強く引っ張るとはずれます。

DSC06002

タッセルとカーテンの接する位置は黄金分割比で1対1.618の

比率です。

DSC06001

朝日がまぶしいとのことで遮光1級の裏地付きでです。

裏地は袋縫いして糸目は表に出ないようにしています。

当店ではこれを裏地の無双仕様と言っています。

DSC06004 DSC06006

DSC06007

レールのランナーも滑りが悪いということで、すべりのいいものに

交換しています。

すべてお客様からの依頼です。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

暑さ対策に後から取り付けられるフラット遮光裏地「うらだ」

日本の夏も年々暑くなってきているように感じます。

「地球温暖化」のひとつなんでしょか?

そのせいか、インテリアでできる暑さ対策の相談がよくあります。

 

10年前に取り付けたお客様で、南南西の面に2窓あり、大きな掃出し窓は

シャッターがあり、まともに直射日光が入ってくるときは、少し下げている

とのことですが、腰窓はまともに日光が入ってきてカーテンを閉めていても

暑いとのことです。

10年間そのように感じておられたのですが、なかなか相談できずにいたところ、

当店からのDMで後から付けられるシリーズの案内をしたところ、

連絡がありました。

 

あとから取り付けられる遮光フラット裏地「うらだ」です。

DSC05903

↑ 昼間にカーテンを閉めていてもこの明るさがあります。

この日は曇りで、直射日光はありませんでした。

↓ 右側だけに遮光フラット裏地「うらだ」を取り付けました。

DSC05905

↓ 両側に取り付けました。

DSC05907

もうひとつ大きい窓がありますので、閉めても部屋が真っ暗に

なることはないです。

これでかなり違うとおもいます。

DSC05911 DSC05910

今ついているカーテンにあとから簡単に取り付けられて、遮光になり、

リーズナブルです。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

暑さ対策に後から取り付ける遮熱フラット裏地「シャネットうらだ」

この3月に引き渡された物件で、カーテンはすでに取り付けてあるものの

暑くて耐えられないという方もおられると思います。

特にタワーマンションの東南や南西の角部屋は、この季節でもそうとう暑い

ようです。

そんなお客様がネットで当店を見つけてご来店いただきました。

タワーマンションの東南の角部屋で、全体ガラスで8mあり、現状

マンションのオプション販売会で購入されたのですが、手前に

クリエーションバウマンのバーチカルブラインド、

窓側に川島織物セルコンのミラーレースがついています。

購入時にバーチカルブラインドだけでは暑いですよとアドバイスを受け、

遮熱性の高いミラーレースも取り付けておられます。

それでも、朝は暑いとのことで、当店が最も早くから販売をしている

後から簡単に取り付けられる遮熱のフラット裏地「シャネットうらだ」を

とりつけることになりました。

DSC05568

こんな感じになっていました。DSC05570

今ついているレース ↑

そこに遮熱レースのフラット裏地を取り付けました。

DSC05573

レースのフックに後から遮熱性のフラットレースを引っ掛けていきます。

DSC05581

裾部分 表側はヒダが取ってありますが、後から取り付ける遮熱レースの

裏地はフラットになります。

DSC05578

左側が遮熱レースのフラット裏地を取り付けたところ。右側は未だ。

このフラット裏地は遮熱性がひじょうに高い商品で透け感は

あまりないのです。

こちらの現場は透け感はなくても、兎に角暑さ対策優先してほしいという

要望だったので、事前に現場で商品を吊って確認をしています。

どんな生地でも遮熱レースのフラット裏地をつくることができますので、

透け具合と暑さ対策度はご相談ください。

このフラット裏地は着脱が簡単にできます。

同じところにドレープ(厚手)を取り付けておられる場合は、

夏場はレースに引っ掛けて、

冬場はドレープ(厚手カーテン)に引っ掛けていただくと、裏地付き

ドレープになりまして、冬には断熱効果があり、寒さ対策になります。

 DSC05582

裏地をつけたところ。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

光漏れを防ぐ遮光裏地付きのツインシェード

 5月5日 子どもの日

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

当店は5月3日より6日までお休みをいただいています。

このブログは休み前に書いたもので事前予約でアップされるように設定しています。

昨日(実際は先ほど)書きましたブログのカーテン夢工房スタッフブログ「スタイルとタッセルの提案」の

補足説明の続きです。

寝室に納めたのはツインシェード

DSC04948

DSC04951 DSC04950

手前がレースでフジエテキスタイルのFA7001BRで後幕がフジエテキスタイルの

WF6105YG(廃番)です。

まったく違う柄ですが、お客様と女性スタッフが考えてストライプの

柄出しが合うようにしてます。

千田邸ダブルシェード柄出し

加工所に画像で送って指示を出しています。

寝室なので当店オリジナルの遮光裏地をつけています。

DSC04954

裏地は無双縫製にして、リング付きテープの針穴から光漏しないように

リングを手縫いしています。(有償のオプション

DSC04955 DSC04956

画像はクリックすると別のページに移動し、そこでもう一度クリックすると拡大します。

オーダー品はどこでつくっても同じではないのです。

専門店にはそれなりのこだわりがあるのです。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

進化しているプレーンシェード

 インテリアの業界は繁忙期と閑散期の差が大きいのです。

3月は1年のうちで一番忙しくて、1月は最も暇な時期です。

当店はオーダーカーテンと窓周り品が中心で、新築と吊り替えの比率は半々ぐらいなので

1月は特に暇です。

3月は企業の決算月のところも多く、また年度末で引っ越しシーズンでもあるため、

マンションや住宅メーカーの戸建物件の引き渡しも集中しています。

カーテン屋は3月末に引き渡された物件の工事が4月になることもあり、

3月4月はめちゃくちゃ忙しいのです。

その反動で5月6月は暇になります。

また、インテリア業界では、職人さん不足というのも深刻な問題です。

昨年は消費税増税前のにわか需要で職人さん不足が顕著だったため、今年は

この時期の受注をわざと控えている内装業者もあるぐらいです。

オーダーカーテンの縫製においても縫い手さんの不足のため、この時期は需要拡大に

より納期がひじょうにかかるようになります。

 

職人さん不足は若い人のなり手が少ないのと、高齢化により廃業される方が多く

なってきていることが挙げられます。その要因として、たいへんな割に

賃金が低いという問題があります。

これは、日本の建築業界にとっても深刻な問題となってきています。

魅力ある仕事と賃金がないと、この業界もダメになりますので何卒

ご理解くださいませ。

また、仕事が集中する時期が決まっていて、その時期になると

職人さん不足になります。これもある程度、平準化できればうまく回転すると思うのです。

よって、吊り替え等で特に緊急を要しない場合は4月中旬以降のご注文でお願い

します。

その時期になると落ち着いてきますので、お客様にとってもメリットがあります。

 

 さて、本題です。

 

20年前に当店で買っていただいたお客様の吊り替えです。

その時、私が伺ったようで、ちゃんと私のことを覚えていただいていました。

 

20年前に取り付けたシェード

DSC04213

ナショナルトレーディング(現ナショナルインテリア)のフランス製の生地。

当時よく売れました。

当時は、操作はコード式。

何度かクリーニング屋さんにクリーニングを出されたとのことですが、綿の

生地で横方向に少し縮んでいます。

シェードのクリーニングは気をつけてください。

日本インテリアファブリックス協会のウォッシャブルの基準はタテ方向に

1%、横方向には2%以内の縮みならばウォッシャブル表示になっています。

カーテンとして吊ることを前提としていますので、タテ方向のの縮みは

気にしていますが、ヨコ方向の縮みはあまり気にしていません。

混紡の生地で、綿のような縮む組成はヨコ糸に使われていることが多いのです。

そのため、ドライクリーニングをしてもヨコ方向に縮む生地もあります。

 

今回取り付けたシェードは

DSC04215

メカはドラム式で裏地付きです。

DSC04232 DSC04227

遮光裏地なので、リング付きテープを縫い付けるとミシンの針穴が

目立つので、リングは1点止めの手縫いしています。(これは有償のオプション)

リング付きテープを使わないプレーンシェードです。

 

DSC04228

↑ 裏地の縫製は無双縫製 ↓ リング付きテープは使っていませんので針穴は

ありません。

DSC04230

リングも洗濯のために簡単に着脱が可能なリングを使っていて、そのピッチも

均等になるようにしています。

DSC04231

カーテンも裏地付きのリターン仕様です。

DSC04220

DSC04226 DSC04224

 

 

生地はドレープがスミノエU6129  レースがスミノエU6088

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ