裏地付

カーテンに裏地をつけましょう。

NIKKEIプラス1にも書かれていたように、防寒節電対策にカーテンを二重に

するということはいいこと、カーテンに裏地をつけるとそれ以上の効果があります。

ヨーロッパでは当たり前のことです。

今日は吊り替えに行きました。

7年間吊っておられたカーテンは、リリカラのラルフローレンの生地です。

ラルフのマークがついていましたので、リリカラの純正のメーカー縫製だと思います。

綿100%の生地で裏地はついていませんでした。

そうすると7年間でどうなるのか?

中央部をみてください。

色が飛んでしまいまして薄くなるのです。

この窓は1間半のガラス突き付けのコーナー窓でL型に2面あります。

コーナーのところはよく陽があたります。

共布タッセルは接着タイプの房掛けでガラスに付けてありました。

 

左上の写真 ラルフローレンのデザインが飛んで無地になっていました。

【画像はクリックで拡大します。】

右上の写真 上のタッセルコーナーについていたタッセル 

         下が室内の壁に着いていたタッセル

綿のプリントに裏地をつけていないと、太陽が当たる所では5年ぐらいで色が飛びます。

リリカラも、こういった商品は高級仕様として裏地をつけて縫製をしないから

ラルフローレンを飛ばしちゃったんですね。

ラルフローレンはこれじゃイヤだと言ったかどうか知りませんが、

とっくに契約が解除となり、今はリリカラはラルフローレンを扱っていません。

 新しく吊り替えたのは、スペイン製のヨコ使いの生地で綿75%麻25%のアメリエという

生地で裏地をつけています。

右側が裏地付きであたらしく作ったカーテン

左側が裏地なしのラルフローレンのカーテン

下の写真は 【拡大】

 

 当店ではオリジナル裏地に限り、通常価格の半額にして裏地付きを推奨してます。

  

当店のオリジナル裏地は遮光2級でポリエステル100%のベージュ系一色です。

表地が綿の場合は裏地も綿にすべきという意見があります、

というか、

ほとんどの人はそう言っておられます。

メーカーに聞けば必ずそう言います。

それは、表の綿生地と裏のポリエステルでは収縮率が違いまして

洗うと縫い目のところがビビったようになるからです。

表が綿ならば、裏も綿にした方が同じように縮むから

そちらがいいという考えです。
【綿の生地でも収縮率は全て同じではなく生地によって違います】

私は裏地はポリエステルの方が丈夫でいいのではと思っています。

洗濯すると収縮率が違って糸目のところがビビったようになるのを

解消するために、この場合は裏地と表地を袋縫いをして

ミシンで上からたたかないようにしています。

いろんな考えがありますので、販売側の説明をよく聞いて

納得して買ってください。

当店でもお客さんが綿裏地を希望される場合は、そのように

対応しています。

 

 今日のブログは役にたちましたか?        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

フラット裏地と一体型裏地とではどちらが断熱効果があるのか

エンドユーザーからカーテンと窓周り関係質問箱に頂いた問合せで「1倍フラット裏地」と「表地Tと一体型裏地」とではどちらの方が断念効果があるのかというのがありました。

 先月、川島織物セルコンがフェルトという新しいカーテンの見本帳を発売をして、その中に目玉商品として脱着可能裏地リーバシブル仕様という1倍フラット裏地をだしているため、川島織物セルコンに聞いてみました。

以前のブログにも書きましたが、この目玉商品であるリバーシブル仕様で、1倍フラット裏地を夏冬に裏表を取り替えることを川島織物セルコンが提案しておりますが、突き詰めて問い合わせていくと裏表交換しても断熱効果としてはほとんど差異はないということがわかりました。

これは川島織物セルコンが認めているのです。

そしたら、裏表ひっくり返すのはどうでもいいのですが、この1倍フラット裏地と表地一体裏地とでは断熱効果はどうなのかを聞きました。

データは出していません。 というのです。

川島織物セルコンの今回のテーマはエコな生活の提案です。

それにしてもおそまつくんです。   シェー

                  ●>
                 <|
                  4
                  |

1倍フラット裏地

下から見上げたところです。裏地と表地の間に空気層がたくさんできます。

 

上の写真はフラット裏地で左が裾の部分で右が上部です。

画像をクリックすると拡大します。

表地一体型裏地

下から見上げた一体型裏地

 

上の写真の左は一体型裏地の裾の部分で、右は上部です。

データは出していないが・・・・・

営業にきくと、フラット裏地の方が空気層が大きいので断熱効果があるのでは・・・・・

開発の人にきくと、フラット裏地はヨコがふさがっていないくて空気が動くのでよくなくて、一体型裏地は空気が動かない為、こちらの方が効果があるように思うとのことでした。

いずれにしてもデータをだしていないのではっきりわからないとのことです。

トーソーがリターン仕様をすると断熱効果が高くなると思っていたけど、実際に実験をしてデータを出したところ数字で訴えるほど大きな差は出なかったという例もあります。

川島織物セルコンはフラット裏地を商品としてだしているならばきちっとデータを出すべきです。

 

 

 

 今日のブログは役に立ちましたか        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

川島織物セルコンの新商品「脱着可能裏地リバーシブル仕様」

 川島織物セルコンが8月1日に新しい見本帳の「フェルタ」を発売しました。

今回は時代を反映して、カーテンスタイルで「ECOな暮らし」を提案しており、見本帳の説明会でも一番最初に説明されたのが脱着可能なリバーシブル裏地です。

 

 この商品は今回の目玉のようですが、私は疑問に感じていまして説明会のあとのツイッターでつぶやいているようにリバーシブルにしても効果がないのではと思っています。

 川島織物セルコンがいうには、この商品は後から取り付けられる1倍フラットの裏地です。
当店でも6年前から「うらだ」という商品名で提案しているものと同じ発想です。

しかし、川島織物セルコンは一流メーカーです。

我々と同じレベルでは提案しません。

ひと工夫されていて、片面はシルバーで熱を反射するようにしてあり、もう一面は黒で熱を吸収するようにして、夏と冬を裏表交換して取り付けましょうと提案しています。

さすがに川島織物セルコンは提案力が違います。

 私は、この川島織物セルコンの提案である「夏と冬に裏表を取り替える効果」に疑問を感じておりまして、新作発表展示会のときに、その効果について質問をしました。

そしたら、誰も答えられず、「宿題にさせてください」となりました。

その宿題も夏休みの宿題のように勘違いされたのか、なかなか返事が来ないので催促してやっと先日回答がありました。

 フェルタの見本帳には書かれています。

表地のカーテンに取り付け、取り外しが可能な両面使いのリバーシブル裏地縫製仕様です。遮光性と共に、裏面をシルバーにすれば夏の遮熱効果を、ブラックにすれば冬の保温効果をそれぞれ高めます。

説明書には

夏のお勧めー銀色の面を窓外側に向けてご使用ください。
太陽光に含まれる熱の元となる赤外線を反射させることで、冷房効率を高めます。

冬のお勧めー黒色の面を窓外側に向けてご使用ください。
カーテン表地と裏地の間に空気層ができ、保温効果が上がり暖房効率を高めます。

と書かれています。

 川島織物セルコンがいうようにシルバー面は、夏は赤外線を反射し、冷房効率を高めます。冬は黒面を窓外側にすれば、カーテンの裏地と表地の間に空気層ができ、保温効果があがりますが、これは窓外側にシルバー面でも空気層ができて保温効果があがるのです。

黒面を窓外側にしたからといって、シルバー面より効果があるというのは、太陽が照っているときで日射を吸収したときです。

川島織物セルコンに言わせると生地だけのシュミレーションで10%程差があるらしいのです。

でも、これは裏地として吊った状態ではなく、空気層は考慮されていません。

そして、冬の保温性を求めるのは太陽の照っていない夜です。

冬の昼間に裏地付きのカーテンを閉めて保温を求めるのではありません。太陽が照っているときならばカーテンを開けておいた方が暖かいのです。

 

裏地をつける効果は空気層ができますので保温性という点で大きいですが、
冬の夜の太陽が当たらない時に、裏地でシルバー面を窓外側にしようが、黒面を窓外側にしようが保温性の効果はほとんど変わりません。

 川島織物セルコンも「差異はない」と認めておりますが、今回の見本帳の説明会でいの一番にリバーシブル仕様のエコ裏地を説明して、冬夏を裏地を取り替えましょうと言っていました。

私どもが提案するレース用のフラット遮熱裏地を冬場にレースから外してドレープの裏地として取り付ける方がリーズナブルで効率的です。

 どうしんだろうか?川島織物セルコン

大阪の説明会でも、東京、名古屋とあって大阪3日目でしたが、営業員は誰一人関心がありませんでした。

 川島織物セルコンは1年前あたりからカーテンを見つめておりません。

カーテンの向こう側ばかりみています。

何をみているかって?

それは察しサッシ)がつきます。

今日のブログは役に立ちましたか        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

レース用遮熱裏地は、冬はドレープの裏地として使えます

節電の夏がやってきました。

昨年は関西に居ると報道されているほどの意識はなく、遮熱商品もあまり売れなかったのですが、今年はかなり前から問い合わせが多いです。

ネット販売は基本的にはやっておりませんが、毎日必ず問合せがあります。

5年間保証をしていますので営業テリトリー外にはいけないので販売も躊躇しています。

問合せに対して即座に返信できる体制もできていませんし、安く契約している運送会社もありませんし、代引きやクレジットカード払いにも対応しておりません。

それでも構わないとおっしゃっていただけるお客様には料金先払いで販売はしております。

当店オススメの遮熱対策商品はこれです。

6月16日のブログに書きました遮熱レース用裏地は、夏はレースに冬はドレープにかけてください」

 高機能遮熱レースの「シャネットレース80うらだ」を使ったレース用のフラット裏地です。

この商品は夏はレースにかけて、冬はドレープにかけると断熱効果があります。

リーズナブルで、今使っている商品に使えて夏は涼しく、冬は暖かくなります。

 先に6月16日のブログをお読みください。 施工例です。

右側が何もつけていない普通のレースです。
左側がシャネットレース80をフラット裏地としてつけています。

 

後から簡単に付けられるようになっています。レースが2重になり表側が透け感のあるレース、裏側が遮熱のフラットレースです。

上の写真は外からみたところです。
外からは室内がみえません。
夜もレースの2重で外から中がみえません。 これは大きなメリットです。

おおきなデメリットとして、昼間室内側からも外はほとんどみえません。裏地のレースは白なので暗さはありません。

夏場の暑い期間はレースにかけて頂いて冬場はドレープ(厚手カーテン)にこれをかけていただきたいのです。

室内側からみるとドレープは変わりありませんが、裏地がつきますので断熱効果がアップします。

節電を考える時は夏の遮熱だけではなく、冬の断熱効果も考えて1年を通じた節電をしていただきたいものです。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

遮熱のレース用裏地は、夏はレースに冬はドレープにかけてください。

先月書いたブログ「レース・ドレープ」とも1.1倍フラットカーテン」に福岡の同業者から

「ドレープとは厚手のカーテンという意味とは違いますよ 素人さんへ 」 というコメントをいただきました。

ツイッターでも話題になっていたのですが、同業者から素人呼ばわりされていますので、見解を述べさせていただきます。

私はブログではよく「ドレープ(厚手カーテン)」というような書き方をしています。というのはドレープといえば、インテリア業界の人は当たり前のようにすぐにわかると思うのですが、一般的には分かりにくいと思っています。

インテリア業界の団体であるインテリアファブリックス協会のインテリア用語集には

ドレープとは 重量感のある厚手のカーテン地の呼称として広く一般的に使われています。織り方は織物の三原組織ある平織、斜紋織、朱子織をはじめ、色々の変化組織や変わり織等バラエティに富んだ織り方があります。

と書かれています。

新聞記事にも必ず「厚手カーテン」という表現になっていて、ドレープとは書かれていません。

私はブログではできるだけエンドユーザーにわかりやすいようにしたいと思って、業界の専門用語だけではなく、一般名詞でも書くようにしています。

私は、ドレープのことをレースに対して「厚手カーテン」という表現でつかっています。

 

さて本題です。

今、レース用の後付けフラット遮熱裏地「シャネットうらだ」「シャネットうらだⅡ」がたいへんよく売れております。

今まで、生地が欠品していたため、あまり宣伝はしていなかったのですが、高機能遮熱レース「シャネットレース80」でフラット裏地をつくってほしいという依頼もあり、展示サンプルをつくりました。

名付けて 「シャネットレース80うらだ」です。

 

同じボイルの生地に左側のレースには「シャネットレース80うらだ」のフラット裏地を取り付けています。

撮影をしたのが夜で、外が暗いので違いがわかりにくいのですが、なにもつけていない右は透け感があって室内から外が良く見えます。

「シャネットレース80うらだ」を取り付けると、室内からは外がみえません。

 

 上の2枚の写真は後ろからみたところです。

 レース用・後からつけるフラット裏地に関しましてはこちらをお読みください。

よく「シャネットうらだⅡ」と「シャネットレース80うらだ」とではどちらが効果があるのかと聞かれます。

実験データがないのでよくわかりません。

違いは、

「シャネットレース80うらだ」は裏地としてつけると室内からは外が見えなくなります。色は白で明るいです。レースとしては重くて、これをつけると風に煽られにくくなります。価格もこちらの方が高いのです。

シャネットうらだⅡは、裏地としてつけると室内からは外がみえにくくなりますがみえないことはないです。色はシルバーです。

 

新しい提案があります。

「シャネットレース80うらだ」は室内から外がみえなくなりますので、

夏の太陽がきつい時はレースにつけていただいて、

冬場は必ず外していただき、ドレープ(厚手カーテン)の裏地として

使っていただきたいのです。

そうすると、空気層ができまして、冬の夜、ドレープ(厚手カーテン)を閉めると断熱効果がありまして、節電になるのです。

当店は夏の遮熱対策として、6年前からレース用フラット裏地として「シャネットうらだ」を販売しています。

 これは取り外しが簡単にできまして、冬場は外していただくことを目的にしておりましたが、意外と冬も付けっ放しというユーザーが多いのです。そしておっしゃるには「冬場はけっこう暖かいんですよ」とのこと。

なるほど、裏地があるため空気層ができ、断熱効果が発揮しているのです。

そこで、カーテン夢工房はそのレース用の裏地を冬場はドレープの裏地としてつかっていただくことを提案します。

実験データはないのですが、裏地の生地の厚さによって断熱効果が大きくかわらないと思っています。

空気層をつくることが大事なんです。

 これが、ドレープ(厚手カーテンにシャネットレース80うらだ」を取り付けて裏側から撮ったものです。

 

上の左側の写真は表からみたところでレース地の裏地がついていても全く気になりません。右側は裏からみたところです。

これは、私のアイデア提案でありまして、実験データはありませんが、夏と冬と裏地をとりかえることによって効果が遮熱と保温の効果は大だと思っています。

           1粒で2度おいしいのです。

もう一つ、別の効果がありまして、レースにレース用の裏地をつけることによってレースの2重吊りになります。そうすると、夜、室内の電気がついていても外からみえないのです。

夜、外から撮った写真です。右が「シャネットレース80うらだ』付きです。左はなにもついていない1枚のレースです。

こうなると、夜レースだけ閉めて窓を開けて過ごしても外から室内が見えないのです。

これぞ、1枚で満腹感を味わえる商品なのです。

夏冬の節電に大いに貢献してくれる商品です。

 6月19日記 同業者からも絶賛のコメントをいただいています。コメント欄をお読みください。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

この夏注目! 後からレースに取り付ける遮熱用裏地

2006年に当店が最初に販売しました後からレースに取り付ける遮熱用裏地
「シャネットうらだ」「シャネットうらだⅡ」が、この夏の遮熱対策品と大いにPRしていきたいと思っています。

これは今ついているレースに取り付けることができまして着脱が簡単です。

こちらをご覧ください。http://www.curtainkyaku.com/proposal/heat2.html

遮熱性のあるアルミ蒸着フイルムを織りこんだ生地をあとからフラットにレース用裏地としてとりつけます。

上の写真の左半分がシャネットうらだⅡをつけたところで、右側に何もつけていません。

レースに遮熱裏地をつけると少し透け感がなくなります。

 レースのフックにひっかけながら一緒にレールのコマ(ランナー)につけていきます。
フィスバ、五洋インテックス(インハウス・サザンクロス)やフェデのメーカー縫製である縫込みアジャスターフック仕様にも対応しております。

 

 

 

 

 上の左に写真は裏からみたところです。右の写真は裾の部分です。

今あるレースにとりつけることができて遮熱効果は抜群です。

お客様の声はこちらです。

私がよく口ずさむシャネットうらだの歌です。
山本リンダさんの「狙いうち」の替え唄です。

 うらだ うらだ うらうらで
うらだ うらだ シャネットうらだよ
うらだ うらだ うらうらの
この世は遮熱のためにある

見ててごらんシャネットうらだ
今にのるわレースのうら
みがきかけたこの商品
そうなる値打ちがあるはずよ

アルミをきりきり太陽めがけ
逃がさない暑さを狙いうち

天がくれたこの商品
無駄にしては罪になる
世界一の客だけ
この手にふれてもかまわない

うらだ うらだ うらうらで
うらだ うらだ シャネットうらだよ
うらだ うらだ うらうらの
この世は遮熱のためにある

 

今年の夏は、シャネットうらだであなたを狙いうち

 ※シャネットうらだは、私がつけた名前で「ジャパネットたかた」に聞いても売っていませんし、他の販売店で聞いても通じないと思います。

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

綿のカーテンには裏地をつけましょう。

 フジエテキスタイルのワールドファブリックスの生地で綿100%のものを取り付けました。

ポンポンマムWF3402TBです。

 

柄をいかすためにヒダをたっぷりとらずに1.5倍使いの2ッ山にしています。

 

綿の商品は日焼けによって色が飛んだり、劣化が早い為、裏地をつけることをオススメしています。

表が綿ならば、裏地も綿がいいという人もおられるますし、ポリエステルの方が強くていいという人もおられます。これは意見の分かれるところです。

綿の商品は吊っているだけで湿気等で縮んだりもします。クリーニングではドライでも多少縮むこともあります。そのため、裏地も綿にした方が同じように縮むのでいいという考えが裏地も綿派です。

私は、裏地はポリエステル派です。

今回は綿の裏地を使っています。

当店では綿の商品に裏地をつける場合は、袋状に縫ってひっくり返して糸目が表にでないようにしています。(無双縫製)

こうすることによって、表地と裏地の寸法変化率(収縮率)が違っても縮んだ時にヒゲがはえたようにならないようにするためです。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ