裏地付

マリメッコ「カイボ」を取り付けました。

4月から一人暮らしをされる大学生の部屋にマリメッコのカイボ(KAIVO)で1.5倍使いの1ッ山で裏地付き(3重裏地)で取り付けました。

6畳の殺風景な部屋ですが、カーテンひとつで大きく雰囲気が変わりました。

マリメッコの生地は薄い綿が多いので裏地を付ける事をお勧めしています。

当店のオリジナル裏地は只今半額セール中です。

こちらの現場は、お客さまが寒がりということで、裏地との間にインナー(インター)ライナーをいれて3重カーテンにしています。

 裏側から撮った写真です。白いのが中綿でインナー(インター)ライナーです。
これをつけることによって断熱効果がかなりアップします。

一人部屋の寒さ対策にいいです。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

マリメッコのフラットカーテン

今日は施工担当者と終日同行で新築戸建て住宅3軒取り付けに行きました。うちに2件に階段部分の吹き抜けにロールスクリーンを取り付けなければならなかったので私はハシゴ持ち要員でした。

3軒で取付ける窓は34窓あったのですが、カーテンを取り付けたのは1窓だけで他の33窓はブラインド、ロールスクリーン、シェード、バーチカルブラインド、プリーツスクリーン、シルエットシェード、デュエットシェード等のメカものでした。

私のブログではメカ関係のことをよく書いているので、それを求めてご来店頂くお客さまが多いのも事実です。

 当店ではカーテンも扱っております。

世界のあらゆるブランドの取り扱いもやっております。

マリメッコもその一つで、わずかですが店内にも現物サンプルの展示もしています。

ブログにもそういった商品を載せると効果がありまして、マリメッコもよく販売をしています。

すべて柄をいかすためにフラットで仕上げています。

同じ商品の色違いで、1巾では足らないので無地の柄で巾継ぎをしたり、ボーダーにしたりしています。

柄部分はマリメッコで、無地はフジエテキスタイルの生地を使い、すべて裏地付きで裏地は五洋インテックスを使っています。

マリメッコは綿100%の生地で大きく縮んだりもしますので、裏地は折り返して袋縫い(無双縫製)をしています。これによって糸目は表面にでません。

 

この裏話は、女性スタッフが後日「カーテン夢工房のスタッフブログ」に書きますのでお読みください。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

11月29日の読売新聞朝刊に掲載されました。

 

 

今朝の読売新聞の近畿版・中国・四国版の19面くらし・家庭欄に「冬の節電・窓対策」の特集がされていて、取材をうけたことが記事になっています。

(関東・中部・東北・北海道・九州版には掲載されていません。)

取材内容としましては、今生活されている中で気軽に節電方法を考えるというのがテーマだったので、後からとりつけることができる1倍フラット裏地のことをお話しました。

当店では「うらだ」という名称で早くから販売しておりますが、最近は「後付け裏地」としてホームセンターで既製サイズでリーズナブル価格で販売されています。

こちらをお読みください。 http://www.curtainkyaku.com/proposal/heat2.html

裏地をつける事により、空気層ができまして保温力が向上します。

また、冬場は昼間の太陽熱を室内に取り入れて、夕方早めに厚手カーテンを閉めるのが一番効果的です。

この夏、遮熱レースをご購入された方は冬場は透け感のあるレースに取り替えましょう。レースは夏冬とりかえることが経済的で節電になります。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

 

 

 

 

 

関西電力の節電のお願いにカーテンが取り上げられてます。

先日、関西電力の検針のときに「ご家庭における今冬の節電のお願い」というチラシが一緒に配られていました。

 その中で「暖房の節電対策として」

「窓には厚手のカーテンを掛けてください」

書かれていました。

 夏の節電にはインテリアメーカーは、その効果として「遮熱レース」や「遮熱ブラインド」をPRしていましたが、政府や東京電力の啓蒙チラシには一切書かれていませんでした。

 

チェックシートには

 厚手のカーテンを掛けることによって節電効果は1%削減となっています。

これは、普通にカーテンを閉めただけで1%の削減になるということです。

カーテンに裏地をつけると、川島織物セルコンのチラシによれば、その効果は約6倍になります。チラシによれば最大13%の省エネとなっています。

カーテンに裏地をつけると節電効果はさらにアップします。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

寒さ対策カーテン 三重カーテン

新聞社から「冬の節電に向けた窓対策」に関して取材を受けました。うまく取り上げていただければ29日の朝刊に載るらしいのです。載ったらまたブログでご案内いたします。

私がお話をしたのは、裏地付きカーテンを付けることや、カーテンレールの上にカバーをとりつけることによって冷気を防ぐことができることなどですが、一番いいたいことはカーテンはぜひ夏用冬用をつくって取り替えてほしいということです。

まずはレースからで、この夏、遮熱レースを買われた方は冬場は暖かい日差しが入りませんので、もう少し透け感のあるレースをもう1枚お買い上げいただいて冬用として使っていただきたいのです。

生地の話をしましたので、うまく記事になればいいのですが・・・・・

さて、本題です。

何度もブログでご案内をしていますが、究極の寒さ対策カーテンで三重構造になっています。

当店ではウォームビズカーテンと呼んでいます。

こちらを先にお読みください。https://curtainkyaku.com/blog/32734.html

施工例です。

生地は川島織物セルコンで一見普通のカーテンです。

裏からみると三重構造になっています。

 

裏地・中綿・表地の3重構造になっています。

断熱効果を高めるのには空気層をたくさんつくることが一番効果があり、お布団でも、1枚より上に毛布をかぶせた方が暖かいし、もう1枚あったらさらに暖かくなるのです。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

新築マンション納品

私は単独で現場納品に行くことはあまり多くありませんが、忙しくて人手が足らない時は行きます。

先日もマンションの吊り込みばかり1日3件行きました。

デザイン的なことやコーディネート・打ち合わせ的なことは、「カーテン夢工房のスタッフブログ」に女性スタッフに書くようにしていますので、こちらの方では納め方や縫製の事やハード的なことを書こうとしています。

そうすると書くネタがない時があるのですが、現場に取り付けに行った私がちょっとだけみてほしいところを書いておきます。

 

サイズぴったり。

 

遮光のカーテンをカウンターの上に吊りましたが、隙間3ミリでぴったり納まりました。

 

レースは1センチ弱あげています。

レースは裾本縫いウエイト巻きロック

150センチ幅の生地のタテ使いなので、裾はウエイトロックをしないで、本縫いでウエイトを巻いています。こうすることによって洗濯してもウエイトが落ちることがありません。

10センチのダブルの折返しをすると生地が3重になり、裏側の柄が表に透けて見えてきれいではありません。

フロントレース(レース手前吊り)

 

 

レースは形態安定加工

 

ドレープは裏地付き

 

これは1つの現場で、これだけエンドユーザーに訴えたいところはあるのですが、今まで何回も同じことを書いてきたのでこんなブログでいいのかなと思うのです。

 

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

この冬は裏地付きカーテンで~五洋インテックスの無双縫製~

 今日は川島織物セルコンの大阪ショールームで行われたフィーロの新作発表会に行ってきました。作品という名にふさわしい素晴らしい商品でした。

川島織物セルコンのショールームに行って、これらの商品をみると思わず欲しくなるようなものばかりでした。でも、一歩外に出て、財布をみたらもう一度引き返すか、そのまま帰ってしまうか悩んでしまいそうな商品が多いのです。

詳しくは私の個人のツイッターのアカウント(konnyann)の方で感想をつぶやいていますので興味のある方はご覧ください。

今回のフィ―ロでも力を入れようとしてるのが「裏地付き」です。

「裏地付きカーテン」に関しましては、当店ではそのメリットをブログやチラシでお伝えをして、半額セールもやり普及に努めてきました。

詳しくはこちらをご覧ください。https://curtainkyaku.com/blog/52417698.html

裏地をつけるメリットはいろいろとあるのですが、なんといっても断熱効果があります。

生地と生地の間に空気層ができます。空気層は熱伝導率が低くなります。そのため、熱が伝わりにくく、冬は暖かく、夏は涼しくする効果があります。

今、節電がさけばれる中、インテリア商品として冬の節電に効果が発揮します。

冬場は夏場より電力需要が多いという中で、夏よりより一層の節電が求められるのです。

節電=節約で家庭の財布にも役にたちます。

この冬に向けて、インテリア業界はもっとエンドユーザーに裏地付きのカーテンのメリットを訴えていかなければなりません。

 

そんな中、昔からメーカー縫製には定評のあった五洋インテックスが、裏地付きを少しの価格アップで無双縫製でやるとのことです。

無双縫製とは、アスワンもやっており、当店でも少し価格アップしますがオプションとして独自の縫製で対応しております。こちらをご覧ください。

 https://curtainkyaku.com/blog/51994240.html

 五洋インテックスの無双縫製

 

 ベージュの部分が裏地です。羽織の縫い方からきてまして、耳の部分を袋縫いしてひっくり返しています。下部は縫わない縫製技法で空気層ができて断熱効果があります。

 

上部は縫込みアジャスターフックなので上まで裏地がきています。

無双縫製で裏地をつけることによって裏地も楽しむことができるのです。

五洋インテックスでは、私のブログからヒントを得たという商品で、オパールプリントのレースに遮熱裏地をつけて一体縫製するようなこともやっています。

 

 

これも、空気層ができますので、夏は遮熱、冬は保温の効果があります。冬の暖かい陽射しは入りにくくなります。

 

    この冬は裏地付きカーテンで節電しましょう。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ