遮音(防音)カーテン

ピアノ室の吸音はカーテンとカーペットでできるか

 ジャニーズ事務所と別れてあてのない旅に出るというSMAP

〜じゃ〜にぃ(Journey)

今年はまだ半月とちょいなのに芸能ネタが満載です。

DAIGOと北川景子の結婚発表やベッキーの不倫問題、そしてSMAP。

毎日、1年を振り返って言葉遊びで出来ごとを表せることを考えています。

 

 1月19日記

このブログを18日の夜に書いて帰宅したらテレビのニュースでSMAPの

ことが大きく報道されていました。

SMAPもSTAP細胞もありま〜す。

2年前の年明けはSTAP細胞で盛り上がっていました。

2年後はSMAPで盛り上がっています。

 

 

さて、本題です。

 

防音設備のされていないピアノ室で音が響くとのことで、出来るだけ

緩和するために、壁全体にカーテンの取り付けと床にカーペットを

敷きました。

DSC00348

DSC00346 DSC00347

カーペットは置き敷きで、実測はばっちりで凸凹しているコーナーも

きれいに納まりましたが、グランドピアノを移動するのがたいへんで

お施主さんの親やメーカーの人にも応援にきていただいて男6名で

抱えて動かしました。

カーテンは窓側に天井から、反対側の壁は天井から壁いっぱいに遮音

カーテンを取り付けました。

DSC00350 DSC00354

DSC00349

今回の主目的は防音というより、音が響くので吸音することでした。

カーテンは年末に取り付けました。

カーペットはピアノの移動があったため、今月になってから敷きました。

効果のほどをピアノの先生に聞きました。

カーテンを取り付けて、カーペットがない時は、以前に比べて少しマシかな

程度だったのですが、カーペットを敷き込むとかなり違うとおっしゃって

いました。

以前はビビビというのが頭の先まできていたのが、今は耳のあたりで

とまっているという表現でおっしゃっていました。

私は、実際の違いはまったくわかりませんが、おっしゃっている表現は

なんとなくわかる気がします。

吸音という点ではカーペットは効果があると思います。

カーテンは、全体を覆うことによって、空気層ができて、吸音効果は

少しあると思いますが、防音という点では、密閉できないので期待する

効果はないと思っています。

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

防炎ラベルのトレーサビリティについて

インテリア業界では今年の4月1日から防炎商品のトレーサビリティという

制度ができました。

インターネットで検索をしても販売店がエンドユーザー向けに

説明しているものが見つからなかったので、私が少し説明をしておきます。

 

防炎ラベルのトレーサビリティというのは製品の追跡可能性ということで、

昨年の2月に防炎カーテンの性能不良にもかかわらず、防炎商品と

うたっていたという問題が発覚したため、それを追跡調査できる仕組みが

できたということです。

今年の4月以降に製造された商品で防炎品に関して、

その製造者が判別できるように、消防法で規定されている「防炎ラベル」

に加えて、通し番号のついた補助ラベルをカーテンに縫い付けな

ければならないという制度です。

補助ラベルは製造メーカーが用意します。

我々販売店は、ブランドメーカー(見本帳をだしているメーカー:

実際はメーカーではなく、商社・問屋になるのですが、インテリア業界では

メーカーと言っています。)に防炎カーテンを注文するときに

「補助ラベル」を一緒に出してくださいといいます。

 

それを縫製加工所で、防炎ラベルと一緒に縫い付けます。

防炎カーテン トレーサビリティ

防炎ラベルの下に縫い付けてあるのが「補助ラベル」で通し番号が

打ってあり、これをみればメーカーはどこで、いつ製造されたかが

日本防炎協会ではわかるようになっています。

IMG_3198_R IMG_3200_R

シンコールの遮音性のあるカーテンを音楽スタジオの間仕切りに

つけたときのものです。

IMG_3203_R IMG_3204_R

このラベルは無料で、日本防炎協会が保証する防炎カーテンで

あるということです。

私は、これさえあれば、今までの防炎ラベルは必要ないのではと思って

います。

防炎ラベルは有料で、事前に講習会を出席をして防炎認定業者になり、

現場ごとに申請をして「防炎ラベル」を買っているのです。

1窓カーテン1枚に付き、防炎ラベルを1枚つけなければならないのです。

これがけっこうな金額になるのです。

 

これが、日本防炎協会の大きな収入源であり、日本防炎協会はお役人さんの

天下りの温床です。

お役人さんを養うために、防炎ラベルをつけなければならないのは

納得できない話です。

トレサービリティの補助ラベルを正規ラベルとして、1枚に

統一して無料支給していただきたいものです。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

防音カーテン「サウンドガード」施工例

 

大阪市の「特別区設置住民投票」のいわゆる大阪都構想の期日前投票に行ってきました。
  
 府市合わせになるのがいいのか
何もしないでしみん(市民)ついた今の生活が幸せなのか
  
ふと(府都)考えました。

大阪市ではかなり盛り上がっています。

1票でも多い方に決定されるという住民投票で投票率がどのぐらいになる

のかが興味のあるところです。

17日は夜遅くまで特別番組を寝ずに観ると思います。・・・・・・.不眠で
(府民で)

 attachment02 attachment03

さて、本題です。

スミノエ(住江織物)の防音カーテン「サウンドガード」を取り付けました。

この商品は一般に遮音・防音カーテンといわれているものとは違って、

重さもありお値段異常です。

DSC05470

DSC05471 DSC05472

ピアノ室で、音が出来るだけ漏れないようにしたいという要望でした。

とちらかというとカーテンというようなイメージのもではなく、防音シートと

いう感じのものです。

縫製は住江織物で、隙間がでないように工夫はされています。

上部

DSC05475

下部

DSC05473

どのぐらい効果があるのかということが関心の的だと思って、現場で

スマホの無料のアプリの「騒音計」をダウンロードして実してみました。

 

窓を開けた時

DSC05478

DSC05479

マックスが82.89デシベル ミニマムが43.57デシベル

表示では80.66デシベル

 

サウンドガードを閉めた時

DSC05476

DSC05477

マキシム78・5デシベル ミニマム39.96デシベル

表示では50.88デシベル

スマホの無料の騒音計で測っていますので、数字の信憑性はわかりませんが

違いは明らかにあります。

人に寄っても感受性が違いますし、取り付け方や環境によっても違います。

普通のカーテンとの比較はしていません。

過度の期待はしないでください。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

 

寒さ対策にピッタリシェード

今や、インターネットの発達によって情報が瞬時に伝わってきます。

特にソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のおかげで誰がどこで何を

しゃべったかというような話もすぐに全国、全世界に広まっていきます。

先日、サンゲツの名古屋本社で開催されたサンゲツカーテン「ソレイユ」の

販売店向けの新作発表会で、名古屋支社長がご挨拶で

「ソレイユは辛口ブログでも評価していただいているので期待してください。」と

いうようなことをお話しされたということがフェイスブックに書かれていました。

 

辛口ブログ

 

たぶん、私のこのブログだと思います。

 

インテリア業界では、「ダジャレ好きのおっさんのブログ」とか言われますし、

「あのブログ」でも通じるようです。

 

「ダジャレ好き」の方は、今はこのイメージでいこうと思って、敢えて

受けなさそうでも、くだらないダジャレを書いています。

そんなん言うのはダレジャー(ダジャレー)

妻はおもしろいことはいいませんがダジャレー夫人(チャタレー夫人)と言われてます。

 

「辛口」は、単なるメーカーに媚びることなく、エンドユーザーの目線で

感じたことを書いているだけです。

サンゲツに関しては、私は大好きなのでかまってほしくて、ちょっと

厳し目に書いていますかね。

 

さて、本題です。

 急に寒くなりました。

寒くなると防寒対策で何とかなりませんかという問い合わせが多くあります。

問い合わせメールが多くて回答できずにたまっているのがたくさんありまして

申し訳ございません。

問い合わせメールで多いのが吹き抜けで、ご来店いただいてご注文を

頂くのが階段のところです。

こういうところの施工事例のブログをよく書いているからだと思いますが

窓対策も重要なのです。

夏は熱の71%が窓から入り、冬は熱の48%が窓から逃げて行くと言われています

(社団法人日本建材産業協会省エネルギー建材普及センター調べ)

窓に関しては、当店に相談しなくてもどこのカーテン屋でも

同じだと思われているのだと思いますが、今日は他社ではやっていない

施工例を紹介します。

 

寒さ対策(保温機能)遮光性アップ、そしてちょっとだけ遮音効果のある

ピッタリシェード(WALLFITTER)です。

 DSC03006

DSC03007

DSC03008 DSC03009

このシェードは数年前にあるメーカーが見本帳に載せて売り出していたのですが、

まったく売れず、いつの間にか隅のへに行き、システムが廃番になりました。

 

枠内にメカ本体を取り付けて、生地は大きめに作って上部にはカバーをつけます。

これによって生地と壁の隙間がほとんどなくなります。

縫製はプリエフ加工で、裏地にリング付きテープを縫い付け、表地と熱圧着しますので

針穴がなく、遮光1級の生地を使うと光漏れもほとんどありません。

 

DSC03012

DSC03013

ガラスと生地の間に空気層ができまして、断熱性がひじょうに高くなります。

朝、シェードを開けると冬場はすごい冷たい空気が入ってきて実感できると

思います。

寝室のベッドの上の窓におススメです。

オーディオルームやシアタールームにもおすすめです。

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

 

刺繍レース 上から下から

 今年から新しく女性スタッフが入社しまして、只今OJT(オン・ザ・ジョブトレーニング、On-the-Job Training)中です。

カーテンと窓周りに関する基礎知識は、私どものホームページ

初めてカーテンをオーダーされる方へ」というところに書いているのを順に

説明していってます。手前ミソで恐縮ですが、エンドユーザー様向けに

作っているのですが、新人教育にもよくできている内容です。

先日、カーテンの機能の説明で「遮音、防音」というのはほとんどないよと

言っていたのです。

そしたら、工事現場が自宅の近くにあり、シートがかぶせてあって大きく「防音」と

書かれているのです。

IMG_0888_R IMG_0889_R

建物の解体工事をしていたので、しばらく様子をみていましたがけっこう音はします。

シートの隙間もありますので、そこからも音が漏れています。

素材自体に防音性能があるのかもしれませんが、カーテンも同じで実際に吊って

見ると遮音・防音の効果はあまりありません。

新入社員には、カーテンで遮音・防音効果はあるとは説明しないように教育してます。

 

さて、本題です。

高層マンションの高層階に刺繍レースを取り付けました。

子供室はスミノエのU6001です。

 

DSC00583

DSC00582 DSC00580

 裾に刺繍のしてあるレースです。

昨年の夏にスミノエから出た商品で、ひじょうに売れていましてよく欠品しています。

中国の日本の企業で作っていまして、品質はよくて価格がお手頃で人気です。

リビングはシンコールのML7710です。

DSC00573

DSC00576 DSC00574

リビングは窓の手前にソファーがくるため、下に刺繍がされていても見えないので、

上から半分ぐらいまで刺繍がされているレースです。

高層階で、景色もいいため全体刺繍柄より外がよく見えてよかったです。

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

サンゲツの吸音・遮熱性シィアーカーテン

サンゲツが10月12日にコントラクトカーテンの見本帳を発売し、その中に吸音・遮熱性シィアーカーテンがありますので紹介します。

シィアーカーテンというのは、一般的には「シアー」と書くことが多いと思いますが、薄地の光を通すカーテンのことをいいます。

レースは厳密にいうと編み物ということになりますが、カーテン業界では一般ユーザー向けにはシアーカーテンもレースと言っています。(サンゲツでは、薄手カーテンの総称を「シィアー」と呼び、レース(編機を使った薄手の編み物) 、ボイル(透明感のある薄手の織物)、ケースメント(一見レースに似ているが、より厚みのある織物)の3つにわけています。)

今回サンゲツが出した商品はドイツ製で俗にいうレースで吸音するカーテンです。

(画像はクリックすると拡大します。もう一度クリックするとさらに大きくなります。)

         レースで吸音?

ほんとうに効果があるのかどうかを実験してみました。

こちらに使っている騒音計はiPhoneのアプリで「騒音計ーサンドレベルメーター」というもので85円で販売されているものです。データの正確さは確かではないですが、音の違いを耳で感じ取ってください。

 どうでもいいが動画です。真ん中の三角をクリックしてください。

右の箱は何もない状態、真ん中は薄いレース地(ボイル)、左が吸音レース「バイロット」です。
確かに音が違うと思います。

これは、外がうるさいからこのレースをつけると音が静かになるというものではありません。

部屋の音を吸収するのであって、音響室には最適で、ピアノの音とかが外に漏れにくくするのには効果的です。

外部の騒音がうるさいからといってこのレースをつけてもほとんど効果はないと思います。

 

今日のブログは役に立ちましたか        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

東リの遮音カーテンを取り付けてみる。

よく、遮音や防音カーテンの問い合わせがあります。

私自身は、カーテンで遮音は無理だと思っています。ほとんどオススメはしませんが、今回の現場は、その旨を十分説明をし、遮光性も求めておられたので東リの遮音カーテンを取り付けました。

生地の裏面にアクリル樹脂コーティングした商品で、東リの見本帳には遮光性はもちろん高い遮音性を持っているようなことが書かれています。

画像はクリックで拡大します。

しかし、よく読むとここには、カーテンの四隅を密閉した状態で測定しているとかかれています。

現実的にはカーテンをレールに吊って密閉することは不可能です。

 今回取付けた現場はマンションの7階で、オーナーの居室の和室です。隣にビルが建設中で音がうるさいのと、暗くもしたいという要望でした。

 遮音するには、内障子を外して、ここに内窓をつけてカーテンをつけるのがいいのですが、予算をあまりかけたくないとのことで出来る限りのことを簡易的にさせていただきました。

カーテンもドレープだけでシングルでいいとのことで、長押(なげし)にタチカワのファンティアの逆L型のシングルブラケットでレールを取り付けました。 

この場合、壁とレールの間に隙間があいてしまうので、そこに共生地をかぶせました。
 

動かないようになげしのチリの部分(少し出っ張っている部分)のところにタッカー(ホッチキスのでかいやつ)で固定して隙間を隠しました。上右の写真はレールの下からみたところ。

両端はリターン仕様にしています。レール側は両面テープで固定使用と思って用意していたんですが、動かなかったのでレールに乗せているだけです。

 

遮音カーテン 効果があるのかどうか

      取付に行った時は静かだったので正直よくわかりません。

私は、生地としては、密閉した状態ではそれなりに効果があったとしても、カーテンとして使う中では、密閉はできないので効果はないと思っています。

 

今日のブログは役に立ちましたか        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

東京ブラインドのバーチカルブラインドを取り付けました。

ツイッターでも、インテリア関係者の間で「遮熱」で盛り上がっています。

同業者のブログを読んでいると、今付いているレースを遮熱レースに取り替えたら室内温度が2~3℃下るようなことを書いている人がおられます。これも室内温度という形でのデータを出している所は、川島織物セルコンとスミノエがシュミレーションして電気代をだしているぐらいだと思います。それによるとほんのわずかです。

ブラインドメーカーのニチベイが「ブラインド付近の体感温度比較というデータをだしています。

(画像はクリックすると拡大します。)

このデータによるとホワイト系の遮熱ブラインドで窓から1m離れると一般ブラインドとの差は0.1℃ぐらいとなっています。(グレー系で0.3~4℃)

遮熱ブラインドで窓から10センチのところと1m離れた所では2℃ぐらい温度差がでます。
でも、一般ブラインドでも同じように2℃差がでます。

このデータによると遮熱ブラインド(ホワイト系)と一般ブラインドは窓から1m離れれば体感温度はほんのわずかしか変わらないということになります。

大手ファブリックメーカー4社に聞きました。「1.5倍使いと2倍使いの遮熱レースでは遮熱効果に違いがあるのでしょうか?効果は同じでしょうか?」

回答は「データがないから分からない」

また、「遮熱レースを窓際に取り付けるのと、窓から30センチぐらい離れた所にとりつけるのではどちらが遮熱効果がありますか?
(右の写真のようなケース。マンションで最初から窓から離れたカーテンボックスにレールがついていました。

回答は「データがないからわからない」

遮熱レースを取り替えた場合、室内の温度が2~3℃変わるデータの出所が知りたい。

 

さて、本題です。

東京ブラインドのバーチカルブラインドを取り付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京ブラインドのバーチカルブラインドのきれいなところは、均等ピッチでルーバーの間隔がほぼ同じようになっています。

 

国内の大手メーカーのタチカワ、ニチベイ、トーソーは最後の2~3枚で調整するため最後の重なりが違います。

詳しくはこちらをお読みください。

https://curtainkyaku.com/blog/52371767.html

https://curtainkyaku.com/blog/52359981.html

https://curtainkyaku.com/blog/52036122.html

メカ部分はドイツ・バウテックス社のものを使っており、開けた時の重なりも国内主要メーカーよりも小さく、幅に関してはミリ単位の発注が可能です。

その東京ブラインドが高性能吸音素材を羽根(スラット)に仕様した吸音バーチカルブラインドの有料モニターを期間限定で募集しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.tokyo-blinds.co.jp/news/2011/06/post-18.html

応募条件は音の問題に困っている、もしくは音響に興味のある方で、モニターはAプラン(モニター価格での提供/10名限定)、Bプラン(施工費のみの負担/3名限定)の2プランです。

当店でも、以前実験をしましたが、意外と効果があります。

 どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックすると動画になります。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

インテリア商品で節電を考える⑬ メーカーの提案

やっとインテリア業界も「今年は遮熱商品」だということに気付き始めてメーカーも販売店も「遮熱、遮熱」と言い始めました。

遮熱商品に関しましては10年以上前からあるのですが、今年急に脚光をあびだしたものですから、販売店側もエンドユーザーもよくわかっていないところがあります。

そこで、ツイッターで知り合った同業者8名と掲示板を立ち上げてネットを通じて勉強会をしています。こちらは非公開ですが、同業者間で白熱した討論をしており、掲示板に遮熱カーテンをかけても熱いぐらいで、すごく刺激になり勉強になっています。

メーカーもサンゲツが「インテリアでできる省エネ対策」というページを立ち上げました。これは一昨日、多くの人がツイッターでつぶやいておられ、「住生活グループが川島織物セルコンを完全子会社化」に続いて話題になっていました。

さすが、サンゲツ。 http://www.sangetsu.co.jp/energy_conservation/index.html

やっぱりインテリア業界のトップ企業だけあってやることが早い。

みなさん、期待してみたと思います。

私もわくわくしながら「窓まわり品」の方をみました。

がっかり。

サンゲツが遮熱効果のある商品として一例をあげているのが、コントラクトカーテンの見本帳に掲載されているリマ(CK3196/CK3197)なのです。

この商品はインテリア性がなく、機能重視で遮音・完全遮光暗幕なのです。

完全遮光の生地で、光が生地からは漏れないのです。

 

サンゲツの省エネ対策でおすすめ商品は完全遮光のリマなんです。

これじゃ、暑いからといって、昼間カーテンを閉めたら電気をつけなければ暗くなるのです。

省エネのためにカーテンを閉めて照明をつけたら節電にならないのです。

 

インテリアじゃなくてインチキや

 

インテリアメーカーのトップ企業として、もっとインテリア性のある遮熱レースなどを提案するのが使命ではないでしょうか?

 

 

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

遮音のためのシェード

CIMG6033

7月23日 大暑

二十四節気の一つで、最も暑いとされる「大暑」が今日です。
ほんとうに暑いです。

今日、昼前に愛知県一宮市の加工所から、当店が発注したサンゲツの生地で同じ品番のものが1.5mと11m入荷しているという連絡がありました。

調べたところ、1つはシェードをつくる生地で、もうひとつはカーテンをつくる生地で、当店では一宮市と豊田市の別々の加工所にそれぞれ送る注文していました。

サンゲツ大阪店に電話して、「送り先を間違っていませんか」というと「調べます」ということで一旦電話をきりました。

私は昼食にでて、戻ってきてからしばらく経つと、サンゲツ大阪店から電話があり、「営業員が今、その商品を取りに行って今日中に豊田市の加工所に届けます」というのです。

なに、愛知県やで!」というと「はい。向こうの地区の営業員が・・・」というので、そのあと一宮の加工所に電話して、その旨を伝えようとしたところ、先程、サンゲツの営業が商品を引き取って持って帰ったというのです。

なに、その間1時間余り。

そして、その商品を東名高速を使って1時間10分かかる豊田市まで届けてくれるのです。

さすが、サンゲツ

ふつうのメーカー・仕入れ先ならば、「申し訳ないですが、送料を負担しますのでそちらから転送してもらえませんか」というのですが、

さすが、サンゲツ です。

動きが早いし、全国を網羅する営業体制、ヨコの連絡がスムーズで指示系統がカンペキなことに改めたサンゲツの強さを思い知らされました。

インテリア業界では、「さすがサンゲツ」という言い方はよくします。

そこで、インターネットの検索で「さすがサンゲツ」と入力してみました。

いっぱいでてきました。

グーグルの検索では、サンゲツのカーテンをクリーニング屋にだしたところ、8センチ縮んだら、サンゲツが直してくれた話。さすがサンゲツとか、サンゲツOBが新しいサンゲツのカーテンの見本帳が他社の売れ筋や人気商品をよく研究している。さすがサンゲツ。

私のブログもでてきました。

さ~すが~サンゲツ

さて、本題です。

隣の家と接していて、音が共鳴してすごく気になるのでなんとかしてほしいという相談を受けました。

私は、カーテンで遮音・防音をすることは難しいと考えています。その理由は完全に塞ぐことができないからです。

メーカーの遮音カーテンのデータはこの生地で密封した時の数字がグラフ化されていていかにも効果があるように書かれていますが期待できる効果はありません。

生地によっては少しはマシにはなりますが・・・・・

これも人それぞれ感じ方が違うので言い切るのは難しいのです。

本日取り付けたシェードは、生地はフロッキー加工のものを使い、出来るだけ壁とのすき間がでないようにしました。

枠の内付けにして、耳たて、サイドリターン、下のばしをしました。

CIMG6029CIMG6028

生地が遮光1級なので、針穴が目立たないように、3ミリ径のバーを裏側でつつむバックタックシェードにしました。

CIMG6020CIMG6021

 

 

 

 

 

 

CIMG6022
こうすることによって、生地をできるだけ壁に近づけてとりつけることができ、たたみ上がりもスムーズになり、ピンホールから光の漏れを少なくすることができるのです。

CIMG6031CIMG6032

でも、やっぱり隙間はできます。

音は少しマシかな程度です。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房

 

 ブログのトップ