昨日のFNNプライムオンラインニュースによりますと、CNNやニューヨークタイムズ

など海外メディアがWeb化が遅れている日本のことを

「Fax-loving Japan(FAX大好きな日本)」などと揶揄したと書かれていました。

内容は医療現場ではコロナ陽性者が出るたび、多忙な医師らが「発生届」を

手書きでFAXする仕組みとなっているのを、ある医師がツイッターで

このような非効率な業務の無駄をつぶやいたところ、拡散され政府関係者の

目に留まり、先週からWeb化されたというのです。

それを一流の海外メディアも、「FAX大好き日本」として世界に向けて発信したと

いうのが記事です。

 

世界でも最先端をいくと思われていた日本の医療現場でも、まだファックスが

重宝されていたことにびっくりしたのですが、日本のインテリア業界も

日本の医療現場と同じレベルなのにちょっと安心しました。

 

いや、医療現場の方は先週からWeb化されましたが、インテリア業界は

コロナの終息よりも遅れそうです。

 

 

 

さて、本題です。

 

大型連休あたりからホームページからの問い合わせが多くなってきています。

埼玉の人からの問い合わせです。

【お問い合わせ内容】

カーテンを洗ったら、縮んでしまいました。オーダーメイドですごく気に

入っていたので直したいのですが、お願いできませんか?

営業地域の範囲ではないことは承知ですが、どうしても直したくて

問い合わせしました。

【回答】

当店は現場主義で、小さな会社ですのでお伺いできる地域でしか取り扱って

いません。

大変申し訳ございません。

 

 

たぶん、「カーテンが縮んだ」とかで検索をされてこのブログがヒットして

問い合わせをして頂いたんだと思います。

2016年2月のブログ

縮んだカーテンを伸ばす。

上のブログにも書いているのですが、ある程度まで戻すことはできますが

完全に元の長さまで戻すことは難しいのです。

 

カーテンを家で洗う時は洗濯絵表示ラベルをみて、水洗い不可のマークが

ついていれば、洗うと縮む覚悟をしてください。

 

どうしても自分で洗いたいときは、洗濯機で洗ったあと、脱水はほんの少しに

して、レールにすぐに引っ掛けて縮んでいないかをみて、縮んでいると丁寧に

全体を引っ張って下さい。

乾燥していなければ伸びます。

 

縮んでいるのに気付くのが遅くて、カーテンが乾いた状態だったらスチーマーで

蒸気をあてて下さい。

そうするとある程度伸びます。

 

蒸気で効果がなければ、もう1回洗濯機で洗って、乾かないうちにレールに吊って

全体を引っ張ってください。

元には戻りませんがある程度戻ります。

全て自己責任でやってください。

 

カビは白いレースならば当店のクリーニングである程度取れます。

カビを取るために漂白剤を使いますので、白いレースしかお受けしていません。

一昨日納品したカーテンクリーニング

 

レースはカビだらけでした。

洗濯後はきれいに落ちました。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ