当店は8月15日(土)16日(日)は通常営業しております。

ご来店をお待ちしています。

 

 

当店は10日~13日まで休みをいただいていまして、私は1泊2日で

有馬温泉に行きったりしてきました。

政府の指標に従い、「GoToトラベルキャンペーン」を利用して

近くで公共交通機関を使わずに行けて、家族だけで密にならないように

しました。

 

「GoToトラベルキャンペーン」は時期尚早という批判もあり、私も

そう思っているのですが、すでに実施されているものなので新型コロナ

ウイルスの感染拡大には最大の注意を払って利用しました。

 

同じように税金を払っている東京都民の方にはたいへん申し訳ない

気持ちですが、これはユーザーにとっては大きなメリットがあり、

観光事業者側にとっても一息ついたと言って喜んでおられました。

遠くに旅行することや高齢者に近づくことによって感染拡大になることは

避けなければならないですが、星野リゾートの代表が言われているように

マイクロツーリズム」をやっていかないとほんとに経済がもたないのです。

3密を避けながら地元の方が近場で過ごす旅のスタイルです

 

 

宿泊したのは「有馬温泉 月光園 鴻朧館」

有馬温泉は、大阪・兵庫の人がよく利用する名湯で、お盆とお正月は

予約がなかなか取れないし、この期間だけはすごく高くなるのです。

 

7月22日から「GoToトラベルキャンペーン」が始まったので直後に

検索したら「一休ドットコム」がこのホテルのタイムサービスを

7月25日17時からするという案内がでていてのでそれで予約をしました。

結局いろんなものを活用して販売価格のの53%引きの1人16020円

(税サ込)でした。

今は「GoToトラベルキャンペーン」以外にも関西人対象で兵庫では

「Welcome to Hyogo キャンペーン」で宿泊者に2000円バックや

大阪では「いらっしゃい大阪」キャンペーン(延長中)で宿泊者に2500円の

PayPayポイントバックなどをして観光事業を盛り上げようとしています。

 

それらをうまく利用して、近くで観光・宿泊もしていかなければならないと

思います。

 

月光園・鴻朧館は満室だったのですが、コロナ対策も完璧にされていて、

ほとんど他のお客さまと会うことがないのです。

今回はったりすることが目的で3時にチェックインして、翌日11時半まで

ホテルにいまして温泉も3回入りました。

他にお客さまと会うこともなくほぼ貸切状態でした。

有馬独特の赤湯ですが、このホテルの湯はすばらしかったです。

 

満室なんですが、お客様がいないんです。

 

食事は部屋食ではなかったのですが、個室のように限られてところで

しました。食べる事に夢中で一品撮り忘れました。

 

食事の時も他のお客さまと接することがないのです。

 

客室のカーテンの紹介です。

カーテンには遮光裏地がついているのですが、昼間に閉めてもけっこう

明るいのです。

遮光カーテンといえども、完全遮光のものでないと暗くはなりません。

レースは箱ヒダになっていました。

これは正解で、ヒダをたっぷりとるとドレープと干渉します。

開けた時はきれいではありません。

裾はウエイトロック

タッセルは共布ではなく別の柄なんです。引っ掛けるところに

既製カーテンと同じ江戸打ち紐です。

裾は12㎝ぐらいの切り替え

共布はこれに合わせたわけでもないようです。

光漏れを出来るだけ防ぐためにコーナー窓の両端はリターン仕様にして

ほしかったなぁ。

大きい窓のドレープ用のレールは交叉になっていました。

 

ホテルのロビー等のカーテン

電動オーストリアンシェード

電動シャープシェード

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ