10月になりました。

10月1日から新しくなったものや新たに加わったものがたくさんあります。

GoToトラベルキャンペーンに東京も適応になり、地域共通クーポン券も

利用できるようなりました。

私が一番びっくりしたことは10月1日から日本航空が機内などで英語で

アナウンスをする際に使ってきたおなじみの「ladies and gentlemen」と

いう呼びかけが、1日から性別を前提にしない表現に変わったことです。

新たに使う性別を前提にしない英語のアナウンスの表現は

「Attention,all passengers」や「Good morning,everyone」などです。

 

どういうことかよく理解できなかったのですが、世の中は男性と女性を

前提としたものではなく、LGBTQの人たちに配慮すべきとのことらしい

のです。

 

小難しい世の中になってきましたが、カーテン屋のこむずかしい話を

ひとつ。

ほとんどの人がなんとも思っていないことですが、私のこだわりです。

 

リビングの同じ面に大きさの違う窓が2つあります。

この窓は幅は違うのですが、高さも少し違うのです。

窓の形状が違うためです。

この窓に、柄の有る(リピートのある)生地でプレーンシェードを

窓枠内側に取り付けることになりました。

 

2台別々のプレーンシェードの柄のラインを揃えるには、シェードを

下から柄合わせをして縫うことなんです。

 

一般的には窓の上の位置の高さが同じで掃き出し窓や腰窓がある

場合が多いのです。

その場合はプレーンシェードの取付高さが同じなので、シェードは

上から柄合わせをした方が見た目がきれいのです。

上にあげた時の柄が同じになるからです。

 

以前にブログに書きましたが、メーカー縫製でプレーンシェードは

上から柄合わせで縫うのか、下から柄合わせで縫うのかを調べました。

2019年の8月23日のブログ

カーテンは上から縫うの?下から縫うの?

上から縫製をしていると答えたのは、川島織物セルコン、マナ、リリカラの

3社だけです。

五洋インテックス、スミノエ、アスワン、サンゲツ、フジエテキスタイルの

5社はカーテンと同じように下から柄合わせをして縫っているというのです。

 

当店はプレーンシェードは通常は上から縫っています。

上の取付高さが違う場合は、指示をして下から縫っています。

 

 

私が現場に行って写真を撮ったのではなく、施工担当者が撮ったもので

意図することがうまく撮れていません。

裾の柄があっています。

上の柄は合っていません。

 

 

縫製のやり方で、これが正解というのはないですが、プレーンシェードの

メーカー縫製で下から縫うのが5社で上から縫うのが3社というのは

当店は上から縫っているだけにちょっとびっくりしまいた。

住宅メーカーの縫製をたくさんしている川島織物セルコンは

上から縫っていて、ほとんどのケースで問題はないのですが、

このようなケースでは指示をしなければ見た目の柄が揃いません。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ