最近はIoTということがよく言われるようになりました。

 

IoTは”Internet of Things”の略でモノのインターネットと訳されています。

読み方はアイオーティーです。

モノがインターネット経由で通信することを意味します。

インテリア業界でも、ここ1年リモートで操作できる商品がたくさん

出てきて、メーカーも情報発信してくるようになりました。

 

今回は、ニチベイの電動バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を

スマホで操作できるようにした現場の紹介です。

赤外線送信の商品ならば、デバイスを購入すれば簡単にできます。

スマホ操作ならば、Wi-Fi環境があれば、外出先からも操作できますし、

タイマー設定も簡単です。

 

ニチベイの住宅用の電動バーチカルブラインド「アルペジオ」を

リビングに4台取り付けました。

 

コーナー窓

本体とコントロールユニットが一体となっていますので、

コンセントさえあれば簡単に取り付けることができます。

 

 

こちらは裾の重なりが大きい「シングルスタイルミニマルウエイト」という

のにしました。

通常はルーバーの重なりが10mm程度ですが、このミニマルウエイトは

20mmの重なりがあります。

 

こうすることによって遮蔽性が向上しますし、裾のスペーサーコードが

必要ないのです。。(価格は15%アップ)

小さいお子様がおられる家庭におススメ。

当店の一押しです。

 

 

スマホで操作するには市販のアプリをいれます。(ネットで6000円ぐらい)

アプリには、いろんなものが動かせるようなっていて、電動カーテンを

選びます。

そうすると、ニチベイ、タチカワ、トーソーなどが選択できます。

ニチベイを選ぶと

バーチカルブラインド「アルペジオ」はなかったので自分で設定します。

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。


 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ