2020年 12月 の投稿一覧

スマホで操作できるバーチカルブラインド

最近はIoTということがよく言われるようになりました。

 

IoTは”Internet of Things”の略でモノのインターネットと訳されています。

読み方はアイオーティーです。

モノがインターネット経由で通信することを意味します。

インテリア業界でも、ここ1年リモートで操作できる商品がたくさん

出てきて、メーカーも情報発信してくるようになりました。

 

今回は、ニチベイの電動バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を

スマホで操作できるようにした現場の紹介です。

赤外線送信の商品ならば、デバイスを購入すれば簡単にできます。

スマホ操作ならば、Wi-Fi環境があれば、外出先からも操作できますし、

タイマー設定も簡単です。

 

ニチベイの住宅用の電動バーチカルブラインド「アルペジオ」を

リビングに4台取り付けました。

 

コーナー窓

本体とコントロールユニットが一体となっていますので、

コンセントさえあれば簡単に取り付けることができます。

 

 

こちらは裾の重なりが大きい「シングルスタイルミニマルウエイト」という

のにしました。

通常はルーバーの重なりが10mm程度ですが、このミニマルウエイトは

20mmの重なりがあります。

 

こうすることによって遮蔽性が向上しますし、裾のスペーサーコードが

必要ないのです。。(価格は15%アップ)

小さいお子様がおられる家庭におススメ。

当店の一押しです。

 

 

スマホで操作するには市販のアプリをいれます。(ネットで6000円ぐらい)

アプリには、いろんなものが動かせるようなっていて、電動カーテンを

選びます。

そうすると、ニチベイ、タチカワ、トーソーなどが選択できます。

ニチベイを選ぶと

バーチカルブラインド「アルペジオ」はなかったので自分で設定します。

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。


 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

トーソーのカバー付ロールスクリーン

新型コロナウイルスの感染が拡大するばかりです。

大阪市は赤信号です。

 

と思ったら通天閣が青色にライトアップされていました。(2020/12/12)

 

12月5日に赤色にライトアップされたのですが、それは昨日までで

今日から青色です。

まさか「進め」ということではないだろうねと思って通天閣のスタッフに

聞いたら「医療従事者に感謝の意を込めて」ということで青になったと

いうことです。

 

お ま え は ア オ か ~

 

関西では小松政夫さんが亡くなられたことよりも

横山ホットブラザーズの横山アキラさんが亡くなられたことの方が

ニュースになっています。

その方の持ちネタでノコギリで音を出しながら「おまえはアホか~」という

のがあります。

 

医療従事者に感謝の気持ちで青色に点灯したり、拍手するのも悪い事では

ないですが、それよりも医療従事者に国として慰労金をだしてあげてほしいと

思います。

私は一人当たり30万円ぐらい支給してもいいと思っています。

医療従事者は、GoToトラベルもGoToイートも利用することもできず、

自己犠牲をしてまで献身的に働いていただいています。

ほんとに感謝しかありません。

 

赤色になった通天閣は撮れなかったのですが、5月に緑色が点灯され

7月には黄色になりました。

 

今回、ほぼ同じ位置から撮ったのですが、創業100年の

老舗ふぐ料理店の「づぼらや」が9月に閉店して食い倒れの街大阪を

象徴するふぐの張り子の看板がなくなっていたのがさみしいのです。

 

 

さて、本題です。

 

トーソーのロールスクリーンのカバー付を取り付けました。

 

上部のロールのところにオプションでカバーをつけることができます。

 

トーソーはカバータイプという名称でプラス定価8000円です。

右側のロールスクリーンは、トーソー独自の商品でレーザーカットで

切り抜いたものです。

正式名称はマイテック(ループ)シーズといいますが、お客さんは

「穴のあいているロールスクリーン」と言われます。

実は、このマイテック(ループ)シーズはカバータイプが出来ないのです。

 

そのため、カバータイプのメカのみとマイテックシーズの取り替え生地を

別々に注文して当店で組み立てたのです。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)のコーナー窓の納め方

他店で購入されたバーチカルブラインドのランナーが割れ落ちるというのを

9年前に修理させていただいた縁で、今回新規で取り替えのご注文を頂きました。

今回、お伺いした時に「前に来られてから10年程経っているので、かなり

年を取っている人がこられるのかなぁと思ったら、前に来られた時より

若くなっておられますね」と言われるのです。

 

「実は、よく顔が似てると言われるのですが、息子ですねん。」

 

「ちゃうちゃう、本人です。」

 

「昔、ヒゲをはやしておられましたよね。」

 

「いや~、マスクしているだけで今もヒゲをはやしていますよ」

マスクをしていると大阪のおばちゃんはよく突っこんでくれるのです。

 

 

 

 

 

ひげぇ~

 

 

このマスクは、当店の縫製加工所が考案・縫製して楽天市場

販売をしています。

まったく息苦しくなくて快適なんです。

 

 

さて、本題です。

 

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)の取り替えを行ないました。

タチカワのバーチカルブラインドで9年前は全てのランナーの交換を

しました。

タワーマンションのコーナー窓のリビングで部屋内に遮光のカーテンが

取付てあり、バーチカルブラインドはレース地で、コーナーの両端は

ソファや家具があり、コーナーの角の方で操作するようになっていました。

 

今回は、操作コードが剥けて細くなり操作ができなくなったため

交換となりました。

当店の施工ではないのです、コーナーの所はレールの前の部分で

突きつけになっていました。

 

当店では、どちらか一方を長くする付け方をしています。

 

こうした方がコーナーの隙間が小さくすむのです。

こちらの現場はバトン式で、少し隙間が開きます。

コード式にして、コーナーの両端に操作を持ってきたほうがコーナーの

隙間を小さくすることができます。

 

両側バトンにしてベランダに出やすくしています。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

コーナー窓の調光スクリーンのトイレットペーパー巻き

コーナー窓にメカ物をつける時は、隙間がけっこう開くのでやっかいなのです。

きちんと説明をしないと、業界の中にいる我々は普通の感覚なんですが、

エンドユーザーにとっては「なんでそんな隙間が開くの?」というのが

あります。

 

以前、ロールスクリーンをコーナー窓に取り付ける時に逆巻きにする説明を

トイレットペーパー巻きという説明をするとわかりやすいという

ブログを書きました。

 

ロールスクリーンのトイレットペーパー巻き

 

コーナー窓に取り付けた場合、ロールスクリーンよりもっと隙間が開くのが

調光スクリーンです。

ヘッドレールがロールスクリーンより大きいのです。

 

 

今回はそのようなケースの施工例です。

調光スクリーン「FUGA」の施工例です。

このようなコーナー窓の調光スクリーン「FUGA」を取り付けました。

 

本来はこのような感じになります。

店内にあるサンプルをスタッフにもってもらって撮った写真です。

 

スクリーン等は出来るだけ隙間を小さくするためにどちらか一方を

長くします。

調光スクリーンの場合は、ヘッドレールが大きいため、くっつけても

隙間が大きく開くのです。

 

 

そこで、今回の現場もお客さまに事前にその旨をよく説明させていただき

ロールと同じやり方のトイレットペーパー巻きにしました。

それでも隙間は開きます。

 

今回は一方の窓が幅2600mmあったので、大型タイプのメカを

使わなければならなかったのです。

そのため、通常の付け方ならばもっと開いたのです。

同じ部屋で小窓はプレーンシェードのボーダー付きををつけています。

こちらに関しましては「カーテン夢工房のスタッフブログ」を

お読みください。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

ブログは私の備忘録

このブログは16年間、3300回以上書いていまして、施工例をいっぱい

載せており、私にとっても過去の物件の記録帳になっています。

 

過去の物件を調べるには、パソコンならば右上にある検索で、

スマホならば、一番下までスクローリングをすれば「検索」が出てきました

そこにキーワードを入力すると該当するブログがでてきます。

 

先日、引取に行ったクリーニングの現場も9年10か月前にブログに書いていました。

 

2011年12月14日のブログ

プレーンシェードの柄出し打ち合わせ

 

このブログを読み返しながら、シェードをのクリーニングの引き取りをして

納品してきました。

柄をどのように出すかを打ち合わせをしていました。

障子の木枠を隠すために、両サイドをリターン仕様で40mmだして、

上は耳立てをしていました。

取り付けたお客さんが、カーテンクリーニングの依頼をしていただき、

ずっと繋がっていくのは、小売店をしている中でほんとにうれしいです。

 

 

カーテンクリーニングは年末はたいへん混みあいますので。

年内納めは12月10日までの御依頼分とさせていただきます。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

賃貸マンションに電動バーチカルブラインド取付

インテリア業界において電動商品がかなり浸透してきまして、以前は

高所に取り付けるものという感じでしたが、今は普通にリビングにも

取り付けるようになりました。

賃貸マンションにニチベイの電動のバーチカルブラインドを取り付けた

施工例です。

 

賃貸の場合は、ビス穴をあけることができないという条件があります。

(引っ越しするときに原状回復するのに費用がかかるという問題です。)

 

木枠にダブルレールがついていて、それを外して同じビス穴に

バーチカルブラインドのブラケットのビスを打ちます。

電源コードは木枠の出幅の側面に這わせて、両面テープ付きのクリップで

とめます。

受光部はブラケットの上にビスで固定します。

 

ビスを3本、ついていたレールのブラケットと同じ穴に使っただけで

完了です。

 

インテリア商品の電動はそんなにハードルが高くなくて簡単に取付が

できるのです。

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

 

 

安全に使っていただくために説明確認書をつくりました。

2020年10月29日のブログで「操作コードに首がひっかかり女児死亡」の話を

書きました。

毎日新聞には大きく取り上げられていましたので、インテリア専門店の間でも

話題になり、各社で対策案を話し合っていました。

記事はこちらです。

こちらは網戸の操作コードが首にひっかりお子様がお亡くなりになりました。

 

他メーカーのものですが、こういう商品です。

 

ロール網戸になっている商品で、操作コードで昇降する商品です。

こちらの現場では、コードは短くなっていて、取り扱い説明書もついて

いました。

たくし上げるクリップはついていなくて、本体側に引っ掛けるところが

ついています。

 

今回は網戸の操作コードが原因でしたが、インテリア商品にも同じような

ものがいっぱいあります。

操作コードは、ワンチェーンタイプでないものは、ジョイントが

あり、操作コードの長さもギアの回転数の関係で簡単に短くできない

のです。

そのため、クリップと説明書がコードについていて、これを用いて

お子さまの手が届かないところまでたくしあげてくださいとなっています。

 

 

今回ニュースになっている事故では、

「リフォーム業者もクリップを袋にいれたまま放置し、使い方を説明を

しなかった責任がある」

ということで施工業者も訴えられています。

 

こうした痛ましい事故が起これば、説明責任ということで施工業者・販売店も

訴えられることがあるのです。

 

当店では、今までもこうした説明はしてきましたが、何一つ形が残って

いないので説明したということでお客様からサインをいただくことに

しています。

 

先月から実施していますが、お客さんはよく理解をしてサインを

していただけます。

 

 

この確認書をつくるにあたって、日本ブラインド工業会が

作成したイラストを使わさせていただこうと思って、ニチベイを

通じて「使用許可願い」を出したところ、日本ブラインド工業会で

意匠登録をしているため、会員企業4社以外では使ってはいけないと

言われました。

やはり、インテリア業界において意匠権は重要で大切なため、

日本ブラインド工業会のものを使わず、イラストは当店で作っています。

 

私は、お子様の命にかかわる問題で、業界あげて安全のための

啓もう活動をしていかなければならないと思っています。

当店のイラストはスタッフが描いたもので、意匠登録はしませんので

自由に使ってください。

同業者で原本が必要な方はご連絡ください。

 

直接販売の場合はお客さんに説明ができるのですが、住宅メーカーや

工務店の下請けでお施主さまと接しない場合の説明が困るのです。

 

動画をつくって、QRコードで読み取れるようにして、引き渡し時に

事業主から説明をしてもらってサインをいただくようにするなど

何かしなければならないと思っています。

日本ブラインド工業会には、著作権フリーの共有できる動画をつくってと

お願いをしています。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ