昨日取り付けたお客様は、戸建て住宅をリフォームされてカーテンは

当店にご相談にご来店いただきました。

ひじょうにこだわっておられセンスのいいお客様で、お客様主導で

当店は背中を押す役目でした。

 

施工写真です。

 

 

フロントレース(部屋側にレースを取りつけること)で、1,3倍使いの

フラット仕上げにしています。

窓側は2倍使いのドレープ

レースはフジエテキスタイルPF1462BP

ドレープはフジエテキスタイルFA6900SB

フラットレースとはひだ山を取らない仕様なのですが、なにもしないと

きれいにならないのです。

そのため、簡易型の形態安定加工をして、ウエーブが出るようにしています。

そして、山がきれいになるようにピッチキープコードで前にでる

山にボリュームをもたせています。

そうするときれいなウエーブがでるフラットカーテンができます。

 

 

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)はルーバー(スラット)を

同じ色ではなくミックスしています。

このデザインはお客様が、ニチベイのホームページからご自身で

シュミレーションされました。

 

昨日取り付けて、余った生地をお渡ししていたところ、今朝メールをいただき

残布でクッションを作って、レースでおトイレのカフェカーテンをつくりましたと

写真が送られてきました。

下の2枚の写真はお客様が撮られたものです。

メールには「たいへん満足をしています」と書かれていて

こちらもうれしく思っています。

 

こちらの現場はブログを書いている私、小嶋は一度も現場に行って

いませんし、打ち合わせもタッチしていません。

今年入社の女性スタッフが接客させていただき、若い男性スタッフが

実測に行っています。

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ