前のブログにも書きましたが、当店は「カーテンと窓周り専門店」なので

内窓もしています。

カーテンと一緒に内窓を当店に注文するメリットは取り付け費が安くなるのです。

 

内窓を問屋に見積もりを取るときに施工も一緒にお願いしたらいくらになるかも

教えてくださいと言うと取付費込みの見積りがきます。

それをみると、施工費が結構高いのです。

さらに搬入経費や現場管理費費等がかかります。

当店は、ほとんど自社スタッフによる工事なので、施工費はそんなに

高くはないですし、カーテンと一緒ならばお客様にとってメリットはあります。

 

窓枠の奥行が30㎜しかないのです。

この場合はふかし枠を取り付けて奥行が70㎜以上になるようにします。

しかし、こちらの現場は両端が壁になっている出窓で、現状の枠の幅が24㎜しかなく

25㎜幅のふかし枠が取り付けられないのです。(26㎜必要)

こんな時はパッキンなどを入れてふかし枠を取り付けて、窓枠内寸を小さくするか、

窓枠にさらに枠をつくって持ち出すかなのです。

幸いに別の部屋をリフォームをされるとのことで、お客様にお願いして大工さんに木枠の

奥行を大きくしてもらいました。

 

上の写真は実測に行ったとき

大工さんに奥行が70㎜以上になるように枠を作ってもらいました。

(実際は80㎜)

こうなれば、内窓の取り付けは簡単です。

 

小学生のお嬢さんの部屋で、ここにバルーンシェードを一緒に

取り付けました。

一番下に下げた時もウエーブが出るように長めにつくって、それ以上

下がらないようにしています。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ