カーテンバトンタッセル

海外ではよく使われているカーテンバトン

クロネコメンバーズに登録しておくとLINEで「明日配達があります。」という連絡が

きます。

日中は夫婦ともほとんどいないので、徒歩3分のところのスーパーマーケットの前に

ある【PUDOステーション】にいれておいてという指示をします。


 
これは宅配業者も2回配達に行く手間が省けますし、私どもも自宅近くで24時間

ピックアップできましてお互いにとって便利なシステムです。
 
PUDO宅配ボックスに取りに行くと、リリカラから株主優待品が届いていました。 

 
中をあけると巾着袋にはいた文鎮(ペーパーウエイト)だったんです。
 
ペーパーレス時代でエアコンも完備している中で、文鎮とは・・・・

むしろ、この時代だから価値があるのかもしれないと思いながら使い道が

思い浮かびません。


 
 
株も先月に瞬間的に大きく値上げした時に売ってしまって株主でなくなったので、

おとなしく有難くいただいておきます。

 

 

さて、本題です。

 

カーテンバトンはご存知ですか。

日本ではあまり使われていないように思いますが、海外ではよく使われています。

ハワイのコンドミニアムに宿泊した時もカーテンにカーテンバトンがついていました。

先頭ランナーのところについている開閉するための棒です。

それを持って開閉するとカーテンが傷まないのと、高い所からカーテンが吊って

あるときに操作がしやすいのです。

ほとんどが棒なのですが、当店ではタッセルから作ってカーテンバトンタッセル

として販売しています。

このタッセルを分解します。

作り方はこちらです。「カーテンバトンタッセルをつくろう

 

出来上がったものを、レールの先頭のマグネットランナーに取り付けます。

 

 

カーテンを開閉するときに、このバトンタッセルをもって動かします。

 

 

今回、このカーテンバトンを提案させて頂いたのは、窓の前に60インチの

大型テレビがくるとのことで、そのためカーテンの開閉を楽にするためです。

カーテンの前に、テレビやソファなどのカーテンが開閉するのに邪魔になるものが

くる場合や、高いところがカーテンが吊ってある時はこれがあると便利なのです。

カーテンを傷めることもありません。

当店のおススメですが、ネット販売はしていません。

カーテンバトンに関する今までのブログはこちらです。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

お客様のブログに紹介していただきました。

先日、「カーテンバトンタッセルをつくろう」と書きましたが、私のブログの

読者で関東にお住まいの方がカーテンバトンタッセルをご購入いただき、

ご自身のブログで紹介していただいています。

チョコ実さんの「人生の折り返しに建てる家」

昨年の11月ごろにメールをいただいて「カーテンバトンタッセルを購入できますか」と

言われたので、生意気にも「ネットでは販売はしていません。」と

返信したところ、大阪在住のお父様がご来店いただき、注文・お支払を

していただきました。

 

恐縮してしまいました。

ありがとうございます。

 

チョコ実さんのブログでカーテン・窓周り品に関するものをじっくり

読ませていただきましたが、カーテンに興味を持っていただき実によく

勉強されているんです。

こんなエンドユーザーがおられるのはうれしいです。

 

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

カーテンバトンタッセルをつくろう

香港のホテルに3泊して気づいたことは、3つともカーテンを持って開閉

しなくてもいいようになっていました。

1つはひも引きカーテンレールで、あと2つはカーテンバトンがついていました。

これって、特殊なことではなく、海外ではよくあることで日本でも

ホテルではたまに見かけます。

日本の一般家庭では少ないですね。

これは、販売する側がそのメリットをよく説明をして積極的に販売

していないことと、カーテンの取り付ける高さがあまり高くないためだと思います。

日本のメーカー(トーソー)でよく販売しているのが棒状になっている

カーテンバトンです。香港のホテルでもこのタイプがついていました。

カーテンバトン

 これだと「ぼ〜」としていると頭にあたりそうなので、当店ではタッセル(タイバック)

からバトンタッセルを作って販売をしています。

既製のタイプのものもあります。

既製バトンタッセル

上の写真は既製のバトンタッセルで1本800円(税抜)です。

これを持ってカーテンを開閉します。

それに対してタッセル(タイバック)からもバトンタッセルを作って

販売もしています。

こちらはネット販売はしておりません。来店を頂いた方のみで、受注してから

手作りしておりカーテンと一緒に納品させていただくのが原則です。

店には在庫はありません。

ネットを通じてよく売ってほしいという問い合わせがあるのですが、当店では

ネット販売できる体制をとっていませんので、動きがひじょうに遅くて

迷惑をかけるのです。

 

つくるのは簡単なので、エンドユーザーの方で手作りしていただければなぁと

思って作り方を説明します。

DSC03679

こういうタッセルからカーテンに合う色を選びます。当店では1本800円で販売を

しています。(30色ほどあります。)

DSC03680

部材は東急ハンズで買ってきました。

DSC03681 DSC03682

タッセルを分解します。

DSC03683

買ってきた部材をコードにつけます。

DSC03684

 DSC03685

 結束バンドでしばります。

DSC03686

タッセルについていた部材でカバーをします。

DSC03687

 下部はどこで結び目をいれるかで長さ調整ができます。

DSC03688

DSC03689

買っていただいた方にはひじょうに喜んでいただいています。

高い窓や大きい窓やカーテンに手垢がつくのがイヤな方には

おススメです。

カーテンを毎日同じところを持って開閉していると、そこだけが黒くなってくるんです。

日本ではあまり使われていませんが、海外ではよくつかわれているものです。

ぜひ、ご自分で作ってみましょう。

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ