レース

まだまだよく売れているあとから付けるフラット遮熱裏地

CIMG6619

 

 

 

 

 

今夏、当店のオリジナルとして発売をしましたレース用の遮熱フラット裏地「シャネットうらだII」(写真右)はよく売れておりまして効果も抜群なのです。

問題はテカテカしているということです。昼間、太陽が当たっているとそのテカテカ感はあまり気にならないのですが、夜、外が暗くなるとレース越しでも気になる人もいるかと思います。

従来から販売している「シャネットうらだ」(写真左)は意匠的にも20色あり、透け感もあってキレイなのですが、遮熱効果はうらだIIよりもかなり劣ります。

意匠的なことを取るか機能を優先するか 

これは難しいので、当店ではよく説明をし、現物サンプルも貸出し事前に確認していただいています。

7年前にカーテンを買っていただいたお客さまも、遮熱対策で悩んでおられ、私のブログを読んでご来店をいただきました。

 意匠的なことを取るか機能を優先するか 

結果、両方をとることになりました。

3分の1はシャネットうらだII(テカテカしている方)、3分の2はシャネットうらだ(透け感のある方)を別々につくり、自由に変えることができるというやり方です。

カーテンをご購入して頂いていたので、サイズはわかっていました。そのため、お客様はご自身で取り付けができるとのことで、当店スタッフは現場をみていなかったところ、報告と写真を送っていただきました。

以下お客様からのメール

お世話になっております。
先日は、自宅のカーテンお送りいただきありがとうございます。

西南西の巾7.2M、高さ2.5Mのレースの遮熱裏地を、「うらだ」と「うらだII」を分けて使うという変な技を使い、お恥ずかしいばかりです。

現在、川嶋セルコンのフィーロの、目の粗いケースメントのようなレースを使用しています。
「うらだII」の、夜間の室内のギラギラした感じが苦手なのと
(深夜帰った主人の第一声が「ギラギラやん!」でした。)、
景色が見えにくくなることの抵抗が強く、このような選択をしてしまいました。
(予算も関係ありますが・・・)

結果をご報告いたします。
陽射しが差し込むと、継ぎ目も気になりません。
結果的には、満足しています。

両方の生地共に、部屋に陽射しが差し込まない午前中にレースを閉めると、
少し部屋が暗くなり、体感温度が下がる気がします。
(太陽が通りすぎた東側の部屋のようです)
さすがに、この酷暑では、気温だけでなく西日も更にきついので、「うらだ」では補いきれない感じがしますが、「うらだII」では、十分耐えうることができるようです。
西日タイムは「うらだ」の部分だけドレープを閉めて対応しています。
昼間の外出時もその方法で、きっと犬も留守が楽になってるはずです。
(今年の夏は、ドレープを閉めきって外出していました。)

予想通り、夜間の「うらだII」部分のギラギラした感じは、
許せないので(笑)、楽天でみつけたシンコールのフリーウェーヴマグネットの
シルバー色を購入して、「うらだII」の部分をとめて対応しています。
夏以外は、「うらだ」と「うらだII」を逆転させて使うつもりではいますが、
このマグネットがあれば、春、秋はレースのカーテンも開けっ放しの生活なので
このままでもいいような気がしています。(冬は保温のため、ドレープを夜は
閉めます。)

いろいろありがとうございます。
私の素人のような優柔不断さにお付き合いいただいた、大西さん(当店スタッフ)にも感謝いたします。

今後とも、宜しくお願い致します。
新店舗OPENで大変だと思います。ご自愛ください。

追伸:写真を添付致します。

F1020157F1020173

F1020166

 

 

 

 

お客さまから逆にすばらしいアイデアを教えていただきました。

ありがとうございました。 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

      織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

レースに遮熱カーテンを裏地として取り付ける

CIMG6323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業も今日から夏休みのところが多いようです。
神戸方面行きが渋滞していました。

インテリア業界の企業は今年は各社休み期間が違いまして、ニチベイやスミノエは今日から休みで、12日のところも13日からのところもあります。

休み明けもバラバラで川島織物セルコンは17日まで休みです。

当社は、大阪店は15日(日)16日(月)が休み
     夙川店は15日(日)16日(月)17日(火)18日(水)が休みです。

12日13日14日は営業しています。ご来店をお待ちしています。

さて、本題です。

今年の夏は暑いです。
ビール業界も売上を伸ばしています。でも、よく分析をすると飲食店への販売は少しマイナスで、一般家庭向けのビールの販売が伸びているとのことです。
節約して家で飲んでいるということでしょうか。

この暑さはこの業界にも少しは恩恵があり、遮熱に関する問い合わせがひじょうに多く、暑さ対策でブラインド1本やロールスクリーン1本の取り付けも多いのです。

当店は、私が遮熱カーテンの第一人者()といわれており、レース用遮熱裏地もよく売れてます。

今日は、お客様お持ちのレースに鈴寅の遮熱レースでフラット裏地をつくり、あと付けしてきました。

こちらのお客様は、今まで通販生活でmasa加工の遮熱レースの既製品を購入されており、ダブルのレールに手前に普通のレースをつり、奥側に遮熱レースを引っ掛けておられました。(冒頭の写真 真ん中のグレーのレースが遮熱レース

お客様は、通販生活でご購入されたmasa加工の遮熱レースの効き目を実体験されておられ、この商品がいいのだけど既製品でサイズがあっていないので取り替えたいとのことでご来店いただきました。

当店でも、これと同じような商品を扱っており、この生地で1倍フラット裏地「シャネットうらだ」をつくらせていただくことになりました。

CIMG6329CIMG6330

取り付ける前です。 

CIMG6322

シャネットうらだを取り付ける前の写真 

CIMG6328

シャネットうらだをとりつけた写真です。

サイズはオーダーで、今まで付けているレースはそのままみえますので違和感がなく、遮熱効果は抜群です。

この商品は簡単に取り外しもできます。冬は断熱効果で室内の暖かさを逃がしません。

夏と冬はシャネットうらだを取り付けて春秋は外すという使い方をして頂ければエコ生活になり快適に過ごすことができます。
ついでにレースもそのときに洗ってください。

遮熱レースが1枚だけならば、比較的室内から外は見えますが、レースと二重になると外が見えにくくなります。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

      織物研究会

 

 

 ブログのトップ

シャネットうらだ2のモニター報告(写真編)

近畿地方は梅雨明けしました。

今年の梅雨明けは昨年より早く、短かったのですが雨量は多かったそうです。
局地的な集中豪雨が多かったようで、実感としてはよく降ったなという感じはしなかったです。

ニュースなどでみると各地で被害がでていまして、被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、本題です。

昨日のブログの続きで、あとから取付けできるレース用フラット裏地「シャネットうらだ2」のモニター報告写真編です。

千葉市のMさまが、実際に取り付けた様子を写真にしてヤフーフォトにアップしていただきました。

それを皆さまに公開させていただきます。(写真はクリックするとすべて拡大します。)


南西側の寝室
モニターでシャネットうらだ2を取り付けていただいたのは2階寝室の南西の窓です。

取り付ける前の状態

取り付け前取り付け前2

カーテンのサイズが巾200×丈211センチです。

裏地到着重さわずか162g

商品到着。重さはわずか162グラムです。

色合いは下の写真のようでシルバーで少しテカテカしてます。
色合い色合い2

レースに取付け
レースに取り付けレースに取り付け2

これは下の図のようにとりつけます。

うらだII説明図縮小版ロゴ入り

まずは、右側だけシャネットうらだ2を取付け

右側だけ裏地付き右側だけ裏地付き2

右側だけ裏地付き3

 

 両開きの右側だけシャネットうらだ2が取り付けてあります。
上部だけで接点をもたらせていますので
右上の写真のようにもなります。

←透け感の違いがわかりますか。
少しみえにくくなりますが、室内からは外は見えます。

外からみた写真です。

外から(裏地付き)外から(裏地なし)

上の写真の右側は何もつけていない方。
左側はシャネットうらだ2をつけている方です。昼間は外からは中はまったくみえません。

室内点灯時に外からみた場合

(室内点灯時)外から(裏地付き)(室内点灯時)外から(裏地なし)

(室内点灯時)外から上の写真の右側がなにもつけていない方。
左側がシャネットうらだをつけている方です。

シャネットうらだをとりつけると、夜室内で電気がついていても、外から中は見えにくいのです。

日中差し込む陽射しの違い
差し込む日差し

上の写真の左側はなにもつけていない方。右側がシャネットうらだ2を付けている方。

レースの前に温度計を置くと2℃の違いがありました。
温度計(裏地なし)温度計(裏地付き)

上の写真の左側がなにも付いていない方、右側がシャネットうらだ2付き
(写真はクリックすると拡大します。)

両方にシャネットうらだ2をつけてみました。
両方裏地付き3両方裏地付き2

外から その2
左の写真は両方にシャネットうらだ2を付けて外からみた写真です。

夜、室内点灯時

点灯時3灯時2

ここで、もう一度昨日のブログをお読みください。

この写真はすべてモニターのMさまが撮っていただいたものです。

私は感激しました。

まるで劇を観ているようです。   かんげき~ (観劇)

シャネットうらだ2はジャパネットたかたに対抗してネットでも販売いたします。

シャネットうらだ?価格表

シャネットうらだ2は断熱効果が高く、冬に取り付けますと保温性が高まります。
秋春は取り外して、やわらかい陽射しを入れて年4回カーテンで楽しんでください。


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック
 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

スミノエの新見本帳 遮熱カーテンについて

スミノエすずしや

昨日のブログの続きです。

スミノエの新しいカーテンの見本帳が7月21日に発売されます。

今回の見本帳では遮熱カーテンにも力をいれており、「SHANETSU」というひとつのくくりで商品群を載せています。

その省エネ効果を数字で表していて、どのぐらいの冷房効率があるかもしくは暖房効率があるのかがわかるようになっています。

スミノエすずしや絵表示

上の省エネ15%というのがそのマークです。

これは、「カーテンを吊る前と吊った後で、どれぐらいの消費電力量が減るのか」という数字で、日常生活の中で、このカーテンを吊ると電気代が15%安くなるというわけではありません。

川島織物セルコンも独自のやり方で表示しており、各社実験方法も違いますので、同じメーカーでの生地比較で、どちらが省エネ効果があるのかという
時の比較程度に考えればいいと私は思っています。

「SYANETSU」の商品群にはユニチカのサラクールを使ったもの、masa加工のステンレスのスパッタリング加工をしたものの他に帝人ファイバーの「涼しやSUZUSHIYA」という繊維を使ったものがあります。
(冒頭の写真:クリックすると拡大しまして、それをもう1回クリックするとさらに拡大します。)

この繊維は、実は私も注目していたのです。

ウエーブロンでおなじみの帝人ファイバーの商品で、私が親しくしている機屋さんが「この繊維は遮熱効果が高いらしい」といっておられて、当店取扱いの旭化成・サンペイクに替わるものとしてオリジナル商品をつくろうとしていたところなんです。

この糸は酸化チタンを多く含んでおり、酸化チタンは紫外線や可視光線を反射・散乱させる粉体で、日焼け止めの成分としても使われています。

遮熱効果のある糸では、ユニチカ、旭化成せんい、東レに先行されていて、帝人ファイバーがあとから研究して「参加ちたいねん」と参入してきたので、その効果に期待していたのです。

そしたら、スミノエのカタログをみると、この「涼しやSUZUSHIYA」を使ったものが「省エネ15%」にランクされているのです。

スミノエの見本帳に掲載されているサラクールやmasa加工の商品は省エネランクは10%です。

以前にも書きましたが、サラクールは何%使っているかによって効果は違いますし、masa加工の生地も加工する前の生地のよって大きく違います。
「涼しやSUZUSHIYA」も同様です。

しかし、スミノエの見本帳では、普通っぽいレースの中では帝人ファイバーの「涼しやSUZUSHIYA」を使ったものが一番効果がありそうです。

これから各社も使うようになってくると思いますが、「ウエーブロン」のように
帝人  フィーバーするのでしょうか?

スミノエは「ウエーブロン」にも力を入れており、ミラーカーテンもたくさん掲載しています。

スミノエは「ミラーカーテン」のことを「ハーフミラー」と言っています。
「ミラーカーテン」というと、スミノエ取扱いブランドの「ミラーショーン」と区別しにくくて「ミラー損(ション)」するからだと思います。

スミノエの見本帳は「暑いからなんとかして」と言われた時に持っていくのにいい見本帳です。

でも、遮熱効果のある商品は断熱効果があり、保温性もいいので、メーカーとしてももっとそういうことも訴えるべきではないでしょうか。


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

遮熱レースカーテンについて

CIMG5321

いよいよ明日ですね。

6月11日のブログに「今大会の日本は期待値は低くて国内ではあまり盛り上がっていませんが、カメルーン戦は1-0で勝って勝ち点3を得てそれ以後盛り上がると思います」と書いたらほんとにそうなってきました。

明日はゴールデンタイムで視聴率が60%ぐらいいくのではないかと言われていますが試合の方は日本にとって厳しいものがあるのではないでしょうか。

1次リーグの最終戦の対デンマークは25日朝の3時30分なのでテレビ中継を観るのはちょっとしんどいかもしれませんが、翌日は勝っても負けても日本は「真っ青」になるでしょう。

さて、本題です。

今週の大阪は暑い日があったりで、急に遮熱カーテンの問い合わせがふえました。

私は暑いのは苦手なんですが、商売的にはもっと暑くなればいいのかなと思っています。

今日は遮熱カーテンについて説明します。

遮熱カーテンに関していろいろと興味のある方は、右のカテゴリーの「遮熱カーテン」のところをお読みください。

今、楽天市場をみると「遮熱カーテン」は大流行りで、安いのから高いのまであって、どれがほんまに効果があるのかよくわからないといったところでしょうか。

まずは遮熱レースに関して説明しますと、

1)裏側にステンレスを粒子レベルでコーティングをしているもの。代表的な商品は鈴寅のmasa加工。

2)裏側にアルミ蒸着しているもの。

3)繊維にセラミックが入っているもの。今、ネットの世界で一番露出しているのが、ユニチカのサラクールです。当店が扱っているものとしては、旭化成せんいのサンペイク。ブランドメーカーが遮熱カーテンとして使っている中で多いのが東レのアロフト。(いずれも繊維の名前です。)

4)ミラーレースやウエーブロン。
 ミラーレースは裏側に光沢のある糸を使って反射させているだけですが、光を入りにくくするという点ではほんの少しは遮熱効果はあります。

わけることができると思います。

一番効果があるのは、裏側にステンレスをコーティングしているものだと思います。
これは、鈴寅の特許技術で、当店でもmasa加工の商品はよく販売しています。

masa加工の商品ならばすべて同じ効果があるかというとそうではありません。
加工する生地によって大きく違います。当店でもいろんなものを扱っています。

遮熱効果は高いですが、価格も高く、意匠的にシルバーのレースになってしまいます。

機能重視の方にはおすすめです。

意匠的にシルバーのレースは耐え難いと言う方には
(3)の繊維にセラミックのはいったものがオススメです。このレースはほとんど白いもので見た目はふつうのレースです。

効果はmasa加工のものよりは劣りますが、それなりに効果があります。
ただ、このようなセラミックの入って繊維を商品としてのレースカーテンにどのぐらい使っているかということが問題になるのです。

繊維メーカーも、何%以上使わなければ、その名称を使ってはいけないというような基準は設けていません。売りたいがために販売側の良心に任せているようです。

ユニチカの「サラクール」は少しでも使っていれば「サラクール使用」としても問題はないようなのです。カーテンの中にサラクールという繊維を20%ぐらいしか使っていなくてもいいみたいなのです。

だから最近、遮熱レースでサラクールというのがやたら目立ってきています。

販売店に、サラクール使用のレースに「どのぐらいサラクールを使っているのですか」と聞いてもほととんど答えてくれないと思います。
というかしらないと思います。

どのぐらいサラクールを使っているかによっても効果が違います。
サラクールのレースは編み方や織り方も違いますのすべて効果があるというわけではありません。

当店がよくPRしていました旭化成せんいの「サンペイク」は暗黙の了解で「サンペイク使用」とする時は50%以上使うというようになっているようです。

当店の遮熱レースのサンペイクは70%使っていました。
この商品はかなりオススメでよく販売をしておりましたが、旭化成せんいが3月にポリエステル事業を撤退しました関係で、年内は商品供給はできますが今後なくなります。

東レのアロフトも、少ししか使わないで勝手に「アロフト使用」とするのはモラルに反するということで、「アロフト」はエンドユーザーにはあまり知られてません。

また、遮熱効果の高いレース程、透け感がなく昼間も室内からみえにくくなります。

当店でも、遮熱レースで室内から昼間外が見えやすいという商品もありますが、それは遮熱という点に関しては見えにくいものにくらべて劣ります。

CIMG5326

冒頭の写真と同じ現場です。高層マンションの東北の位置で、写真は今週の日曜日の朝で曇り空でした。

写真の商品はサラクールで、窓が2面あるときは、比較的室内から外が見えなくても、効果の高いものがいいと思っています。

当店では、この夏に向けてアルミ蒸着の商品でリーズナブルな遮熱レースを用意しております。いろいろと試しているのですが、ふつうに吊ると光沢感があり過ぎて意匠的によくないので、あとからとりつけることが出来るレース用フラット遮熱裏地シャネットうらだとして販売いたします。
只今準備中です。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

レースの透過性

親しくしている同業者からSEO対策について聞かれました。

SEOというのはSearch Engine Optimizationの略でサーチエンジン最適化ということです。要するに、インターネットの検索でいかに上位表示されるようにするかということです。

皆さま方もインターネットで何かを調べるときは、ヤフーかグーグル検索エンジンで調べて1ページ目に表示されるものから順番に見ていくと思います。

そのためには、自社のホームページが、たとえば「オーダーカーテン」と検索した場合、1ページ目の上位に表示された方がホームページに来て頂ける確率が高くなるのです。

そのために、上位表示されるためにSEO対策をするのです。

ちなみに、「カーテン夢工房」はヤフーの検索で「オーダーカーテン」では
849万件中1位で、「カーテン」ならば9040万件中16位です。(2010年4月22日現在)

SEO対策にはいろんなやり方があります。ヤフーとグーグルではやり方が違います。

評価基準もしょっちゅうかわります。また、業者にホームページ製作を委託されたところはどこもがSEO対策をやっています。

これは素人では無理でプロに依頼するか、そうとう勉強するかしないとダメです。

今の検索エンジンの状況としては、3月11日にヤフーでインデックス更新が行われて、①関連するカテゴリーページからのリンク数が多くて②サイト内における類似ページの割合が低いほど、 順位が上昇する傾向があるようです。

ヤフーで上位表示されるには、良質なページにリンクされていて、その数が多い程いいと思います。逆に、内容が重複しているようなページがあれば、それは類似ページとみなされ評価が低くなってきています。

このブログは、ライブドアにミラーサイトがあるため、検索エンジンの評価が低く、最近上位表示されていないことを痛切に感じています。

なにか手を打たねば・・・・・・

SEO対策は常識的に絶対必要ですが、上位表示されてホームページを見て頂いても、ホームページがつまらなければそれで終わりで商売につながりません。

ホームページを充実させる事の方が重要です。
ブログも効果的ですが、たまにしか書かないブログはかえってマイナスだと思います。
検索エンジンに引っかかるようなブログを書かないとダメかな・・・・・

さて、本題です。

「カーテンと窓周りに関する質問箱」に「カーテンの透過性」というタイトルで以下の質問が入っていました。

 レ-スのカ-テンで昼間は
 
1、外から室内が見えにくく かつ採光性が有り

2、室内からは外がよく見える

  都合の良いカ-テンは有りませんか?
  夜間は二重カ-テンのためどうでもかまいません

一般的には普通のレースは昼間は外から室内が見えにくく、室内からは外が良く見えます。

外から見えにくいレースということで、ミラーレースやウエーブロンは、昼間室内から外は見えにくい傾向があります。

2010年2月16日のブログ「ミラーカーテンってどうよ」をお読みください。
https://curtainkyaku.com/blog/52208950.html

SH380320

上の写真は現場で打ち合わせの時に、レースの透け具合を確認するために3種類吊って、昼間室内から外をみました。

右が一番透け感のあるボイルです。

これを外からみると
SH380324

少し離れたところから室内側をみたら昼間外の方が明るいと中はほとんどみえません。

窓際で覗き込むと見えますし、夕暮れ時や雨が降っているときで、室内の照明をつけていると外からもみえます。

この現場はお客様は一番透け感のある右のボイルを選ばれました。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 

今日の現場 レースに裏地をつけました。

五洋インテックスから「送料請求のお願い」の文書が届いており、営業員から説明を受けました。

この業界はけっこう送料はメーカー持ちというのが多いのです。クロス(壁紙)業界は以前より自社便体制があったりで送料メーカー持ちで、29年前にサンゲツがカーテンに参入してきて、そこら辺りからカーテンも送料メーカー持ちになったようです。

ユーザーにとっては送料無料はたいへんありがたいことです。でも、小額のものを送るのに送料も負担していたらメーカーとしても合わないのは自明です。

五洋インテックスの案内には「弊社では、小額の出荷比率が次第に高まっている状況にあり、それに伴い1オーダーあたりの運送コスト比率が上昇しております。つきましては、平成22年6月1日より、商品の運送代735円をご請求させていただきます。
(中略)税抜き5000円未満の場合とさせていただきます
。」となっています。

要するに、仕入れ価格で5000円未満のときは1送り先に対して送料がかかりますよということです。

理解はよくできます。

でも、送料も含めて仕入れ価格になりますので安い方がありがたいのです。

私どももお客様に直送するときは、30000円以下の場合は、送料630円頂いています。それ以上の場合は当店で負担しています。

関西の人は、特に送料負担を嫌がられます。

送料630円かかりますというと、それじゃ引き取りに来ると言う方がけっこうおられます。引き取りに来た方が時間と費用がかかっても、送料を払うのがイヤなんです。

私もネットで買い物をするときは、必ず送料は意識しています。
送料を含めてどちらが安いかという事を必ずみますし、5000円以上送料無料となっていたら、特に必要でなくても5000円以上になるように余分なものを買ったりもします。

送料は必要な経費で、無料となっている場合はその経費は商品代に乗っているのはわかるのですが、「送料無料はありがたいのです。

今日の現場

レースに裏地をつけました。

東向きの寝室でお客様はレースだけでいいという話だったのですが、それはいくらなんでもいつも朝早くに目が覚めますよということで、ひょんなことからレースに裏地をつけることになりました。

当初、お客さんはマナの生地で選ばれていたのですが、あまりにも高くなるので、よく似たフジエの生地(組成:綿65%、ナイロン25%、ポリエステル25%)になり、それにインハウスの綿100%の裏地をとりつけました。

CIMG4336

CIMG4343CIMG4333CIMG4331

(写真はクリックで拡大します。)

CIMG4342

レースは本縫いウエイト巻きこみ仕様、裏地は裾8ミリの折り返し。この縫製が意外と難しいのです。

レースの機能はなくなってしまいますが一つの商品としてはすごくいい感じになりました。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ