レース

レースを洗いましょう

サクラがきれいです。

CIMG4177会社の近くの天満橋の大川沿いは、今サクラが満開で賑わっています。
先程、夜桜を橋の上から撮影してきましたが、どうもうまく撮れません。

来週の14日(水)から20日まではこの近くの造幣局の通り抜けがありまして、こちらのサクラも見事です。

暖かい日が続くと、その期間に散り始めないか心配です。

さて、本題です。

暖かくなってきたら、まずはご自宅のレースを洗いましょう。

当店では、レースは年に2回洗濯されることをおすすめしており、結露の時期が終わった今が最適なんです。

洗わないでほっておくと、カビになることもあります。カビになるとなかなか取れないです。

もう1回は秋の10月末から11月頭ぐらいで、窓を開けなくなる時期です。

ドレープ(厚手)は2年に1回は洗いましょう。

当店はカーテンクリーニングもさせて頂いていますが、ご自宅で洗えるものは出来るだけご自宅で洗いましょうという考えです。

レースはほとんど洗えると思います。
まずは、カーテンについている洗濯絵表示ラベルを確認してください。

カーテンの洗い方についてはこちらをお読みください。
https://curtainkyaku.com/blog/52125481.html

https://curtainkyaku.com/blog/51774017.html

https://curtainkyaku.com/blog/52076545.html

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 

ロールスクリーンとレースの組み合わせ

寮生活をしている高校1年生の次男が4カ月ぶりに帰省しています。
ラグビーをしており、菅平の合宿を終えて帰ってきたのですが、久しぶりに会う息子は見違えるほどたくましくなっていました。体もでかくなり、精神的な成長もうかがえ親としてうれしい限りです。

一皮むけた感じです。        日焼けで。

さて、本題です。

ロールスクリーンとレースの組み合わせ施工写真です。

CIMG2607

CIMG2608CIMG2609

CIMG2611CIMG2610

ロールは透け感のないピンクのトーソーの商品で、枠内に納めてシャッターがわりにすっきりさせています。

レースは東リKTB-1134で、290巾の横使いの商品でmあたり11500円します。
なぜ、こんなに高いのかよくわからないのですが、高いので生地の分量を少なくして安くするために1.3倍使いのペンタック(1つ山)にしています。

ロールとレースの組み合わせもなかなかいいですよ。

 今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 ブログのトップ

  

 

 

 織物研究会 

遮熱レースでプレーンシェードをつくりました。

今、大阪ではクリエーションバウマンの新作発表会をしています。クリエーションバウマンは遮熱対策になるアルミ蒸着やステンレスのスパッタリング加工の生地もたくさんだしています。データもきちっとだしていてとても参考になるし、すばらしい美しい生地ばかりでした。


地球温暖化防止のために、遮熱を考えるのは世界的傾向です。


カーテン屋としてもカーテンでできることを考えなければなりません。


クリエーションバウマンの生地はすごくいいけど高い。


そこで、国産の生地で、といっても世界に名だたる鈴寅の特許技術(Masa加工)で、ステンレス微粒子をコーティングしている生地を使い、高層マンションの西向きの窓にプレーンシェードを取り付けました。これは「通販生活」でお馴染みの商品でこちらのブログ(2006年6月15日)を先にお読みください。


CIMG1574


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1572CIMG1573


 


 


 


 


 


こちらは機能優先です。


表側もシルバーであまり美しい生地ではありませんが、サッシのシルバー色と意外に合っていて違和感がありません。


遮熱効果は抜群です。



生地から4センチはなれたところから60wの電球をあて、10cm離れたところの温度を測定しました。
上記の数字は1時間後のものです。
この実験をしたところ普通のレースに比べて3℃差がでました。


 


 


今日のブログは役にたちましたか。        はいクリック 
ほんとうに役にたった時だけクリックしてください。


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

開設して5日間で1000件近いアクセスがあり、毎日ユーザーの方から質問が入っています。

こちらのサイトもご覧ください。質問があればどんどん書き込みをしてください。


 


 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ


後から取り付けることができるレース用遮熱裏地

西向きの窓のレースにあとから取り付けることができる遮熱対策フラット裏地「シャネットうらだ」をとりつけました。


この「シャネットうらだ」は私が考えたものなので、他社で言っても通じません。インターネットの検索で調べても当店のブログかホームページがずらっとでるだけで、ヤフーの検索では赤字で


もしかして「ジャパネットたかだ」の間違いではないですか


と、でるかもしれません。


過去に何度もブログに書いていますのでまずこちらをお読みください。


2008年4月17日のブログ「シャネットうらだ」をとりつけました
2006年5月31日のブログ『遮熱用裏地シャネットうらだ」
2006年6月16日のブログ「シャネットうらだでねらい撃ち リンダ困ちゃう


CIMG1462


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


生地はドレープはフジエFA6807GY レース スミノエD6003にシャネットうらだを取り付けています。ドレープ・レースとも2倍使いで簡易型形態安定加工をしています。)


CIMG1459CIMG1460


 


 


 


 


 


 


CIMG1461左と上の写真はレース両開きの左半分はシャネットうらだを取り付けており、右半分はレースだけです。(写真をクリックすると拡大します。)


シャネットうらだを取り付けると直射日光を和らげることができ、遮熱効果がありレースの風合いをそこなうことはありません。


黒いレースほど昼間は室内から外がよくみえます。シャネットうらだも20色ある中から黒色を使っています。


 


CIMG1466CIMG1465


 


 


 


 


 


外からみるとテカテカのシルバーで昼間はまったく何もみえません。


CIMG1469CIMG1468


 


 


 


 


 


 


CIMG1467着脱が簡単にできるようになっていて、今付いている既存のレースにも後からとりつけることもできます。


 


 


 


 


 


シャネットうらだをとりつけることによって、当店の実験では1℃室内温度が下がりました。


温度差たった1℃です。


この1℃をどのように判断するかはご自由ですが、夏場寝室の冷房の設定温度を1℃違うだけで夫婦喧嘩になるぐらいの温度です。


今日のブログは役にたちましたか。        はいクリック 
ほんとうに役にたった時だけクリックしてください。


 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ


夜も見えないレースって ?

昨日のWBCはすごかったですね。早めに帰ってテレビに夢中になっていたのと、年度末で工事が立て込んでいて私も走り回っていたためすぐにブログが書けませんでした。


いろいろとタイトルだけは考えていたのですが、間があいてしまいました。


日本、WBCに勝つ、大阪、WTCに敗れる


大阪では府庁のWTC(ワールドトレードセンター)への移転問題が同じ日の府議会で決議され、否決されました。


一抹の不安(イチ・松のファン)を吹き飛ばすチームリーダーとエースの活躍でサムライジャパン勝つ


最後のイチ撃で、一郎の続投決まる。


これはイチローと小沢民主党代表を掛けてたのです。WBCのおかげで小沢問題は小さくなりました。


世界一の決勝打、真実イチロー(一路)


太郎とイチローの難局(南極)物語


これは麻生太郎首相とイチローを掛けてます。麻生さんもあやかりたいコメントをだしていましたね。


イチローが好きなんですよ。


さて、カーテンの話です。


昨日はミラーレースの話を書きまして、ミラーレースは夜は外からみえるのです。夜外から見えないレースはないかという需要もたくさんありまして、この商品は帝人ファイバーのウェーブロンという糸を使ったものであるのです。


CIMG1343


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


上の写真はウエーブロンを使った4種類のレースです。同じウエーブロンを使っていても編み方や使う量によって見え方は多少違います。しかし、このレースは夜は外から見えないといって問題はないと思います。


しかし、昼間、室内からも外がみえにくいのです。下の写真は昼間、室内から撮ったものです。


CIMG1336


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


これは4つのウェーブロンレースを展示しています。一番左はシンコールのウエーブロンボイルです。2番目はスミノエのタテストライプのウエーブロンでよく売れている商品です。右の2つは当店オリジナルです。


私は、昼間室内から外が見えないレースは暗くなって嫌いなので、ウェーブロンの展示品は当店は少ないのです。その中でも比較的見えやすいものをおいています。


昼間は普通のレースと同じように外からは室内はみえません。


一般的には 夜見えないレースは、昼間、室内からも見えにくいのです。


今日のブログは役にたちましたか。        はいクリック 
ほんとうに役にたった時だけクリックしてください。


 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ



 

春になったらレースを洗濯しましょう

暖かくなってきました。春ですね。

春になったらレースの洗濯をしましょう。私どもはカーテンクリーニングも請け負っておりますが、買っていただいたお客様へのサービスの一環として考えており、当店でクリーニングをさせていただきたいと言っているわけではありません。家庭で洗えるものは洗ってほしいのです。


ポリエステル100%組成のレースは家庭の洗濯機で洗ってもほとんど問題はありませんので、カーテンの裏側に縫いつけられている洗濯絵表示ラベルを確認して洗ってください。


私は「レースは年に2回ぐらい、ドレープ(厚手カーテン)は2年に1回は洗いましょう」といっています。


レースの洗う時期は結露する時期が終わる3月末から4月にかけてと、窓を閉め始める秋の年2回です。


これからがレースを洗う時期です。結露をしていてレースに水分がついたままほっておくとカビになります。カビになるとふつうの洗濯ではとれません。白いレースはとることもできるのですが、漂白するような形になりますので、そこだけ白くなったりします。色物は無理です。


カーテンの家庭での洗濯の仕方は2008年10月27日のブログをお読みください。
クリーニングに関する私のブログは左欄のカテゴリ分けしている「カーテンクリーニング」をお読みください。


ちょっとカーテンクリーニングの裏話

090318_1408~0001カーテンの洗濯絵表示にはほとんど「乾燥機はお避けください」と書いてあります。私どももお客様には必ず「乾燥機は使わないでください」といってます。


でも、私どものカーテンクリーニングの工場ではポリエステルの商品はすべて乾燥機を使っています。まったく問題はないです。


メーカーが「乾燥機はお避けください」と書くのは、ユーザーがどんな乾燥機を使うかわからないし、設定温度もわからないので「縮んだ」というクレームにならないための責任回避です。

私どものカーテンクリーニング工場の乾燥機はボイラーで通常50℃以下か送風設定で、量は少なめにして時間をかけてやっています。


 


 


コインランドリーの乾燥機はガスで60℃ぐらいに設定されているケースがあり、この場合は縮む可能性もあり、お勧めはできません。(ちょっと責任回避)家庭用の乾燥機では、容量の問題でカーテンを乾燥させるの難しいかもしれません。50℃以下に設定できるのならば乾燥機を使っても問題はないと思います。


DSC_0037我々が乾燥機を使うのは干す場所が広くないのが理由の一番ですが、乾燥機を使うことによってアイロンがけの手間が省けるのです。(あとで、吊った状態でプリーツをきれいにする加工はします。)


それとほこりをとります。洗濯だけではとれないほこりは乾燥機でぐるぐる回すことによってさらにほこりをとることができるのです。


 


家庭で乾燥機を使っておられる方はご存じだと思いますが、乾燥機にはかなりほこりがたまります。


ハウスダストアレルギーで悩んでおられた方が、カーテンを洗ったあと、乾燥機を使ったらそのアレルギーがましになったという事例をいくつも聞いてます。


ご自身で乾燥機を使うとカーテンが縮む可能性もありますので強くはお勧めはしません。
ハウスダストアレルギーの方は一度カーテンクリーニングを専門にしているカーテン屋に頼んでみてはいかがでしょうか。

カーテン専門店の中には、白洋舎に依頼するようなところもありますが、白洋舎はカーテンのクリーニングに関して特別なことはなにもしていません。


それはあまりにもはくじょうじゃ。(白状じゃ)


 


 


今日のブログは役にたちましたか。        はいクリック 
ほんとうに役にたった時だけクリックしてください。


 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ