ロールスクリーン生地交換

メーカーはもっとユーチューブを活用しよう。

昨日は、眞子さまのご結婚の報道一色でした。

私は、昨日テレビを見る機会を逸しましたが、ネットでいろんな記事を

読みました。

言葉遊びが一句浮かびました。

 

こう室からこ室に行かれた眞子さま

 

※ こ室を「個室」でなくて「小室」と読んでいただければうれしいです。

 

さて、本題です。

 

先日、トーソーのロールスクリーンの取り替えをしました。

事前にお客様から、生地を取り外して洗濯のやり方を教えてほしいという話が

ありました。

 

現場で施工スタッフが実際に外して説明をするのですが、その場では

理解してもやるときには忘れていることが多いのです。

そこでトーソーが作っている動画にこちらでQRコードをつくって

ロールスクリーンのウエイトバーに貼り付けて、生地交換するときは

こちらをご覧くださいとお伝えしました。

 

QRコードをつくりました。

 

 

動画はこちらのトーソーのYouTubeチャンネルをご覧ください。

これをロールスクリーンのボトムバーに貼りました。

同じ動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

生地を取り外して洗濯するのにこの動画はすごくわかりやすいです。

 

こういう具合にしておけば、お客様にとってもわかりやすいと思います。

 

これを販売店がやるのではなく、メーカーとしてやってほしいものです。

 

若い人は動画が中心になってきていますし、これからは5Gの時代で

ますます動画が活用されてきます。

 

インテリア業界では、メーカーも最近は積極的にYouTubeで動画をつくって

いますが、それの広報・宣伝ができていなくてあまり活用されていないのです。

メーカーの動画の割にアクセス数が少ないのです。

 

最近、ニチベイが名刺サイズの両面のQRコードを載せたものをくれました。

取り扱い説明書や動画もあり、現場で打ち合わせをするときに名刺入れに

入れておくと便利なんです。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

ロールスクリーンの生地交換をしました。

先日のブログでロールスクリーンのカビをカビキラーで取った話を

書きました。

そのロールスクリーンは3台当店持って来られて、新しく生地を選んで

頂き、当店で生地交換をしました。

DSC01972

14年前に他店で購入されたニチベイのものです。

生地にカビははえていましてが、メカとしては全く問題はありません。

生地交換は意外と簡単にできるようになっているのですが、今まで

エンドユーザーの方が直接されたというのはあまり聞かないです。

DSC02033 DSC02034

DSC02035 DSC02036

DSC02037

エンドユーザーの方が、簡単にできるように詳しい取扱い説明書が

ついています。

生地の取り替えセットの場合は、ニチベイは本体価格の55%が定価に

なっています。トーソー、タチカワは60%が定価です。

それに対して、さらに割引があります。

当店の場合は、定価の60%販売なので、ニチベイの場合ならば、

本体価格の33%になります。

こちらが、取り替えにお伺いしたり、作業をしたりする場合は、別途

工賃がかかります。

7年前に、タチカワのロールスクリーンの生地交換をしたブログは

こちらです。

余談ですが、自分で書いた昔のブログはけっこうおもしろいのです。

今、読み返してクスっと笑える幸せな人間です。

最近は歳を重ねてきたので、ネタに切れがなくなってきたのを感じています。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ