調光ロールスクリーン「FUGA」の遮熱タイプの施工例

大阪も「まん延防止等重点措置」を政府に要請することになりました。

「まん延防止」ってどのぐらいの効果があるのか、過去の出来事の時の

検証が数字でされていないのでよくわからないのですが、私の生活に

おいてはほとんど変わらないのです。

 

普段から、夜に外で飲むことも少ないですし、大勢で飲むこともないです。

「警告」という意味では意識はしますが、それはいつも意識して感染

しないように努めています。

万円防止」ということで、お金を使うなということになれば、

商売をやっているのでたいへん困るのですが、今の状態でいくと

「まん延防止等重点措置」がでたところで何も変わらないような気がします。

 

 

さて、本題です。

 

最近は、お客様がカーテンやメカものでもネットで購入される方が

ひじょうに多いです。

メインのところは当店に依頼されても他の部屋はネットで購入という

ケースもあります。

私個人としても、ほとんどのものをネットで購入していますので

それは、今の時代なので仕方がないのかなと思っています。

その中で、当店としてはネットでは購入できないものとして、

「電動商品」「天幕」「高所取付商品」そして「FUGA」に力を入れて

いまして、それは大いに貢献してくれています。

 

 

「FUGA」は広島県福山市の株式会社WISが販売する調光スクリーンです。

メーカーでは3D調光スクリーンと言っています。

 

日本インテリア協会の用語辞典では、この手の商品も縦に調光できるトーソーの

ビジックやタチカワのデュオレも一緒に「調光スクリーン」と言っています。

私は、この手の商品を開閉型調光ロールスクリーン、ビジックやデュオレの

ようなものを昇降型調光ロールスクリーンと言っています。

 

今、この「FUGA」の問い合わせがひじょうに多いのです。

インテリア業界のNTTと言われるニチベイ、タチカワ、トーソーの大手に

比べればひじょうに小さなメーカーです。

メーカーとして、ほとんど宣伝されていません。

しかし、エンドユーザーの方から「FUGA」を取り扱っておられますかという

問い合わせがあるのです。

1つには、ネットでも販売されていないし、取り扱っているところが少ないし、

どこにでも売らないという姿勢を貫いておられるためだと思います。

 

そのため、取り扱っている業者が支持をしていて、SNSやブログで商品の

情報発信をしているのです。

大手メーカーと違って、取り扱い業者へのフォロー体制がすばらしいのです。

施工する業者の立場になって、いろいろと細かいことに気を遣って

おられます。

例えば、梱包においてもカッターナイフを使わなくてもテープがめくれる

ようにしてあり、現場で配置しやすいように1つ1つ梱包されています。

 

現場ごとに仕様書もついてきます。

もう一つは新しい商品が次々にでてきます。

他社に比べて色、デザインも豊富ですし、大手メーカーのNTTも

出していない充電タイプで配線のいらない「エコリモ」や

遮熱タイプのものもあります。

また、オプションで消臭、抗菌、防汚、防カビ、帯電防止加工の

「エコキメラ加工」も発注時にできます。

 

今回取り付けた現場は、電動で遮熱の生地を使ってエコキメラ加工を

しています。

 

高額商品になりますので、お客様もいろいろと調べられて他社との

相見積になりました。

 

後出しじゃんけんで、後で見積をされた業者の方が安くて、当店の方が

高かったようなのですが、「施工実績と信頼性で当店でお願いしたい」と

言っていただけました。

こういうお言葉はひじょうにうれしいです。

意気に感じます。

だって、人間だもん!!  みつを

 

今回紹介するのは、「部屋を明るく保ちながら、より高い遮蔽、

遮熱性を実現」した新遮熱のFUGAの施工例です。

タワーマンションにおススメの商品です。

 

以前にもブログに書いています。

高遮熱の調光ロールスクリーン「FUGA」

 

織り密度を上げることと高い遮蔽性により、遮熱効果が高くなっています。

閉めた時の生地の重なりも15㎜で、従来のものより10㎜多く重なって

います。

 

 

全部閉める遮光性はありますが、適度な明るさはあります。

 

下の動画で確認ください。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

FUGAの特長の1つとして開けた状態で半分ぐらいまでは開閉できます。

(下の写真)

エコキメラ加工もしています。

シールが貼っています。

 

コーナー窓に納める時の問題点が1つあります。

コーナーのところはどちらか一方を長めに作りますが、どうしても

隙間が開きます。

上に上げた時は、径が干渉しない程度ギリギリにつけていますが、

閉めた時に横から6~7㎝ぐらい開きます。

事前の説明はしています。

ロールスクリーン等も同様です。

こんなものだと思ってください。

逆の方向からみるとそれは気になりません。

 

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

レースの二重吊り(タワーマンションコーナー窓)

タワーマンションのコーナー窓にレースの二重吊りをしました。

窓側にシンコールのウエーブロン (遮像ボイル)のML3619を

部屋側に川島織物セルコンの裾エバ柄レースME8450を取り付けました。

上の写真はシンコールのウエーブロンレースを取り付けたところです。

ウエーブロンは、帝人フロンティアの繊維名でカーテンにすると

外から室内がみえにくいという商品です。

外から見えにくいということは室内側からも見えにくいのです。

 

 

手前(室内側)は川島織物セルコンの裾エバー柄レースです。

写真は窓側のレースを開けて、このレースだけにしているところです。

室内から外はよく見えますが昼間は外からは室内は見えません。

このレースだけならば、夜は丸見えになります。

 

手前の裾エバ柄のレースも窓側のウエーブロンのレースも閉めた写真です。

昼間でも室内側から外はほぼ見えません。

夜は室内の照明はよく見えます。

人の動きは、カーテンから離れているとわかりにくいと思います。

全開すると

 

片開きの短い方で4m、長い方で5.5mあります。

当店では、このような場合でもきれいなウエーブをだす簡易型の

形態安定加工をしています。

(メーカーに縫製を依頼すると片開きで3mまでしかできないというのが

多いのです。)

 

 

こちらの現場はカーテンボックスが窓から離れてかなり室内側にあるのですが

お客様とそうだんの上、窓側につけています。

 

上の写真でいうと、今カーテン(レース)がついている手前がカーテンを

取り付けるところになっています。

窓際に取り付けた方がきれいと思うんです。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

1.5倍使いで1つ山と2つ山の違い

昨日のブログの続きです。

北側の窓は腰窓だったのでレース1.5倍使いで部屋側、ドレープはシェードに

しました。

南側の窓はカーテンボックスの高さが256㎝で幅も364㎝ある大きな窓と176㎝の

掃き出しの窓があります。

両方とも両開きのカーテンでレースが手前(室内側)です。【フロントレース】

レース、ドレープとも1.5倍使いですが、お客様の希望により、

手前のレースは1.5倍使いの1つ山、窓側のドレープは1.5倍使いの2つ山にしています。

 

手前のレースは1つ山で、ヒダ間隔は12~3㎝ぐらいです。

ウエーブは小さく細かいのです。

 

 

ドレープは同じボリューム感ですが、1.5倍使いの2つ山です。

ヒダ間隔は15センチ前後です。

どっちがいいとか悪いとかの問題ではなく好みだと思います。

 

両方とも簡易型の形態安定加工をしていますので、ウエーブはきれいに

でます。

レースはフェデポリマーブルのバカラ03

ドレープはインハウスIH489 05

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

手前にレース1.5倍使い、窓側にドレープのシェード

新型コロナウイルスのの感染拡大が止まりませんね。

毎日、各県で過去最多の記録更新になっています。

 

オミクロン株は感染拡大のスピードは速いのと重症化しにくいらしいのですが

無症状で感染拡大していくのでやっかいです。

また、小学生や園児にも感染しているようで、身近な人でも増えてきました。

分科会会長の尾身茂氏もたいへんで「尾身苦労」です。

その尾身会長が昨日言っておられました。

 

今までやってきた対策を踏襲するのではなく、オミクロン株の特徴にあった

メリハリのついた効果的な対策が重要だ。これまでの『人流抑制』ではなく

『人数制限』というのがキーワードになると考えている。オミクロン株の

感染経路の調査で分かってきたのは、多くの人が集まって、飲食して、

大声を出し、換気が悪い環境で多くの感染が起きているということだ。

感染リスクの高い状況に集中して対策を行うことが重要だ」とのこと。

 

私もそう思いまして、マスクを外して大勢で飲食するのは絶対によくない

ですが、少人数で酒を飲むのはいいのではないかと思うのです。

家族での旅行もいいのではないかと思っているのです。

経済も回していかないと、そっちの方もたいへんになるのです。

 

さて、本題です。

 

レースを部屋側のカーテンボックスに取り付けて、ドレープ(厚手)の

シェードを窓側に取り付けた施工例です。

レースは1.5倍の1つ山で形態安定加工をしています。

レースは1,5倍使いなのですが、1つ山のため、ヒダとヒダの間隔が

2倍使いと同じ12~3㎝になり、細かいウエーブでかえって

きれいです。

レースはフェデポリマーブルのバカラ03

シェードはプリエフ加工をしています。

 

プリエフ加工とは、表地と裏地を熱圧着で貼り付けるやり方で、

先に裏地にリング付きテープを縫い付けて、それと表地を熱圧着します。

そうすると表側に針穴(ピンホール)から光が漏れないのです。

表生地の幅継ぎも突き合わせできれいです。

 

両端も超音波カットで折り返しがありません。

生地はインハウスIH489 05

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

35㎜幅のアルミブラインド取付

一般住宅に35㎜幅のアルミブラインドを取り付けました。

お客様の要望は昇降するもので、閉めていても風に煽られてバタバタ

しないものが欲しいということです。

 

閉めているとほとんどの商品は風に揺れます。

その中で、重さと羽根の角度を変えた時の隙間の大きさで

木製ブラインドがおススメなんですが、これは予算的に合いませんでした。

そこで、一般住宅ではあまり使わない商品で、インテリア業界では

コントラクトものといっている、事務所や大きい建物に使うブラインドで

35㎜幅や50㎜幅の商品をおススメしました。

 

この商品も閉めていたら風に煽られ揺れますが、角度を少し変えると

隙間が通常の25㎜のブラインドよりは大きくなり、風を逃がすことが

できます。

 

今回使ったのは、トーソーのスペーシィタッチ35という商品で35ミリ幅の

アルミブラインドです。

 

ヘッドレールは木製ブラインドと同じ物を使っていて、奥行きが54㎜あり、

大きいのです。

普通の窓とコーナー窓につけています。

素材はアルミです。

操作方法は、ワンコントロール式ギアタイプ(引っ張ったらその分

昇降する)のタッチ式で降ろす時は軽く少し引っ張ると自動降下

するものがあります。

操作部分のところも違いまして、こちらの現場はタッチの自動降下

する方を使っています。

そうするとボトムバーが自動降下すると少し勢いがついて天板に

あたりますので、当店独自で緩衝材の「涙目」を貼り付けています。

天板に当たった時の音も軽減されます。

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

価格は意外と安くて、最低積算面積が2㎡以上ですが、この商品ならば

11200円/㎡なんです。

こちらで使ったサイズでいうと幅1820㎜×高さ1090㎜ならば

このスペーシィタッチ35は定価22400円(2㎡以下)【税抜き】

トーソーのベネアル25は定価24900円 【税抜き】

トーソーのベネアル15は定価26000円 【税抜き】

 

ニチベイ、タチカワにも同じような商品があります。

コントラクト用で別のカタログになっていてあまり知られていない

のですが、安いので穴場的商品です。

ヘッドレールが木製ブラインドと同じで、大きいのが気にならなければ

一般住宅にもおススメです。

 

 

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

カーテン吊り替え リフォームして天幕に

NHKの朝の連続テレビ小説を観ていたら昨日はカーテンがいい役割を

果たしていました。(夜、録画したものを観ました)

 

最後のシーンで深津絵里(るい)とオダギリジョー(錠一郎)がキスを

するところで更衣室のカーテンを閉めるのです。

カーテン屋の立場でいうと、なんでもいいでカーテンが有効に使われるのが

うれしいのです。

でも、テレビを観ていて思うのですが、部屋のカーテンも3つ山ヒダで

きれいで形態安定加工がかかっているような感じでウエーブがでているのです。

今の話は昭和39年の新幹線が東京~大阪間が開通する前の話で、

時代考察としてちょっと違うように思いました。

 

18年前に当店で取り付けたカーテンの吊り替え。

本来ならば昨年末までに納品する予定だったのですが、サンゲツカーテンの

SC8114(トルコ製の綿100%の生地)が長期欠品で納品できなくて

年始になりました。

 

 

Before

 

After

 

ロールスクリーンも生地交換

ビフォーの写真を撮ろうとしたら、施工スタッフがすでに

ほとんど外していました。

ニチベイのN9556

 

 

外したドレープカーテンを天幕用にリフォームしました。

(事前に引き取っていました。)

リビングの上に大きな天窓があるのですが、朝食時に隣にある

ダイニングの食卓に光が差し込んでまぶしいやら暑いやらでたいへんとの

ことでした。

今までは壁に生地を貼ったりいろいろと工夫はされていましたが

あまり格好がよくない状態でした。

 

そのため、掃き出し窓のカーテンをリフォームして、東側の

1m分だけ天幕をつくりました。

 

カーテンの有効活用の話です。

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

バーチカルブラインドのカラーコンビネーション

今年は「値上げの春」になりそうです。

インテリア業界最大手のサンゲツが4月1日からカーテンも含むインテリア

製品を18~24%値上げすると発表しました。

ニュースリリースはここ

昨年の9月にも15%程度値上げしています。

この半年で40%近くの値上げになります。

他メーカーも間違いなく追随すると思います。

インテリア業界の値上げは定価が上がるのではなく、仕入れ掛け率が

上がるのでお客様に説明しにくいので困るのです。

 

メーカーはファックス1枚で我々に値上げの通知をしてくるだけですが、

我々は小売部門のプライスカードを作り直したりしなければならないので

たいへんなのです。

4月から大幅値上げになりますので、カーテン買うならば3月中ですよ。

 

 

さて、本題です。

 

 

タワーマンションのコーナーにあるリビングにバーチカルブラインドを

取り付けました。

幅の狭い掃き出し窓が4つと腰窓が1つあり、全て枠内に納まるように

レールがついていました。

ここにカーテンを取り付けると開けた時のたまりが気になるので

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を要望されていました。

 

窓の一面は西側に面しており、昼間にテレビを観るのに遮光の生地も

求めておられました。

一つの生地で遮光をするとつまらないので、メインの色を決めて

一色差し色をすることを提案しました。

今回使用したトーソーでは、カラーコンビネーション(アクセント)という

呼称で注文をすることができるのですが、そうすると10%高くなるのです。

 

意味わからん。

 

ーカーとしては、指示された枚数をカットするだけで、どうして

本体レールも含めた定価の1割も高くなるんですか?

使用する枚数は同じで、色違いだけです。

 

4窓は幅は違いますが、丈は同じなので1窓分だけ別の色で注文して

現場で取り付ける時に差し色をしました。

そうすると10%安くなるのです。

 

 

トーソーのルノファブ遮光を使って、4窓分はTF-6099(ピンクベージュ)で

1番小さい窓の分はTF-6104(ダークブランン:10枚)で注文しました。

そして、現場でお客様と相談しながら並び変えました。

 

 

このように、バーチカルブラインドにカラーコンビネーションするのは

かなり前から流行っています。

色を変えることによって、オリジナルのバーチカルブラインドになり

インテリアとして楽しむことができます。

でも、大きなサイズで数枚色を変えるだけで、10%も高くなるというのは

納得できないですね。

 

 

今日の話は役にたちましたか? 

 

 役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ