「カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記」

タテ型調光ブライド ノーマンのスマートドレープシェード

 

 

タテ型調光ブライドのノーマンのスマートドレープシェードが

よく売れています。

 

メーカーがユーチューバーを活用するSNS戦略でお客様から求めて

来られることが多いのです。

昨年末から先月にかけてよく売れました。

施工例(1

長さ7m20cmまで片開で製作できます。 遮光の生地です。

遮光の生地です。

7m20cmの長さを片開でつくることができます。

外から見た感じ

 

施工例(2

窓枠上に正面付けリフォームされて内窓がついています。

片開で右寄せも左寄せもできます。

 

施工例(3

レース状態にすると柔らかい光が入ってきます。

 

施工例(4

日本家屋の広縁にも合います。

ノーマンの大阪ショールームが移転して大きくなりました。

【 詳細 】
[住所]  〒541-0047 大阪市中央区淡路町2丁目5-11 PMO EX淀屋橋1F
[TEL]   06-6232-2789
[営業時間]10:00 – 18:00 (休館日:火・水、祝日、年末年始等会社指定休業日)
[アクセス]地下鉄御堂筋線 / 京阪本線「淀屋橋駅」11番出口徒歩6分
地下鉄御堂筋線 / 中央線 / 四ツ橋線「本町駅」1番出口徒歩7分
地下鉄堺筋線 / 京坂本線「北浜駅」6番出口徒歩7分
地下鉄堺筋線 / 中央線「堺筋本町駅」17番出口より徒歩8分

当店でも、スマートドレープシェードやウッドシャッターを展示していますが

より多くの商品を見ることができます。

ショールームでは「カーテン夢工房」の紹介で来たというと丁寧に接客して

くれると思います。

メーカーの保証は3年ですが、当店では独自に5年間保証をしています。

施工は、メーカーは職人さんを外注しておりますが、当店は自社社員で

施工担当者がおりますので、メーカーより安くなると思います。

 

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ– 初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

2004年から3800回書いていますブログはURLを移しました。

こちらをご覧ください。 https://blog.curtainkyaku.com/

 

 

 

 

 

I o T対応 電動調光スクリーンFUGA 取付

 

 

ここ数年よく売れているのが調光スクリーンのFUGA です。

調光がキーワードになっていて、タワーマンションでよく売れていますが、

一般の戸建て住宅でもよく出ています。

FUGAも進化してきていまして、RF送信ですがI oT対応しており、スマホ

操作で時間設定や遠隔地操作ができます。

こうしたことを望まれるお客様が増えてきています。

WiFi環境があることが必須なのですが、施工時にWiFi環境があれば設定の

お手伝いをしています。

まずはどうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

真ん中の縦長の窓3つは手動です。

大きい窓は電動です。

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ– 初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

2004年から3800回書いていますブログはURLを移しました。

こちらをご覧ください。 https://blog.curtainkyaku.com/

 

 

 

 

長谷工さんの樹脂製カーテンボックスにタテ型ブラインド取付

 

 

長谷工コーポレーションの新築マンションをご購入されたお客様が下のブログをみて、

ブログに載せているようにバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を取り付けたいと

いうことでご来店いただきました。

2021年9月25日のブログ

カーテンレール内蔵の樹脂製カーテンBOXにタテ型ブラインドを取り付ける

 

長谷工コーポレーションが建築された物件にはオリジナルの

カーテンレール内蔵の樹脂製カーテンBOX」がついています。

ホームページより画像をお借りしています。

これはカーテンを取り付けることが前提になっているレール一体型の

カーテンボックスなのです。

ここにカーテンを吊るすにはなんら問題はないのですが、タテ型ブラインドや

木製ブラインドを取り付けるには耐荷重の問題で施工後落ちてくる可能性があるのです。

そのため、同店ではタテ型ブラインドの場合は、ブラケットを部屋側の

垂れの部分に取り付けてしっかり取り付けています。

上の写真は右側が部屋です。

こちらはトーソーのタテ型(バーチカル)ブラインドで、純正の正面付け

ブラケットがそのまま使えます。

 

取り付ける商品とブラケットの関係は前のブログに詳しく書いています。

この正面付けのブラケットはニチベイのものは使えますが、タチカワのものは

合いません。

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ– 初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

2004年から3800回書いていますブログはURLを移しました。

こちらをご覧ください。 https://blog.curtainkyaku.com/

 

 

 

 

 

防寒用レース用ビニールフラット裏地

 

 

防寒用のレースに取り付けるビニールのフラット裏地の施工例です。

昨年(2023年)の2月に納品させていただいたお客様で、効果があり大変好評で

追加で注文いただきました。

今回の納品はあまり写真が撮れていないので2023年2月5日のブログをお読みください。

防寒用 後付けフラット裏地ビニールカーテン

0.1mm厚の透明ビニールをネットで購入して、上部にマジックテープのメスを

縫いつけ、そこに面ファスナー付きフック(サンゲツのサンフック)をつけてレースを

引っ掛けるランナーに取り付けていきます。

レース用フラット裏地です。

お客様は防炎商品にこだわっておられますので、ビニールも防炎のものを使っています。

透明ビニールで透け感があります。

窓側の奥は電動の遮熱ロールスクリーン「ニチベイのフェアフレクト遮熱」を

以前に取り付けています。

この商品の遮熱効果が素晴らしいといっておられます。

ビニールカーテンで冷気を遮断し、フラット裏地で空気層をつくりますので

断熱効果も大きいのです。

簡単に着脱できるようにしていますので、夏は取り外せます。

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ– 初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

2004年から3800回書いていますブログはURLを移しました。

こちらをご覧ください。 https://blog.curtainkyaku.com/

 

 

 

 

 

シャープシェードの施工例

 

 

シャープシェードの施工例です。

6年前にある会社の社長室の窓に3780㎜巾のものを2台取り付けました。

今回、リフォームをされることになり、部屋が2つにわかれることなったため、

幅2480㎜と2590㎜と2480㎜の3分割に作り直すことになりました。

生地は同じで、メカ1台は新しく作り、あと2台は生地縫製だけで新規につくり、

メカは以前のものをカットして代用しました。

以前の分ですが、すでに間仕切りで部屋が分割されていました。

7580㎜の窓を2分割で取り付けていました。

開口7580㎜の真ん中サッシで分割していました。

今回は3分割です。

シェードのメカはカットすることによって使うことができますが、生地は新しく

作り直さなければなりません。

シャープシェードといっても縫製のやりかたや、シャープバーの太さや

昇降コードを一つ飛ばしでやるとかいろいろあります。

今回は丈は1080㎜しかないため、195㎜の均等ピッチにして、昇降コードは

飛ばさない仕様にしています。

こういったことも打ち合わせ段階で自由に決めることができます。

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ– 初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

2004年から3800回書いていますブログはURLを移しました。

こちらをご覧ください。 https://blog.curtainkyaku.com/

 

 

 

 

 

 

伸縮式電動カーテンレール

 

 

昨年末発売された伸縮式電動カーテンレールの紹介です。

カーテンコール合同会社が販売していますが、このレールは電動だけど長さの

カットをしなくてもスモールサイズでは135cm~240cmまで調整ができ、

RFリモコンで広角遠距離操作ができます。

I o Tにも対応しており、中継器が内蔵されていて「SmartLife」というアプリを

ダウンロード(無料)をすればスマホで操作ができ、時間設定で開閉することが

できます。(Wi Fi環境が必要です。)

「アレクサ」等をつかえば音声入力で動かすこともできるのです。

パワーも強力で音もびっくりするぐらい静かです。

 

私の母は90才で京都で1人暮らしをしていまして、そこに取り付けてみました。

レールが2本で1本になっていて伸縮するのです。

正面付けです。

レースと2重吊りをする場合は工夫が必要ですが、この電動レールの正面付けの

2重吊りは難しいと思います。レースは手動レールにて対応。

モーターは右でも左でも設置できます。

リモコン・モーターは日本の電波法の技適マークがとれています。

電源コードの長さが50cmしかないのです。

そのため、エンドユーザーがつける場合は延長コードが必要です。

 

電気工事士のいるインテリア専門店に頼めば配線はきれいにしてくれます。

先頭は交叉ランナーになっていて閉めると9cm重なります。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

リモコンはバッテリーの交換ができなくてリモコンを交換することになります。

この商品はI o T対応の機能があって電動レールとしては価格が安いのです。

最大240㎝まででシングルレール1本44800円税別(税込み49280円)

リモコン込み価格です。(送料は別) [

プロの目でみて、けっしてちゃっちぃものではないです。

問題は、カーテンボックスの巾が15センチのときにレールは2重に取り付ける

ことはギリギリできますが、カーテンがカーテンボックスと干渉して開閉が

うまくいかないと思います。

この高齢化社会において、これからはインテリア電動商品がますます求められて

きます。

ご老人がカーテンを開けたり閉めたりするためにベッドからでるのたいへんに

なってきます。

そんなとき、「カーテン開けて~」というとカーテンが勝手に開くのです。

朝の7時にカーテンを開くように設定することも簡単にできるのです。

当店に展示していますのでぜひご覧ください。

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ– 初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

2004年から3800回書いていますブログはURLを移しました。

こちらをご覧ください。 https://blog.curtainkyaku.com/

 

 

 

 

 

 

カーテンの後防炎加工

 

 

カーテンには消防法の規定により防炎(ぼうえん)加工された商品を

 取り付けなければならない場所があります。

 一般人がよく出入りする施設で公共施設、劇場、映画館、飲食店、

 旅館、ホテル、病院、診療所、福祉施設等です。

 さらに地下街や高層建築物です。

 高層建築物というのは、マンションも含みまして高さ31m以上のもので、

 マンションならば11階以上の建物をいいます。

 11階以上のマンションでは、たとえ1階でもこの規定に該当します。

 10階建以下のマンションやアパート、戸建て住宅は消防法の対象では

 ありません。

 

カーテンには防炎加工されたものとそうでないものがあります。

 防炎のカーテンは、難燃の糸を使っているものや、製造段階で防炎加工

 されたものです。

 そうでない商品は、消防法で規定された場所で使用する場合は「後防炎加工」を

 しなければなりません。

 「後防炎加工」もすべての商品ができるのではなく、できるものとできないものが

 あります。

 ポリエステル100%のものや、綿などの天然素材のものはほぼできます。

 「後防炎加工」は(公財)日本防炎協会認定の工場でします。

 当店で販売するカーテンは、提携先の工場に依頼して後防炎加工をしますが、

 後防炎加工だけは請けておりません。

 防炎加工をすると有料ですが紙の防炎ラベルと防炎証明書がとれます。

 

但し、防炎性能は(二)ラベルになり、水洗いやドライクリーニングをすると

防炎性能がなくなり、再処理が必要になります。

後防炎加工のカーテンは洗わないことが前提になります。

防炎カーテンというのは、燃えないカーテンではありません。

防炎カーテンは延焼するのを遅らせるためのもので、

一気に燃え上がるのではなく、徐々に燃え、炭化(たんか)して

不完全燃焼により一酸化炭素が発生します。

防炎加工していないポリエステルのカーテンは一気に燃え、溶け落ちます。

防炎カーテンは延焼を遅らせる役目があり、火事になったときに急いで

逃げなさいという目的のもです。

サロンに後防炎加工をしたカーテンを取り付けました。

マナトレーディングのチアロ5という生地でポリエステル100%で

防炎商品ではありません。

そのため、後防炎加工をしました。

上部はパイプ通し

防炎加工をしたという証明書がとれましてラベルがもらえます。(有料)

このラベルがついているかどうかが消防検査では重要になります。

後防炎のため、布のラベルではなく紙のラベルになりこれをカーテンに

貼ります。

先に貼っておくと取れる可能性があるので、消防検査の前に貼ってほしいと

お客様にお願いしました。

一般住居であるマンションや戸建て住宅では、入居後に消防検査があることは

あまりないと思います。

当店は、コンプライアンスがありますので、11階建以上マンションでは1階でも

防炎カーテンがいりますよと告知していますが、あとはお客様の自己判断に任せています。

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ– 初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

2004年から3800回書いていますブログはURLを移しました。

こちらをご覧ください。 https://blog.curtainkyaku.com/