レース

クリエーションバウマンのSILVER&STEELコレクション

今、「遮熱」に関することを書けば、ブログのアクセス数が大きく伸びるのです。それだけ、「遮熱」の検索が多いということです。

昨日のブログでも書きましたが、遮熱レースで効果を高めようとすれば、遮蔽性を高めればいいのです。要は見えなくすれば、遮熱性はよくなります。

でも、それじゃレースと違う。

        インテリア性がない。

        外が見えないのはイヤだ。

        暗いのはイヤだ。   

という声もあります。

ハイレベルのファブリックを供給しているバウマン、フィスバ、マナも遮熱レースをだしていますが、これらのメーカーはインテリア性を重視しているため、透け感があって遮熱するレースを出しています。

上の写真はクリエーションバウマンのSILVER&STEELコレクションという遮熱レースの商品です。 

お値段もそれなりですが、ひじょうに美しいレースです。色がシルバーなので室内は少し暗く感じますが、外の景色はよく見えますし遮熱効果もあります。隣がリビングで同じ面に窓があり、リビングつけているデュエットシェードをあげていたら、リビングからこの部屋に入ったら温度が違うなというのは体感できました。

この商品は当店で取り付けたものではなく、お客さまが昨年の3月に他店でご購入されて、遮熱にいいと思ったんだけど昨年の夏はこれだけじゃ暑くて耐えられなかったということで相談をうけました。

お客様の話では5月は効果があるけど、真夏になるとこれだけでは暑いとのことです。

バウマンの遮熱レースはアルミやスチールをスパッタリング(蒸着)する加工方法で、最初は遮熱効果が高いのですが、金属に熱が持ち3時間ぐらい経つとその効果が薄れてきます。

マナのメタリクスも同じで、masa加工と見本帳に書いていますので同じです。

フィスバのリフレクションシリーズも同じだと思います。スパッタリングしている生地なので、この技術をもっているのは世界に1つしかないので同じやり方です。フィスバの生地はもっと透け感がありますので効果は落ちると思います。

各社データを出していますがほとんどが60分後までの照射実験データです。1時間ぐらいまでは金属のスパッタリングしているものは遮熱効果が高いのですが、3時間後で比較するとそうともいえないところがあります。

 

こうしたものを選ぶ時は、何を重視するかによって選ぶ生地が違ってきます。

機能を重視すると、見えないレースになり、インテリア性を重視すると遮熱効果が少し劣るのです。

機能面だけを重視するか、インテリア性を重視するか。

機能(昨日)も考えながら明日のインテリアも考えていかなければならないのです。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

遮熱レース「涼しや」を取り付けました。

インテリア業界は今や「遮熱」ブームです。

本日のアスワンの展示会に行っても「遮熱カーテン」に力を入れているのがよくわかりました。でも、「遮熱、遮熱」といっていれば売れるという感じで「具体的に数字で比較するとどんなの?」という部分ではよくわかっていないのです。思ったことはツイッターでつぶやいておきました。

 

さて、本題です。

スミノエの遮熱レース「涼しや」D-4517を取り付けました。

「涼しや」というのは帝人ファイバーの遮熱効果のある原糸の名前です。人体に影響のない特殊な金属酸化物を封入したポリエステル繊維で、金属酸化物によって太陽の熱を反射し、室内温度の上昇を抑えます。

 

(画像はクリックすると拡大します。)

この商品は遮熱レースの中でも最も効果のある商品です。

遮熱効果のある商品というのは遮蔽性がありまして室内からも外が見えにくいのです。

写真は曇り空の昼間の1時30分頃です。

レースがかかっていると室内からは外がみえにくいのです。

室内から外が見えにくいということは暗くなるということです。

遮熱レースはご購入される前に、実際取付けるところに縫製サンプルを吊ってみて、赤外線の透過率をみてください。

 

スミノエや川島織物セルコンは遮熱に関しては、シュミレーションをしてきちっとデータを出してくれています。

スミノエのこの商品は省エネランク15%というランク付けをしています。レースの中では最も効果のある商品です。

この商品を使った場合の電気代金は6/2~9/21の112日間でカーテン無しに比べて3102円お得となっています。

薄いボイルレースならばカーテン無しと比較すると1848円お得となっています。

このデータを元に今薄いレースがついていて、それをもっとも効果のある遮熱レースに取り替えると、その差は1254円です。これは112日でです。

1日当たり11.19円で1ヶ月で336円お得になります。

川島織物セルコンの遮熱レースにおいては、見本帳にシュミレーションを載せています。

川島織物セルコンの最も遮熱効果のある「遮熱ランクA」は、カーテン無しに比べて634円お得となっています。

薄いレースの「遮熱ランクC」の商品は212円お得となっています。

その差は422円です。これも112日間の電気代ですので、川島織物セルコンのレースを今ついている普通のレースから遮熱効果の高いレースに取り替えると1ヶ月の電気代が113円お得になります。

インテリア業界のメーカーの営業は、他社商品のことはあまりご存じなく自社商品についても比較して説明してくれないのでよくわからないのですが、

川島織物セルコンの遮熱レースが、スミノエのものに比べて性能が劣っているとは思えないのです。

たぶん、シュミレーションの数字の違いだと思うのです。

でも、川島織物セルコンは、こうしたデータの出し方には絶対的な自信をもっていますし、低い数字でも見本帳に堂々と載せているぐらいですから、この数字は信頼できると思っています。

ふつうのレースから遮熱効果の高いレースに取り替えたら月113円ぐらい電気代が得になると考えていいでしょう。但し、これは夏場だけのの数字で、冬場はそんなに差はないと思います。むしろ、地域によっては薄いレースで太陽光を室内に取り入れた方が暖かくなるところも多いでしょう。

 よくわかっていないメーカーや販売店では、このような遮熱レースを取付けると室内の温度が2℃ぐらい違うように宣伝しているところがありますが、それはありえない数字です。

たいがいのところは断熱性試験の「赤外ランプ60℃法」というのを用いて、箱の中にフラットな生地を置いて赤外線ランプを照射して50センチ離れた所の温度をはかっていて、1時間後に出た数字で、通常のレースと遮熱レースの温度差のことをいっています。
けっして室内温度の数字ではありません。

でも、今は国策として国民ひとりひとりがわずかでも節電しなければならないのです。

この1ヶ月113円の節電がみんなでやれば大きな数字になります。 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

カーテン夢工房通信第32号が出来ました

当店が定期的につくっているチラシでポスティングやDMに使っています。

社内スタッフですべてつくりプリントパックで印刷しています。

キャッチコピーが「インテリアを考えながら節電しませんか」

インテリア用品で節電するという意味とインテリア性も考えながら節電するという意味があります。

遮熱性が高いからといって、外が全く見えないレースをつけるのもどうかと思っています。

今、ついているカーテンやシェードを活かしながら、あとから取り付けることができる裏地も提案しています。ドレープ(厚手カーテン)用(うらだ)、レース用(シャネットうらだⅡ)、プレーンシェード用(これだ)を用意しています。

この「後から裏地」シリーズが東日本大震災復興支援のため、1枚お買い上げごとに100円義援金として日本赤十字社を通じて寄付しています。

遮熱レースは遮熱効果がありますが、高い効果を求めていけば遮蔽性が強くなります。日射のキツイ夏場はいいかもしれませんが、冬場はうっとうしく感じるものです。

そのため、当店では夏用冬用の2組用意して季節が変わるごとに取り替えることを提案しています。

通常レースと遮熱レースを1窓同じサイズで同時にご購入の場合は、遮熱レースをさらに20%値引きさせていただきます。

1粒で2度おいしい企画です。

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

オーダーカーテンのことならば大阪・カーテン夢工房 織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

きれいなレースをつけましょう

エステサロンのカーテンの仕事をしました。

レースはスミノエで1.3倍フラットです。

昔は「厚手(ドレープ)カーテンにこだわってレースは安くてもいいわ」と言う感じで、レース選びが後回しになる傾向がありました。

当店では、レースにこだわりましょうということをアピールしてます。

厚手(ドレープ)カーテンよりレースを見る機会の方が多いのです。

いいレースが吊ってあると部屋の価値が部屋全体が上がってよくみえるのです。

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

インテリア商品で節電を考える⑥ 遮熱レース

「インテリア商品で節電を考える」をシリーズで情報発信しています。

本日、あるメーカーが担当引き継ぎで7名一緒にお見えになったので、「遮熱ブラインドと一般的なロールスクリーン(ニチベイフェスタのベージュ系)とどちらが遮熱効果があると思いますか」と聞いたら7名全員遮熱ブラインドとこたえられました。(正しいのは一般のロールスクリーン)

そしたら、「遮熱ブラインドと御社の遮熱レースとではどちらが遮熱効果があるのですか」と聞くとこたえられないのです。

そもそも、生地の透過性や遮光性を示す試験方法はJIS L 1055 A法)というはあるのですが、遮熱効果を測定する試験方法は日本工業規格にも見当たらないのです。

そのため、各社は独自のやり方でやっていて、比較もやりにくいし、メカものとの比較もできないのです。

私どもも「遮熱レースとロールスクリーンはどちらが遮熱効果があるの?」と言われてもはっきりとこたえられないのです。

というのは、遮熱レースといってもひとくくりできないのです。

今、よく遮熱レースとして知られているのは、

①原糸メーカーが開発した、セラミック粒子を多く含んだ糸を使用して紫外線や可視光線を反射・散乱させるものです。

この代表的なものはユニチカのサラクール帝人の涼しや東レのアロフトです。旭化成せんいのサンペイクは元祖的なものですが、旭化成がポリエステル事業から撤退しましたので今はなくなりました。 当店はもう少しサンペイクを使ったレースの在庫をもっています。

ステンレスの微粒子をスパッタリング加工(糸表面に付着させる加工)

これは鈴寅のmasa加工の商品です。

 ③アルミのフイルムを糸状に裁断して織り込んでいる商品。

当店のシャネットうらだ2と、来月より販売開始する遮熱効果のひじょうに高い新商品。ブランドメーカーよりいち早く手に入れて市場にだすことができました。後日ブログに書きます。

 

①のセラミック粒子を含んだ糸を使ったものは、見た目普通のレースですが意外と効果があります。しかし、これらの商品は、この原糸をどのぐらい使っているか、また打ち込み本数(糸の密度)によって大きく違うのです。

今、一般的によく知られているのが、ユニチカのサラクールです。これは少しでもサラクールを使っていれば、サラクール使用と書いてもいいらしいのです。そのため、5%ぐらいしか使っていなくても「遮熱レースサラクール」です。一般的には10~15%ぐらい使われています。

当店では、10~15%ぐらいの商品と25~30%ぐらいのものと2タイプ販売しています。これは透け感も違うし効果も違います。

 東レのアロフトはいい商品ですが、あまりユーザーには知られていません。ここは、名前を使用する場合は使用権としてお金を払わなければならないらしく30%以上使っていないとアロフトと書いたらダメのようです。

そのため、どこのメーカーも使っていても「アロフト使用」とは書かないのです。

帝人の涼しやは昨年,スミノエのカタログに載り、当店でも良く販売していますが、ひじょうに効果があると思います。

4月20日に発売されてサンゲツのコントラクトカーテンvol7にも涼しやの商品が2点掲載されています。

124ページに掲載されているPK3472とPK3473という商品です。サンゲツのホームページからデジタルブックをご覧ください。

 http://www.sangetsu.co.jp/digital_book/contractcurtain07/index.html#123

 ここにグラフが載っていまして、同じ涼しやを使っていても、3時間後には実験による温度が1度程違ってきています。

これはなぜなのかは、サンゲツの営業に聞かないとわからないのですが、当店はサンゲツの仕入れが少ないため、まだ見本帳もいただけないし、説明もうけていないのです。

 いえることは、遮熱レースと言ってもセラミックを含んだ原糸を何%使っているかということと打ち込み本数によって効果は大きく違うのです。効果のある商品ほど、遮蔽性があり中からの透け感がなくなるのです。

②の鈴寅のmasa加工の商品(通販生活に掲載されているのと同等品)は、紫外線遮蔽率はひじょうに高いのですが、遮熱性は長時間でみるとセラミックの入っている遮熱レースより効果は劣ります。

群馬県繊維工業試験場で涼しやと同条件で比較実験をしてもらったところ、遮熱性試験で、masa加工の商品は最初の10分ぐらいは、涼しやは温度上昇するにもかかわらずほとんど上昇しません。いきなりの効果はすごくあります。

1時間ぐらいまでは、masa加工の商品の方が温度は低いのですが、3時間後の結果をみると涼しやの方が温度が低いのです。紫外線遮蔽率はmasa加工の方が高いのです。

 

③の商品に関しましては後日書きます。

 

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

最近多いレース手前、ドレーププレーンシェード奥の施工写真

今日は簡単な施工写真

最近、当店の中でひじょうに多いパターンとして、きれいなレースを部屋側に取り付けて、厚手カーテンでプレーンシェードを奥にとりつけるというやり方です。

レースは1.05倍のフラットにしています。

天井高2500ミリのマンションです。施工担当者に写真を撮ってもらっているので私の意図すろところがうまく撮れていないのですが、窓上に300ミリの壁があります。

そのため、上げた時に大きくたまっても問題がありません。ゆるやかにあがるように、プレーンシェードのリングピッチを約30センチ均等にしています。

レースはトルコ製の大柄の280センチ幅の横使いです。柄を活かすためにヒダを取っていません。

 

 

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

レース特価フェア

15年前に取り付けたお客様のレースの吊り替えに行ってきました。ご注文を頂いたのは震災の前でした。

お客様は15年前に私が実測に行ったことをよく覚えていただいていて、「その時、社長さんに1時間ぐらい待っていただいたんですよ」とおっしゃるのです。毎年いただく年賀状もおもしろくて楽しみにしているんですよといってくださるのです。

しかし、今は花粉症対策でメガネとマスクをしているため、私が当時伺った社長とは気づいておられないのです。

「あのヒゲのはやした社長さんは元気ですか」とおっしゃるので、マスクをはずして「私ですねん」というとびっくりされて『15年前とぜんぜんお変わりないですね」とおっしゃるのです。

15年間まったく成長していない小嶋でした。

今、吊り替えのお客様に対しては、どういうきっかけで吊り替えをされるのかをリサーチしています。

今回は15年ぶりということで、何回か洗濯はされていますがかなり黒くなってきており、一部破れかかっていたためです。ドレープ(厚手)はまだ元気で吊り替えされる意向はないようです。

  15年は長いな~

選ばれたレースは今まで付いているのと良く似たものです。吊り替えの時は大概こういうケースが多いように思います。

レースだけですが、吊り替えると「わあ~明るくなった」と喜んでいただきました。

そうです。

レースを吊り替えると部屋が明るくなるのです。

部屋が明るくなると気分も明るくなるのです。

気分が明るくなると人生も明るくなるのです。

 

少し、部屋のカーテンを替えるだけで  ですよ。

 

 さて、本題です。

そこで、当店では気軽にレースの吊り替えをして頂くためにレース特価フェアをしています。

レースは2倍使いを基準で、綺麗なウエーブをだす形態安定加工付きです。限定20点です。

幅200センチ×高さ240センチで8715円(税込)

しかも、形態安定加工付きできれいなウエーブがでます。

この機会にレースの吊り替えをしませんか。

きれいなウエーブのレースが部屋についていると、早く家に帰りたくなり人生が変わりますよ。

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ