フラットカーテンのウエーブの取り方

3月1日からリニューアルした店舗にはたくさんお客様が来ていただいています。

今回、リピーター様に出したDMハガキが評判がよくてリピーターさまの

来店がひじょうに多いのです。

さらに分析をすると15年以上吊り替えておられないお客様が多いです。

たぶん、昨年から在宅勤務などでステイホームする機会が多く、カーテンも

吊替えたいなぁと思っていたところにタイミングよくDMがきてちょっと

行ってみようかなという感じのようです。

 

まだまだ新しいものを付け加えながら営業しています。

 

玄関入口は

 

右側は

左側は

春らしい生地のフラットカーテン4点展示しています。

 

玄関からふらっと入れるようにしています。

 

 

しょうぶなぁ~

 

しょうぶないネタだということはわかっているのですが、今回

リピーター様にリニューアルのご案内のDMハガキを送ったところ、

すぐに大阪のおばちゃんから電話があって

「いつも年賀状で笑かさせてもうてるねん。今回は2つおもろいところが

あったわ」と言われるのです。

どうやら、ダジャレ好きの大阪のカーテン屋のイメージが浸透しているようで

それを期待されているようなのでわざと書きました。

 

全部フラットカーテンでひだ山をとっていません。

左側のドレープ2つは形態安定加工をしています。

そのためきれいなウエーブがでます。

 

何もしなくても裾まできれいなウエーブがでます。

レースは形態安定加工はしていません。

 

上部は1つ飛ばしのピッチキープコード(タテ型ブラインドの裾の

ボトムコードの75mm用)をつけています。

裏側の写真

こうすると

上部はきれいなウエーブがでますが、裾は生地によりますがきれいに

いきません。

 

上部

 

これも生地にもよりましてサイレントグリスのスイスの生地はなにも

しなくてもきれいなウエーブがでます。(店内展示サンプル)

上部はピッチキープコードをつけています。

 

 

フラットカーテンは、いろんなウエーブの出し方がありますし、

適した生地と適さない生地があります。

窓装飾プランナーのいるお店に行って相談してください。

planner_02/

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

 

このブログのトップ

 

遮光1級なのに真っ暗でない

あれから10年

10年前の3月11日に東日本大震災がありました。

最近の状況はわかりませんが、私は2回ボランティアで南三陸町に

行ってその時はほんとにびっくりしました。

テレビ等の報道ではみていましたが、実際にみてみると現地の人たちの

ご苦労がたいへんだったことがよくわかりました。

 

忘れることができない日です。

日本全体が暗闇につつまれたような日でした。

 

 

そんなわけではないのですが、遮光の話です。

 

 

以前はよく遮光1級のカーテンでも明るいという問題がありました。

事実、遮光1級でも暗くないなぁという商品もたくさんあります。

それは、インタリア業界の人達は皆わかっていたことで、2年前に

業界のメーカーの団体である日本インテリアファブリックス協会(NIF)が

遮光1級をさらに5段階にわけ、それに2級、3級のランクがあって

遮光のランクを7ランクにしました。

(同業者のホームページをみると遮光1級2級3級の3ランクのまま案内をしているところが

たくさんありましたが、それは平成の時代の話で令和の今は遮光は7ランクに分かれています。)

 

私の2019年3月24日のブログをお読みください。

遮光1級の5段階の光の透過性の実験

 

リニューアルした店では、購入前に遮光度を確かめて頂けるように遮光度実験室を

つくっています。

 

今は仮に完全遮光の商品、1級、2級、普通のものを吊っています。

実際に自宅に吊った場合を想定して、裾や両サイドの光漏れなども

わかるようにしています。

ご購入予定の商品をここに吊って遮光度を目で確かめることができます。

 

上の画像は、実験室の中からみたもので、右がふつうのカーテンで、

左が遮光1級Cです。

 

遮光カーテンの明るさは、実際に吊って確かめないとトラブルになりますので

事前に当店で確かめて購入されることをおススメします。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

 

このブログのトップ

 

今年の夏は遮熱商品がブームに !!

今年の夏に向かってインテリア商品は遮熱が大ブームになります。

業界紙を読んでいると、今年流行るのは抗ウイルス商品と

デジタルプリント壁紙と書かれていましたが、私の味方はちょっと違います。

 

抗ウイルス商品は、商品知識がなくても「抗ウイルスなんです」といって

いれば売れるのかもしれませんが、よく勉強すれば逆に売れるのかなと

思っちゃいます。

メカニズムとして、商品にある抗ウイルス性のものが、空気中の

ウイルスを吸着して分解することになるんだと思うのですが、カーテンや

窓周り品で室内のウイルスをどれだけ吸着できるのかと思っています。

一般家庭で使うにおいては、あまり効果は期待できないと思います。

 

デジタルプリント壁紙もここ数年毎年流行ると言っておられ、

日本インテリアファブリックス協会もインテリア業界の最大の展示会である

JAPANTEXでずっとメインで押して来られてきていますが、市場規模は

壁紙市場のなかでは0.1%で全く伸びていません。

一般家庭において、デジプリ壁紙などみたことないです。

 

それに対して遮熱商品は、東日本大震災のあと、ここ10年よく売れていますが

今年は爆発的に売れて注目される商品となると思っています。

去年もその前も夏が暑かったというのもありますが、昨年末テレビ東京系列の

「カンブリア宮殿」を見ていたら、ニトリの似鳥会長が上海の工場で

帝人フロンティアと組んで遮熱カーテンを作っている話をしておられました。

データを示しながら、ニトリの遮熱カーテンを使うと電気代が2000円も安く

なるんですよと言っておられました。

その2000円が1か月なのか、ワンシーズンなのか、一生なのかは理解できなかったのですが、

2000円安くなるという言葉だけが耳に残っています。

 

ニトリの今年の夏の目玉商品は「遮熱商品」なんです。

 

インテリア業界においては、ニトリが大きく宣伝してくれると我々小売店でも

売れるのです。

今もテレビコマーシャルをしている「花粉キャッチレース」も然りです。

 

 

そんなわけで、当店のリニューアル店でも、よく売れる遮熱用品を展示しています。

オンラインで打ち合わせができるようにしているブースに、もっとも遮熱効果の

高いロールスクリーンであるニチベイの「シルバースクリーン」と

透け感があって遮熱効果の高い遮熱レース、タイのパサヤの「クールシフォン}を

実際に体験できるように取り付けています。

 

 

シルバースクリーン

シースルーで室内から外が見えるのですが、遮熱効果があるのです。

外から見ると昼間は

全く室内がみえません。

夜は

外から丸見えです。

 

タワーマンションの高層階向けですが、取付けた人の満足度は高いです。

 

 

遮熱レースは

閉めるとこんな感じです。

アップにすると

外からみると昼間は

まったく室内がみえません。

夜は

丸見えです。

夜は厚手(ドレープ)カーテンを閉めてください。

 

 

ご来店いただくと実際に体験することができます。

今年の夏は「遮熱」です。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」

インテリア業界が制定した記念日というのがありまして毎年4月10日が

「4月10日はインテリアを考える日」なんです。

 

当店では、毎年「4月10日はインテリアを考える日」をエンドユーザーに

告知すべく、いろんなイベントをしてきました。

今年も店頭にのぼりを立てました。

しかし、これを制定した日本インテリアファブリックス協会(NIF)が

熱心ではなく、ここ10数年まったくPRをしてきませんでした。

 

私はずっと、なぜもっとエンドユーザー向けにPRをしないのかということを

日本インテリアファブリックス協会に言い続けてきたのですが

今年、広報委員長が新しくなりやっと真剣に取り組んでいただけるように

なりました。

 

ホームページも新しくできました。

下のバナーをクリックしてください。
インテリアを考える日

 

昨年は、新型コロナウイルスの影響で、巣ごもりやステイホームが行われ、

室内のインテリアを見直す機会ができました。

その結果、カーテンの吊り替えが多く、インテリア業界はコロナのおかげで

活況を呈していました。

 

家に長くいるとインテリアを見直すきっかけになることがわかりました。

 

インテリアを考えるだけでなく、実際に需要につなげていきたいと思います。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

このブログのトップ

 

仮眠室の2段ベットの上にカーテンを取り付ける

先日、リニューアルした店をネット勉強会の仲間の同業者とTTP

(徹底的にパクっる)した同業者にオンラインでみてもらう

「カーテン夢工房リニューアル店オンライン内覧会」をして、同業者から

いろいろとアドバイスをいただきました。

 

その中で、指摘していただいたことは、今回はレールに吊らずにパイプに

吊っているため、ヨコに吊りサンプルを開いた時の金属音が気になると

いうことと、什器の角でお子さんがけがをしないように保護材をつけた

方がいいということです。

 

早速、ダイソーで購入しました。

什器のコーナーガイドの使用例は

これは百円ショップで買ったので4つで110円(税込)で

お得感があります。

「すべるん棒」はネットの口コミが良かったので買いましたところ、

これをパイプに塗ると音が軽減されて滑りがよくなりました。

 

ダイソーはPayPay取り扱い店なので支払いはPayPayでしました。

今、超PayPay祭をしていまして、ペイペイで買い物をすると20%

戻ってきます。。付与上限は1000円(5000円までの買い物が対象)

 

 

当店も登録店です。

当店で3月28日まで購入して、PayPayで支払うと20%

戻ってきます。

お買い物は上限が5000円で、それ以上の支払いでも1000円です。

 

当店での支払いはPayPay で。

 

 

 

さて、本題です。

 

有名な施設の仮眠室の2段ベットに制菌性の遮光カーテンを取り付けました。

こんなベッドが4台ありまして、コロナ対策の一環として間仕切りできる

カーテンを取り付けました。

 

下段はレールを取りければいいのですが、上段はどのようにすれば

いいのかを考えた挙句、下の写真のようにパイプで組み立てました。

 

出来上がりは

↑ 上段のカーテン

↑ 下段のカーテン

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

「総額表示」に関する当店の取り組みについて

今回のリニューアルした店のテーマは「体験型ショップ」で、メカ物も

窓際に移動して違いがわかるようになっています。

お客様に好評だったのは、木製ブラインドで穴ありと穴なしとラダーテープ付きの

違いを見比べて説明できたことです。

 

メカものは110点あり可動展示しています。

これを窓際に持って行くことができます。

 

 

さて、本題です。

 

消費税法63条で、商品は消費税込の総額表示が義務付けられています。

平成25年からは特例措置として免除されていましたが、その特例期間が

令和3年3月31日で終了します。

 

そのため、令和3年4月1日から消費税10%をプラスした価格の表示が

義務付けられます。

 

当店では、今回のリニューアルをきっかけに税込み価格と税抜き価格を

併記しています。

 

しかし、これは代表的なサイズの価格の一例のみで、

マトリックス価格表(タテ【丈】とヨコ【巾】のサイズによる価格表)は

税抜き価格になっています。

これは仕入先のメーカーはB toBの販売ですべて税抜き価格になっていて、

我々もお客様の見積を出す時は、メーカーの価格に基づいてだしていますので

税抜き価格で計算して、最後に消費税10%をプラスするやり方をしているためです。

 

同業の友人が税務署に聞いてくれたところによると、

税務署としては、あくまでもお客様が購入の際に混乱しなければ問題ないという

見解です。

 

「当店のカーテンはオーダー品の為、表記は税抜き表示となっております。
お客様に販売価格を提示する際は最終的に税込み表示を致します」(税務署確認済)

 

4月1日からは、この案内を店内のいたるところに表示します。

4月1日だからといってうそじゃないですよ。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ

 

リニューアル記念特価レース販売

3月1日からリニューアルした店で営業しています。

この店のテーマは体験型ショップで、いろんなことが体験できる仕掛けを

作っています。

昨日お客様に好評だったのが、展示している縫製サンプルを窓際に持って行って

実際に自宅で吊ったように太陽光でみることができることです。

 

ショールームやカーテンショップの展示では、スポットライトを当てていて、

それを家で吊ってみると光の加減でイメージと違ったというのがよくあります。

 

それを事前に店で確認できるようにしています。

 

縫製サンプルはレールではなくパイプに引っ掛けています。

 

それを取り外しをするための伸縮棒があって、これはホームセンターで

買ったものを自分で改良しました。

 

窓際でカーテンを広げてみることができるようにしています。

全商品同じ仕様で同じ丈で作っています。

縫製は縫込みアジャスターフックでしており、縫製サンプルを自宅に

持って帰ってレールに吊ることもできます。

 

今回はリニューアルオープンで特価品のレースを用意しました。

 

無地のミラーレースです。

 

この商品は巾200×丈210㎝で7590円(税込み)【税抜6900円】

2巾使い・本縫い・差込みアジャスターフック・ウォッシャブル・

形態安定加工付にオーダー仕様

 

1.5倍使いならば巾200×丈210㎝で5060円(税込み9

 

300巾のヨコ使いレース

巾200×丈260㎝ 15840円(税込み)【税抜き14400円】

2倍使い・本縫い・防炎・縫込みアジャスターフック・

裾ウエイトロック・ウォッシャブル・形態安定加工のオーダー仕様

 

ご来店をお待ちしています。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム

このブログのトップ