針穴が見えない遮光のプレーンシェード

4月になりました。

今年は例年以上に月日の経つのが早く感じられます。

4月になって変わったことはたくさんありますが、我々とかかわっているのは

プライス価格を税込みの総額表示にしなければならないということです。

以前にもブログに書きました。

「総額表示」に関する当店の取り組みについて

昨日、お伺いした同業者はこのブログを読んで「うちも同じように書きました」と

言っておられました。

当店でも店内に表示しています。

インテリア業界は各社見本帳を発行していますが、主にB to B

(企業間)の取引になっているため、価格は税抜き価格になっています。

私たちは、その見本帳をみて、見積もりをしたりしていますが、

その商品ごとに税抜き価格を税込み価格にして割引するのがたいへんなので

店内表記のように、税抜き価格で見積をして、最後に消費税分を

プラスするやり方でしております。

 

税務署に確認をすると、エンドユーザーを混乱させない様にすればいい

とのことでした。

 

さて、本題です。

 

今年の夏も暑くなりそうです。

年々暑くなってきている感じです。

 

2年前にタワーマンションのリビングに他社購入のプレーンシェードを

取り付ておられるのですが、昨年の夏は暑くてたいへんだったとの事で

暑くなる前に遮光のプレーンシェードに取り替えたいという相談が

ありました。

リビングに遮光のプレーンシェードを取り付けても下の部分を少し開けておけば

暗くはなりません。

ただ、生地からは光は漏れにくいのですが、後ろ側にリング付きテープを

縫い付けた針穴(ピンホール)からの光の漏れが気になるのです。

 

普通の生地ならば、生地の部分からも光漏れがしているので針穴はさほど

気にはなりませんが、遮光の生地ならば気になります。

 

そこでプリエフ加工といういうやり方で、先に裏の布地にリング付きテープを

ミシンで縫い付けて、熱圧着で表の生地と張り合わせます。

そうすると、表側には針穴がでません。

 

メカはそのままで生地のみ交換しました。

 

BIFORE

AFTER

裏側は

このようにすると表側に針穴(ピンホール)がみえません。

きれに仕上がります。

生地はサンゲツのSC3351遮光1級です。

 

もし、普通の縫製をすればこんな感じです。↓

これが一般的です。

タテにみえている白い線が針穴(ピンホール)から漏れている光です。

遮光のプレーンシェードは針穴が目立ちます。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ


インテリアを考える日

 

このブログのトップ

 

 

アスワン春の大インテリアフェア開催中

当店の仕入先メーカーのアスワンが天満橋のOMMビルで3月27日~29日まで

「アスワン春の大インテリアフェア」を開催しています。

当店も協賛しています。

事前に当店のお客様へご案内をお送りし、関心のある方に招待状をお送りしました。

 

展示会場は約600坪の広さがあり、カーテンや絨毯や窓周り品などを展示しており、

そこで商談できるようになっています。

 

ペルシャ絨毯の展示は壮観です。

↓ これが一番高いペルシャ絨毯で3700万円

カーテンコーナーも充実しています。

当店のお客様も連日時間差でご来場いただきました。

自店もいつも通りオープンしながらこちらにもスタッフが

待機しなければならなかったので、

けっこう忙しかったですが充実しておりました。

 

高額なペルシャ絨毯も商談1時間でご成約いただきました。

ペルシャ以外にも数本ご成約いただきました。

こちらの方がびっくりしたぐらいです。

 

  じょうだん

 

   かなと思ったら

 

  じゅうたん

 

   でした。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

 

このブログのトップ

 

 

カーテンはレールに引っ掛けるって誰が決めたの?

LINEが中国のサーバーからみることができるとか韓国のサーバーに

画像が保存されているとかで社会問題になっています。

ちょっと気持ち悪い問題です。

政府や自治体はLINEに対して忠告勧告の意味で、LINEの使用を取りやめました。

LINEは利用者が国内で8000万人と言われていて、ほとんどの人が使っている

便利なツールになっています。

 

お客様とのやりとりでも、見積もりをメールで送りますのでメールアドレスを

教えていただけませんかというと、「LINEでしよう」と言われる方も

おられます。

こちらからお客様に「LINEしませんか」ということは言わないですが、お客様が

望まれるならばそのようにしています。

 

その場で、QRコードをかざしてお友達になって、帰社してから見積もりをLINEで

送るのです。

こちらとして、「既読」がついてすぐに返事が来るので便利なんです。

 

日本生命の営業員の名刺にもQRコードが印刷されていて、それをかざすと

LINEのお友達になれるようになっています。

そうすると、LINEに時々情報とご機嫌伺いのメッセージが届きます。

仕事中に電話がかかってくるよりはマシです。

 

日本生命はLINEを大いに活用しているようですが、今回のLINEの漏洩問題に対して

日本生命はどのような対応をとるのかを注視しています。

 

さて、本題です。

 

リニューアルした店では、カーテン屋なのにレールがほとんどありません。

展示吊りサンプルは、全部フックがついていてパイプにひっかけられるように

しています。

カーテンはレールに掛けるものという既成概念を破っています。

 

すべて通常の縫込みアジャスターフックに金属フックを差し込んで

います。

縫製サンプル展示場所も丈195㎝のものに金属フックをさしこんで

パイプに引っ掛けています。3列になっています。

広げることも閉じることもできます。

これを伸縮棒に引っ掛けて簡単に取外しができて移動できるように

しています。

選んだ生地を打ちあわせテーブルのそばの什器に引っ掛けられるように

しています。

窓際にも移動できます。

縫製サンプルの移動がレールに掛けていると外したり取り付けたり

するのが面倒なんですが、パイプだとワンタッチで簡単にできるのです。

 

カーテンをショップでみると、照明によって見え方が違ってきますので、

窓際にもっていってみることができるようにしています。

この体験できることがお客様に評判がいいのです。

ぜひ、ご来店いただき体験してみてください。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

 

このブログのトップ

 

 

フラットカーテンのボリューム感

リニューアル店では、「体験型ショップ」をテーマにしていまして、

専門店で生地サンプルだけをみて注文をしてみたら、イメージと違ったというような

ことがあります。

それを事前に体験していただけるように色々と工夫した展示をしています。

お客様に「イメージがよくわかる」ということで評判がいいのが、

フラットカーテンの1.1倍、 1.2倍、1.3倍、1.4倍、1.5倍、2.0倍使いの違いです。

 

当店では縫製の違いなどを同じ生地を使って、わざと色の違った糸で縫って

わかるようにして説明用サンプルをたくさん用意しています。

 

これからブログでこれらを順次説明をしていきますが、今回はフラットカーテンの

展示サンプルから説明をします。

↑ 縫製の違いを説明するコーナーです。

↑ 同じ生地を目立つ糸で縫って違いがわかるようにしています。

↑ フラットカーテンです。

生地の幅を同じにしてレールの長さを変えることによって、ボリョーム感

(ウエーブの出具合の違い)を体験できるようにしています。

 

↓ 1.1倍フラットのボリューム感

↓ 1.3倍フラットのボリューム感

↓ 1.5倍のボリューム感

↓ 2倍のフラットカーテンのボリューム感

フラットカーテンでもどのぐらいの倍率にするかによってイメージが

違ってきます。

事前にイメージを確かめましょう。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

 

このブログのトップ

 

 

天窓用のハニカムシェードを展示しています。

4月10日は「4月10日はインテリアを考える日」で、今年からやっと

制定者側の日本インテリアファブリックス協会も力を入れ始めたのですが、

業界内においてもまったく盛り上がりません。

 

これに協賛しているインテリア専門店はこちらに掲載されています。

(下のバナーをクリック)


インテリアを考える日

まだ全国で16社しかなく、ほとんどが1つのグループのメンバーです。

同業の皆さま、ぜひみんなで盛り上げましょう。

 

 

さて、本題です。

 

リニューアル店のテーマは「体験型ショップ」です。

当店では他社ではあまり見る事の出来ない商品をたくさん展示しています。

今回紹介するのは、天窓用のハニカムスクリーンです。

セイキ総業のハニカム・サーモスクリーン「トップライトタイプ」です。

 

天窓からの夏場の強い日差しと熱をコントロールし、

冬場の採光と室温キープにも効果的な天窓専用タイプです。

あまり大きな窓には取り付けられません。

伸縮棒で操作しますので、あまり高い窓には操作がしにくいです。

店内に展示

 

当店には現物サンプルがありますので、触ってみて確かめってください。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

 

このブログのトップ

 

「天幕カーテン」を展示しています。

この度、リニューアルした店は「体験型ショップ」というのがテーマです。

昨年よく売れた商品で当店独自の「天幕カーテン」がありまして、これは

メーカーにもなく、カタログもないので当店に展示しました。

 

「天幕カーテン」というのも私が言っている言葉で、まだ業界でも市民権は

得ていないと思います。

「天窓カーテン」「天幕シェード」「天窓シェード」「吹抜けカーテン」

「吹抜け用間仕切りカーテン」「吹抜け寒さ対策幕」とかも言います。

 

 

今までの施工例はこちらです。

 

吹抜けの寒さ対策に天幕カーテン

天幕カーテンのつくり方

 

今までは、過去のブログをみてご来店をいただくケースがほとんどです。

これからは店内で現物をみることができるようにします。

この「天幕カーテン」は規格品ではないのでいろんなやり方があります。

私も現場をみてお客様の要望を聞いていろんなことをやってきました。

 

当店に展示しているのは、もっともオーソドックスで簡単なやりかたの

伸縮棒で操作するタイプのものです。

生地の透け具合もわかります。(展示生地は川島織物セルコンFT-6638

どんな生地でもつくることができます。

店内の受付カウンターの上に取り付けています。

ヨコからみるとこんな感じです。 ↑

↑ 店内もちらっみせ  ↓

閉めた感じ ↑

いろんな工夫をしています。

レールはトーソーのネクスティを使っており、壁に近い色で目立たない様に

することができますし、閉めた時はマグネットランナーでピタッと

止まります。

先頭ランナーにカーテンストッパーをつけており、開けた時に

ピタッと止まります。

レールの取付は既存のブラケットを使わず、L金具を逆に取り付けて

レールが壁から飛び出ないようにしています。

↑  下から見上げたところ

 

操作棒はホームセンターで買った伸縮棒で自分で工夫しています。

受けはロールスクリーンの部材です。

 

開けた時にたまりの垂れ具合もはみ出ない様にピッチを計算しています。

 

ご来店をいただければ、現物をみせながら詳しく説明をさせていただき、

お客様の要望に応じて組み立てることができます。

 

ご来店をお待ちしています。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

 

このブログのトップ

 

カーテンには幅継ぎが入ります。

今朝、得意先から「お客様からの指摘で生地が途中で継いでいる形になって

います。販売店としては通常の納まりですか。」というメールが入っていました。

また、ポータブルサイトから営業電話があって、会話の中で「オーダーカーテンって

サイズがオーダーできるということですか」というのがありました。

 

私は、この業界にどっぷりつかっていますので、上記の問い合わせなんかは

「そんなの普通じゃん」と思ってしまうのですが、カーテンをオーダーする

人がまだまだ少ないのかエンドユーザーがそうした疑問を持っておられることに

きちんと説明をしていかなければならないと思いました。

 

オーダーカーテンは一般的に幅継ぎが入ります。

 

カーテン用の生地の幅は150㎝か100㎝が多くて、2倍使いで

幅200㎝の両開きのカーテンを作るとします。

これだと片開き100㎝幅のカーテンが2枚になります。

片開き100㎝の2倍使いだと、計算上はヨコに200㎝の生地が必要で

100㎝幅の生地ならば2枚幅継ぎをしなければなりません。

150㎝幅の生地ならば1枚と半分幅継ぎをしなければならないのです。

 

上の絵でいうとタテ使いの生地のことです。

ホームページはこちら

 

当店店内の展示サンプルでも幅継ぎしたものを用意しています。

150㎝幅のレース生地ですが、敢えて説明するために幅継ぎサンプルを

つくっています。

左のサンプルは巾継ぎが入りません。

これは、300㎝幅で横に使う商品なんです。

 

特にレースに関しては、ヨコ使いの商品も多くて、商品ごとに

幅継ぎが入るか否かの説明をしています。

そうすると、多くの人が幅継ぎの入らない商品がいいといわれます。

 

幅継ぎが入ると安物みたいに思われて、既製カーテンみたいだと

いわれるのですが、既製カーテンこそ幅継ぎが入らないものが

たくさん販売されているのです。

 

既製カーテンの袋物は片開き100㎝幅の2枚セットで1間(いっけん)の窓用と

いうのが多いのです。

これは150㎝幅の生地を1,5倍使いにして100㎝幅のカーテンを作っています。

そのため、この2セットは巾継ぎが入っていません。

オーダーは一般的に幅継ぎが入ります。

 

 

ご存じですか?

超高級のオーダースーツでも幅継ぎがはいるんですよ。

背中のど真ん中で継いでいます。

中には、背中分を1枚でとるという方法もありますが、、、、

 

 

レースは巾継ぎが入ると室内側からみえるので嫌がる人も多いのですが、

ドレープ(厚手)のカーテンはほとんど幅継ぎが入ります。

これは室内からはみえにくいのであまり気にされません。

それでもドレープ(厚手)も幅継ぎが入るのが嫌という人も

おられます。

幅の大きな窓ならば、幅継ぎの無いカーテンはウエーブもきれいにでますので

なかなかいいのですが、国内メーカーの商品ではほとんどないのです。

織機はあっても、保管しておくのがたいへんだからです。

 

当店ではタイのパサヤの生地で幅継ぎのないドレープ(厚手)カーテンも

たくさん展示しています。

 

展示サンプルはほとんどが幅50㎝ぐらいでつくっていますので幅継ぎは

ないのですが、190㎝幅のプレーンシェードには幅継ぎ無しの商品を使って

います。

充電式の電動プレーンシェードです。

(コンセントがなくてもリモコン操作で動きます。)

150㎝幅の生地ならば、真ん中で幅継ぎをするのが一般的ですが、

この商品は巾継ぎがありません。

 

今日の話は役にたちましたか?  

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

 

/ planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ–  コラム


インテリアを考える日

 

このブログのトップ